今年になって政府は、出演強要に関する会議を6回開催しました。さらに近々3つの会議が予定されています。香西咲さんによって多くの女性がすくわれることになりそうです

昨日、3月24日におこなわれた男女共同参画会議の議事録についてふれました。
同会議で、国家公安委員長が、気丈夫な(心強い)発言をしています。
みてみます。

(2017年3月24日 第51回男女共同参画会議 議事録より、引用。)

<5ページ>
松本純 国家公安委員会委員長
(前略。)
この種の事犯に対しては、各種法令を適用した厳正な取締りを推進するとともに、4月から5月にかけて緊急に講ずる対策として、アダルトビデオのスカウトに対する街頭での指導、警告、街頭補導の強化による「JKビジネス」で稼働する児童に対する指導、助言の取組を行ってまいります。
(略。)
さらに、相談体制の充実のため、こうした教育・啓発の機会や警察のホームページを始めとした様々な媒体を活用し、警察署、交番等の相談窓口でこれらの事案に関する相談を24時間、365日受け付けている旨を呼び掛けるなど、相談窓口の周知を図るとともに、相談に関わる担当スキルアップに向けた取組も進めてまいります。
警察としては、厳正な取締り、女性に対する被害の未然防止、被害者迅速な保護及び適切な支援に向けて、関係省庁と連携しながら、こうした緊急対策にしっかりと取り組んでまいります

——————————————————–

(再掲)
相談に関わる担当のスキルアップに向けた取組も進めてまいります

3月24日、松本純国家公安委員長は、こう言明しました。
21日後のことです。

伊藤和子HRN事務局長
<2017年4月14日>


今日は都内某警察署で、深刻なAV出演強要被害について被害相談に。
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応。
今日中に、警視総監と警察署長宛に抗議文を書いて送るか。。
それにしても月間って掛け声だけ、やってるフリじゃ困りますよ!!

——————————————————–

(参考。伊藤和子HRN事務局長のブログ)
AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。「強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?」 

伊藤和子HRN事務局長のブログを拝見しますと、慄然とさせられます。
警官の振る舞いは、あまりにもぞんざいです。
工藤千恵さんというかたがいます。
当ブログで何度もふれています。

(参考。当ブログ)
2016年11月18日 
2016年11月21日
2016年11月22日
2017年03月02日
2017年04月17日

8歳のときに、見知らぬ男から、性的な暴行をうけました。

(2015年4月15日 読売新聞「[つなぎ、支える](上)被害女性が過去乗り越え講演(連載)=熊本」より、引用。改行を施しています。)

工藤千恵さん
男が逮捕された直後に事情聴取を受けた。
「殺風景な部屋に一人だけ。さっき受けた被害について聞かれ、本当につらく、責められているようだった」。
母親が付き添いを求めたが、認められなかった

この記事は、ネットで公開されていません。)
——————————————————–

(伊藤和子HRN事務局長のブログ)
AV出演強要被害者に警察が衝撃の冷たい対応。「強姦で告訴?被害当日に警察に相談しましたか?」 

被害者の女性も、警察に、弁護士の同席をことわられました。

(2016年9月12日 第83回 男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。改行を施しています。)

<29ページ>
矢野恵美 琉球大学大学院法務研究科教授
スウェーデンで多くの性犯罪を裁判まで導いているものとして、被害者の国選弁護人制度を1988年から導入していることが大きいとよく言われております。
これは、捜査の最初の段階から被害者にも国選の弁護人をつけて、取り調べ等にも同席させます。
被害者を保護するのを目的としてつけられるものですが、結果として捜査の手助けにもなります。

——————————————————–

スウェーデンは、先を駆(か)くとりくみをおこなっています。
山本モナさんの場合も、別の件で、つらいおもいをされたようです。

山本モナさん
<2016年11月20日>


きっと警察からのセカンドレイプでド凹みしますよ…
いくら相手があの事務所とはいえ…

——————————————————–

現在、政府は、出演強要を根絶するために、一丸となっています。
奮励しています。

(再掲。伊藤和子HRN事務局長)
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応

警官は従前より、被害者に対して、似たような対応をおこなっているようです。
おそらくは、日々の業務が、ルーチンワーク(創意工夫の必要ない業務)化しているのでしょう。
3月21日の第1回関係府省対策会議で、法務省の刑事局長がこうのべました。
今後ともこの課題(出演強要被害の解決)が政府の重要課題である
と。
伊藤和子HRN事務局長のブログによって、警察の不祥事が瞭然(あきらか)となりました。
いま、総理大臣、官房長官、男女共同参画担当大臣は、激怒しているはずです。
警察は今後、どのようにして失地回復をするのでしょうか。
国民は、冷ややかに見守っております。

(再掲。松本純国家公安委員長)
相談に関わる担当のスキルアップに向けた取組も進めてまいります

ぼくは以前、携帯電話を紛失したことがあります。
数日後、警察署から電話がかかってきました。
遺失物として届いている、と。
翌日、うけとるために警察へおもむきました。
落とし物をあつかっている窓口で名前をつげました。
若い女性警官が、笑顔でこう言いました。
「本日はようこそおこしくださいました」
と。
ぼくはファミレスにいるような錯覚におちいりました。
車上荒らしにあったときも同様です。
警察のかたはとても親切でした。

(再掲。伊藤和子HRN事務局長)
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応

この種の不良警官が多数派ではない、と信じたいです。

(再掲。松本純国家公安委員長)
警察署、交番等の相談窓口でこれらの事案に関する相談を24時間、365日受け付けている

警察は今年度、性犯罪の相談をうける専用ダイヤルを導入するようです。
4月28日に、女性に対する暴力に関する専門調査会が開かれました。

2017年4月28日 第88回女性に対する暴力に関する専門調査会

警察庁が配布した資料のなかに、この専用ダイヤルのことが書かれています。

資料1より、引用。)

<1ページ>
施策名:「性犯罪被害者相談電話番号の統一化」

被害が顕在化しやすい犯罪被害者への支援の必要性

「第3次犯罪被害者等基本計画」(平成28年4月1日閣議決定)において、被害が潜在化しやすい犯罪被害者等に対する相談体制の充実等が盛り込まれ、性犯罪被害者支援の充実に関し、相談窓口の認知度の向上や相談しやすい環境の整備等が掲げられた。
  
性犯罪被害者相談電話番号の全国統一化

性犯罪被害者がより相談しやすい体制を構築するため、各都道府県警察の性犯罪被害者電話相談窓口につながる全国共通の短縮ダイヤル番号(♯4桁番号)を導入。
(平成29年度予算案:3,359千円)

  
期待される効果

○ シンプルな全国共通の性犯罪被害者相談電話番号の導入により、相談窓口の認知度がアップ。
○ 相談者にとって相談窓口へのアクセスがより容易になることにより、性犯罪被害の潜在化防止に効果。

——————————————————–
<2ページ>
期待される効果

・都道府県に捉われることなく同一番号で利用が可能となり、利便性が向上
・全国規模の周知活動による国民の認知度
・各都道府県警察の広報活動に相乗効果

——————————————————–

これは秀逸なこころみです。

(再掲)
性犯罪被害の潜在化防止に効果

泣き寝入りをゆるさないとの姿勢が感じられます。
おぼえやすい番号になることを期待しています。
相談のあとは、事情聴取です。

(再掲。伊藤和子HRN事務局長)
政府の特別月間というので、被害者の方も勇気を出して行ったところ、信じられなーい!ひどい対応

これではこまります。
不良警官の一掃を期待します。
資料1には、ほかにも有益な情報が掲載されています。

<3ページ>
施策名:「都道府県警察におけるカウンセリング費用の公費負担制度の全国展開にむけた充実」

犯罪被害者等に対するカウンセリング充実の必要性

「第3次犯罪被害者等基本計画」(平成28年4月1日閣議決定)において、カウンセリング等心理療法の費用の負担軽減等が盛り込まれ、カウンセリング費用の公費負担制度の全国展開を図ることなどが掲げられた。
  
都道府県警察におけるカウンセリング費用の公費負担制度の全国展開にむけた充実

警察庁では、平成28年度から新規に予算措置(都道府県警察費補助金)し、都道府県警察に対し、犯罪被害者が自ら選んだ精神科医、臨床心理士等からカウンセリングを受けた場合にも公費負担ができるよう指導。
平成29年度においても、引き続き同額の予算を確保し、全国的に公費負担が実施されるよう都道府県警察を指導。(平成29年度予算案:28,156千円)

——————————————————–

こちらも前進的なとりくみです。
ふたたび、3月24日の男女共同参画会議の話題にもどります。

(2017年3月24日 第51回男女共同参画会議 議事録より、引用。)

<9~10ページ>
柿沼トミ子 全国地域婦人団体連絡協議会会長
(前略。)
この「JKビジネス」とアダルトビデオ等の違法行為に対する罰則というのを全部読んでみました。
職業安定法、児童福祉法、それぞれ児童に関する保護等に関する法律も整備されつつありますけれども、要は実効力だと思います。
女性の立場からすると、罰金300万払えばその人を一人縛れてしまうのかというのがありますので、まだまだ甘いなと思います。
ただ、人権に配慮してもらった子供たちのためにも、罰則が規定されましたけれども、問題は実効力ということで、課題の一つにも挙がっておりますけれども、是非人権確保の視点から、悪質な業者に対し、行政境を超えてしっかりとした取り締まりを実施していただきたい。
有名無実な法律とならないようにしていただきたいというお願いでございます。

——————————————————–

柿沼さんのおっしゃるとおりです。
警察の実行力をみせてほしいです。

(再掲)
罰金300万払えばその人を一人縛れてしまう

職業安定法 第63条
次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。
一 暴行、脅迫、監禁その他精神又は身体の自由を不当に拘束する手段によつて、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者
二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者
——————————————————–

労働者派遣法 第58条
公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者派遣をした者は、1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。
——————————————————–

検察も同様です。
罰金ではなく、懲役刑のほうで起訴してほしいです。
今回、男女共同参画会議において、はじめて、出演強要問題がとりあげられました。
出演強要問題は現在、3つの異なる会議において、それぞれはなしあいがおこなわれています。
異例のあつかいです。
政府がいかに力をいれているのかがわかります。
今年にはいってからの開催状況をしるしてみます。

<出演強要問題に関する会議>
2017年02月08日 女性に対する暴力に関する専門調査会(第86回)

2017年03月21日 関係府省対策会議(第1回)

2017年03月24日 男女共同参画会議(第51回)

2017年03月31日 関係府省対策会議(第2回)

2017年04月05日 女性に対する暴力に関する専門調査会(第87回)

2017年04月28日 女性に対する暴力に関する専門調査会(第88回)

1月から、すでに6回、開催されています。
さらに3つの会議が予定されています。

・第3回 関係府省対策会議(5月中旬)
・第52回 男女共同参画会議(5月中下旬~6月上旬)
・すべての女性が輝く社会づくり本部(5月下旬~6月上旬)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

<2016年7月19日>
香西咲さん
私だって普通の女性に戻りたい気持ちもあります。
でも今誰も顔を出せない、名前を上げて意見を言えない。
私は微力ながらこの問題に尽力し、それから女性の性環境を整えてこの業界を去ります。

——————————————————–

(再掲)
女性の性環境を整えてこの業界を去ります

香西咲さんによって、多くの女性がすくわれることになるでしょう。
香西咲さんは、日本のマザー=テレサです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。