警察は、3年前に被害者の告訴が得られなくて終了した強姦事件を蘇らせました。犯人を逮捕しました。集団で香西咲さんを襲ったやつらも同じ結末となることでしょう

7月13日から性犯罪を厳罰化した改正刑法が施行されました。
おおきな変更点は、強姦罪の非親告罪化です。
被害者の告訴が不要となりました。
警察庁は6月23日に、
「刑法の一部を改正する法律の公布について」
という通達を出しました。

(2017年7月18日 日刊警察「刑法の一部改正受け全国に趣旨や要点を通達」より、引用。改行を施しています。)

日刊警察
性犯罪の罰則等を強化することや非親告罪化することなどを内容とした「刑法の一部を改正する法律」が6月23日公布されたが、警察庁はこれを受け、同日付で全国の警察に「刑法の一部を改正する法律の公布」について通達した。
改正の趣旨や改正の要点などを示した。

——————————————————–

通達をみてみます。

(2017年6月23日 警察庁「刑法の一部を改正する法律の公布について(通達)」より、引用。)

<一部分を引用>
警察庁通達
2 改正の要点

(1)強姦罪の構成要件及び法定刑の見直し等(新法第117条、第178条第2項及び第181条第2項関係)

強姦罪の構成要件について、「女子を姦淫した」としていた既定を、性別を問わず、人に対し「性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした」に改めるとともに、その法定刑を「3年以上の有期懲役」から「5年以上の有期懲役」に引き上げ、罪名を強制性交等罪とする。
(後略。)

——————————————————–

(参考)
(旧)第177条
暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、3年以上有期懲役に処する。
13歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

)第177条
13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上有期懲役に処する。
13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

第12条
懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、1月以上20年以下とする。
——————————————————–

警察庁通達
(4)強姦罪等の非親告罪化(旧法第180条及び新法第229条関係)

強姦罪、準強姦罪、強制わいせつ罪及び準強制わいせつ罪を親告罪とする既定を削除し、非親告罪とする。
あわせて、わいせつ目的・結婚目的の略取・誘拐罪等についても非親告罪とする。

——————————————————–

3 施行期日(改正法附則第1条関係)
公布の日から起算して20日を経過した日(平成29年7月13日)から施行する。

——————————————————–

4 経過措置

(1)処罰に関する経過措置(改正法附則第2条第1項関係)

改正法の施行前にした行為の処罰については、旧法の規定を適用する。

(2)強姦罪等の非親告罪化に関する経過措置(改正法附則第2条第2項及び同条第3項関係)

改正法により強姦罪等の性犯罪を非親告化するに際して、改正法の施行前にした行為についても、改正法の施行後は、施行時において既に法律上告訴がされることがなくなっているものを除き、非親告罪として取り扱うものとする。

——————————————————–

これからは、被害者が泣き寝入りをした事案についても、事件化されます。
6日前のことでした。

(2017年9月17日 神戸新聞「集合住宅駐輪場で女性に乱暴 風俗店従業員を逮捕」より、引用。)

<一部分を引用>
神戸新聞
兵庫県警生活安全特捜隊と兵庫署は(9月)17日、強姦の疑いで、神戸市兵庫区福原町の風俗店従業員の男(32)を逮捕した。
逮捕容疑は2014年9月21日未明、同区内の集合住宅駐輪場で、同区内の20代の女性に乱暴した疑い。

——————————————————–

(2017年9月17日 読売新聞「『親告罪』規定撤廃で再捜査、強姦容疑で男逮捕」より、引用。)

<一部分を引用>
読売新聞

当時、女性の告訴が得られずに事件化を見送っていたが、今年7月施行の改正刑法で、告訴を起訴条件とする「親告罪」規定が撤廃されたため、一転、逮捕に踏み切った。

県警は、女性から被害届を受けて捜査。
現場の遺留物などから深田容疑者が浮上したが、女性が告訴に消極的だったため、継続捜査としていた。

——————————————————–

(2017年9月18日 毎日新聞「<強姦容疑>親告罪撤廃 32歳逮捕 兵庫県警」より、引用。)

<一部分を引用>
毎日新聞
7月13日施行の改正刑法で親告罪の規定が撤廃され、施行前に起きた事件にも適用されることから、同署は女性に意見を聞いた上で深田容疑者を逮捕したという。
——————————————————–

(2017年9月19日 朝日新聞「強姦容疑、告訴なしで逮捕 法改正受け3年前の事件」より、引用。)

<一部分を引用>
朝日新聞
当時女性からの告訴がなく県警は事件化を見送っていたが、7月に施行された改正刑法で、起訴に被害者の告訴が必要な「親告罪」の規定が撤廃されたため、逮捕に踏み切ったという。
——————————————————–

(2017年9月21日 日刊ゲンダイ「3年前の事件で逮捕『「親告罪』撤廃で震え上がるレイプ犯」より、引用。)

<一部分を引用>
日刊ゲンダイ

警察は今回の逮捕について、強姦事件に親告罪の規定は不要になった――とPRしたかったのだろう。

警察は今回、3年前に終了した事件を蘇えらせました。
犯人を逮捕しました。
警察庁は、5月24日に、出演強要に関する通達を出しました。
そのなかに、つぎの一文があります。

(2017年5月24日 警察庁「アダルトビデオ出演強要問題に係る対策の推進について」より、引用。)

警察庁の通達

また、これまでの相談等についての事件の掘り起こしや、各種警察活動を通じた端緒情報の入手に努めるとともに、違法行為に対する取締りを推進すること。

政府は、出演強要に対して強姦罪を適用する、としています。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

警察庁

各種法令を適用した厳正かつ積極的な取締り等の推進
警察において、関係機関等とも連携し、関係機関等から警察に提供のあった情報も踏まえ、アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪、強要罪、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和 60 年法律第88 号。以下「労働者派遣法」という。)等の、「JKビジネス」問題については、労働基準法(昭和 22 年法律第 49 号)、児童福祉法(昭和 22 年法律第 164 号)等の各種法令を適用した厳正な取締りを推進する。
(警察庁)〔平成 29 年4月~〕

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
その他

既出の強姦事件で逮捕されたのは、深田亮容疑者です。

(2017年9月18日 毎日新聞「<強姦容疑>親告罪撤廃 32歳逮捕 兵庫県警」より、引用。)

<一部分を引用>
毎日新聞
事件直後、女性からの被害届を受けて同署が捜査し、遺留物などから深田容疑者が浮上。
女性からの告訴が得られなかったため継続捜査していた。

——————————————————–

出演強要事件につきましても、捜査がおこなわれているようです。

(2017年2月19日 日刊SPA! 「AV業界“ドロドロ相互不信”の内幕…手をつくして攻めてくる警察捜査、関係者に疑心暗鬼が蔓延」より、引用。改行を施しています。)

あるAVプロダクション関係者は言う。
「香西咲さんの件では、元芸能人をウリにすることで人気のメーカー『MUTEKI』に20人規模の捜索が入ったそうです。

——————————————————–

強姦罪の時効は、10年です。
警察は、5年前に起きた事件でも、ごく普通に逮捕しています。
昨年の11月の産経新聞をみてみます。
ちなみに、このときはまだ、刑法が改正されていません。

(2016年11月15日 産経新聞「女性乱暴事件後に警察官採用…29歳元警官、〝一身上の都合〟で依願退職後も犯行 鹿児島県警」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
産経新聞
鹿児島市で平成23(2011)年に住宅に侵入し女性に乱暴したとして、鹿児島県警の元警官の男が住居侵入と強姦の疑いで逮捕され、鹿児島地検が15日までに起訴していたことが分かった。
男はこの事件の後に警察官として採用され、退職後にも同様の事件を起こしたとして逮捕されていた。
(中略。)
起訴状などによると、中井被告は23年6月4日、鹿児島市の20代女性宅に侵入し、乱暴したとしている。

——————————————————–

鹿児島県警によると、採用時には受験者から賞罰などの調査票を提出してもらう決まりになっている。
中井被告が事件を起こしていることには気付かず、そのまま採用したという。

——————————————————–

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。

香西咲さんが蒙(こうむ)った被害に関しては、まだまだ時間があります。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
その他

強姦罪の法定刑は、20年以下の懲役、です。
こいつらが逮捕されたとき、国民は、快哉(かいさい)を叫ぶことでしょう。
一日も早い捕獲を願っております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。