PAPSの金尻カズナさんがラジオではなされたことばを文字化してみました。香西咲さんに出演を強要したやつらにふさわしいのは、人身売買罪でなく、強姦罪です

昨日、渋谷区についてふれました。
これまで、当区は、組織的犯罪集団の跋扈(ばっこ)をゆるしてきました。
結果、業界人が蠢(うごめ)く街になってしまいました。
現在はこうした状況に歯止めをかけようとしているようです。
渋谷区役所のホームページには、ライトハウスの制作した動画が掲載されています。

(2017年5月9日 渋谷区「その契約、大丈夫? 知っていますか?AV出演強要問題」より、引用。)

<一部分を引用>
渋谷区役所

【問い合わせ】安全対策課(電話:03-3463-1598)

モデルやアイドルなどのスカウト等を装い、それをきっかけに若い女性が性的な被害を受ける被害が発生しています。
もう一人で悩まないでください。相談できる場所があります。
——————————————————–

AV出演強要問題(啓発動画)「あなたへ」渋谷区


——————————————————–

意気込みが感じられます。
以前は、PAPSから、辛辣な評価をされていたのですが。

(2015年10月9日 ノット・フォー・セール・ジャパン ニュース「vol. 44」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
(23)渋谷や新宿にはAV制作会社がたくさんあるが、地元の人が被害に遭っているわけではない。
むしろ町のイメージダウンにつながりかねないので、地元の人はあえて問題視しない
そのために可視化できず問題解決に向かわない、という側面もある。

——————————————————–

(再掲)
町のイメージダウンにつながりかねないので、地元の人はあえて問題視しない

この声が届いたのでしょうか。
昨年、地元のコミュニティーFMが、出演強要問題をとりあげました。

2016年7月26日
 渋谷のラジオ
 「渋谷社会部」
  ~AV強要被害の実態・手口と被害を防ぐ方法、私たちにできること

渋谷のラジオのサイトより、引用。改行を施しています。)

年間数万本が制作されているとも言われるアダルトビデオの中には、違法な手口で制作され、その被害に遭う女性たちがいるという実態があります。
渋谷に43軒あるというAV制作プロダクションの中にも、悪質な手口を用いて女性たちを陥れるケースがあると言います。
渋谷社会部では、こうしたAV強要被害の実態について、被害者の相談・支援に関わる金尻カズナさんから、その手口や実態、万が一そのような状況に追い込まれたときの対処方法、さらに、一般の人にも、渋谷のスクランブル交差点でもできる、ちょっとした予防のヒントなどについてお伺いしました。

——————————————————–

当日、ゲストとしてよばれたのが、PAPS相談員の金尻カズナさんです。

・2016年7月26日(火)
 「渋谷社会部」
 9:00~11:00放送

本日は、冒頭の15分間を紹介させていただきます。

AV強要被害の実態・手口と被害を防ぐ方法、私たちにできること

(※音声の文字化は、筆者。)
遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター事務局長
みなさん、おはようございます。
これから、「渋谷社会部」を11時まで2時間、担当します遠藤です。
社会的包摂サポートセンターという一般社団法人で、よりそいホットラインという、24時間、365日の電話相談をしているところの事務局長をしています。

今日のテーマは、
「AV被害を渋谷からなくすには」
というふうに自分的にタイトルを打っていって、夏休みに入ったこともあって、渋谷っていう街が、AV、アダルトビデオの会社がものすごく多いところだったり、いわゆるスカウトが多いところだったりするっていうおはなしをいろいろ聞かせていただいていて、せっかく、「渋谷のラジオ」だから、AV被害についてやろうと思って、今日は、金尻 カズナさんをお呼びして、おはなしをしていきたいと思っています。

金尻 カズナさん、今日はよろしくお願いします。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
よろしくお願いいたします。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
金尻さんとわたしがお会いしたのは、まだ、2年くらいですかね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうでしたね。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
よりそいホットラインでは、ポルノ被害者の支援マニュアル、っていうのをつくらせていただいて、相談員のみんなで勉強しているんですね。

それを監修してくれたのが、「ポルノ被害と性暴力を考える会」っていうNGOで、PAPS(パップス)って言うんですけど。
金尻さんは、そのPAPSのメンバーで。

被災地でAV被害がある、っていうおはなしがあったり、若年女性の被害がいろいろある、っていうおはなしがあって。
それで、金尻さんに来ていただいて、被災3県をキャラバンみたいにまわっていただいたことがあるんですけど。

そのときに、AVの出演強要の被害なんかを聞かせてもらって、あまりのことにね、うちの相談員のみなさんなんかもすごいびっくりして。
これはもうぜひ勉強しなくっちゃ、って言うんで、それからマニュアルをつくりました。

なかなか壮絶なはなしがたくさんあって、今日はそんなに全部ははなせないと思うんですけど。
まず、その、金尻さんがいま何をしておられるかってことを。
で、まずは、自己紹介をしてもらってからPAPSのはなしとかを前半やっていきたいと思います。
金尻さん、ちょっと、自分のことをはなしてみてください。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
はい。
金尻カズナ、ともうします。
ポルノ被害と性暴力を考える会、っていうところで、アダルトビデオに関して、出演させられたりとか、出演してこまっているかたの相談、支援をしております。

いま、アダルトビデオの被害にあう女性たち、特にですね18歳から20前半のかたたちの被害っていうのがすごく多くて。
たとえばなんですけど、渋谷駅とかですね、渋谷周辺でスカウトをされて、ことば巧みに言いくるめられて出演を余儀なくされるかたが複数いらっしゃるんですね。
そういった相談、支援事業をしているのですが。

この相談、支援事業というのは、「NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス」という団体といっしょに共同支援事業をしております。
わたしも、そこの相談支援チームで、相談員として活動しております。

わたしは、実はもともと、IT系の仕事をしていたんですね。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
IT系の何ですか。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
システムエンジニアをしていたんです。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
SE、とかいうやつですね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうです。
SEです。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
すごいね。
知らなかった。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうなんです。
それで、2004年ぐらいですね、この問題、特にアダルトビデオに関しての出演被害の問題が、2004年に一時、可視化したことがあったんですね。

それで、これ、バッキー事件っていう、知っているひとは知っているのですが、知らないひとはぜひ、ググッていただければ、ウィキペディアとかにもありますので、ご覧くださいませ。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
バッキー事件?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
バッキー事件というがあったんです。
そこでは、意に反して出演を余儀なくされたりとかですね、そのなかでは、本当にその、反社会的なことがおこなわれたり。
つまり、その、女性を生めないからだにするとかですね、女として生まれてきたことを後悔させてやる、っていうような内容のビデオが制作されて、販売されて。
その制作した会社のひとたちは逮捕されたんですね。
強姦致傷罪ということで逮捕されて、いまは服役中なんですけれども、一部のひとはもう、釈放されていると。
いうのが、2004年ぐらいにありました。

それで、わたしも、こういった問題があるのはじめて知ったので、これはなんとかしなきゃ、と思ってから、11年が経ってしまったのですが。
まだまだ、いまもなお、被害がたくさん寄せられています。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
あ、もう、ググるとすぐに出てきますね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
バッキービジュアルプランニングによるAV女優や素人モデルに対する強姦致傷事件ですね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
その事件からわたしは、この問題に関心をもって活動、被害をなくするために運動といいますか、活動をしてきたのですが。

2011年ぐらい、ちょうど震災のあった年ぐらいからですね、ちらほらと、わたしたちの団体のほうにですね、相談が寄せられるようになったんですね。

わたしたちも、この業界は、ある意味、クリーンなのかと思っていて、バッキー事件以降、AV業界というのはある種、健全になったのかな、とわたし自身も思いこんでいたところがあったのですが。

実際、寄せられた相談をうけて、そのこまっているかたといっしょに、どうしていけばいいかってことをその当時、必死になって考えたんですが。

あまりにも壮絶な被害が起きていたということが、相談、支援の実態からみえてきたわけなんですね。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
それで、SE、やめちゃったんですか。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
SEはいま、やめてしまったんです。
AV被害をなくすための相談員の仕事がメインの仕事になってしまって。
いま、生活困窮で苦しんでいるんです(笑)

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
うちに、電話していただくとか。
よりそいホットラインにあとでご相談を(笑)

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
ありがとうございます。
たしか、よりそいホットラインも生活困窮の・・・・・・

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
やっております。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
ぜひ寄り添っていただければ、うれしく思っております。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
わかりました(笑)
でも、じゃ、これで本業で、支援一本、なんですね。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
いま、社会福祉士の資格をとるために、いまちょうど35歳なんですけれども、35歳でまた大学に入り直して、いまにいたっています。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
わかりました。
金尻さんが35だというのも、今日はじめて聞かせていただきましたけれども。

いまね、深刻な被害があるっていうはなしで、たぶん聞いてくださっているひとは、アダルトビデオ制作過程のなかでどのような被害があるのかということも、どういうふうにつくられているのかも、そんなにわからないんじゃないかと思うんだよね。

なので、さっきわたしが聞いたことで単純に流れを簡単に言いますとね、スカウトみたいにすることもあるし、いろいろなやりかたで、若年の女性に、ある種、詐欺まがいの、ちょっとうそをいろいろ言いくるめたりしながら、AV出演についての契約をする。
スカウトをするところっていうのは、スカウトのための会社みたいなものがまず、ひとつあります。
スカウトをして、その女性を今度は、プロダクションっていうところにつれていくんだね。

そのプロダクションっていうのが、内容的には、その女のひとと、若い人と、派遣労働者の契約をむすぶっていうことが、だいたい筋としてあるわけですね。
スカウトされて、プロダクションという名前の派遣業者と契約をする。
その派遣業者から、今度は、実際にアダルトビデオを制作をする制作会社に派遣をされるわけです。

制作会社には、監督さんとか、映画をつくるひとたちがいるわけよね。
こまかく言うともうちょっとあるらしいですけれども。

その3つの媒体に、若年女性がうごいていくわけです。

そのなかで、どんなことがいま起きているのか、っていうことですね。
事例を軽く教えてもらったほうがわかりやすいかな。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
たとえば、いまも、夜の渋谷の109とかの交差点をたとえば夜8時くらいに歩いていただくと、かならずそのスカウトマンが立っているんですね。
「いま、こまっていることない」
とか、あとは、
「モデルにならない」

ことば巧みに言いくるめて。
——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
モデルにならない、って言うときもあれば、こまっていることない、って言うこともあるんですか。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そう。
ケースバイケースで。
スカウトマンは、この子だったら落とせるな、この子だったらうまくスカウトできるな、っていう子を見定めているので、その女性にあったスカウト方法を実践します。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
その道で、通り過ぎていく18、19の女性をみながら、そのスカウトマンの仕事をしているひとが、こうやってみていて、この子にはこの言い方で、この子にはこの言い方で、って、わけていくってこと?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうなんです。
見定めるんですよね。
そうやって見定めて、この子はうまくつかえるな。

たとえば、いま、アイドル社会ですよね。
だれもがアイドルになれる機会があるんじゃないか、チャンスがあるんじゃないか。
と、そういうふうにいまの若年女性のかたたちは思っているのも事実です。
そのなかで、この子はアイドル、っていうことば、キーワード、つまりはこころの引き出しを本当に数秒のうちに探すんですね。
そうやって、この子はこのストーリーで言えば落とし込めるな。

つまり、落とし込めばインセンティブが入るので。
つまり、収益になるわけですね。
特にスカウトマンは、成功報酬型なので、女性を一人斡旋したらそれなりの収益がある。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
あ、そういうふうに、プロダクションに一人斡旋することができれば、報酬が出るってことなのね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
これもケースバイケースなんですが、スカウトした女性が、たとえばアダルトビデオに出演すれば出演するほど、収益が降ってくるんですね。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
そのスカウトの会社にも?
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
これはあるスカウトをしていたかたのはなしなんですが、4、5人、囲い込めばじゅうぶん食べていける。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
なんか、あの、すごい昔の時代小説みたいですよね。
吉原に売ってね。
女衒(ぜげん)がね。
売って、食い詰めた東北の百姓の娘を吉原にだまして売って。
それを何人か売って生活をしている、みたいな。

——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
ただ、AVの場合は、売ったというか、斡旋した、でおわりじゃなくて、そこから女性が1回出演するごとにお金が入っていくということなので、さらにすごいことになっていると。
それが実質的に、契約という名のもとで合法的におこなわれていることが問題なんですね。

——————————————————–

遠藤智子 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター 事務局長
あたかも人身売買みたいに、私なんか、女性の暴力についてずっと支援活動のなかにいるので、いまのはなしを聞くと人身売買にすごくよく似ていると思いますけれども、それがちゃんと、派遣契約とか、出演契約とか、そういうかたちになっているってことですよね。
——————————————————–

金尻カズナ PAPS 相談員
そうですね。
日本の刑法には、人身売買罪っていうのがあります。
ただし、これ、ものすごく構成要件が高くて。

たとえば、その、囲い込まれていて、監禁状態だったとしても、たとえば薬局に行く自由があった場合、コンビニに行けるような自由がある場合は、これ、人身売買にならないんですね。

つまり、逃げ出される余地が完全にない状態の場合は人身売買としてあつかわれるんですけれども、いわゆる違約金とかですね、出演をことわったら数百万、場合によったら2,400万ぐらいの違約金がかかると言われたかたもいらっしゃるのですが、かかると言われてそういうふうに債務奴隷、違約金奴隷にしてしまうんですね。
そうして、ある種、支配状態を維持することで出演を余儀なくされる場合は、人身売買にならないんですね。

——————————————————–

(再掲)
支配状態を維持することで出演を余儀なくされる場合は、人身売買にならない

この発言は、昨年の7月26日になされたものです。
当時は、人身売買罪の適用を願っていたのかもしれません。
条文を確認します。

(参考。刑法)
第226条の2
人を買い受けた者は、3月以上5年以下の懲役に処する。
2 未成年者を買い受けた者は、3月以上7年以下の懲役に処する。
3 営利、わいせつ、結婚又は生命若しくは身体に対する加害の目的で、人を買い受けた者は、1年以上10年以下の懲役に処する。
4 人を売り渡した者も、前項と同様とする。
5 所在国外に移送する目的で、人を売買した者は、2年以上の有期懲役に処する。

——————————————————–

最高刑は、懲役10年です。
現在、警察は、業界人に対して、人身売買罪を適用する気があるのでしょうか。
最新の通達をみてみます。

(2017年5月24日 警察庁「アダルトビデオ出演強要問題に係る対策の推進について」より、引用。)

各種法令の適用を視野に入れた取締りの推進
アダルトビデオの契約、出演等に係る相談、被害申告、情報提供等を受理した際は、強姦罪等の性犯罪、強要罪、傷害罪、暴行罪、脅迫罪等の違法行為が介在する際の取締りはもとより、職業安定法(昭和22年法律第141号)第63条第2号(有害業務就業目的の職業紹介等)、労働者派遣業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(昭和60年法律第88号。以下「労働者派遣法」という。)第58条(有害業務就業目的の労働者派遣)、労働基準法(昭和22年法律第49号)第5条(強制労働の禁止)、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第34条第1項第6号(児童に淫行をさせる行為)その他関係法令の適用を視野に入れた取締りを推進すること。

取り立てて積極的、というわけでもないようです。
現在、警察が適用しようとしているのは、強姦罪です。

(2017年5月20日 テレ朝NEWS「AV出演強要問題 全国警察本部に専門官を設置」より、引用。改行を施しています。)

政府は(5月)19日、関係省庁の対策会議を開き、違法なスカウトの摘発を推進する専門官を、今月中にも全国の警察に設置することを決定しました。
警察庁は
「場合によっては業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する」
としています。

強姦罪は、人身売買罪よりも、罪が重いです。
20年以下の懲役です。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
——————————————————–

こいつらを人身売買罪のような軽い罪で服役させるわけにはいきません。
強姦罪で、朽ち果てるまで、牢屋にぶちこんでおくべきです。
逮捕がまたれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。