業界人は、全員が悪人です。酷烈な環境のなかにあっても、香西咲さんは怯(ひる)むことがありませんでした。香西咲さんの精神は清澄です

本日も、昨日にひきつづき、内閣官房長官の記者会見における望月衣塑子(いそこ)東京新聞記者の発言についてみてみます。

(首相官邸 動画「内閣官房長官記者会見」より。)

9月12日(火)午前

(※12分03秒のあたりから。音声の文字化は、筆者。)
南 彰 朝日新聞記者
朝日新聞の南です。
いまの森友学園の関係でちょっとお伺いしたいのですが。
捜査中だから答えられない、ということなのですが、菅長官は野党時代の2010年の衆議院予算委員会ではですね、
「捜査中の案件についてもずいぶん前から報道されているんだから確認できないというのは信じられない」
とかですね、
「捜査、捜査だけど、やっぱり真相解明していくことが大事だ」
ということで、捜査中の案件についても、かなり、真相解明というところで説明責任を政府にもとめられてきたと思うんですが。
その過去の言動との整合性。
なぜ、今回については、答えないということがゆるされるのか。
その点、いかがでしょうか。

——————————————————–

(再掲)
2010年の衆議院予算委員会

南記者が指摘しているのは、2010年2月5日の予算委員会です。
菅長官は、鳩山由紀夫総理大臣に対して、上述の質問をおこなっています。

(参考)
動画 衆議院インターネット審議中継
 ~2010年2月5日 予算委員会

南記者は、時折、官房長官に対して、鋭敏な問を発します。

(参考)
2017年8月8日 朝日新聞「自著での主張も記憶にない? 菅官房長官『知らない』」

2017年8月10日 朝日新聞「菅長官、記者会見『質問に答える場ではない』 説明拒む」

望月記者は、文春オンラインのインタビューで、つぎのように評しています。

(2017年8月12日 文春オンライン「『長官を攻める私でも、夫婦ゲンカは受け身です』東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#2」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
いま、朝日新聞の元官邸番の南彰記者がよく来られています。
私よりずっと論理的に攻め、練り込まれた質問をぶつけ、よい回答を菅さんから引き出していていて、すごいなと感心します。

——————————————————–

9月12日の記者会見にもどります。

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
まあ、政府の立場で、捜査中のことについてですね、コメントするとどのような影響をあたえるか予見できない、と。
そのために、答えない、ということ。
答えるべきじゃない、ということです。

——————————————————–

南 彰 朝日新聞記者
朝日新聞の南です。
となりますと、この2010年、菅長官としてもかなり、政治家としてかなりキャリアをつまれたうえでですね、野党として質問をされていた状況で、質問したこと自体が誤りだったのでしょうか?

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
まあ、あの、そういうことではないと思います。
わたしは、政府の立場として、現在捜査中のことについてコメントすべきじゃないという観点からもうしあげたことです。

——————————————————–

南 彰 朝日新聞記者
朝日新聞の南です。
2010年のときはそういうかたちで、政府に説明責任をもとめながらですね、今回これだけ国民的にまだ疑念が払拭できていない案件について、政府が説明できない。
あと、
「財務省に問い合わせてほしい」
と言っても、財務省は、確認を控える、という状況がつづいている。
この状況について、本当に、国民に理解されるとお考えなのでしょうか。

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
わたし、いまもうしあげたとおりです。
——————————————————–

(官邸報道室担当者「つぎの日程ありますので、あと数問でお願いします」)

望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
はい、東京新聞、望月です。
いまの関係なんですけれども、
「捜査中のことは答えられない」
と、再三おっしゃっているので、そこを理解したとしましてもですね、今回、国に損害をあたえる、図利加害目的(自己や第三者の利益を図る目的で損害を与えた)というのが背任のおおきなハードルになっていて、事件としてこれが立つか立たないか非常にむずかしい、というはなしは報道で各種でています。

——————————————————–

このことに関しては、アエラの記事がわかりやすいです。

(参考)
2017年9月15日 AERA dot.「やはり国策捜査だった森友疑惑。特捜部はやる気なしで財務省は逃げ切り」

望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
1回捜査が終結した段階で、そのうえでですね、事件になるかならないかではなく、なぜこのような土地値引きをおこなったのか、これが本当に適正なやりかただったのか、という観点を政府としてしっかり、第三者をふくめて調査をして、結果を国民に対して公表すると、こういう姿勢というのは現段階でお考えでしょうか。
——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
いずれにせよ、現在は捜査中でありますから、政府としては、ここはコメントすべきじゃない。
こう思います。

——————————————————–

(官邸報道室担当者「いま手をあげているかた、1問でお願いします」)

望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
はい、東京、望月です。
捜査中で答えられない、とわかりました。
今後ですね、つまり、事件ならない、打ち切り、ということを捜査側がいずれ言うと思います。
あの、もうこれ以上やらない場合はですね。
その後に、政府として、国民に対して、説明する気があるのか、否(いな)か。
この点をどちらかをお答えください。

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
仮定の問題について、答えることは控えます。
——————————————————–

南 彰 朝日新聞記者
すみません、あのー
——————————————————–

幹事社の原慎太郎テレビ朝日記者
(おわっても)よろしいでしょうか」
——————————————————–

南 彰 朝日新聞記者
すみませんー
——————————————————–

このあと、
「いいですか?」
との声が聞こえます。
こちらの動画では、声の主は、幹事社の原慎太郎テレビ朝日記者となっています。


ちがうのではないでしょうか。
「いいですか?」
と言ったのは、朝日新聞の南彰記者のような気がします。
これに対して、菅長官は、こう口にしました。

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
いいでしょ。
——————————————————–

このあと、幹事社の原慎太郎テレビ朝日記者が会見を打ち切りました。

幹事社の原慎太郎テレビ朝日記者
いいですか?
——————————————————–

(官邸報道室担当者「はい、ありがとうございました」)
——————————————————–

日刊ゲンダイの記事をみてみます。

(2017年9月13日 日刊ゲンダイ「“公務”理由に質問打ち切り 菅長官&麻生財務相の会見逃れ」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
官邸は先月、記者クラブに
「公務がある時は会見を短くしてほしい」
と要請。
クラブ側が
「事情は理解するが、会見の主催はクラブなので時間制限は受け入れられない」
と一応は突っぱねたという。
しかし、12日のやりとりを見る限り、事実上、時間制限を受け入れたも同然。
官邸とクラブの「あうん」の呼吸の下、菅長官は公務を理由に、一部記者のしつこい質問から逃れる算段のようだ。

——————————————————–

内閣官房長官の記者会見は、1日に2回おこなわれることが多いです。
この日の午後の会見をみてみます。

9月12日(火)午後

(※8分00秒のあたりから。音声の文字化は、筆者。)
望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
東京、望月です。
午前中の官邸会見でですね、朝日の南彰記者が森友疑惑について追及しているさいに、
「あと何問」
というお話が出まして、その場所で、幹事社であるテレ朝の原記者が、手をあげてる状況はわかっていながらも打ち切る、という場面がありました。
で、これちょっといろいろ取材をしますと、菅長官サイドのほうから、記者クラブに対して、
「あと何問、あと何人、というような打ち切りをしてもいいか」
という打診をしたと聞いておりますが、これ事実でしょうか?

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
そうしたことはまったくありませんし、答える必要がないことだと思います。
——————————————————–

望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
はい、東京、望月です。
えーとですね、だいたい、ここ数日、ずっと会見出ておりますけど、まあ、15分位で打ち切られることがふえました。
かつてのように、やはり、たくさんできなくなくなっているな、と感じていました。
で、あの、もちろんですね、予定通り質問を出して、政府としての答弁を答える、という場面も必要ですが、森友、加計のような疑惑についての追及にも、やはり、政府としてはしっかりお答えいただきたい、と思ってるんですね。
その点で、やはり、
「あと何人」
「あと何問」
という形で打ち切るような発言が、報道官から多々、出ておりますが、この点については、まあ、こういう会見の打ち切り、これまで見られなかった光景だと思うんですが、いま、菅長官の認識としては、特に問題がない、というふうに思っていらっしゃいますか。

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
この会見はですね、永田町記者クラブで、これ、主催をされてます。
公務との関係で長くなった場合、政府からですね、質問についてお願いをさせていただくことはありますけど、あくまでも最終的には記者クラブの判断である。
そしてわたし、わたくし自身は、朝夕2回、会見をしてます。
で、この準備等もふくめて、公務に支障をきたす場合は、そこはお願いをさせていただいている。

——————————————————–

望月衣塑子(いそこ) 東京新聞記者
はい、東京、望月です。
じゃあ、いまの話ですと、真摯に答えていくつもりはあるけど、今後もやはり公務があれば、あの、最近よく出てくるようになりました、
「公務があるのでご協力ください」
それから
「あと何人、あと何問」
というかたちで、まあ打ち切ることも、まあ仕方がない、ということで理解ー

——————————————————–

菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官
あの、公務の方を、やはり必要な時はそのようにする。
そういうふうにお願いをしているところです。

——————————————————–

<望月衣塑子(いそこ)東京新聞記者に関して>
9月1日(金)
 官邸報道室が、望月衣塑子記者に対して注意をおこなう。
  
9月4日(月)
 東京新聞本社に、「望月記者を殺す」との電話が入る。
  
9月8日(金)
 岩上安身IWJ代表が、菅長官に、望月記者の件で訊(たず)ねる。
  
9月11日(月)
 望月記者が、1問だけことばを発する。
  
9月12日(火)
 望月記者が、午前と午後の2回、菅長官に質(ただ)す。

9月13日(水)は、静謐でした。
翌日の9月14日(木)の会見でのやりとりは、凄まじいものがありました。
こちらにつきましては、明日のブログでご紹介をさせていただきます。
望月記者については、9月4日(月)に、殺害の予告がなされています。
その3日前には、官邸から注意をうけています。

(再掲。9月12日)
国民に対して、説明する気があるのか、否(いな)か。この点をどちらかをお答えください

追及の姿勢をかえる意思はないようです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
<2016年6月23日>

皆に、今の私の立ち位置は危ないと言われました。
チンピラは何を仕出かすか分からないと。
東京湾に沈められるかも知れないし行方不明になるかも知れない。
色んな人から言われる。
そんなに脅されたらぶっちゃけ、 本当に不安で不安で眠るのも恐ろしい。

香西咲さん
<2016年8月30日>

ありがとうございます。
弁護士ドットコム様が最近の取材をUPされているのでご覧下さい。
前後編に分かれています。
東京湾に沈められるとか言われたり逆恨みされまくりですよ。

香西咲さんも、生命を脅かされました。
チンピラは何を仕出かすか分からない
まさにそのとおりです。
業界は伏魔殿(悪事や陰謀などが陰で絶えずたくらまれている所)です。

<業界の主な構成員>
DMM
メーカー
プロダクション
スカウト
悪徳弁護士
AVライター

まともなものは一人もいません。


全員が悪人です。
酷烈な環境のなかにあっても、香西咲さんは怯(ひる)むことがありませんでした。
屈しませんでした。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
<2016年8月30日>

多少は現役女優の人達も声を上げるかな?と思いましたが、結局私でさえ、声を挙げれるようになったのは3年以上経った独立後ですからね。
現実的に今すぐに職を失うリスクと天秤にかけたら何も言えないでしょう。
あと、訴えにくい様に餌を蒔いてたり…

香西咲さんの生き方は多くの方々に影響をあたえています。
香西咲さんの精神は清澄です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。