出演強要。香西咲さんは契約書をきちんと読まずにサインをしたのか?

以下のような落書きがあります。
香西咲さんに対してなされたものです。

(ある人物のツイートから、引用。)
<10月13日>
落書き その1
契約書をきちんと読まなかったあなたの自業自得ですよ。
強要もクソもない。

——————————————————–
落書き その2
契約書書いた時点で契約成立してるのに強要なんて筋が通ってませんよ。
都合良くしてるだけにしか聞こえません。

——————————————————–

(再掲。落書き)
契約書をきちんと読まなかった

香西咲さんに瑕疵(かし。過失との意味)があったのでしょうか。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。改行を施しています。)

<香西咲さん>
知り合いの弁護士に相談したところ「この事務所には実体がない」と言われました。
それをA氏に伝えると、
「あるだろう。ほら」
と、登記簿と印鑑証明を目の前にたたき付けられた。
契約書の内容も直してくれて、
やりたいようにやっていい
と言うので、信用してしまったんです。

——————————————————–

香西咲さんには、寸分の落ち度もありません。
微に入り細をうがつ(非常にこまかい点にまで気を配る)立ち振る舞いです。
精到(緻密でゆきとどいていること)です。
落書き者はこうもいっています。

(再掲。落書き)
契約書書いた時点で契約成立してる

落書き者のいうとおりです。
香西咲さんはいったい、どのような内容の契約書にサインをしたのでしょうか。
みてみます。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。改行を施しています。)

<香西咲さん>
事務所の名前も(聞かされていたものと)違ったし、「エロ」が一切書いてない芸能の契約書にサインしただけ。
——————————————————–

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん『今でもフラッシュバックに悩まされる』洗脳の過去を語る」より、引用。改行を施しています。)

(問)「契約内容はどういうものでしたか?
<香西咲さん>
一般的な芸能プロダクションと同じ契約で、簡単な内容でした。
——————————————————–

(2016年7月17日 AbemaTIMES「【AV出演強要・脅迫・洗脳】人気AV女優が元所属事務所を告訴」より、引用。改行を施しています。)

香西は2010年にレースクイーンなどの仕事を行っていた。
その頃、元事務所からスカウトされ、イメージDVD3本セット制作・販売の契約をしたが、その時の約束は肌の露出は背中が見える程度というものだったという。
それなのに結果はAV出演だった。

——————————————————–

上述の落書き者がいくら愚か者でも、これで悟ったことでしょう。
香西咲さんは、「一般的な芸能プロダクションと同じ契約」をしたのです。
当然、契約書のどこを読んでも、「エロ」の文字はありません。
撮影の条件は、「肌の露出は背中が見える程度」です。
同意した香西咲さんは、イメージDVDを3本撮るとの約束を交わしたのです。
毎日新聞の記者は、青木亮社長に対して、つぎの質問をしています。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。改行を施しています。)

<毎日新聞記者>
(青木亮社長に対して)
最初の撮影がAVだと香西さんに言わなかった?
香西さんと2人で「今回はAVデビュー作だよ」と確認し合ってはいない?
——————————————————–

記者の質問から、以下のことがわかります。
青木亮社長は、香西咲さんに対して、
最初の撮影はAVである、とつげていない
今回の作品がAVデビュー作である、との確認をとっていなかった。

青木亮社長は、佐藤さん(仮名)という女性にも、同様のことをおこなっています。

(2016年8月26日 withnews「AV強要、元タレントも被害 ミスコン受賞歴、歌手の夢捨てられず…」より、引用。改行を施しています。)

(略)、イメージDVDの撮影だと言われて、東京・原宿のスタジオに向かいました。
洋服を着たままの撮影の後、監督が当然のように命令したのです。
「じゃあ、脱いでくれる?」
驚いてどこまでかを聞くと、「全部だよ」
驚いて、大泣きしました。
撮影が絡みのあるAVだと、初めて知りました
(中略。)
(社長は)「いくらお金をかけているか分かる? 雑誌とか色々なメディアで宣伝して1億円ぐらいかけている。撮影が無理だと、親に請求がいくよ」

——————————————————–

青木亮社長は、違約金は1億円、といって脅しました。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。

<香西咲さん>
遠いところですから……。
よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。
私さえ泣いておけば丸く収まると思った。
結局AV撮影に応じることになりました。
あとは、違約金などを理由に辞められないです。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月25日)より、引用。

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

——————————————————–

(2016年7月17日 AbemaTIMES「【AV出演強要・脅迫・洗脳】人気AV女優が元所属事務所を告訴」より、引用。改行を施しています。)

<香西咲さん>
普通の子だと拒否できないです。
周りにスタッフが20人ぐらいいます。
撮影も急がされている状況で、拒否したら申し訳ないなと思う。

——————————————————–

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん『今でもフラッシュバックに悩まされる』洗脳の過去を語る」より、引用。改行を施しています。)

<香西咲さん>
そういう状況で、濡れ場女優とAV女優の違いもわからず、直前は怖くて何もいえず、AVに出演することになりました。
——————————————————–

おわかりのとおり、香西咲さんは、契約書に書かれていないことを強いられたのです。
AVAN代表の川奈まり子様は、こう断言しています。

(2016年9月20日 AbemaTIMES「AV出演を強要される女性たち 高額な違約金を請求されるケースも」より、引用。改行を施しています。)

(略)、川奈氏はAV出演を強要しされたと実名で訴える女優・香西咲については
あれは犯罪ですよね。自分から出たいと考えた私の場合とは全く違います。ああいうことはあってはならないです」
と語った。

——————————————————–

(再掲)
あれは犯罪です

だれがどうみたって、これは犯罪です。
香西咲さんは、犯罪の被害者なのです。

<10月13日>
落書き その1
契約書をきちんと読まなかったあなたの自業自得ですよ。
強要もクソもない。

——————————————————–
落書き その2
契約書書いた時点で契約成立してるのに強要なんて筋が通ってませんよ。
都合良くしてるだけにしか聞こえません。

——————————————————–

愚かしい落書きです。
もしかしてこの人物は、業界の関係者なのでしょうか。
manji8781さんが、つぎのようなご指摘をされています。

manji8781さん>
どんな契約書かも知らず、どんな状況かもわからずこういう事をつぶやく。
この人、悪徳プロダクションと何か関係があると思われても仕方ないだろうな。

——————————————————–
ご指摘は曲解してます。
不確かな情報しかないのに、それでも敢えて批判するのは、今の状況を考えれば、他意が働いていると疑われても仕方ないだろう、という話しです。

——————————————————–
(前略。)
1.あなた自身は正確な情報状況を把握していないこと
2.上記にも関わらず批判してる事
3.批判内容が件の悪徳プロが言っている事と瓜二つである事。
以上の内容により疑われても仕方ないでしょう。

——————————————————–

(再掲)
どんな契約書かも知らず、どんな状況かもわからずこういう事をつぶやく
あなた自身は正確な情報状況を把握していない

manji8781さんのおっしゃるとおりです。
落書き者に対する反論は、このご発言に収斂(しゅうれん)されます。

(週刊文春2016年7月14号【7月7日発売】より、引用。)

人気AV女優の香西咲氏(30)は今回のインタビューで、呼び起こしたくない過去に向き合い、何度も悔し涙を流した。
——————————————————–

業界はなぜ、青木亮や大西敬を追放しないのでしょう。
こいつらのやっていることは、業界の常識、だからでしょうか。
そう考えると、情けなくなります。


——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
 --出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは
 A氏 当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。