香西咲さんの出演強要問題。石が流れて木の葉が沈む世の中であってはなりません。警察と検察の奮闘を期待します

昨日の関連で書かせていただきます。
今月の3日の朝のことでした。
香西咲さんのツイートを拝見して虚を衝かれました。

香西咲さんのツイッター(2016年10月3日)より、引用。

AV撮影以外は交通費すら支給無し。
イベントの差し入れも自分で持って電車で帰れと。
極めつけは青木亮に会うように言われた高畠典子占い師にトータル35万円程払っていました。
そして大西敬雇われ社長は私が撮影終わるタイミングに現場にのこのこやってきて大きい顔して大量に酒を飲み豪語する。

——————————————————–

かつて香西咲さんに、蹂躙のかぎりをつくした悪徳プロダクションの社長は、青木亮であると思っていました。
(※参考 2016年7月6日 文春WEB「『人気AV女優・香西咲が実名告発!「出演強要で刑事・民事訴訟します』」

プロダクションの社長は別にいたようです。
青木亮は、オーナーということなのでしょうか。
ふと、T.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚さんが書かれた記事を思いだしました。
以前に、当ブログでも引用をさせていただいたことがあります。
 
 2016年8月12日 まぐまぐニュースなぜ少女はついていったのか? 探偵が見た『悪徳AVスカウト』の生現場」

このルポタージュのなかに、つぎのくだりがあります。
(引用。改行を施しています。)

この社長と名乗る男は年代としては40代前半。
彼が事務所として構える雑居ビルは1フロアで60平米程度で実際は、屋号として42の芸能プロダクションやレッスン、撮影会社が入居している。
いわゆる名前だけあって、都合の良いものをその場で使うというのが彼らのシステムであり、42社のうち、2社が法人で、法人の登記は地方にあり、債務のない休眠中の株式会社を、数万円で司法書士から購入したものである。
(略。)
——————————————————–
(略。)
(社長)の立場は、法人の管理とお金の管理であるが、どうやらその先にも統括する人物がいるような口ぶりだった。
(略。)
ちなみに2法人の法人登記簿謄本は確かに存在したが、役員を変更していないため、会社売買前の状態のままであった。
おおよそ銀行口座だけ使って、どこかで都合が悪くなれば、何もなかったことにして、捨てるのであろう。

——————————————————–

ここからは憶測です。
上述の記事でいうところの「社長」が、大西敬で、「統括する人物」は、青木亮、となるのでしょうか。
週刊文春には、香西咲さんを幽閉していた悪徳プロダクション名が明記されています。
マークス(後にマークスインベストメントと社名変更)
と。
以前は、「アットハニーズ」と名乗っていたようです。

香西咲さんのツイッター(2016年10月3日)より、引用。

たった今、
アットハニーズ(パーティープリンセスプロモーション等、名前をコロコロ変えて所在を隠しています。)
の雇われ社長の大西敬からこんなメールが届きました。
(後略。)

(メールの文面)
すいません
弁護士の方も不関与との事で
直接コンタクト致します

名前出すのを止めて頂きたいです
宜しくお願い致します

——————————————————–

現在は、「パーティープリンセスプロモーション」という名称も用いているようです。
なぜ会社名を変更するのでしょうか。
おそらくそこには、邪(よこしま)な理由があるのでしょう。

NPO法人のだいわりゅうさんは、ツイッターで、以下のようなツイートをされています。

<2016年10月14日>
(前略。)
大手プロダクションの上の人たちに会って聞いてもみんないろんな弁護士に頼んで社名変更したり、会社分割したりなんだりして強要でやられなよう必死ですね。

——————————————————–

悪党たちはいま、不義を糊塗する(ごまかす)ために、もがいているようです。
Xデーが近づいているのかもしれません。
ツイッター内においても、警察と検察の強い姿勢を期待する声がふえています。
以下に引用させていただきます。

腹痛さん
<2016年10月3日>
ずっと疑問に思ってるんだけど、AV強要被害が知られるようになってこれだけ被害者の方が出てきてるのに、強要した人や現場で暴行(と言っていいと思う)した人がほとんど逮捕されてないのっておかしくないですか。
——————————————————–

中山一也nakayamakazuyaさん
<2016年10月2日>
AV強要 現役女優・香西咲が語る「洗脳」から出演までの8カ月(withnews) – Yahoo!ニュース

ふざけた奴らだ堅気の女の子を、、、許せねえな、、、奴隷じゃねえんだぞ、、、
(後略。)

——————————————————–

JNSAさん

<2016年9月30日>
チンピラプロダクションのゴロツキは全員逮捕&執行猶予ナシノ実刑で、懲役7年だな!
→AV強要 現役女優・香西咲「文春砲」で脅迫も 「海に沈められる…」(withnews)

——————————————————–

Kudou Yasuhiroさん
<2016年9月30日>
AV強要 現役女優・香西咲「文春砲」で脅迫も 「海に沈められる…」(withnews) – Yahoo!ニュース

法治国家日本の司法の力で、こういう不適切な上司を淘汰するより他ないがな。
——————————————————–

Owlmanさん
<2016年10月10日>
AV強要問題
東京地検特捜部がそろそろ、名前が出てる連中をマークし、極秘捜査を進めるべき時だ。
強要罪、脅迫罪、監禁罪、集団強姦罪、詐欺罪、共謀罪…
併合罪で罪数合計すると、懲役何十年になるかな
自分的には死刑にしてやりたいが

——————————————————–

ハピネスさん
<2016年10月3日>
騙しやすい女性を狙い撃ちして利用して私服を肥やしてきた奴は一家皆殺しくらいの罰を受けるべきだ。
——————————————————–

警察と検察は、国民の切なる願いに応えていただきたいです。

本日は、くつろぐ時間がありました。
ひさしぶりにツイッターで検索をおこなってみることにしました。
途中、何度か、伊藤和子弁護士がされた以下のツイートを目にしました。
各人が参照しています。

伊藤和子弁護士のツイートより、引用。改行を施しています。)

<2016年10月4日>
一流大学の優秀なお嬢様たちが続々とご相談にこられ、ちょっと凹む。。。
AV強要被害はここまで広がっているのかと思うと。
でも、こうした人たちにたどり着いたのは、報道の効果だと思う。
さらにたどり着かない人たちがいるのかもしれない。

——————————————————–

いずれも、この記述に対して批判をしているようです。
目を疑いました。
この文章のどこに問題があるのでしょうか。
わかりませんでした。
訝(いぶか)しさを覚えました。
あげつらっているものたちの落書きを読んでみることにしました。
わかりました。
一流大学の優秀なお嬢様たち
このくだりをフレームアップ(攻撃する口実)の材料にしているようです。
(※その落書きについては、こちらをお読みください。これ以外にもあります。)
歪(ゆが)んでいます。
まともではありません。
一流大学の優秀なお嬢様たち
ぼくはこれをみたとき、出演強要被害の深刻さを痛感しました。
ここまで魔の手が及んでいるのかと。
落書き者たちはちがうようです。
意味不明のことを喚(わめ)いています。
慌てふためいています。
愚か者たちの言動から、いくつかのことがわかりました。
おそらくこいつらは別のところでも、ちがうおかしなことを書き散らかしているのでしょう。
その言動の根底に存在しているのは、激しい劣等感です。
底辺のものたちにとっては、
一流大学の優秀なお嬢様たち
という表現がゆるせなかったのでしょう。
哀れです。
香西咲さんの場合もそうでした。

香西咲さんのツイッター(2016年10月14日)より、引用。

AV関係者の皆様へ
#AV強要
真面目に作ってる方からしたら大迷惑ですね。
全て青木亮(あおきりょう)さんとカルト集団が起こした事実なので、矛先は青木さんに向けて下さいね。
私達被害者が泣き寝入りすれば良かったとか言ってくる頭のおかしい人が見受けられるので。

——————————————————–

「被害者が泣き寝入りすれば良かったとか言ってくる」輩(やから)がいるようです。
そいつらは、出演強要という犯罪行為をおこなっているやつらの支持者、ということになります。
突き詰めれば、犯罪者と同根です。
「頭のおかしい人」というのは、やさしい表現です。
香西咲さんの文章全体に瑕疵(かし)はみられません。
好感のもてる内容です。
底辺のものたちにとってはちがっていたようです。
こいつらは文意を正確に読みとることができません。
「頭のおかしい人」という箇所しかみえなかったのでしょう。
そもそもが劣等感のかたまりです。
結果、大多数の良識人から嗤(わら)われる落書きをしてしまいます。
ぼくの友人が以前、つぎのようなことをいっていました。
「ネットでおかしな書き込みをしているやつって、人前にでたら、面と向かってひとこともはなすことができないんだろうな」
と。
おそらくそうでしょう。
クズは相手にしないのが一番です。
まあ、ネット以外でもおかしいのはいるのでしょうけれども。
かれらの老後が心配です。
暮らしていけるのでしょうか。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
 --出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは
 A氏 当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。