「AV強要被害の実態・手口と被害を防ぐ方法、私たちにできること」(その5)。香西咲さんから搾り取ったやつらにロールズの「正義論」を読ませてやりたい

PAPSの金尻カズナさんがラジオで語られたことばを文字化しています。
本日は、5回目です。

2016年7月26日
 渋谷のラジオ
 「渋谷社会部」
  ~AV強要被害の実態・手口と被害を防ぐ方法、私たちにできること
 9:00~11:00放送

(※51分19秒のあたりから。音声の文字化は、筆者。)
遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
だから、それで、すごく納得していて、ちゃんとライフプランをしていて、っていうかたのことを問題にしているんじゃないわけじゃない。

その、脱法で、違法で、抑圧をして、差別をして、支配をして、傷つけているひとたちは、たしかに存在しているんだよ、って。
そのことが言えないひとたち。
それが声をあげはじめて、裁判もいくつか出たよ、って。
それで、支援をしているひともいます、ってことがいま起きていて。

ちょっとPAPS(パップス)のことを説明できなかったので、それはあとでやってもらいますけれど、相談のね、窓口もできはじめた。
いま、PAPS(パップス)とライトハウスぐらい?

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね、いま2つぐらいしかないのですが、かなりの数の相談がきておりまして。
——————————————————–

大阪では、SEAN(シーン)という団体が活動をしています。
事務局長をされている遠矢家永子さんのブログをみてみます。

(2017年8月30日 ねこ好き市民活動日記「【SEAN(シーン)講座案内】社会資源になりませんか? [SEAN(シーン)主催講座]」より、引用。)

<一部分を引用>
遠矢家永子 事務局長
SEAN(シーン)は2015年にポルノ被害相談を始め、これまで19件の相談を支援してきました。
今年の5月に少女を食い物にしていた男が逮捕され、ますます子どもたちを被害者にも加害者にもさせないための予防教育や社会資源の必要性を実感しているところです。
被害者に「自己責任」を押し付けないよう、事件を社会化し、子どもたちを守るための社会資源を増やしていくために講座を企画しています。

(参考)
遠矢家永子さんのツイッター

SEAN(シーン)は最初、保育系の市民団体として設立されたようです。

「SEAN(シーン)相談事業について」より、引用。)

<一部分を引用>
SEAN(シーン)
SEAN(シーン)は1997年保育サポートグループとして結成し、2001年に法人格を取得した非営利市民団体です。

(参考)
事業内容

なぜ、出演強要問題にとりくむようになったのでしょうか。

<一部分を引用>
SEAN(シーン)
SEAN(シーン)では、毎年、夏に開催されている国立女性教育会館(NWEC)フォーラムで事業報告のワークショップを開催しています。
そのフォーラムでAPP研(ポルノ・買春問題研究会)のメンバーと出会い、ポルノ被害等について知ることとなりました。
その後、APP研のメンバーが関東を拠点に活動しているPAPS(ポルノ被害と性暴力を考える会)に所属し、2014年6月ごろから、実際に起こっているポルノ被害の相談をネットで呼びかけ始めました。
その結果、相談件数は年々増え、関東圏以外からの相談について、地元で支援できる団体を模索し始めるなか、具体の面談を頼まれたことが、SEAN(シーン)がポルノ被害相談を始めるきっかけとなりました。

もう一度、遠矢家永子事務局長のブログをみてみます。

(2017年8月2日 ねこ好き市民活動日記「8/19~21 若年層のAV被害相談―ボランティア養成講座を開催します! [SEAN(シーン)主催講座]」より、引用。)

<一部分を引用>
遠矢家永子 事務局長
2014年、PAPS(ポルノ被害と性暴力を考える会)からAV被害相談の面談協力の要請があり、その後もPAPSやNPO法人ライトハウスからの協力依頼が続き、2015年よりSEAN(シーン)でも相談を請け負い始めました
2015年2件、2016年11件、2017年5件(7月現在)と、西日本の相談を支援してきましたが、今年の5月末、SEAN(シーン)が大阪府警に被害情報を提供したことをきっかけに、プロダクションを名乗る男が逮捕されました。
今後、相談が増えることも視野に入れ、ボランティア養成講座を開催することとしました。

(再掲)
ボランティア養成講座を開催することとしました

当該ブログにも書かれていますように、ボランティア養成講座は、先月の19日から21日までの3日間、開催されました。
次第につきましては、こちらのサイトがくわしいです。

「イベント情報 若年層のAV被害 相談ボランティア養成講座」

<主な講師>
大阪府警 警部「AV被害に関する警察の取組み」
・宮本節子 PAPS世話人「支援組織に求められること」
・金尻カズナ PAPS相談員「被害者主訴によるさまざまな支援」

ボランティア養成講座の講師として、大阪府警の警部が招かれたようです。
「AV被害に関する警察の取組み」
ぼくも出席したかったです。
SEAN(シーン)は現在、ネットでも相談をうけています。

「SEAN(シーン)ポルノ被害相談」より、引用。)

AVアイドルやモデル出演に関する被害で悩んでいる人のための相談Webサイトです。

出演を強制されている
意に反して出演させられてしまった
契約書にサインをしてしまった
多額の違約金を請求された
相談できる人が誰もいない
不安な毎日を送っている
少し勇気を出してわたしたちに相談してみませんか
あなたの秘密は守られます
ポルノ被害に詳しい弁護士を紹介して、困っていることを解決することも可能です。
まずは、フォームでご相談ください。追って、お返事させていただきます。
主に関西エリアでの相談に対応しています。
他地域の相談機関との連携もありますので、まずはご相談ください。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
だからもう、仕事をやめて専業にならなきゃならないくらい来ちゃった、ってことですよね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうなんです。
やればやるほど貧困になっていく。
貧困の問題もあるのですが、でも、やはり、これ、なんとかしなきゃいけない問題で、みんなが立ちあがらなければいけない問題なんですね。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
PAPS(パップス)のホームページには、Q&Aとか、これまでの相談内容とか、全部読めるようになっていましたよね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
ぜひ、お読みいただければと思います。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
7月のおしまいだから、夏休みだなぁ、と思ったときに、先月、ぜったいAV(被害を)やろう、と思って。

渋谷でね、何件くらいプロダクションがあるんだって?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
渋谷区には、まず遠藤さんは何件くらいだと思いますか?
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
日本に全部で何件あるか、わからないけど。

わたし、何本出ているのかもぜんぜんわからないし。
1日で何百本、とか出るわけ?

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
えーと、これは諸説あって、だれも把握していないのが実際のところなんですね。
年間10万本、と言うひともいれば。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
えーっ。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
グローバルな世界でみた場合、日本モノのAVもあれば、外国モノのAVもある、と。
いま、ネット社会なので、国内だけの問題だけでもなくて、グローバルな問題になっていると。
なので、だれも実態を把握していないのが問題、なんですね。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
あ、そうなんだ。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうなんです、
で、わたしたちは、じゃAVプロダクションがどれくらいあるのか、っていうのも、調べてみたら、渋谷区は、渋谷区内だけで、43個。
43プロダクションありました。
これ、あくまでも、わたしたちが調べた数字であって、それ以上あるはずなんですが。

——————————————————–

(SGM村上チーフさんのツイートより、引用。)

SGM村上チーフさん
<2017年8月31日>


渋谷区には43件もAVの制作プロダクションがあるのですね。
多過ぎですね。
国連特別報告者のマオド・ド・ブーア・ブキッキオ氏は秋葉原ではなく渋谷を捜索して欲しかったですね。
渋谷こそ諸悪の根源の街です。
ブキッキオ氏には渋谷のAV制作プロダクションの惨状を国連で報告して欲しいです。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
断トツ的な感じ?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
ひとも歩けばプロダクションに当たる、んですね。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
やっぱり、その、AVプロダクションの聖地、みたいな感じなんですか?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
実はわたしも、ここ、このスタジオ、ありますよね。
この近くにもAVプロダクションはありますし、そこのプロダクションがつかっている寮みたいなものもあるんですね。

——————————————————–

渋谷のラジオ」の所在地は、渋谷区渋谷3-22-11、です。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
あ、寮ね。
なるほどね。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そこも、この近くにあります。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
ふーん。
だから、渋谷っていう街のなかには、歴然とそういうのがあって、そのなかで、もしかすると、悩んでいるひとたちがいるんだな、っていうことだよね。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
そのとおりです。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
だからわたしは、その、「渋谷のラジオ」っていうのが、コミュニティに近くなっていくほうがいいな、って、つくっているかたが思っているのを知っているので。
渋谷のなかのひとつの現実として、AVの被害をうけているひとたちっていうのがいるかもしれない、っていうことをみんなが思ってもらって。

で、スカウト違法、ってこともあってですね、じゃ、みんなで、どうやって被害をなくしていくのかな、ということが具体的に考えられたらいいな、と思っていますので、いろいろと知恵を教えてください。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
はい、ぜひ、おはなしできるかぎり、おつたえしたいと思います。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
ありがとうございます。
(前半、終了。)
——————————————————–

後半の部分は、明日のブログでご紹介をさせていただきます。
ここのところ毎日、金尻さんと遠藤さんの会話を聞いています。
あらためて、業界人というのはどういうひとたちなのかがわかりました。
ロールズ(1921年~2002年)という現代哲学者います。
アメリカ人です。
著書の「正義論」は有名です。
ロールズの論説は、クリントン元大統領やオバマ前大統領の政策に影響をあたえたと言われています。
「正義論」の基本的な考え方をみてみます。
明治大学の土屋恵一郎教授の説明がわかりやすいので、こちらを参考にさせていただきます。

(参考)
・土屋恵一郎著「正義論/自由論」岩波現代文庫刊

いま、ある5人が、有名店のケーキを前にして、座っています。
5人は皆、このケーキが大好物です。
だれもが、ほかのひとよりもたくさん食べたい、と思っています。
5人のなかのひとりが、ケーキを切り分けることになりました。
ナイフを握りました。
自身は一番最後に残ったケーキを手にするという約束です。
さて、この人物は、どのように切るのでしょうか。

正解は、均等に切る、です。
揃えずに切ってしまうと、かならずだれかが、大きなほうを先に取ります。
最後、自分のところに残るのは、一番ちいさなケーキです。
自分がもっともたくさん食べるためには、均等に切るしか術(すべ)がないのです。

(土屋恵一郎著「正義論/自由論」岩波現代文庫刊より、引用。)

均等に切った部分が、彼にとっては一番大きい部分である。
——————————————————–

業界人はこれまで、みずからケーキを大きく切り、真っ先に掴みました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

<2016年10月2日>
香西咲さん

デビュー前に『勉強』と称されて連れていかれたポールダンスや彼らの飲食交通費、全て女優から搾取した金で遊んでるのに、 あの時の私は律儀に『ご馳走様です』と言っていた。
洗脳されてたから社長が心配して駆けつけてくれたと本気で思っていた馬鹿。
2度とこんな女優が生まれて欲しくないですね。

<2016年10月5日>
香西咲さん

こう言う情報をもっと公開して頂きたいです。
自分がどれだけ搾取されていたか予想がつくので。
(後略。)
半分も貰えたらまだ良心的です。
本当に泣きたい。
(後略。)

(再掲)
均等に切った部分が、彼にとっては一番大きい部分である。

業界人はこのことがわかっていません。
いつまでも、大きく切ったケーキを口にすることができると思っているのでしょうか。
哀れです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。