アラン「自分がほんとうに得たいと思うものを欲すること、これは往々にして、人生の極意でもある」。香西咲さんのPTSDがなおることを願っています

昨日、心理学者の小西聖子さんの発言についてふれました。
3月24日の男女共同参画会議におけるものです。
もう一度、引きます。

(2017年3月24日 男女共同参画会議「議事録」より、引用。)

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
被害に遭ったこと自体が受け入れられなくて、そのことをなかったことにしたい
被害を否認してしまって、何でもないことのように振る舞い、一方で、むしろ危険な性的行動、自傷行為や不登校など行動的な側面に影響が出てくる
(前略)不安定さや孤立感(略)を利用して、実際にAVの強要などが行われている事例も実際に経験している
——————————————————–

瞠目させられ(目を見開かされ)ました。
以前に、「女性に対する暴力に関する専門調査会」の議事録で、小西聖子さんの論説を目にしたことがあります。
当時は、軽くながめただけです。
このたび、感じるものがありましたので、もう一度みなおしました。
後悔しました。
真剣に読んでおくべきでした。

2016年11月15日 第84回
女性に対する暴力に関する専門調査会

(2016年11月15日 第84回 男女共同参画会議 女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。改行を施しています。)

18ページ
小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
私は、被害を受けた方の治療といいますか、医学的に言えばPTSDの治療を専門としておりまして、臨床研究を行っております。
——————————————————–

小西聖子さんは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の患者とむかいあっているかたのようです。
同調査会において、
「とても典型的でそんなに症状も重くない」
という女性の事例を紹介しています。
みてみます。

21ページ
小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
外から見たらとてもにこやかで、多分、そういう人のところに取材が来たりすると、
「楽しくセックス産業で稼いでいます」
と答えたりするかもしれない人もいますが、よく聞くと決して実態はそうではない。
(略。)
見かけとは全く違いますね。

——————————————————–

(2015年11月08日 弁護士ドットコム「現役女優から『死にたい』というメールが届く――AV出演強要の実態(下)」より、引用。)

金尻カズナ PAPS相談員
私たちの相談者の中にも、ある現役の有名女優の方がいます。
彼女はブログで「エッチ大好き」という主旨のことをつづっています。
しかし、私たちへのメールや電話では「死にたい。死にたい。死にたい」という内容の相談がきます。

——————————————————–

業界人(組織的犯罪集団員)はよく、いまは自分から志願してくる女性が多い、とうそぶいています。
実態は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の女性をあつめて、搾り取っていると考えられます。
もちろん、すべてではないでしょうが。

22ページ
小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
(略)、とにかく人に話せないで孤立してしまうことが、被害を受けたときも多い。
——————————————————–

香西咲さんの場合は、事前に、青木たちによって、家族から引き離されていました。

香西咲さんのツイッター(2016年8月14日)より、引用。

実家や帰る家があるって 当たり前の事の様で実は凄く幸せな事。
私にはそんな物はない。
『お前の夢を応援しない奴は例え血が繋がっていようと家族じゃない、俺達が本当の家族だ』
と言い聞かされて以来、失ってもうすぐ6年かぁ…

——————————————————–

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者

こいつらは、香西咲さんを孤立化させたのち、善良な市民が忌み嫌う悪の世界へおとしたのです。

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
例えばレイプ被害に遭っても、そのことを考えることも回避し、要するに、考えると絶望的になってしまうというときに、多くの大人はそれでも何かしないともっとひどいことになると思うわけですけれども、若い子だと考えないでおくという選択が結構多いと思います。
——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年8月4日)より、引用。

事務所属時代、目の前に『夢』と言う人参ぶら下げられて走り続けてきた訳ですが、その人参が偽物だった事。
そしてその『夢』が私にとって大学生からずっと温めてきた大切なものだったから、簡単に手放せなかった事。
そして走り出したら2度と引き返す事が出来ない道だと思い込んでいた事。

——————————————————–

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
(略)、人から言われたことを非常に簡単に信じてしまう。
そういう人ですから、何回か繰り返し言われたりするとひとたまりもないですね。

——————————————————–

被害者の方々にみられる態様のようです。
小西聖子さんは、具体的に、以下の事例を紹介しています。

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
例えば、黙っていないと家族に迷惑がかかるとか、あなたが犯罪者として逮捕されるとか、これは君の教育のためだとか、何かの罰としてセックスをしなくてはならないみたいな、さまざまな言い方で誘導されていることがあります。
ゆっくりこういうところで考えれば見破ることができるうそもありますが、こうやって教育も余りうまく機能していない、家族も機能していないケースでは、本当にひとたまりもないと思います。
被害のことを言えない、被害者支援の情報が入らない、周囲から誤解される。
こういうことがたくさんありますね。

——————————————————–

(再掲)
さまざまな言い方で誘導されている

青木の手管(てくだ)もそうでした。

香西咲さんのツイッター(2016年7月25日)より、引用。

前社長の洗脳口癖
『俺達はお前の家族だ。お前の夢を応援する』
『夢の為なら法に触れなければ手段を選ぶな』
『夢の為ならほかの奴らなんてどーでもいい、使え』
その他の特徴として 会話のペースをコチラに掴ませない。
はぐらかすのが上手。

——————————————————–

犯罪者たちが刑務所にぶちこまれるのを願うばかりです。

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
(略)、回避的な思考、要するに、危ないと思ったから、よく考えるのではなくて、危ないと思ったら考えないというところがありますので、危険に気づかなかったり、断れなかったり、自分の気持ちもわからないし、症状も結構わからないですね。
——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年10月2日)より、引用。

デビュー前に『勉強』と称されて連れていかれたポールダンスや彼らの飲食交通費、全て女優から搾取した金で遊んでるのに、 あの時の私は律儀に『ご馳走様です』と言っていた。
洗脳されてたから社長が心配して駆けつけてくれたと本気で思っていた馬鹿。
2度とこんな女優が生まれて欲しくないですね。

——————————————————–

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
一方で、男性が怖くなったり、人が信じられなくなったりということが被害後に起こることもありますが、特に思春期の方ですと、性的活動の過剰、売春やそのほかの危険な活動に平気で行ってしまう。
それから、非常に性的に無防備になる。
そういうことがよく起こります。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年6月14日)より、引用。

慢性胃炎や膵炎、睡眠障害、脅迫観念、対人恐怖症等(特に男性)など、
ケジメを付けない限りは一生引きずりますね。
健康を返して。

——————————————————–

小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
(略)、被害を受けてどうしてそうなるのというところは、幾つか要因があると言われています。
1つは、自己評価が非常に低下する。
守るべき自分みたいなものが余り感じられないと、人は自分の安全などどうでもよくなるわけですね。
そういう投げやりな考え方というのが当然出てきます。
自分に対してそう思います。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年12月19日)より、引用。

年明けのPTSDやフラッシュバックの治療が楽しみです。
投げやりだった人生でしたが、業界内外の方々やファンの方々の愛情を感じる事ができ今やっと前向きに人生を考え直そうという気持ちになって参りました。
少しづつですが。
どうかこれからも温かく見守って頂けたら幸いです。
ありがとうございます

——————————————————–

香西咲さんのこちらの文章を拝見するたびに、安堵します。
救われます。
香西咲さんの人生はこれからです。

22~23ぺージ
小西聖子 武蔵野大学人間科学部長
それから、被害に遭った人は大体ほかのものが全部危なく見えてしまうというPTSDの症状があります。
世界に対する認知が変わると学術的には言っていますが、世界の全てのものが危険なように見える。
それはいいことのように見えるのですけれども、言葉をかえると、危ない男性と安全な男性の区別がつけられず、どちらも同じに見えるということになります。
そういうことが性的活動を過剰にさせる原因としては考えられていますが、とてもよくあります。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年11月22日)より、引用。

何事も忍耐力ですね。 あとは焦らずPTSDフラッシュバック等治して行こう。
人間って意外にタフなのかも知れないです。

——————————————————–

ここで、ぼくのほうから、格好のよいせりふをのべたいです。
残念ながら、かないません。
はずかしながら、ぼくがPTSDということばを知ったのは、昨年の7月です。
それまでは存じあげませんでした。
PTSDについては、蓄積されたものがありません。
まったくの無知です。
もっとも、いくら知り得たところで、所詮は、素人の浅知恵にしかすぎませんが。
碓井真史さんという心理学者がいらっしゃいます。
著名なかたのようです。
ブログを書かれています。
偶然、読んで、感銘をうけました。

(2011年3月24日「PTSD 心的外傷後ストレス障害 心の傷に負けないために」より引用。改行を施しています。)

碓井真史 新潟青陵大学院教授
PTSDの状態のあなたが、本当のあなたではありません。
心の傷は、時間はかかるかもしれませんが、きっと治ります。
以前のあなたを思い出して下さい。
何を感じ、何にチャレンジし、何を楽しんでいましたか。
がんばりすぎも良くありません。
早く元気になろうと焦ると、却ってうまくいかない時もあるかもしれません。
それでも、少しずつあなたは回復していきます。
元気で積極的なもとのあなた、本来のあなたにきっと戻れるはずです。
被害の現実は残ります。
記憶は残ります。
でも、深い深い悲しみの末に、長い長い時間の果てに、
「私は負けなかった。今の私はこんなに幸せだ」
と言える日が、きっと来るでしょう。

——————————————————–

至言です。

(アラン著 神谷幹夫訳「幸福論」岩波文庫刊より、引用。)

<『ノイローゼ』の章の21ページ>
自分がほんとうに得たいと思うものを欲すること、これは往々にして、人生の極意でもある。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。