業界は依然として香西咲さんを蹂躙した青木を重用しています。業界に自浄能力はありません。国家による裁きを期待しております

2月8日に、内閣府の「女性に対する暴力に関する専門調査会」が開催されました。

(参考)
□第82回(2016年06月30日)・・・・・・議題「アダルトビデオへの出演強要
□第83回(2016年09月12日)・・・・・・議題「アダルトビデオへの出演強要に関する現状及び課題等
□第84回(2016年11月15日)・・・・・・議題「アダルトビデオへの出演強要に関する政府の取組
□第85回(2016年12月13日)・・・・・・議題「アダルトビデオへの出演強要の被害
86回(2017年02月08日)・・・・・・議題「アダルトビデオへの出演強要の被害

——————————————————–

この席で、性暴力被害の調査結果が公表されました。

(2017年2月8日 日本経済新聞「アイドル契約の女性『性的撮影要求』被害27% 内閣府調査」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
「モデルやアイドルにならないか」と勧誘を受けるなどして契約を結んだ10~30代の女性197人中、4分の1に当たる53人(27%)が契約外性的な行為の撮影を求められる経験をしていたことが8日、内閣府の調査で分かった。
——————————————————–
調査は昨年12月にインターネットで実施。
15~39歳の女性2万人から、アイドルなどの勧誘を受けたり、自ら応募したりしたことがある2575人を抽出し、さらに実際に契約に至っていた197人に実態を聞いた。

——————————————————–

結果に対して、あるかたが、ツイッターで疑問を呈しました。

2017年2月15日
そして、内閣府2575人調査と書いてあるけれど、母数は2万人です。
ふるい分けして残ったのが2575人。
つまり、アンケート自体、「AV強要はこんなにたくさん起こっている!」とめざしてつくられたものだといえるでしょう

——————————————————–

海原健叡さんが、つぎのように抗言しています。

(海原健叡さんのツイートより、引用。)

2017年2月19日
母数2万人からふるいをかけた、って当たり前だろうに。
スカウトも何も受けていない女性はそりゃ弾くわ。

——————————————————–
2017年2月19日
むしろこうした意見こそ、AV強要は無い、あっても極めて特殊な事例だ、という結論に誘導したいだけの愚論。
——————————————————–

正論です。

(参考。第85回「調査会」で配布された資料)
□資料1 ストーカー行為等の規制等に関する法律の一部改正について【警察庁】
——————————————————–
□資料2-1 若年層を対象とした性暴力被害等の実態把握のためのインターネット調査報告書(概要)【内閣府】
——————————————————–
資料2-2 若年層を対象とした性暴力被害等の実態把握のためのインターネット調査報告書【内閣府】
——————————————————–
□資料3-1 若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題 ~いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題について~概要(案)
——————————————————–
資料3-2 若年層を対象とした性的な暴力の現状と課題 ~いわゆる「JKビジネス」及びアダルトビデオ出演強要の問題について~(案)
——————————————————–

調査結果は、
資料2-1(概略)、
資料2-2(詳細)、
資料3-2(21ページ~24ページ)、
に掲載されています。

資料2-2(詳細)をみてみます。
2万人の女性に対して、つぎの質問をしています。

資料2-2の1ページを参考。)

<女性への質問>
「モデル(雑誌モデル、読者モデル、グラビアモデル、カットモデル等)やアイドル等にならないか」と声をかけられた経験は?
「オーディションを受けないか」と誘われた経験は?
「雑誌・テレビ番組等の撮影に協力して欲しい」と言われた経験は?
モデルやアイドル等のアルバイトの募集広告(雑誌、ウェブ広告、屋外での広告)を見て応募した経験は?
——————————————————–

(再掲。海原健叡さん)
母数2万人からふるいをかけた、って当たり前だろうに。スカウトも何も受けていない女性はそりゃ弾くわ

「美しさは罪」ということばがあります。
美しい女性は、スカウトの毒牙にかかる危険性が高いようです。

(再掲。日本経済新聞)
27%が契約外の性的な行為の撮影を求められる経験をしていた

資料2-2の22ページを参考。)

アイドルやモデルとして契約をするさいに、11.2%の女性が、こう言われたそうです。
「仕事は選べる」
「嫌なことはしなくていい」
「裸になることはない」
と。
香西咲さんの場合もそうでした。

(2016年9月30日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲『文春砲』で脅迫も 『海に沈められる…』」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
そして(青木は)「女優と女社長の二足のわらじを売りにしていこう」と続けてきた。
「まず女優の方だけど、キミを売り出すのに、俺ならストーリー仕立てのイメージDVD3本セットを発売するよ」
「露出は背中が見える程度で構わないからさ」

——————————————————–

青木は、こう佞弁(ねいべん。たくみなことばという意味)を弄 (ろう) したのです。

(松嶋淳理さんのツイートより、引用。)

2017年2月21日
搾取するためなら
法律からマインドコントロールから
使えるものは使ってきたのが
メーカーや青木亮たち
搾取の手口をメディアはどんどん取材してほしいですね!
業界にはブレーキが掛かるし
世間には騙されないマニュアルになりますし(*^^*)

——————————————————–

女性たちはなぜ、契約外の性的な行為の撮影をおこなったのでしょうか。
理由をみてみます。

資料2-2の26ページを参考。)

<35.3%>
お金がほしかったから

<29.4%>
「契約書・承諾書等に書いてある」と言われたから

<23.5%>
多くの人(事務所、マネージャー、撮影スタッフ等)に迷惑がかかると言われたから

<17.6%>
断ってもしつこく要求してきたから
身の危険を感じたから
個人情報を知られているから
写真や画像をばらまくと言われたから

<11.8%>
親、学校、会社等に伝えると言われたから
多額の違約金が発生すると言われたから
複数の人に説得されたから
特に構わないと思ったから

<5.9%>
とにかく家に帰りたかったから
帰さないと言われたから

——————————————————–

現在も、上述の悪行が、平然とまかりとおっています。
強要をおこなっているやつらは、いっさい、罰せられることがありません。
法律をつくって規制をおこなうべき、との主張は、当然のことと言えるでしょう。

(再掲。回答項目)
多くの人(事務所、マネージャー、撮影スタッフ等)に迷惑がかかると言われたから

他者を慮(おもんぱか)る香西咲さんは、断ることができませんでした。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。

<香西咲さん>
遠いところですから……。
よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。
私さえ泣いておけば丸く収まると思った。
結局AV撮影に応じることになりました。
あとは、違約金などを理由に辞められないです。

——————————————————–

(再掲。回答項目)
個人情報を知られているから

17.6%のかたが、個人情報の存在をあげています。
プロダクションやメーカーは、個人情報で脅すということもおこなっているようです。

(川奈まり子AVAN代表のツイートより、引用。)

2017年1月28日
AVAN では昨年12月に、過去3年間にわたる1260人分のAV女優の学歴などのデータを入手し、円グラフ化した資料を作成中なのですが、この発表の仕方について頭を悩ませているところです(ということなどをフェイスブックに書きました)
——————————————————–

(川奈まり子AVAN代表のFacebookより、引用。)

<一部分を引用。2017年1月28日
AVAN では昨年12月に、過去3年間にわたる約1260人分のAV女優志願者のデータを入手し、統計資料を作成中なのですが、これの役立て方について頭を悩ませています。
——————————————————–

メーカー(事業者)は、第三者に、女優の個人データを提供しているようです。
普通の企業ではあり得ません。
絶対に。
大問題となります。

(参考。個人情報保護法)

<第23条>
個人情報取扱事業者は、(略)あらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者に提供してはならない。
——————————————————–

<第34条>
主務大臣は、個人情報取扱事業者が(中略)規定に違反した場合において個人の権利利益を保護するため必要があると認めるときは、当該個人情報取扱事業者に対し、当該違反行為の中止その他違反を是正するために必要な措置をとるべき旨を勧告することができる。

2 主務大臣は、前項の規定による勧告を受けた個人情報取扱事業者が正当な理由がなくてその勧告に係る措置をとらなかった場合において個人の重大な権利利益の侵害が切迫していると認めるときは、当該個人情報取扱事業者に対し、その勧告に係る措置をとるべきことを命ずることができる。

3 主務大臣は、前2項の規定にかかわらず、個人情報取扱事業者が(中略)規定に違反した場合において個人の重大な権利利益を害する事実があるため緊急に措置をとる必要があると認めるときは、当該個人情報取扱事業者に対し、当該違反行為の中止その他違反を是正するために必要な措置をとるべきことを命ずることができる。
——————————————————–

<第74条>
第34条第2項又は第3項の規定による命令に違反した者は、6月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
——————————————————–

(再掲。川奈まり子AVAN代表)
AVAN では昨年12月に、過去3年間にわたる1260人分のAV女優の学歴などのデータを入手

どの程度の情報なのかは存じません。
もしも、メーカーが、女優の氏名も添えて提供したのならば、個人情報保護法違反となります。

(2017年2月3日 産経新聞「『日本橋は〝無法地帯〟』逆風AV界泣きっ面にハチ 違法な激安『海賊版』横行で商売上がったり!?(5)」より、引用。改行を施しています。)

<一部分を引用>
(2016年6月11日)警視庁が、経営していた芸能事務所所属の女性をAVの撮影に派遣したとして、労働者派遣法違反容疑で大手AVプロダクションの元社長らを逮捕。
これに前後して、週刊誌やインターネット上で、AVへの出演を強いられたとする女性が出演強要の実態を次々と明かし、世間にはAV業界のブラックなイメージが定着した。

——————————————————–

国民は皆、AV業界はブラックである、と思っています。
コンプライアンス(法令遵守)というものがありません。

(再掲。川奈まり子AVAN代表)
AVAN では昨年12月に、過去3年間にわたる1260人分のAV女優の学歴などのデータを入手

不安を感じているかたがいらっしゃるのではないでしょうか。
メーカーは、どの程度の情報を第三者にわたしたのかをあきらかにすべきでしょう。

(瀧本 梨絵さんのツイートより、引用。)

2017年2月26日
(前略。)
実は一昨日の24日夕方某掲示板に
事務所代表(医師)の名前やクリニックの住所が晒されて
そのクリニックまで行って写真を撮る人まで出てきました

——————————————————–
2017年2月26日
一般人がここまですると思えず
とても悪質な報復行為だと思っています
私もいつ個人情報が晒されるのか不安でなりません
ツイッターにこれを書くと何をされるか分からないのでためらっています
とりあえず聞いてほしくてお話しました
これからもよろしくお願いします

——————————————————–

業界の闇は深いようです。
香西咲さんを蹂躙した青木を依然として重用(ちょうよう)するような世界です。
まともではありません。
とりあえず、個人情報のとりあつかいには細心の注意をはらってほしいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。