伊藤和子HRN事務局長による警察の評価が180度かわりました。事態が急変したようです。香西咲さんを蹂躙したやつらはいつ逮捕されるのでしょうか

AV出演強要問題
政府が決定した方針(今後の対策)について考える
(第4回目)

5月19日に、出演強要に対する政府の取組方針が策定されました。

(取組方針の名称)
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策
——————————————————–

本日は、とりしまりに関する部分についてみてみます。

これから警察がおこなうこと

まずは、部内での研修です。

(2017年5月19日「今後の対策」より、引用。)

<7ページ>
(警察庁)
⑥アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題に適切に対応するため、警察庁の担当者が都道府県警察本部の担当者に対し、また、都道府県警察本部の担当者が各警察署の担当者に対し、問題の現状や犯罪捜査・被害相談受理時の対応における留意事項に係る研修等を実施する。
〔平成 29 年4月~〕

——————————————————–

研修の流れを整理します。

警察庁の担当者
  研修
都道府県警察本部の担当者
  研修
各警察署の担当者
——————————————————–

なぜ、現場の警察官に対して研修をおこなうのでしょうか。

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年4月14日>


今日は都内某警察署で、深刻なAV出演強要被害について被害相談に。
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応。
今日中に、警視総監と警察署長宛に抗議文を書いて送るか。。
それにしても月間って掛け声だけ、やってるフリじゃ困りますよ!!

参考。伊藤和子HRN事務局長のブログ)
AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。「強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?」 
——————————————————–

伊藤和子HRN事務局長の影響力は甚大です。
政府の意向を推し量って、敷衍(ふえん)してみます。

(※注 筆者による当て推量です。)
菅義偉 内閣官房長官
  フォローアップを指示
加藤勝信 男女共同参画担当大臣
  フォローアップを指示
松本純 国家公安委員会委員長
  叱責。フォローアップを指示
山下史雄 警察庁生活安全局長
  研修の実施を打ち出す
警察庁の担当者
  研修
都道府県警察本部の担当者
  研修
各警察署の担当者
——————————————————–

ちなみに、安倍総理大臣は、3月27日の参議院予算委員会で、こうのべていました。
「アダルトビデオ出演強要問題については、佐々木議員が中心となってとりまとめられた御党の提案もうけまして、さっそく加藤大臣を中心に政府一体となってとりくむ体制を立ちあげたところであります。そのもとで、実態の解明、取り締まりの強化、予防のための教育、啓発の強化、そして被害者が相談できる体制の充実などのとりくみを加速していきます」
と。
今回の研修は、以下の事柄が中心です。
「問題の現状」
「犯罪捜査」
「被害相談受理時の対応における留意事項」
これらのことは、過去の通達に明記されています。

(5月12日 Yahoo!ニュース(「AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。『強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?』より、引用。改行を施しています。) 

伊藤和子 HRN事務局長
私は、その日のうちに抗議文を作成して警察に送ったところ、課長さんお二人がご本人に直接謝罪に来られました。
通達はわかっているけれども十分に行き届いていなかったという話でした。

——————————————————–

研修は、通達を披見する(開いて見る)ところからはじめてほしいものです。
当該通達には重要なことが書かれています。

「問題の現状」

2つの通達を参照します。

(2016年6月17日 警察庁「アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について(通達)」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
詐欺・脅迫的な言動を用いて強制的にアダルトビデオ(以下「AV」という。)に出演させられたり、出演を拒否した際、多額の違約金を請求され、出演を余儀なくされたりする事案については、各方面から問題提起され、現にこうした被害相談が警察に寄せられているところである。
本人の意に反してAVへの出演を強いるような行為は、精神的・肉体的苦痛をもたらす深刻な人権侵害であり、このような行為に対して迅速かつ的確な対応が求められる(後略。)

——————————————————–

(2017年3月31日 警察庁アダルトビデオ出演強要問題及びいわゆる「JKビジネス」問題に対する緊急対策の推進について【通達】より、引用。改行を施しています。

<一部分を引用>
女性の意に反してアダルトビデオへの出演を強要する問題や、いわゆる「JKビジネス」と呼ばれる営業により、児童が性的な被害に遭う問題等若年の女性に対する性的な暴力に係る問題は深刻な状況にある(後略。)
——————————————————–

いずれも、出演強要の実態を的確に表顕(表現)しています。

「犯罪捜査」

通達は、業界人をどのようにしてとりしまるのかについても明記しています。

(2016年6月17日 警察庁「アダルトビデオへの強制的な出演等に係る相談等への適切な対応等について(通達)」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
(前略)、各都道府県警察において、この種の相談・被害申告が寄せられた場合には、下記について留意の上、適切に対応されたい。


1 各種法令の適用を視野に入れた取締りの推進

AVの契約、出演等に係る相談、被害申告、情報提供等を受理した際は、
強姦罪等の性犯罪、
強要罪、
傷害罪、
暴行罪、
脅迫罪
等の違法行為が介在する際の取締りはもとより、
職業安定法第63条第2号(有害業務就業目的の職業紹介等) 、
労働者派遣法第58条(有害業務就業目的の労働者派遣) 、
労働基準法第5条(強制労働の禁止) 、
児童福祉法第34条第1項第6号(児童に淫行をさせる行為)
その他関係法令の適用を視野に入れた取締りを推進すること。

——————————————————–

(2017年3月31日 警察庁アダルトビデオ出演強要問題及びいわゆる「JKビジネス」問題に対する緊急対策の推進について【通達】より、引用。改行を施しています。

<一部分を引用>
(前略)、これまでの相談等についての事件の掘り起しや、各種の警察活動を通じた端緒情報の入手に努めるとともに、違法行為に対する取締りを推進すること。
——————————————————–

(再掲。伊藤和子HRN事務局長)
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応

このクズ警察署は、AV業界と癒着しているのかもしれません。
「取締りを推進」するどころか、事件を隠蔽していた可能性もあります。

「被害相談受理時の対応における留意事項」

(2017年3月31日 警察庁アダルトビデオ出演強要問題及びいわゆる「JKビジネス」問題に対する緊急対策の推進について【通達】より、引用。改行を施しています。

<一部分を引用>
また、アダルトビデオ出演強要やいわゆる「JKビジネス」に関連する被害に係る相談者等から事情聴取を行う際には、性的プライバシーに関するものを含むものであるという特徴に十分配意し、聴取の方法、時間、場所等について配意するとともに、女性警察官等の適任者に対応させる、女性警察職員を立ち会わせるなど、相談がしやすい環境整備に努めること。
——————————————————–

伊藤和子HRN事務局長のブログに登場する署員は、極悪、です。
いずれも怠っていました。
不良警官が跋扈(ばっこ)している現状を憂えた政府は、異例の措置を講じました。

(2017年5月19日「今後の対策」より、引用。)

<2ページ>
(警察庁)
アダルトビデオ出演強要問題専門官の指定
都道府県警察ごとに、アダルトビデオ出演強要に対する各種法令を適用した取締りの推進、スカウトに対する検挙、指導・警告活動の推進、被害防止教育及び広報啓発活動、警察相談窓口の周知活動の推進及び警察相談受理担当者に対する研修等を統括するアダルトビデオ出演強要問題専門官を指定する。

——————————————————–

出演強要問題を専門にとりつかう「専門官」の新設です。
専門官は、「各種法令を適用した取締りの推進」をおこないます。
適用する法令についても、方針がしめされました。

(2017年5月19日「今後の対策」より、引用。)

<3ページ>
(警察庁)
各種法令を適用した厳正かつ積極的な取締り等の推進
①警察において、関係機関等とも連携し、関係機関等から警察に提供のあった情報も踏まえ、アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪、強要罪、労働者派遣法等の(JKビジネスについては略)各種法令を適用した厳正な取締りを推進する。

——————————————————–

昨年の3月に、HRN(ヒューマンライツ・ナウ)が、出演強要被害に関する報告書を発表しました。
とりしまりに関して、以下の言及があります。

(2016年3月3日 HRN「ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権侵害 調査報告書」より、引用。改行を施しています。)

<9ページ>
HRN
強姦罪、強制わいせつ罪、強姦・強制わいせつ致傷罪、強要罪、傷害罪
女優の意に反して AV 出演が強要され、 暴行・脅迫により反抗を抑圧して性行為が行われた場合は強姦、強制わいせつ致傷罪、撮影により負傷した場合は傷害罪が適用されるべきである。

このあとの推移を顧(かえり)みてみます。

<強姦罪の適用について>
2016年3月3日
HRNが、強姦罪の適用を主張する。
  
2016年6月17日
警察庁が、全国の警察に、
強姦罪などの適用を視野に入れた取締りを推進すること」
との通達をおこなう。
  
2017年3月31日
第2回関係府省対策会議で、警察庁と法務省の「緊急対策」が決定する。
内容は、
「アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪、強要罪、労働者派遣法等の(略)各種法令を適用した厳正な取締りを推進する」
  
2017年5月19日
第3回関係府省対策会議において、政府の「今後の対策」がきまる。
(警察庁)
各種法令を適用した厳正かつ積極的な取締り等の推進
①警察において、関係機関等とも連携し、関係機関等から警察に提供のあった情報も踏まえ、アダルトビデオ出演強要問題については、強姦罪、強要罪、労働者派遣法等の(JKビジネスについては略)各種法令を適用した厳正な取締りを推進する。

法務省も後押しをしています。
法務省は、検察を擁しています。

3ページ
(法務省)
検察当局においては、アダルトビデオ出演強要問題、「JKビジネス」問題等が、政府の重要課題であることを踏まえ、引き続き、関係法令を積極的に適用した厳正な対処を行う。

昨日、伊藤和子HRN事務局長が、事態の急変を示唆するツイートをされました。

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年5月25日>


確かに警察は、AV出演強要問題、とてもがんばっていると思う。
まだ問題はたくさんあるのだけれど、でも、少なくとも献身的に毎日頑張っている人たちがいる。
ポーズじゃない
これは掛け値なしに言いたいこと。

——————————————————–

評価が、180度かわりました。
警察による失地回復のうごきがはじまったようです。

中村淳彦さん
<2017年5月26日>
昨日、AVの最新情報を聞いてきた。
想定の最悪超えで推移している。
少し離れたところから観客的に聞いると、もうダメでしょうって状態ですね。

——————————————————–

テレビ朝日の報道が現実のものとなるのでしょうか。

(2017年5月20日 テレ朝NEWS「AV出演強要問題 全国警察本部に専門官を設置」より、引用。改行を施しています。)

アダルトビデオに出演の意志のない女性が強要されられている実態が社会問題化するなか、全国の警察本部に、違法なスカウトを取り締まる専門官が設置されます。
アダルトビデオを巡っては、スカウトが勧誘する際、詳しい説明がないまま女性が強引に出演させられ、泣き寝入りすることが問題視されています。
政府は19日、関係省庁の対策会議を開き、違法なスカウトの摘発を推進する専門官を、今月中にも全国の警察に設置することを決定しました。
警察庁は
「場合によっては業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する
としています。

——————————————————–

強姦罪適用の第1号は、こいつらにしてほしいです。

(2017年2月19日 日刊SPA! 「AV業界“ドロドロ相互不信”の内幕…手をつくして攻めてくる警察捜査、関係者に疑心暗鬼が蔓延」より、引用。改行を施しています。)

あるAVプロダクション関係者は言う。
「香西咲さんの件では、元芸能人をウリにすることで人気のメーカー『MUTEKI』に20人規模の捜索が入ったそうです。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
T総研のY
メーカー関係者
——————————————————–

(2016年7月7日発売「週刊文春」2016年7月14日号より、引用。)

人気AV女優の香西咲氏(30)は今回のインタビューで、呼び起こしたくない過去に向き合い、何度も悔し涙を流した。
——————————————————–

香西咲さんのこころがすこしでも晴れる展開となってほしいです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。