AV業界改革推進有識者委員会が言っている自己決定権は、業界を利するためのものである。香西咲さんのように「まず1回は、絶対に止めますね」という姿勢はないのだろうか

昨年、業界は、第三者委員会を設立する、と公言しました。
おそらく多くのひとたちも、期待していたことでしょう。
これで業界もすこしはまともになるのではと。

(2017年4月17日 弁護士ドットコム「『AV業界を総点検する』『BPOをイメージ』外部有識者の委員会が発足会見」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
AV業界の外部有識者でつくる「AV業界改革推進有識者委員会」(代表委員:志田陽子・武蔵野美術大学教授)が4月17日、東京都内で記者会見を開いた。
(中略。)
この委員会は、いわゆるAV出演強要問題を受けて、4月1日に発足した。
AV女優など、出演者の自己決定権などの人権を守ることに重点を置いたうえで、業界の健全化を推進するために提言や指導をおこなっていくことにしている。
(略。)
AVメーカーでつくる業界団体「NPO法人知的財産振興協会」(IPPA)、AV出演者の権利団体「一般社団法人表現者ネットワーク」(AVAN)、プロダクションでつくる「日本プロダクション協会」が加盟している。

——————————————————–

中立な機関はつくられませんでした。
人々はさぞかし、落胆のため息をついたことでしょう。
ぼくは、「自己決定権」ということばに違和感をおぼえました。

(2017年4月17日 弁護士ドットコム「『AV業界を総点検する』『BPOをイメージ』外部有識者の委員会が発足会見」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
山口貴士委員(弁護士)は「AV出演者の自己決定権と安全が十全に保証されない状況は、重大な人権侵害の温床になりかねない」と指摘した。
そのうえで、契約書のサインや口頭による説明だけでは、AV出演者の自己決定権の観点から不十分だとして、インフォームドコンセントの重要性を主張した。

——————————————————–

山口貴士氏は、AVANの顧問弁護士でもあります。
2月にも、新聞のインタビューで、同旨のことを語っています。

(2017年2月27日 日刊スポーツ「山口貴士弁護士「許されない」AV出演強要問題」より、引用。改行を施しています。)

山口貴士 AVAN弁護士
(前略。)
業界側としても、外部者の意見も聞いた上で、女優さんが出演するか否か等について、自己決定権を担保する枠組みを作るべきです。
同時に、AVに出演したいという女優の自己決定権も最大限尊重されなくてはならないので、法規制ありきではなく、業界の自主的な取り組みを優先すべきです。

——————————————————–

なぜ、自己決定権を強調しているのでしょうか。
簡単です。
自分で契約書にサインをした以上は、いっさい、強要があったなどと口にするな、と言いたいからです。

(再掲)
AVに出演したいという女優の自己決定権も最大限尊重されなくてはならない

自己決定権を最大限尊重、ですか。
ふつうはとめるでしょう。
必死になって。

(2016年8月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん引退後の夢『人生楽しみたい』『消せない過去として歩む』」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
記者
AV女優になりたい人が増えているといわれているが、もしそういう相談をされたらどう答えますか?

香西咲さん
まず1回は、絶対に止めますね。
一生ものだから。
一瞬で世界に拡散されてしまうものだから。
アメリカみたいに法律で守られていて、ポルノスターもちゃんとした地位もあってだったら別ですが、今の日本だったらどうでしょうか・・・。
少なからず悪い人もいるので、そういうのを「見極められるの?」と問いたい。
(後略。)

——————————————————–

香西咲さんは人間としてすばらしいです。
高潔な倫理観がそなわっています。

(再掲。AV業界改革推進有識者委員会)
契約書のサインや口頭による説明だけでは、AV出演者の自己決定権の観点から不十分だとして、インフォームドコンセントの重要性を主張した

インフォームドコンセント—-
息苦しさをおぼえます。
胸が痛みます。
「エホバの証人輸血拒否事件」のことが頭にうかびます。

(参考)
・実成大泉著「説得 エホバの証人と輸血拒否事件 (草思社文庫刊)

紹介は差し控えさせていただきます。
ネットで調べても、ある程度のことはわかります。
「大ちゃん事件」で検索すると、いくつかの記事がヒットします。
この事件を知っているひとならば、インフォームドコンセントの訝(いぶか)しさ(疑わしさ)がわかります。

(2017年6月5日 産経新聞「モデルスカウト偽装、海外サイトで拡散…被害急増のAV強要 大阪府警は『専門官』配置」より引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
女性がAV出演を強要される問題は近年、各地で表面化している。
支援団体を通じて被害者が声を上げるようになったことが理由とみられるが、モデルやアイドルの募集と偽って面接に誘い、個人情報などの弱みを握って出演させるなど手口は巧妙化しており、国は対策強化に乗り出している。

——————————————————–
一方、今回の事件のように、AVとは一見無関係なサイトを使って「モデル募集」をうたったり、「アイドルになりませんか」と路上でスカウトしたりと、勧誘方法も多様化している。
——————————————————–
さらに、今年4月を「被害防止月間」と位置づけ、全国的に取り締まりや啓発を強化。
各都道府県警に、AV出演強要問題に対応する「専門官」を新設することを決めた。
大阪府警もこれを受けて、保安課の警視1人を専門官に指定する。
府警幹部は「業者側は『合意の上で出演した』という体裁をとることが多く立証は容易ではないが、今後も悪質な強要については積極的に摘発していく」と話している。

——————————————————–

(再掲)
業者側は『合意の上で出演した』という体裁をとることが多く立証は容易ではない

川奈まり子AVAN代表も、契約にこだわります。
昨年の12月、「田村淳の訊きたい放題!」で、出演強要問題がとりあげられました。

2016年12月17日 「田村淳の訊きたい放題!」

(動画)
YouTube(36分のあたりから)
デーリーモーション(32分のあたりから)

川奈まり子AVAN代表の発言をみてみます。

川奈まり子 AVAN代表
いま世間では、AV女優さんはみんなそんなふうにスカウトされて、無理矢理出演させられているんじゃないか、と思っていらっしゃるかたもいるんじゃないか。
わたしは、そういう目にあいませんでした。
また、私のまわりも、そういう目にあっているひとはいません。
AV業界って、できてから40年ぐらいになるんです。
——————————————————–

(2016年1月18日 産経新聞「AV出演トラブル増…相談110件超」より、引用。)

<一部分を引用>
(AVの) 現在の市場規模は約500億円とされる。
一般家庭にビデオデッキが普及し始めた1980年代に、成人向け写真雑誌を作っていた会社などが発売。

(※この記事は、ネット配信されていません。)
——————————————————–

川奈まり子 AVAN代表
40年前のころというのは、だいたい、反社会的勢力の人々、だいたい半分ぐらい。
その後、暴対法が施行されたんです。
(1991年に制定。1992年3月1日から施行。)
2000年前後のころには、そうした会社というのはほとんどなかったんです。
——————————————————–

ぷー(だいわりゅう)さん
<2017年5月25日>


AV業界ってヤクザとか本職の人たちがあそこのやつらはとんでもないって言ってるくらいなのでやばいですね。
基本まともな人がいませんよ。

——————————————————–

小人(たいしたことのない人物)ほどあつかいにくいものはありません。
力のあるひとがいないと、自分自身でおさえがきかなくなります。
このあたりのことは、角間隆さんが書かれた「赤い雪―総括・連合赤軍事件」(新風舎文庫)を読むとよくわかります。

川奈まり子 AVAN代表
AV業界のなかには、AV業界のなかのスタンダードな標準的な出演にいたる道筋、というものがあって、最近、本当にふえていて、ほとんどそうなってきているのは、自分から応募してきている。
——————————————————–

(2016年10月20日 毎日新聞「AV問題:語り始めた業界人(7)大手メーカーの危機感」より、引用。改行を施しています。)

毎日新聞記者
本当に出たい人」だけでは、回していけないのでしょうか?

大手メーカーの高木慎司さん(仮名)
(会社が)つぶれます。
今は大手もそこまで利益が出ているわけじゃない。
女優が減ればその分の売り上げがなくなる。
例えば、いきなり収入が3割なくなってやっていける会社がありますか?
企業努力でどうにかなるレベルじゃない。
(後略。)

——————————————————–

(2016月3月29日 産経新聞「年500人超がAVデビュー 出演強要の末、違約金まで…AV業界歴30年の男性が衝撃の実態を語った」より、引用。改行を施しています。)

業界トップのひとり、とされる男性
(アダルトビデオ)AVメーカー各社は利益を確保するため、新作を増やし、次々と新人をデビューさせないといけない。
さらに「誰もやったことのない過激さ」がユーザーから求められる。
そうした中で、女性をだまして出演させたり、やり過ぎとも思える性行為が行われたりしている。
ギャラを女優に渡さないなど目に余る行為もあるようだ。

——————————————————–

出演強要をしなければ、業界は、立ちゆかなくなるようです。

川奈まり子 AVAN代表
じゃ、うちに登録してください、っていうかたちになります。
そこで契約書がでてくる。
さらに、事務所のほうでは、業界用語ですけれども、NG事項といわれるものの確認をとります。
つぎに、AVメーカーから出演オファーがきて、そこでもまた、メーカーのほうも、NG事項の確認を別個にとります。
「でたいです」
というはなしになったら、そしたらまた、そこで契約をむすぶ。
それから後日、撮影なので、AV業界に入るよ、ってところから撮影までが、非常にとおくて、ふつう、AV出演強要被害のようなことはおこりません。
かれら(強要をおこなうもの)は業界にとっても癌(がん)なんですよ。
なんとしても不健全な部分があることはたしかなので、ただしていかなければならない。
これは、まったくもって、ただしいんです。
だから、めざす着地点は同じところなはずなんですよ。
本来は。
しかし、この集団のなかの一部が犯罪に類するようなことをおこなったからといって、その集団すべてに網をかぶせて法規制をおこなう。
わたしはそこを不当に思うんです。
悪いことをおこなったそのひとを逮捕すればよい。
起訴すればよい。
不健全な部分はある。
そこはみとめます。
そこはみとめるので、だから、自主規制をすべきだ、というふうに思っていて、そのためには、女性のほうからみずから積極的にAVのプロダクションに、プロダクションの業務、まあおもに、マネージメント業務、ということになるわけですが、それを委託する。
芸能プロのほうも、女優さんに、出演業務を委託する。
相互に業務委託をする。
AV女優さんが、自主的に出演するのでなければ、むすべない契約にしてしまう。
そうしたらもう、自分の意思にさからって出演させられるなんていうことは、まずまずありえなくなるので。
だから、業界全体がそのように構造改革してしまうことで、出演強要被害のようなことは完璧にふせげるのではないかと。
——————————————————–

どうなのでしょう。
そううまくいくものなのでしょうか。

(2017年6月5日 産経新聞「AV出演強要容疑で逮捕の男、女子高生ら契約場面を録画『合意』装う?…弁護士存在もちらつかせ 大阪府警」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
女子高生などにアダルトビデオ(AV)出演を強要したとしてアダルトサイト運営の男が逮捕された事件で、女性が出演契約を結ぶ際の一部始終を、男が録画していたことが5日、大阪府警への取材で分かった。
男には顧問弁護士がおり、府警は、女性とトラブルになった際に「合意だった」などと説明するため、弁護士に相談した上で行っていたとみて調べている。

——————————————————–
捜査関係者によると、金沢容疑者は、自身が運営するモデル募集サイトを見て連絡してきた女性を「面接」と称して東京都内や大阪市内に呼び出し、スタジオで身分証を持たせてカメラで撮影。
契約書を交わす際には「実技あり。了解しました」と記すよう口頭で指示し、こうした様子も映像に残していた。

——————————————————–

(再掲。AV業界改革推進有識者委員会)
契約書のサインや口頭による説明だけでは、AV出演者の自己決定権の観点から不十分だとして、インフォームドコンセントの重要性を主張した

AV業界改革推進有識者委員会の言っていることは、あまりにも無知で、おろかです。
出演強要をふせぐためには、伊藤和子HRN事務局長がおっしゃっていることを具現化するしかありません。

伊藤和子 HRN事務局長
やっぱりこれ、このままにまかせていますと、弱い立場の若年女性が被害にあいつづける可能性がありますので、政府としても対策をとってほしいな、というふうに思うんですよね。
ひとつは、法律の面があると思うんですけれども、意に反して出演させない。
そういうことを禁止する。
それから、違約金をはらえ、ということを言って、違約金が払えない女性が出演させられる、ということがありますので、違約金を請求することを禁止する。
それから、だましてつれてくるという場合もありますので、真意をつげないでAV出演を強要すると、いうようなことを禁止事項として明確にして、それに反すれば罰則を科すというような法律をきちんとつくるということで女性たちをまもる必要があると思うんですね。
また、監督官庁などもきめて、まったくいま、そういったレギュレーション(規制)がない状態ですから、それを変える必要があるなと思ってます。
——————————————————–

すべてにおいて、首肯することができます。
出演強要に関しては、もうひとつ、重要なことがあります。

(再掲。弁護士ドットコム)

記者
AV女優になりたい人が増えているといわれているが、もしそういう相談をされたらどう答えますか?

香西咲さん
まず1回は、絶対に止めますね。
一生ものだから。
一瞬で世界に拡散されてしまうものだから。
アメリカみたいに法律で守られていて、ポルノスターもちゃんとした地位もあってだったら別ですが、今の日本だったらどうでしょうか・・・。
少なからず悪い人もいるので、そういうのを「見極められるの?」と問いたい。

——————————————————–

ぼくは香西咲さんを尊敬します。
これほどまでに気高く崇高なかたをぼくは寡聞にして存じあげません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。