「逃げる事はいつでも出来るんですよね」「人間って意外にタフなのかも知れないです」。香西咲さんから教わることは多いです

先月(4月)の5日に、内閣府の第87回女性に対する暴力に関する専門調査会が開催されました。
議題は以下のとおりです。

(引用)
2. 議事
(1)女性に対する暴力に関する取組について
(2)いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等について
(3)「女性活躍加速のための重点方針2017」に盛り込むべき重点取組事項について

——————————————————–

昨年の6月から、同調査会において、出演強要問題がとりあげられてきました。
ふりかえってみます。

第82回(2016年06月30日)
・議題「アダルトビデオへの出演強要
  
第83回(2016年09月12日)
・議題「アダルトビデオへの出演強要に関する現状及び課題等
  
第84回(2016年11月15日)
・議題「アダルトビデオへの出演強要に関する政府の取組
  
第85回(2016年12月13日)
・議題「アダルトビデオへの出演強要の被害
  
第86回(2017年02月08日)
・議題「アダルトビデオへの出演強要の被害
  
87回(2017年04月05日)
・議題「アダルトビデオ出演強要問題について

  
第88回(2017年04月28日)
・議題「『女性活躍加速のための重点方針2017』に盛り込むべき重点取組事項について
——————————————————–

先週の金曜日に、第87回同調査会の議事録が公開されました。
気になった箇所を引用させていただきます。

議事録の11ページより、引用。)

納米恵美子 特定非営利活動法人全国女性会館協議会代表理事
この啓発サイトは、どういう検索語で検索して、こちらにたどり着くのでしょうか。

若年層を対象とした性的な暴力の啓発 – 内閣府男女共同参画局

——————————————————–

馬場 暴力対策推進室長
特にその設定はしておりませんけれども、内閣府の暴力対策のページには入っておりますので、きのう個人的に検索をかけたところ、「内閣府」と「avjk」という4文字で検索したところ、このサイトが検索でリンクにひっかかるといった結果にはなってございました。
——————————————————–

「内閣府」「avjk」で検索をするひとはいないと考えます。

納米恵美子 特定非営利活動法人全国女性会館協議会代表理事
わかりました。
当事者の方が内閣府のサイトからおりていってここにたどり着くとは余り思えないので、検索語を入れると、ここにストレートに入っていくにはどうしたらいいのかなというのを検討いただけたらいいかなと思いました。

——————————————————–

辻村みよ子 会長(明治大学法科大学院教授)
ありがとうございます。
そのとおりだと思いますね。
広報をどういうふうにしましたかというと、ホームページに書いてありますと答えられるのですけれども、一般的には、どのホームページに、どうやって入るののかわからない、ということがありますので、広報の仕方について御検討いただく必要があると
思います。

——————————————————–

(再掲。納米恵美子さん)
当事者の方が内閣府のサイトからおりていってここにたどり着くとは余り思えない

たしかに、内閣府のサイトは複雑で、いりくんでいます。
目的地へたどりつくのは、容易でありません。
昨日、橋本陽子さんというかたの提言をご紹介させていただきました。
朝日新聞の投稿欄に寄せられた記事です。
内閣府の啓発サイトについて論及した部分をみてみます。

(2017年4月11日 朝日新聞「声」より、引用。改行を施しています。)

橋本陽子さん(大学教員)
<一部分を引用>
(略)、「政府は4月を『被害防止月間』と位置づけて取締りを強化する」とあったが、どの機関がどのように取り締まるのだろうか。
相談窓口や被害事例を紹介する啓発サイトを立ち上げたといっても、被害者になりそうな、たとえば女子高生が自ら検索するとは考えにくい。

——————————————————–

(再掲)
自ら検索するとは考えにくい

政府も、努力はしているようなのですが。
同調査会の5日前におこなわれた関係府省対策会議の発言をみてみます。

(2017年3月31日 第2回関係府省対策会議「議事録」より、引用。)

内閣府大臣官房政府広報室長
政府広報でございます。
この4月におきましては、ヤフーを初めとする携帯向けニュースサイト3種類に加えまして、若い女性が多く利用しているフェイスブックやツイッターを初めとする主要なSNSを通じた広報を実施いたしまして、ただいまお話のありました男女局で立ち上げたサイトへの誘導等を行っていくこととしてございます。

——————————————————–

(再掲)
携帯向けニュースサイト3種類

どのようなサイトなのでしょうか。
携帯やスマホ関係のことはわかりません。
もしも手応えがあったのでしたら、5月もひきつづき、誘導をおこなってほしいものです。

伊藤和子HRN事務局長
<2017年4月1日>


新しい内閣府のページ、作ったのはいいけれど、
課題も明らかになります。
こちら、やっぱり相談窓口が多すぎて女性は戸惑うよね~~
もうちょっとなんとかしてほしい。
ワンストップでないと、結局無責任になりがち。

——————————————————–

将来的には、「ワンストップ」になることを期待しています。
「第87回女性に対する暴力に関する専門調査会」の議事録にもどります。

議事録の21ページより、引用。)

阿部裕子 特定非営利活動法人かながわ女のスペースみずら理事
それから、アダルトビデオに強要された被害者の心身ともに非常に傷ついている人たちが、自分の家から通ったり、ひとり暮らしのアパートなり何なりから生活できるかというと、何らかの安全確保のためにはシェルターを利用することも当然出てくるだろうと思う。
——————————————————–

(再掲)
心身ともに非常に傷ついている

いっぽうで、業界人は、活計歓楽(贅沢三昧)の暮らしをしているようです。

(「今だから」より、引用。)

星野明日香さん
私の稼いだお金で、ビルを建てたり、ヒルズにオフィスをかまえたり、私には、お前の夢の為に、仕事を一生懸命しているだから、お前も死ぬ気でがんばれと嘘をついていたり、遊びに行ったりしていたりそうです。
今もavのお仕事を続けているそうで、港区の高級タワーマンションにすんでいるそうです。
私のお友達の女優さんも自殺にまで追い込んで、今でもavのお仕事を続けられる神経が私にはわかりません。

——————————————————–

中村淳彦さん
<2017年4月18日>


(再掲)
女性以外セーフティネット的な状況なので、人を切りきらない

「女性以外」というのは、以下のものたちのことです。

DMM
メーカー
プロダクション
スカウト
悪徳弁護士
AVライター

虫けらたちの生存のために、なぜ、女性が、人生を破壊されなければならないのでしょうか。

議事録の21ページより、引用。)

阿部裕子 特定非営利活動法人かながわ女のスペースみずら理事
非常に多様な形での利用者に対して、シェルターで受け入れる側としては、どこまでの対応、あるいはどこまで安全確保のためにやっていくのかというのは、婦人相談所、女性相談所も同じような悩みがあるかと思いますけれども、この辺のところがなかなか議論のテーブルに乗らないで、それぞれの努力のところで終わっているような気がするので、さまざまな被害の違いや抱えている問題の相違によって、場合によっては、ともかくシェルターにかくまえば安全確保になるから何とかなるではない、やはりケアと安全確保というところの質の違いをきちんと見ていく必要があるのではないかというのを今、つくづく思っているところです。
——————————————————–

被害にあった女性をもとの生活にもどさなければなりません。
「安全確保」とあわせて、「ケア」が重要です。
3月31日の第2回関係府省対策会議で、厚生労働省の局長がつぎのようにのべています。

(2017年3月31日 第2回関係府省対策会議「議事録」より、引用。)

厚生労働省雇用均等・児童家庭局長
2点目といたしましては、性暴力被害者の適切な保護・自立生活支援という柱でございますが、被害に遭われた方々の居場所づくりとして現在も一時保護などの機関がございますけれども、居場所づくりを進めるですとか、あるいは心理的なケアを初めとするケアについてどのような形で展開するか検討させていただきたいと思います。
特にこれまで民間団体などで御活躍されている方々からのお話を伺いますと、基本的生活習慣を習得するなど、いろいろなアプローチが必要だと伺っておりますので、そのようなことも念頭に置きたいと思います。

——————————————————–

(再掲)
心理的なケアを初めとするケアについてどのような形で展開するか検討

5日後の第87回女性に対する暴力に関する専門調査会で、厚生労働省が提示した資料をみてみます。

(2017年4月5日 厚生労働省「女性に対するあらゆる暴力の根絶に関するヒアリング」より、引用。)

厚生労働省
<8ページ>
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題、「JKビジネス」問題等に関する取組について(案)

1.様々な機会や媒体を活用した相談窓口の積極的な周知
・各婦人相談所等において、「AV出演強要」や「JKビジネス」による性暴力被害に関する相談を受け付けている旨を厚生労働省や各都道府県のHP等を活用して周知する。【緊急対策】

2.関係機関、民間支援団体等と連携した適切な相談・支援体制の整備
婦人相談所等に対し、「AV出演強要」や「JKビジネス」による性暴力被害者からの相談について、関係機関や民間支援団体と連携を図りながら適切に対応していくことを徹底。
【検討課題】
・相談者向けのガイドラインや支援指針等を改訂し、「AV出演強要」や「JKビジネス」による性暴力被害についての対応方法及び関係機関との連携に関する内容を盛り込む。
・上記内容を、婦人相談所や婦人相談員の研修カリキュラムに加える。

3.性暴力被害者の適切な保護・自立生活支援
性暴力被害を受けた女性・児童に対し、保護・支援が必要な場合は適切に一時保護や心理療法担当職員等による心理的なケアを行う。
 さらに、基本的生活習慣の習得など、自立生活に向けた支援を検討する。

4.労働関係法令の周知
——————————————————–

(再掲)
心理療法担当職員等による心理的なケア
自立生活に向けた支援

厚生労働省による具体策がまたれます。

香西咲さん
<2016年7月24日>


ありがとうございます(*・ω・)*_ _)ペコリ
逃げる事はいつでも出来るんですよね。
立ち向かえるのは今だけ。
フラッシュバック等受け入れて下さるmanjiさんの様な方々に感謝致します。

——————————————————–
香西咲さん
<2016年11月22日>


何事も忍耐力ですね。
あとは焦らずPTSDフラッシュバック等治して行こう。
人間って意外にタフなのかも知れないです。

——————————————————–

(再掲)
逃げる事はいつでも出来るんですよね
人間って意外にタフなのかも知れないです

逆に勇気づけられてしまいます。
香西咲さんから薫陶をうけるかたは多いと思惟(しい)します。
秀麗なかたです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。