「AVが夢にはつながらない」と香西咲さんはおっしゃいます。業界に囚われている女性は、「AVが夢にはつながらない」ということに気づいてほしいものです

昨日、金沢新一被告の初公判が開かれました。
金沢被告は、現在、出演強要などの罪に問われています。

(2017年9月14日 産経新聞「少女のAV出演強要認める…元DVD販売サイト運営の男 検察『卑劣で悪質』、大阪地裁初公判」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
産経新聞
モデルとして募集した少女らにアダルトビデオ(AV)への出演を勧誘し、強制的に承諾書を記入させたとして、強要などの罪に問われた元DVD販売サイト運営者の金沢新一被告(48)=東京都渋谷区=は14日、大阪地裁(松田道別裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。
検察側は懲役3年、罰金30万円を求刑し、即日結審した。
判決は10月13日
(中略。)
起訴状によると、26~28年、インターネット上でコスプレモデルを募集し、東京・渋谷や大阪の撮影スタジオで少女らをAV出演に勧誘。

うち、当時18歳だった少女を脅して確認書に
「わいせつ行為は私の意思です」
と書かせたとしている。

——————————————————–

(再掲)
当時18歳だった少女を脅して確認書に『わいせつ行為は私の意思です』と書かせたとしている

金沢被告は、この件で起訴されたようです。
毎日放送の記事もみてみます。

(2017年9月15日 MBS毎日放送「『コスプレ撮影』でAV強要の男 起訴内容認める」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
毎日放送
(前略。)

起訴状によりますと無職の金澤新一被告(48)は運営サイトで
「コスプレ撮影」
として集めた女性に対し、アダルトビデオに出演するよう勧誘したほか
「書かないと帰らせないよ」
などと脅して撮影承諾の確認書に
「実技も私の意思でしました」
と書き込むよう強要した罪などに問われています。

(略。)
(略)、検察側は
「撮影を断られないように女性の顔と身分証を一緒に写真撮影するなど犯行は卑劣で悪質」
として懲役3年を求刑し、即日結審しました。

——————————————————–

判決は、10月13日(金)に言い渡されるようです。
金沢被告は極悪人なのでしょうか。
そうでもありません。
業界内では、ごくふつうの標準的な人物であろうと思われます。
むしろ、良識派に属する、という考え方もできます。
事件をふりかえってみます。

(参考。動画)
YouTube
Dailymotion

(2017年5月29日 朝日新聞「モデルと偽り、AVに女子高生を勧誘した疑い 男を逮捕」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
女子高校生をアダルトビデオ(AV)出演に勧誘したとして、大阪府警は(5月)29日、住居不定のDVD製造販売業、金沢新一容疑者(48)を職業安定法違反(有害業務の募集)の疑いで逮捕し、発表した。
「コスプレモデルとして募集し、AVに出演させた」
と話しているという。
保安課によると、金沢容疑者は2014年10月、府内の高校3年生だった少女(当時18)をAVに出演させる目的でインターネットサイトで募集し、勧誘した疑いがある。

——————————————————–

警察は、5月29日に、金沢容疑者を職業安定法違反の容疑で逮捕しました。
22日後の6月20日、今度は、強要の容疑で再逮捕しました。

(2017年6月20日 産経新聞「『実技は私の意思…』と確認書 女子高生にAV出演強要疑い 48歳男を再逮捕 大阪府警」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
産経新聞
女子高生らにアダルトビデオ(AV)出演を強要したとされる事件で、大阪府警保安課は(2017年6月)20日、別の女子高生にも出演を強要したとして、強要容疑などで住所不定、アダルトサイト運営業、金沢新一被告(48)=職業安定法違反などの罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

再逮捕容疑は、平成26年7月、当時高校3年で18歳だった静岡県内の女性に対し、AV出演に同意する確認書に、
「実技エッチは私の意思でします」
などと書くよう強要したなどとしている。
(後略。)

——————————————————–

ちなみに、金沢容疑者は、当該女性に対する暴行を途中でやめたようです。

(2017年6月20日 朝日新聞「AV出演『私の意志で』 女子高校生に記載強要の疑い」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
朝日新聞
保安課によると、金沢容疑者は2014年7月、東京都渋谷区のスタジオで、静岡県の当時高校3年生の少女に対し、アダルトビデオ出演について
「私の意志でしました」
などと確認書に書かせた疑いがある。

少女が撮影中に泣き出したため
「家に帰さない」
などと脅して書かせたが、結局撮影は中止したという。

良識派と見受けられる金沢容疑者に対して、検察は、
「懲役3年、罰金30万円」
を求刑しました。

<金沢新一容疑者>
2017年5月29日
 職業安定法違反の容疑で逮捕。
  
2017年6月20日
 強要の容疑で再逮捕。
  
2017年9月14日
 裁判が結審。
 検察は懲役3年、罰金30万円を求刑。
  
2017年10月13日
 判決

ほかの業界人が、日々おこなっている所行は、金沢容疑者の比でありません。
重大犯罪です。
ちなみに、金沢容疑者は、改革派でもあります。
AV業界改革推進有識者委員会(業界団体)は、現在、契約時のさいの録画を推奨しています。

(2017年5月31日 AERA dot.「新たなる『適正AV』ってなんだ?」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
山口貴士 委員
適正AVの参加メーカーには、契約時に女優への撮影内容説明や事前の台本開示を徹底してもらいます。
そして契約の様子を録画撮影し、データベース化することで、「言った」「言わない」の水掛け論を排除できると考えています。

——————————————————–

金沢容疑者は、AV業界改革推進有識者委員会が言っていることを先んじておこなっていました。

(2017年6月5日 産経新聞「AV出演強要容疑で逮捕の男、女子高生ら契約場面を録画『合意』装う?…弁護士存在もちらつかせ 大阪府警」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
産経新聞
捜査関係者によると、金沢容疑者は、自身が運営するモデル募集サイトを見て連絡してきた女性を「面接」と称して東京都内や大阪市内に呼び出し、スタジオで身分証を持たせてカメラで撮影。

契約書を交わす際には
「実技あり。了解しました」
と記すよう口頭で指示し、こうした様子も映像に残していた。

女性には
嫌なことはやらなくてもいい
と告げながら、出演に難色を示すと
「こっちには弁護士がいるので断ったら大変なことになる。(撮影前にかかった)美容院代を返せ」
などと迫っていたという。

——————————————————–

「嫌なことはやらなくてもいい」

AV業界改革推進有識者委員会の代表も、似たようなことを言っています。

(2017年5月31日 AERA dot.「新たなる『適正AV』ってなんだ?」より引用。改行を施しています。)

志田陽子 代表委員
また、クーリングオフのように、契約を一度しても、出演者側が
「やはり辞めたい」と言った場合は、その意思が優先されるルールも提言に盛り込まれています。

——————————————————–

(辻丸さんのツイートより、引用。)

辻丸さん
<2017年7月5日>

“自己決定権”が”自己責任”に利用されるのを危惧する。
「契約書書いたろ?面接で承諾した映像残ってるよ。ウチは適正AVメーカーなんだから!」
制作側に都合のいい自己決定が強要、捏造されないか?
覚悟という名の自己責任を強いる業界と世間。
まず体質をこそ点検してほしい、無名の実演家の声から

——————————————————–

AV業界改革推進有識者委員会は、金沢容疑者を顧問として迎えいれたらよいのではないでしょうか。
目指す方向が同じなのですから。

(2017年05月31日 東スポWeb「“少女の敵”逮捕!AV出演強要の極悪非道な手口」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
東スポWeb
金沢容疑者は11年12月にも逮捕された。
今回同様、ネットで
「日払い1万円! ノリ良く頑張った子には15万円以上」
「一生のうちで一番輝けるのは今だけです」
「脱ぎ系とか無しなので安心してね」
という内容でモデルを募集し、撮影前に美容院に行かせ、着エロを撮影し販売していた。
しかし、14歳の少女の上半身裸の画像を撮影して、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)の疑いで逮捕され
「スケベ心から撮った」
と容疑を認めていた。

——————————————————–

金沢容疑者は、6年前にも逮捕されています。
検索してみたところ、2011年に配信されたスポーツニッポンの記事が、消えずに残っていました。

2011年12月21日 スポニチ「発覚は美容院の情報提供 芸能プロ経営者逮捕 モデル募集で少女の裸撮影」より引用。改行を施しています。)

スポニチ
警視庁少年育成課は(2011年12月)21日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、宇都宮市の芸能プロダクション経営金沢新一容疑者(42)を逮捕した。
逮捕容疑は7月29日、宇都宮市内のプロダクション事務所として使っていたマンションの一室で、千葉県に住む女子中学生(14)の裸の画像を撮影した疑い。
少年育成課によると、金沢容疑者はインターネットで「アイドル系モデル募集」と宣伝。
応募してきた少女の水着姿などを収録したDVDを販売していたという。
同課は、金沢容疑者が約2年前から12~18歳の少女約100人のDVDを販売し、毎月200万円程度を売り上げていたとみている。
撮影前に美容院に行くよう少女たちに指示していたが、東京都内の美容院の店長から7月に
「撮影に耐えられないと言っている女の子がいる」
と情報提供があり、警視庁が捜査していた。

——————————————————–

悪事から抜け出ることができなかったようです。
既出の東スポの記事をもう一度参照します。

(2017年05月31日 東スポWeb「“少女の敵”逮捕!AV出演強要の極悪非道な手口」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
東スポWeb

性犯罪者はより強い刺激がなければ満足しなくなり、どんどんエスカレートするもの。

同感です。
業界人は皆、性犯罪者です。


嗤(わら)ってしまいます。
この種の輩(やから)は、まじめに犯罪を実行しているのです。
ただそれだけのことです。

(再掲)
素晴しい人格者も沢山います

業界に人格者(道徳的なひと)などいません。
業界人は、今後も、咎(とが。「罪となる行為」)を激化していくことが予想されます。
悪から日本をまもるためには、厳罰でおうじるしか術(すべ)がありません。
峻厳な法規制がもとめられます。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。改行を施しています。)

毎日新聞記者
なぜそこまで覚悟を決められた?

香西咲さん

AVが夢にはつながらないことに気付き、ダラダラやっているのはよくないと思ったんです。
「続けてもあと1年ぐらいかな」
「その間にAVで失った人間関係や健康状態を取り戻そう」
と思っていたタイミングで、出演強要が社会問題化しました。
フラッシュバックにもずっと悩まされてきたので、いつか決着をつけなければいけないと思っていた。

(再掲)
AVが夢にはつながらない

香西咲さんは聡明なかたです。
1年以上も前からわかっておられたようです。
実相(真実の姿)を。
現在、業界に、多くの女性が囚(とら)われています。
AVが夢にはつながらない
早くこのことに気づいてほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。