警察庁を管理している国家公安委員会は、出演強要に対してどのような見解をもっているのでしょうか。発言を知ると、香西咲さんの命を奪おうとした犯罪者たちの末路がわかります

日本には、行政委員会という機関があります。
人事院、公正取引委員会、国家公安委員会、中央労働委員会、教育委員会などです。
内閣に所属する機関でありながら、独立して職務をおこなっています。
いずれも、つくられたのは、戦後です。
日本を占領したGHQは、民主化の一環として、行政委員会の設置を指示しました。
国や地方公共団体からある程度独立して業務を遂行する機構が必要であると考えたのです。
国家公安委員会についてみてみます。

(国家公安委員会「国家公安委員会の概要」より引用。)

国家公安委員会は、国務大臣である委員長と5人の委員の計6人で構成される合議制の行政委員会です。
——————————————————–

構成人員は、以下のとおりです。

(参考)
国家公安委員会委員長・委員のプロフィール

<委員長>
小此木八郎 衆議院議員
(前任は、松本純 衆議院議員)

<委員>
奥野知秀 共同通信デジタル 代表取締役社長
川本裕子 早稲田大学大学院 経営管理研究科 教授
北島信一 外務省 官房長
木村惠司 三菱地所 特別顧問
安藤裕子 高松高等裁判所 長官
——————————————————–

(国家公安委員会「国家公安委員会の概要」より引用。)

国家公安委員会は、内閣府に置かれる外局(金融庁も内閣府の外局)です。
委員長は内閣の一員である国務大臣とされています。
これは内閣の治安に対する責任を明らかにするためです。

——————————————————–

国家公安委員会は、公正取引委員会と同じく、内閣府の外局です。
特殊な事項を所管します。

(国家公安委員会「国家公安委員会の概要」より引用。)

我が国では、犯罪の捜査や交通の取り締まりなどの仕事は都道府県警察が行い、国の警察機関(国家公安委員会・警察庁)は、警察の仕事のうち

国全体の安全に関係するものや、国が自らの判断と責任において行うべきもの
警察官の教育制度や、警察の通信、統計など、国において統一的に行うことが能率的であるもの
広域にわたる事件など国において調整を行う必要があるもの

を担当しています。
——————————————————–

国家公安委員会の任務のなかで、重要なのは、
国全体の安全に関係するもの
と、
国が自らの判断と責任において行うべきもの
です。

(国家公安委員会「国家公安委員会の概要」より引用。)

国家公安委員会は、個々の具体的な警察活動について直接の指揮監督を行うのではなく、あくまで、警察庁を管理し、また、警察庁に補佐させながら仕事を行っています。
具体的な仕事については、警察庁長官が、国家公安委員会の管理に服しながら、警察庁としての事務を行い、また、都道府県警察を指揮監督することによって行なわれます。

——————————————————–

国家公安委員会の意向は、警察の活動に影響をおよぼします。
出演強要について、同委員会は、どのような見解をもっているのでしょうか。

定例委員会

(2017年4月6日 国家公安委員会「定例委員会 議事の概要」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議における決定について

生活安全局長から、3月31日に開催された「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議」において決定された同問題等に関する緊急対策について報告があった。
——————————————————–

このあと、出席者が、意見をのべました。

北島信一 外務省 官房長
この種事案は、国際的な人権団体も関心が高い分野であることから、今後とも積極的に対応していただきたい。
——————————————————–

奥野知秀 共同通信デジタル 代表取締役社長
アダルトビデオ出演強要問題については、政府が立てた緊急対策に基づき取組の強化を図るとのことだが、これまで相談を受けたり、検挙した事案は氷山の一角でしかなく、実態はもっとひどい状況にあるのではないか。

今後は、警察署や交番でも相談を受け付けていることについて周知を図るとのことだが、この種の性被害の相談は、民間の支援団体の方が警察よりも抵抗感が無いということもあり得る。

警察は、民間の支援団体とも連携、協力関係を構築し、実態の把握、悪質事案の検挙を進めてほしい
——————————————————–

(再掲)
検挙した事案は氷山の一角でしかなく、実態はもっとひどい状況にあるのではないか

内閣府と同様の認識です。
国家公安委員会の委員も、業界の闇を指摘しました。

(再掲)
この種の性被害の相談は、民間の支援団体の方が警察よりも抵抗感が無い

PAPS、ライトハウス、HRNに対する信頼は、絶大です。

(再掲)
警察は、民間の支援団体とも連携、協力関係を構築し、実態の把握、悪質事案の検挙を進めてほしい

山下史雄 警察庁 生活安全局長
民間団体との連携は、いずれの分野も大変重要と理解している。

警察庁では、以前から様々な機会を通じ、民間団体との議論も重ねている。

その議論の中から実態を把握し、相談対応等更なる対策を強化するよう連携して取り組んでまいりたい。
——————————————————–

親の心子知らず(親の心を知らないで、子が勝手な振舞をする)といいますか、8日後、末端の警察が大失態を演じます。

伊藤和子HRN事務局長
<2017年4月14日>


今日は都内某警察署で、深刻なAV出演強要被害について被害相談に。
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応。
今日中に、警視総監と警察署長宛に抗議文を書いて送るか。。
それにしても月間って掛け声だけ、やってるフリじゃ困りますよ!!

——————————————————–

(5月12日 Yahoo!ニュース(「AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。『強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?』より、引用。改行を施しています。) 

伊藤和子 HRN事務局長
私は、その日(2017年4月14日)のうちに抗議文を作成して警察に送ったところ、課長さんお二人がご本人に直接謝罪に来られました。
通達はわかっているけれども十分に行き届いていなかったという話でした。

——————————————————–

何度読んでも、唖然となります。
国家公安委員会が頼りにしているHRNの事務局長を斯(か)くも(このように)ぞんざいにあつかうとは。
あまりにも無謀です。

(再掲。国家公安委員)
警察は、民間の支援団体とも連携、協力関係を構築し、実態の把握、悪質事案の検挙を進めてほしい

警察は、挽回するしかありません。

(2017年5月25日 国家公安委員会「定例委員会 議事の概要」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議における決定について

生活安全局長から、5月19日に開催された「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議」において決定された今後の対策について報告があった。
——————————————————–

出席者の発言を抜粋します。

北島信一 外務省 官房長
海外におけるJKビジネスの実態調査を行うことは良いと思う。
また、JKビジネスを規制する条例が全国の大規模府県で制定されるよう期待感を表明しておきたい。

——————————————————–

安藤裕子 高松高等裁判所 長官
各都道府県警察にアダルトビデオ出演強要問題の専門官を配置することに、大いに期待したい。
合わせて、その問題についての相談体制、被害者への支援体制の充実も必要である。
また、各省庁がそれぞれ所管する相談窓口とワンストップ支援センターが連携して対応できるようになればよいと思う。

——————————————————–

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

アダルトビデオ出演強要問題専門官の指定

都道府県警察ごとに、アダルトビデオ出演強要に対する各種法令を適用した取締りの推進、スカウトに対する検挙、指導・警告活動の推進、被害防止教育及び広報啓発活動、警察相談窓口の周知活動の推進及び警察相談受理担当者に対する研修等を統括するアダルトビデオ出演強要問題専門官を指定する。
(警察庁)〔平成29 年5月~〕

(2017年5月24日 警察庁「アダルトビデオ出演強要問題に係る対策の推進について」より、引用。)

1 アダルトビデオ出演強要問題専門官の指定等

(1) アダルトビデオ出演強要問題専門官の指定

都道府県警察に、アダルトビデオ出演強要問題の対策に関する統括責任者(以下「アダルトビデオ出演強要問題専門官」という。)として、保安警察部門等生活安全部内の警視又は警部の階級にある者のうち、1名を指定するものとする。

木村惠司 三菱地所 特別顧問
新たに掲げられた施策の時機を得て良いと思う。
JKビジネスを規制する条例の制定支援と各都道府県警察にアダルトビデオ出演強要問題の専門官を配置することは、特に重要である。
海外におけるJKビジネスの実態調査は、できるだけ早期に実施し、参考にしていただきたい。
教育・啓発においては、教育委員会やPTA、保護者等との連携について、具体策を考えていただきたい。
また、この種問題の認識がまだ周知されていないと思うので、テレビで特集番組を組んでもらうなどして積極的に周知させていく必要がある。
最後に、ワンストップ支援センターの設置については、委員長からも働きかけてもらいながら早期に進めていただきたいと思う。

——————————————————–

川本裕子 早稲田大学大学院 経営管理研究科 教授
大人が守ることも必要だが、子供が自衛できるようにすることも重要なので、タレント等へのスカウト活動がアダルトビデオ出演強要問題に繋がる可能性があることも周知するべきである。
——————————————————–

奥野知秀 共同通信デジタル 代表取締役社長
この種の業界は、まだ実態が不明な部分も多く、4月に集中的に実施した緊急対策でも、JKビジネスの実態を把握するために多くの店舗に立入調査する必要があった。
アダルトビデオ出演強要問題についても、この業界で実際にどのようなことが行われているのか分からない部分もあるので、今後とも、できる限り実態を調査した上で有効な対策を講じてほしい。

——————————————————–

(再掲)
この業界で実際にどのようなことが行われているのか分からない部分もあるので、今後とも、できる限り実態を調査した上で有効な対策を講じてほしい

現在、警察は、実態を調査しているものと思われます。
当該委員会が開催された日、松本純国家公安委員長が記者会見をおこないました。

(2017年5月25日 国家公安委員会「国家公安委員会委員長記者会見要旨」より引用。改行を施しています。)

記者
大臣にお尋ねします。
アダルトビデオへの出演を強要されるという事案が多発しています。
その他にいわゆる「JKビジネス」などについて政府として対策が強化されることになりました。
大臣の現状の御認識と、警察が今後どのような対策をとっていくのかお考えをお願いします。

松本純 国家公安委員会委員長
アダルトビデオへの出演を強いる行為は女性の尊厳を踏みにじるもので、あってはならないことであり、また、いわゆる「JKビジネス」は、女子高校生等が児童買春等の犯罪の被害者となる危険性が高く、少年の保護と健全育成の観点から憂慮すべきものと認識しております。

近年、こうした若年層の女性に対する性的な暴力に係る問題が深刻な状況にあることを踏まえ、今月19日、関係府省対策会議において、「今後の対策」が取りまとめられたものと承知しております。

警察では、先日も神奈川県警察において、アダルトビデオに関連する事案を検挙したところでございますが、今回の取りまとめを踏まえ、関係府省との連携の下、厳正な取締り、女性に対する被害の未然防止、被害者の迅速な保護及び適切な支援に向けた取組を更に積極的に推進してまいりたいと思います。
——————————————————–

同じ日、伊藤和子HRN事務局長が、警察の活動をたたえる書きこみをされています。

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年5月25日>


確かに警察は、AV出演強要問題、とてもがんばっていると思う。
まだ問題はたくさんあるのだけれど、でも、少なくとも献身的に毎日頑張っている人たちがいる。
ポーズじゃない
これは掛け値なしに言いたいこと。

——————————————————–

よろこばしいかぎりです。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY
——————————————————–

(再掲。国家公安委員)
警察は、民間の支援団体とも連携、協力関係を構築し、実態の把握、悪質事案の検挙を進めてほしい

香西咲さんの命がなくなるまで搾り取ろうとしたやつらの末路がみえてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。