一昨日、安倍総理大臣は、出演強要に関する今後の対策を「着実に実行します」と明言しました。香西咲さんを蹂躙したやつらの逮捕が一歩ちかづいてきました

5月19日の関係府省対策会議で、出演強要問題に対する「今後の対策」が策定されました。
その後、別の会議が2回あり、こちらでも同問題が話し合われました。
まずは、昨今の会議の推移を確認します。

<出演強要問題に関する諸会議>>
5月19日(金)
 第3回関係府省対策会議
 ・「今後の対策」をきめる
  
5月25日(木)
 第52回男女共同参画会議
 ・「重点方針2017」の骨格をさだめる
  
6月6日(火)
 すべての女性が輝く社会づくり本部
 ・「重点方針2017」を決定する

男女共同参画会議と、すべての女性が輝く社会づくり本部について、みてみます。

2017年5月25日
男女共同参画会議

5月25日に、政府は、首相官邸で、男女共同参画会議をひらきました。
議題は、
「女性活躍の推進に向けた重点取組事項について」
です。
この席で、「女性活躍加速のための重点方針2017」の骨格をきめました。
議事録の要旨が公開されていますので、出演強要に関する部分を参照します。

(2017年5月25日 男女共同参画会議「議事要旨」より引用。)

<議事要旨の1ページ>
重点方針専門調査会長の佐藤議員(佐藤博樹中央大学大学院戦略経営研究科教授)より、重点取組事項の案について説明があった。
——————————————————–

説明のときに使用した資料は、
男女共同参画・女性活躍の推進に向けた重点取組事項について(案)
です。
当該資料の6ページに、つぎの記述があります。

1.女性に対するあらゆる暴力の根絶

「児童の性的搾取等に係る対策の基本計画」(子供の性被害防止プラン)及び「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」に基づき、必要な対策を総合的に推進すべきである。

——————————————————–

「議事要旨」にもどります。
出演強要問題に関する部分を抜粋します。

(2017年5月25日 男女共同参画会議「議事要旨」より引用。)

<議事要旨の4ページ>
佐藤博樹 中央大学大学院戦略経営研究科教授
1.女性に対するあらゆる暴力の根絶(※上記の資料)について、女性に対する暴力は、重大な人権侵害であり、その予防と被害回復のための取組を推進し、暴力の根絶を図ることは、女性活躍の前提となる基本的な課題であるとの認識の下、(略)先般(5月19日)取りまとめられた「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」等に基づく(中略)取組を求めている。
——————————————————–

<議事要旨の4ページ>
佐藤議員の説明の後、加藤大臣から、「いわゆるアダルトビデオ出演強要・JKビジネス問題」について、4月に集中月間と位置付けた「緊急対策」を実施して、去る5月19日に政府の対策会議を開催し、資料2-1及び資料2-2のとおり今後の対策を取りまとめ、今後は、これに基づき取組を進めていく旨報告があった。
——————————————————–

<議事要旨の4ページ>
これまでの報告・提案を受け、有識者議員から以下のような意見が述べられた。
——————————————————–

<議事要旨の6ページ>
辻村みよ子 明治大学法科大学院教授
アダルトビデオ出演強要問題と「JKビジネス」問題等に関する今後の対策について、この問題については、「女性に対する暴力に関する専門調査会」において、本年3月に現状と課題を整理した報告書を取りまとめ、専門調査会でも随時フォローアップをしていくこととしているので、各大臣におかれても、今後、この対策を着実に実施していただきたい
——————————————————–

<議事要旨の7ページ>
続いて、閣僚等から、以下のような発言があった。

あかま二郎 総務省 副大臣
(前略)、「いわゆるアダルトビデオ出演強要・JKビジネス問題」への対応等、引き続き女性活躍の推進に向けた取組を進めて参りたい。
——————————————————–

<議事要旨の8ページ>
最後に、議長である菅官房長官から発言があった。

菅義偉 内閣官房長官
先般取りまとめた「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」の推進(中略)などについて、積極的に具体化を図っていただきたい。
——————————————————–

出演強要問題が、「女性活躍加速のための重点方針2017」の骨格のなかへもりこまれました。
ちなみに、菅内閣官房長官の
「『今後の対策』の推進(中略)などについて、積極的に具体化を図っていただきたい」
との発言は重要です。

<確認>
5月25日(木)
 第52回男女共同参画会議
 ・「重点方針2017」の骨格をさだめる
  
6月6日(火)
 すべての女性が輝く社会づくり本部
 ・「重点方針2017」を決定する

2017年6月6日
すべての女性が輝く社会づくり本部

6月6日、安倍総理大臣は、首相官邸で、第6回目となる「すべての女性が輝く社会づくり本部」を開催しました。
菅内閣官房長官は、当日の記者会見で、つぎのようにのべています。

(2017年6月6日「内閣官房長官記者会見」より引用。動画。)

菅義偉 内閣官房長官
本日、閣議前に「すべての女性が輝く社会づくり本部」が開催され、「女性活躍加速のための重点方針2017」を決定いたしました。
この重点方針に基づき、女性活躍を更に加速させるために、女性活躍情報の「見える化」の徹底、働き方改革や男性の育児休業取得促進、「子育て安心プラン」に基づく、待機児童解消等の施策の推進、「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」の推進、家事育児をサポートする乳幼児用液体ミルクの普及、パスポートにおける旧姓併記のための手続の簡素化などを、政府一丸となって推進してまいります。

——————————————————–

菅内閣官房長官は、
「女性活躍を更に加速させるために、(略)『今後の対策』(略)を政府一丸となって推進してまいります」
とのべています。
公明新聞は、「女性活躍加速のための重点方針2017」をどのように報じているでしょうか。

(2017年6月7日 公明新聞「女性活躍 情報公開を促進」より引用。改行を施しています。)

全閣僚が参加する政府の「すべての女性が輝く社会づくり本部」(本部長=安倍晋三首相)は6日、来年度予算案の編成に向けた重点事項である「女性活躍加速のための重点方針2017」を決定した。
(中略。)
若い女性を狙ったアダルトビデオ(AV)出演強要問題に対しては、根絶に向け、取り締まりや啓発の強化、相談体制の充実などに取り組む。
これまで公明党は、大企業などに女性活躍の行動計画策定・公表を義務付けた女性活躍推進法の制定(15年)をリード。
働き方改革や出演強要問題などについても政府に提言し、対策の強化を訴えてきた。

——————————————————–

出演強要に関しては、取り締まりの強化がうたわれています。

(再掲)
これまで公明党は、(略)出演強要問題などについても政府に提言し、対策の強化を訴えてきた

遠山清彦 衆議院議員
<2017年6月6日>


今朝8時から、公明党AV出演強要問題PT会合。
私達が3月に官房長官に申し入れてから、政府の対策が抜本的に強化されていることを確認。
悪質な個人業者も大阪で逮捕。
まだまだ徹底的に取り締まってもらいたい

——————————————————–

公明党には感謝しております。
「中間提言」によって政治がおおきくうごきました。
それにもまして、すさまじいのは、官僚と菅内閣官房長官です。
今後の対策」は、公明党の中間提言を凌駕しています。
対する業界は、徹底抗戦の構えのようです。(中村淳彦さん
首を傾(かし)げざるをえません。
権力のおそろしさがわからないのでしょうか。
すべての女性が輝く社会づくり本部で、安倍首相が何を語ったのかを知るべきでしょう。

(2017年6月6日 首相官邸「すべての女性が輝く社会づくり本部」より、引用。動画。)
すべての女性が輝く社会づくり本部。アダルトビデオ出演強要強要問題に対する安倍晋三内閣総理大臣の発言
安倍晋三 内閣総理大臣
本日、「女性活躍加速のための重点方針2017」を決定しました。
次のステップは、全国で自発的な取組が進み、良い結果が生まれ、更に女性活躍が進むという好循環をつくり出すことです。
このため、女性活躍に関する情報を徹底して見える化し、労働市場や資本市場で活用されるようにしていきます。
(中略。)
先般取りまとめた「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」を着実に実行します。
結婚後も仕事で旧姓を使い続ける方々の便宜のため、パスポートにおいて届出により旧姓を併記できるよう、手続を簡素化します。
各閣僚は、この重点方針に基づき、女性の活躍を後押しする政策を具体化し、実行してください。

——————————————————–

(再掲)
「『今後の対策』を着実に実行します」

安倍首相は、まじめで信頼のおける人物です。
誠実です。
民主党政権のように、大言壮語(自分の力以上の大きなことを言うこと)はしません。
口にしたことはかならず、結果をだします。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。改行を施しています。)

(1)被害の防止及び救済等のための新たな対応策の検討

(内閣府、関係府省)
アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する。

安倍総理は、
「『今後の対策』を着実に実行します」
と明言しました。
峻厳な法律ができることを期待しています。

(再掲。安倍晋三内閣総理大臣)
本日、『女性活躍加速のための重点方針2017』を決定しました

「女性活躍加速のための重点方針2017」から、出演強要に関する部分を参照します。

女性活躍加速のための重点方針2017(案)より、引用。)

<19ページ>

②「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『J K ビジネス』問題等に関する今後の対策」に基づく施策の推進「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『J K ビジネス』問題等に関する今後の対策」(平成29 年5月19 日いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「J K ビジネス」問題等に関する関係府省対策会議決定) に基づき、こうした問題の根絶に向け、更なる実態把握や取締り等の強化、教育・啓発の強化、相談体制の充実、保護・自立支援の取組強化等の施策を総合的に推進する

このことに関して、安倍首相は、
「『今後の対策』を着実に実行します」
と確言したのです。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。改行を施しています。)

(警察庁)
①警察において、関係機関等とも連携し、関係機関等から警察に提供のあった情報も踏まえ、アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪、強要罪、労働者派遣法等の(JKビジネスについては略)各種法令を適用した厳正な取締りを推進する。

(2017年2月19日 日刊SPA! 「AV業界“ドロドロ相互不信”の内幕…手をつくして攻めてくる警察捜査、関係者に疑心暗鬼が蔓延」より、引用。改行を施しています。)


あるAVプロダクション関係者は言う。
「香西咲さんの件では、元芸能人をウリにすることで人気のメーカー『MUTEKI』に20人規模の捜索が入ったそうです。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
T総研のY
メーカー関係者
——————————————————–

強姦罪の適用についても、安倍総理大臣は、着実に実行します、ということなのでしょう。
犯罪者たちの逮捕がちかづいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。