香西咲さんは君子(すぐれた人物)です。恕(思いやりのこころ)があります。慣れ親しんだ環境に執心しません

本日も、孔子の「論語」を参照しながら、業界の実在を考えてみたいと思います。
昨日と同様に、和田武司拓殖大学名誉教授の訳を参考にさせていただきます。
個人的には、和田さんの訳が一番しっくりします。

道に聴いて塗(みち)に説くは、徳をこれ棄(す)つるなり

<孔子>
道に聴いて塗(みち)に説くは、
徳をこれ棄(す)つるなり。

(訳)
「道で聞きかじったことをすぐまた人に受け売りする」
「これでは徳は身につかない」

(2016年10月5日 毎日新聞「語り始めた業界人(5)“カリスマ監督”の独白」より、引用。)
<溜池ゴロー様>
これは本人から聞いたわけではないのですが、(警察に)強要被害を訴えたある女優さんは、交際を始めた男性がAVをすごく嫌悪する人だったので「嫌々やっていた」と説明し、引っ込みがつかなくなったらしい。
——————————————————–

うっかり口が滑ったのかもしれません。
大人でしたら、確たる証拠もないのに、伝聞でものをいうことは避けるべきでしょう。
風説の流布は犯罪です。
ちなみに、こちらのお考えは高邁であると感じました。

(引用。同記事)
<溜池ゴロー様>
違法行為をやっている人はどんどん捕まればいい。まだまだ警察は入ってきていいと思う。
——————————————————–
(略)、女優さんの引退後もメーカーが延々と作品を売っているのは問題です。「どうもありがとう。お疲れ様」と、一定期間を過ぎたら販売を中止してあげればいい。
——————————————————–

郷原は徳の賊なり

<孔子>
郷原(きょうげん)は徳の賊(ぞく)なり。

(訳)
「善良そうに見せかけて、実は八方美人」
「こういうのを道徳の冒涜(ぼうとく)という」

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん引退後の夢『人生楽しみたい』『消せない過去として歩む』」より、引用。改行を施しています。)

<香西咲さん>
(略)、仲が良かった業界関係者に食事に誘われて、
「業界関係者を敵に回すと東京湾に沈められるかもよ」
「どんな政財界の人間が動いてどんな利権が絡んでいるかわからないから、気をつけたほうがいいよ。人が一人消えたところでどうってことないんだから」
といわれたことがあります。
弁護士からは
「実はそういうのが一番たちが悪い」
といわれました。
「本気で受け止めたり、ビビったりしたら、相手の思う壺だから」
と。
このタイミングで連絡をとってくる人には警戒しています。

——————————————————–

(再掲)
このタイミングで連絡をとってくる人には警戒しています

香西咲さんは賢明なかたです。
脅しだけではなく、甘言を弄する人物にも注意をはらう必要があります。
郷原(きょうげん)は徳の賊(ぞく)なり
郷原(きょうげん)というのは、その地方で有徳者らしくみせかけている偽善者のことです。
郷原はどこの世界にも存在します。
こういうひとは、どちらの側にもよい顔をします。
心配するふりをして、相手の側に追いやろうとする場合もあります。
用心するにこしたことはありません。
「善良そうに見せかけて、実は八方美人。こういうのを道徳の冒涜(ぼうとく)という」(「論語」

其(そ)れ恕(じょ)か

<弟子の子貢(しこう)>
子貢(しこう)問いて曰(いわ)く、
一言にして以(もっ)て終身これを行うべき者ありや。

(訳)
弟子の子貢(しこう)が質問しました。
「生涯、守るべき信条をひとことであわらしてもらえませんか」

<孔子>
其(そ)れ恕(じょ)か。
己(おのれ)の欲せざる所、人に施すことなかれ。

(訳)
「それは恕(じょ)だろうね」
「自分が好まないことは他人も押しつけないことだ」

普通の一般人は、業界人(メーカーやプロダクションのひとたち)のことを蛇蝎(だかつ)のごとく忌み嫌っています。
理由のひとつとして考えられるのは、
「己(おのれ)の欲せざる所、人に施すことなかれ」
という姿勢が欠缺している(欠けている)とみているからではないでしょうか。

(2016年6月24日 withnews「私がアダルトビデオに出演させられるまでに起きたこと 被害の実態」より、引用。)

<出演を強要された女性の場合>
泣きながら「やめてほしい」と繰り返したが、終了時にスタッフから「初々しくて良かった」と声をかけられた。
「自分の心を守るには心を閉ざして、忘れるしかない」と思った。

「カメラを止めて下さい」と懇願し、「もうできない」と訴えても、「お前はただ耐えればいい」と言われるだけだった。
現場から裸のまま逃げたこともあったが、エレベーターの前で捕まって連れ戻された。
他の女性と一緒になったとき、着替えの最中に2人で泣きながら、「頑張って早く終わらせて帰ろうね」と励ましあった。

——————————————————–

「自分が好まないことは他人も押しつけないことだ」(「論語」
洗脳や出演強要がなければ成り立たない業界です。
国家は近々、どのような判断をするのでしょうか。

(再掲。「論語」)
其(そ)れ恕(じょ)か」(それは恕だろうね)

恕とは、思いやり、のことです。
プロダクションのスカウトと、オレオレ詐欺の実行者は、同質、との説があります。
どちらも、ひとをだまして果実を得ています。
「泣ける2ちゃんねる」という本があります。
一時期、ベストセラーになりました。
ぼくも以前、つい買ってしまいました。
書物のなかに、つぎのような逸話が掲載されています。

(「いい人・やさしい人のお話 5」より、引用。改行を施しています。)
(前略。)
(略)Bさんのところにオレオレ詐欺の電話がかかってきた時。
Bさんの息子さんはその2年前に亡くなっていたので、彼女はすぐに詐欺だと分かった。
けれど(おそらく偶然だろうけど)余りにその電話の声は息子さんの声に似ていた。
Bさんは犯人があれこれいうのをずっと聞いていたいと思っていた。
だけどいつまで経っても「お金を払う」と言わず、それなのに電話を切ろうともしないBさんに相手が不思議がり始めたので、Bさんは仕方なく事情を話した。
そして、
「最後にもうちょっとだけ声を聞かせて欲しい」
と言ったところ、電話の相手はちょっと考えたように間をあけた後、
「これからも元気でがんばれよ、母さん」
と言って電話を切ったそうだ。

——————————————————–

プロダクションのスカウトにつきましても、いつかこのようなエピソードが紹介されることを願っております。
この先、スカウトが存在できていたらのはなしですが。
「(生涯、守るべき信条は)恕(思いやり)だろうね」(「論語」

邦道(くにみち)なければ巻きてこれを懐(ふところ)にすべし

<孔子>
直(ちょく)なるかな史魚(しぎょ)、
邦道(くにみち)あれば矢の如(ごと)く、
邦道(くにみち)なきも矢の如(ごと)し。

君子なるかな蘧伯玉(きょはくぎょく)、
邦道(くにみち)あれば仕え、
邦道(くにみち)なければ巻きてこれを懐(ふところ)にすべし。

(訳)
「史魚(しぎょ)は、まっすぐな人物だった」
「国がうまく治まっているときは、皇帝に、矢のように(ひたすら)仕え」
「国が乱れたときも、皇帝に対して矢のように(ひたすら)苦言を呈した」

「蘧伯玉(きょはくぎょく)の生き方は君子立派なひと)そのものであった」
「国がうまく治まっているときは、世にでて活躍したが」
「国が乱れると、才能を隠してさっさと引退したのだから」

国が乱れたときの二人の振る舞いは対照的でした。
史魚(しぎょ)は、諫言(かんげん。目上の人の非をいさめることばとの意味)を口にしました。
蘧伯玉(きょはくぎょく)はちがいます。
執心せずに身を引きました。
孔子は、史魚(しぎょ)よりも、蘧伯玉(きょはくぎょく)の生き方が立派である、と評しました。

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん引退後の夢『人生楽しみたい』『消せない過去として歩む』」より、引用。改行を施しています。)

(問)「引退したら、どういうことをしたいですか?

<香西咲さん>
本当に心身ともに疲弊しているので、3カ月くらいは休みたいですね。
あと、もともとバイタリティが強いので、そのあと海外のワーキングホリデーに行くとか…
人生を楽しもうと思ったら、そういうことにもトライしたいと思っています。

——————————————————–

「蘧伯玉(きょはくぎょく)の生き方は君子立派なひと)そのものであった。国がうまく治まっているときは世にでて活躍したが、国が乱れると才能を隠してさっさと引退したのだから」(「論語」
香西咲さんは、君子です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。