本日、出演強要に関する政府の取組方針が決定しました。今回の方針が、香西咲さんの傷の恢復に寄与するものであることを願っております

本日、出演強要問題に関する第3回目の関係府省対策会議が開催されました。
政府はかねてより、5月の中旬に催す、と告知していました。
ぼくはここ最近、毎日、内閣府の各ページを検(あらた)めていました。

(定期的にチェックしていたページ)
関係府省対策会議
新着情報一覧
報道発表資料

昨日も、特に、目新しいものはありませんでした。
今朝、起床後、パソコンで、Yahoo!のニュースサイトをみていました。
気になるタイトルに惹(ひ)きつけられました。

AV強要対策で専門官配置へ

ロイターの記事です。
眠気が失せました。
吸い寄せられるようにして、文字を追いました。

ロイター
政府は、アダルトビデオ(AV)への出演を強要される女性の被害が増えている現状を踏まえ、全国の都道府県警に専門官を配置する方針を固めた。
取り締まりの強化に本腰を入れる。
19日に首相官邸で開催する関係省庁対策会議で正式決定する。
政府関係者が18日、明らかにした。
専門官は、AV出演強要問題への対応を統括する立場として各都道府県警で指定する。
専門官を中心に、法令を厳格に適用した取り締まりの推進や、勧誘行為の摘発強化、相談窓口の周知徹底などに取り組む。

——————————————————–

この記事は深夜の午前2時に配信されています。
当該報道によって、本日、関係府省対策会議が開かれる、と知りました。
ぼくは、内閣府のサイトを確認しました。

関係府省対策会議
新着情報一覧
報道発表資料

報道発表資料」のページが更新されています。

5月19日 いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議の開催について

(引用)
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議(第3回)の開催について

平成29年5月18日
内閣府男女共同参画局

1 日時: 平成29年5月19日(金)10:45~11:00
2 場所: 総理大臣官邸2階小ホール
3 議題:
(1)「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」における取組状況について
(2)いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する今後の対策案について
4 出席予定者: 内閣官房長官、内閣府特命担当大臣(男女共同参画)、関係府省局長等(内閣府、警察庁、消費者庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省)
5 取材等: 内閣官房長官及び内閣府特命担当大臣(男女共同参画)締めくくり挨拶のみカメラ撮り可。
6 その他: 会議終了後、官邸3階エントランスホールにて加藤内閣府特命担当大臣(男女共同参画)によるぶら下がり会見を行います。

——————————————————–

ひとつ、息をつきました。
昨日ぼくは報道発表資料のページを照査していなかったことになります。
ほかのところはみたのですが。
昨日、仕事がおわってからテニスをしました。
帰宅したのは、午後9時すぎです。
疲れていたので、失念してしまったようです。

(再掲。ロイター)
全国の都道府県警に専門官を配置する

驚愕の報道です。
警察が片手間にとりしまりをおこなうのではありません。
あらたにもうけられた専門官が、出演強要の対応に専心(専念)するのです。

紀藤正樹 弁護士
<2017年5月19日>


1990年初頭の「女犯」問題での取り組みから、ようやくここまで来たことが感慨深い。
強要被害者が少しでも減るように。
(後略。)

——————————————————–

おそらくは、伊藤和子HRN事務局長の抗議文が、専門官の新設に影響をあたえたのでしょう。

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年4月14日>


今日は都内某警察署で、深刻なAV出演強要被害について被害相談に。
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応。
今日中に、警視総監と警察署長宛に抗議文を書いて送るか。。
それにしても月間って掛け声だけ、やってるフリじゃ困りますよ!!

参考。伊藤和子HRN事務局長のブログ)
AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。「強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?」 
——————————————————–

菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官と加藤勝信男女共同参画担当大臣は、かねがね(前々から)、フォローアップをおこなう(ある事柄を徹底させるために、一度おこなったことをもう一度おこなう)とのべていました。

菅義偉 内閣官房長官(2017年3月31日 第2回関係府省対策会議 議事録より。)
さらに重要なのは、その結果をきちんと把握し、それを評価することであります。月間中の実施状況についてフォローアップを行うことになっております

加藤勝信 男女共同参画担当大臣(2017年3月31日 第2回関係府省対策会議 議事録より。)
その実施結果についても、通り一遍ではなく、実のあるフォローアップを行っていく必要があります。その上で、5月中旬には、今回の月間中の活動結果の評価なども踏まえ、中長期的な課題への対応も含め、今後の取組方針を取りまとめることとしております

専門官の設置というフォローアップは、不良警官の所為(せい)であると考えます。
本日、伊藤和子HRN事務局長は、弁護士ドットコムのインタビューにおうじられています。

5月19日 弁護士ドットコム
(2017年5月19日 弁護士ドットコム「AV出演強要対策、全国警察に専門官…伊藤和子弁護士『ようやくここまできた』」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
この専門官はAV出演強要について、各種法令を適用した取り締まりのほか、繁華街などで女性を勧誘する「スカウト」に対する検挙や指導、警告活動を推進する役割を果たす。
また、被害防止教育や広報啓発活動、相談窓口の周知活動とその窓口担当者に対する啓発などを統括する。

——————————————————–

伊藤和子 HRN事務局長
伊藤弁護士はこれまで、被害相談を受ける中で、警察内でこの問題に関する認識が十分にされておらず、体制も整っていないと感じていたそうだ。
取り締まりだけでなく、警察内の啓発などで取りうることも大きいため、今回の目玉の一つ「AV出演強要問題専門官」に期待を寄せている。

——————————————————–

当ブログの冒頭で、ロイターの記事についてふれました。
配信元は、共同通信です。

・共同通信(「AV強要対策で専門官配置へ 政府、取り締まりに本腰」より、引用。改行を施しています。)

本日の会議後の報道

第3回関係府省対策会議のあと、各紙が、政府の取組方針を報じました。
みてみます。

5月19日 共同通信
「政府、AV強要取り締まり強化 全国警察に専門官」より、引用。改行を施しています。)

政府は19日、アダルトビデオ(AV)出演強要問題への対策を検討する3回目の関係省庁会議を官邸で開き、全国の都道府県警に専門官を新設しての取り締まり強化や、被害者の相談・支援体制の充実を盛り込んだ対応策をまとめた。
(中略。)
菅義偉官房長官は会議で
「新たな被害を発生させない強い姿勢で対策を行ってほしい」
と指示した。
専門官は各都道府県警が置きAV強要問題への対応を統括。
勧誘行為の摘発強化や被害防止教育などに努める。

——————————————————–

当該記事は、東京新聞などの地方紙に配信されました。

5月19日 時事通信
「AV強要対策で専門官配置=『JKビジネス』規制強化も-政府」より、引用。改行を施しています。)

政府は19日、若い女性らがアダルトビデオ(AV)出演を強要される被害が増えていることから、各都道府県警に専門官を配置することを柱とする対応策をまとめた。
(略。)
菅義偉官房長官は首相官邸で開かれた関係府省庁の会議で、
「新たな被害を発生させないという強い姿勢で責任を持って取り組んでほしい」
と述べ、取り締まりの強化を指示した。

——————————————————–

官房長官の
「強い姿勢で」
「責任を持って」
ということばが力づよいです。

5月19日 朝日新聞
「AV出演強要対策の専門官、全都道府県の警察に配置へ」より、引用。改行を施しています。)

(前略)
専門官は各都道府県警が置き、出演強要への対応を取り仕切る。モデル募集を装った勧誘の摘発強化や被害防止教育に取り組むほか、被害者向け相談窓口の広報活動を進める。
被害女性が出演する商品の回収や、ネット上に流出した動画の削除についても具体策を検討する。
(略。)
この日の関係府省庁対策会議で、菅義偉官房長官は
「被害根絶にむけて対策を確実に実行に移していくことが重要だ」
と述べた。

——————————————————–

(再掲)
被害女性が出演する商品の回収や、ネット上に流出した動画の削除についても具体策を検討する

商品の回収や、動画の削除なくして、人権の回復はありません。
根元的な対策を切望します。

5月19日 日本経済新聞
「AV強要取り締まり強化 政府、全国警察に専門官」より、引用。改行を施しています。)

(前略。)
専門官は各都道府県警が置き、AV強要問題への対応を統括。
勧誘行為の摘発強化や被害防止教育などに努める。
JKビジネスでは、被害に遭った少女の迅速な保護態勢について、関係省庁が連携して強化する。
会議では、AV強要問題の被害防止月間とした4月の取り締まり件数を報告。
勧誘行為の検挙が23件23人、JKビジネスの経営者や客の検挙が5件6人だった。

——————————————————–

(再掲)
勧誘行為の検挙が23件23人

この数値は、女子高校生の補導件数、のような気がします。

5月19日 毎日新聞
「AV強要問題 政府が専門官新設へ 取り締まり強化」より、引用。改行を施しています。)

政府は19日、アダルトビデオ(AV)への出演強要被害などに対する関係府省の対策会議を開き、取り締まりを強化するため、各都道府県警に「AV出演強要問題専門官」を新設することを決めた。
(略。)
菅義偉官房長官は会議で
「新たな被害を決して発生させないという強い姿勢で(対策を)行ってほしい」
と指示した。
専門官は女性を勧誘するスカウトの検挙や指導などの取り締まりのほか、被害防止に向けた啓発活動を行うとしている。
(後略。)

——————————————————–

どの新聞も、専門官設置の話題について報じています。

伊藤和子 HRN事務局長
<2017年4月19日>

会議は非公開です。
第1回目と2回目のときのように、議事録と資料が公開されるとよいのですが。

(再掲。弁護士ドットコム)
今回の目玉の一つ『AV出演強要問題専門官』に期待を寄せている

専門官だけではなく、ほかにもまだ「目玉」があるのでしょうか。
刮目(かつもく)して(目をこすってよく注意して)まっています。
今回の政府の取組方針が、香西咲さんの傷の恢復に寄与するものであることを願っております。
商品の回収や動画の削除、カウンセリングに関する事項の詳細が知りたいです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。