業界に自浄能力はない、とのことです。AV業界改革推進有識者委員会は犯罪を黙過しています。香西咲さんたちの苦しみがわかっていないようです

ぼくはスマホを所有していません。
これからも、もつ予定はないです。
ツイッターは、朝と夜の2回程度、パソコンでながめています。
強要問題については、辻丸さんがされているリツイートを通覧することが多いです。
一昨日、そのリツイートのなかに気になるものがありました。
本日、時間がありましたので、ブルーノ飯さんと山口貴士弁護士のやりとりを再読しました。
活発な論議であったようです。
有益ですので、一部を引かせていただきます。

(ブルーノ飯さんのツイートより、引用。)

ブルーノ飯さん
2017年10月20日

ヤマベンさん丁度良かった、聞きたいことがあるんでお答え願えますか
適正化AVの同意書に性行為等を名記(明記)し同意義務で出演者に強制する事は違法と考えますが、ヤマベンさんは合法と主張されますか?
その根拠は?
よろしくお願いします。

——————————————————–

(山口貴士弁護士のツイートより、引用。)

山口貴士 弁護士
2017年10月20日

私は、性行為等を強制することに同意した事実は一切ありません
AV出演は性質上、強制しえないものであると考えています。
ヤマベンさんがどういう経緯で性行為等を強制する事に同意されたのかをお聞きしたいだけです
は、当職に対する著しい名誉毀損です。
撤回しなさい。

——————————————————–

ブルーノ飯さん
2017年10月20日

同意してないとの事ですので
前発言は撤回します。
改めてお聞きしますが、では適正化AVの同意書には性行為等を強制するいかなる文言もない、と考えてよろしいですか。
それならば自分の大きな誤解ですので謝罪します。

——————————————————–

山口貴士 弁護士
2017年10月20日

撤回してもネット上には残っているので、直ちに削除してください。
委員会/機構が正式に承認した「適正化AVの同意書」なるものは未だ存在しません
それで、よろしいですか?

——————————————————–

(再掲。山口弁護士)
撤回しなさい
だれが考えても、山口弁護士の弁明には無理があります。

(辻丸さんのツイートより、引用。)

辻丸さん
<2017年8月22日>


「(委員会、政府も)表現内容には踏み込まない、という暗黙の了解があります。作成プロセスが問題であり、映像の中身は完全にノータッチです」
——————————————————–

(伊藤和子HRN事務局長のツイートより、引用。)

伊藤和子 HRN事務局長
2017年8月6日

(前略。)
当方は昨年8月の会合で、業界の自主規制として、AVにおける本番の性行為をやめることを検討してはどうかと提案しましたが、AVそのものをやめろ、廃業しろなどとは一言も提案していません。

——————————————————–

(再掲)
AVにおける本番の性行為をやめることを検討してはどうか

このことに対して、山口弁護士は以前、つぎのようにのべています。

(2017年5月31日 AERA dot.「新たなる『適正AV』ってなんだ?」より引用。改行を施しています。)

山口貴士 AV業界改革推進有識者委員会 委員

適正AVの登場によってAVの内容自体が変わることはない

——————————————————–

内容については問わない。
このようなことはゆるされるのでしょうか。

(2016年6月29日 NEWSポストセブン「AV女優集団訴訟 関係者に売春防止法が適用される可能性も」より、引用。改行を施しています。)

某AVメーカー幹部
(2016年6月11日にプロダクションの社長ら3人が逮捕された)事件を機に警察の事情聴取はプロダクションの所属女優や社員はもちろん、派遣先のAVメーカーなどにも及んだようです。

“AVで本番をやっている女優や男優、させているスタッフも全員犯罪者。いつでも逮捕できるんだぞ”
と凄む捜査員もいたと聞いています。

——————————————————–

くりかえします。
AVV業界改革推進有識者委員会の認識はこうです。

(2017年8月17日 しらべぇ「『適正AV』は業界を変えるか? 女優の権利とAV産業の未来について識者が激論」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
河合幹雄 AVV業界改革推進有識者委員会 委員

今回問題になっているのは、出演の強要や女優さんの権利。
手続きに関する部分をとくに言っているので、表現内容には踏み込まない、という暗黙の了解があります。
作成プロセスが問題であり、映像の中身は完全にノータッチです

——————————————————–

AV業界改革推進有識者委員会は、4月に、業界がまもるべき規則を公表しました。

(参考。AV業界改革推進有識者委員会「適正AV業界の倫理及び手続に関する基本規則」

適正AV業界の倫理及び手続に関する基本規則(2017年4月1日)
第8条 契約
団体等間および団体等内の個別の契約については、 IPPA、プロダクショングループおよびAVANが合意した、AV出演者等の自己決定権が十分に配慮された模範契約書を作成し、 撮影時より相当期間前に、それをもって契約をすることとする。
なお、 契約を交わした際には、 必ずそれぞれの当事者に締結した契約書を手交し、 当事者は一定期間その当該契約書を保管する義務を負う。

——————————————————–

業界は、現在、規則にのっとって、模範契約書を作成しているとされます。

(AV業界改革推進有識者委員会)
山口委員「AVの内容自体が変わることはない
河合委員「映像の中身は完全にノータッチです

先にみたように、このことに対してブルーノ飯さんが、以下のツイートをしました。

(再掲。ブルーノ飯さん)
適正化AVの同意書に性行為等を名記(明記)し同意義務で出演者に強制する事は違法と考えますが

山口弁護士の返答はこうです。
私は、性行為等を強制することに同意した事実は一切ありません

おそらく山口弁護士はこう言いたいのでしょう。
女性は皆、自分の意志で出演している。
業界はインフォームドコンセント(じゅうぶんな説明と同意を得ること)をおこない、女性は自己決定権を行使している。
もしも契約の内容に不満があるのならば出演しなければよいのだ、と。

(再掲。ある捜査員)
AVで本番をやっている女優や男優、させているスタッフも全員犯罪者。いつでも逮捕できるんだぞ

(再掲。山口弁護士)
適正AVの登場によってAVの内容自体が変わることはない

AV業界改革推進有識者委員会は、業界でおこなわれている犯罪を黙過(もっか)している(知らぬふうをしてそのままにしている)ということになります。

(やまもと寅次郎さんのツイートより、引用。)


やまもと寅次郎さん
<2017年10月19日>
今、警察OBとの懇親会終わって、戻ってきました。
AVの話も出たけど、委員会、ちゃんとロビー活動やってるのかな?
国や警察に対して。
身内にばかり顔を向けても意味ないですからね。

「適正AV」のカテゴリーにしたって…、納得してるかどうか。

懐疑的な見方してるかもしれないし。
——————————————————–

ぶすじまええ肉さん
<2017年10月19日>

警察が納得するわけありませんよ!

山口組が業界内団体をつくって、
適正ヤクザだから合法
なんていい出してもよくなるし。
山口弁護士には頑張って欲しいけど、無理すじすぎるわあ。

——————————————————–

「適正AV」なるものは、AV業界改革推進有識者委員会が勝手に口にしているだけです。
だれも適正であるとみとめていません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2014年7月3日>

みんなに指摘された通り、今までの私は自分を大事にしてきませんでした。
辛い事も理不尽な事も全部自分が我慢すれば良いと思ってました。
自分で自分を痛めつけてました。
それじゃいけないって気づいたのは本当に最近です。
これからは自分を労わります。

香西咲さん
2014年9月21日>

自分を犠牲にして何かをやり通しても、そこに本当の幸せはないよね。

(2016年7月7日発売「週刊文春」2016年7月14日号より、引用。)

香西咲さん

青木の支配下に置かれていた頃、私にとってAV撮影は自傷行為そのものでした。

——————————————————–

業界は伏魔殿(ふくまでん)です。
組織的犯罪集団の巣窟です。
日々、犯罪がたくらまれています。
女性はモノ以外のなにものでもありません。
消耗品です。
ことばをはなす家畜です。
果実を生みだすことができなくなったら捨てる。
ただそれだけの存在です。

(辻丸さんのツイートより、引用。)

辻丸さん
<2017年8月22日>


業界に自浄力はない

政府による法規制がまたれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。