いま業界やネットのなかを香西咲さんという名の清冽な水が流れています

ツイッター

香西咲さんと「☆ティアたん☆」様の会話につきまして、昨日は、個人的な感想をのべさせていただきました。
ふみちん様というかたがいらっしゃいます。
当ブログへも何度かコメントをお寄せいただいております。
メールで数回、やりとりをしたこともあります。
そのさいには、本名と勤務先も教えてくださいました。
誠実なかたです。
ある女優さんのファンとのことです。
名前をお聞きしたしたが、ぼくにはまったくわかりませんでした。
といいますか、香西咲さん以外のかたは、どなたも存じあげておりません。
ふみちん様は香西咲さんのツイッターもご覧になっているようです。
昨日以降、つぎのようなツイートをされています。
引用させていただきます。

ふみちん様のツイッターより、引用。改行を施しています。)

<9月24日>
そうかな?
(「☆ティアたん☆」様は)それで怒って終わらせるようなら送らなければいい。
もっと、彼女(香西咲さん)の気持ちに寄り添わないと。

——————————————————–
ティアさんが言っていることだけで(香西咲さんの)気持ちが切り替えられるなら、わけないけど、
咲さんの死にたいという気持ちを一旦、引き取らないで、
ただ、ただ、がんばれがんばれと言った場合。
どういう事になるか、(「☆ティアたん☆」様自身が)想像が出来ない状態で(香西咲さんに)ツイートするのは良くない。

——————————————————–

<9月25日>
沢山の味方の方が(香西咲さんを)応援しています。
焦らないで気持ちを楽にして下さね。

——————————————————–

旧聞に属します。
7月25日には、当ブログ宛てに、つぎのコメントもいただいております。

(引用)
本当に香西さんの頑張りを観るたびに頭が下がる思いです。
そして、彼女に頑張って欲しいと思います。
(後略。)

——————————————————–

どれも篤実(とくじつ)さがつたわってくる文章です。
ツイッターのなかには、そうでないものもあります。
偶然、自称、香西咲さんのファン、というふれこみの書き込みを目にしました。
昨日は、延々と、視点のずれた自説を展開されているように感じました。
ツイートを幾重にも重ねています。
どれもが悪文(文脈が混乱してわかりにくく誤解されるような文章)です。
ながめていて頭が痛くなりました。
読了後、こころのなかに残るのは、威圧感です。
このかたはおそらく、本音を控えろ、といいたいのでしょう。
あなたは商品なのだから良いファンタジーをみせてくれ、と。
アケミン様と同じ思考です。

(2016年07月15日 AVライターアケミンブログ「『強要』について二つの記事があった日。 」より、引用。) 

「AVはファンタジー」とも言えるのでしょうが、
ファンにとっては
「どうせならいいファンタジーを見させてくれよ!」という感じですよね。

——————————————————–

かなり前に、当ブログでふれたことがあります。
アテネ(ギリシア内にあった独立国家)では、B.C.508年(いまから2524年前)に、民主政が完成しました。
市民の参加によって、政治に関する事柄を決めることができる制度です。
直接民主政といいます。
財産による制限はありません。
成人(18歳以上)の男性ならばだれでも参加できます。
女性には、参政権がありませんでした。
対等な人格をもった存在ではないからです。
当時の女性は、子どもを生むための道具とみなされていました。
モノですから、普通は、粗末にあつかわれていたと考えます。
そのようなことはありませんでした。
大切にされていました。
その感情は、いまわたしたちが考えているものとは違います。
ペットをかわいがるような感覚です。
女性は愛玩用の存在にしかすぎませんでした。

香西咲さんのツイッター(2016年9月13日)より、引用。

でも相手の事ばかり考え過ぎて、
自分を抑えちゃったり
無理しちゃう所も多い…
これからは今度こそ本当に
自分を主体に考えなきゃ。

——————————————————–

香西咲さんはあなたたちにとって都合のよい道具ではありません。
もしも否定されるのでしたら、つぎのことばを反芻(はんすう。二度三度くりかえし思い、考えるとの意味)してください。

(再掲)
相手の事ばかり考え過ぎて、自分を抑えちゃったり無理しちゃう所も多い

香西咲さんに対して、発言を慎(つつし)め、とはいえないはずです。

悪徳プロダクション

過日もふれました。
以下のインタビューのなかでかたられていることは悪質です。

(2016年9月13日 毎日新聞「AV問題 語り始めた業界人(1)『公平なルールを』」より、引用。)

<AVプロダクション代表の鈴木浩太(仮名)くん>
数年で終わる仕事かもしれないけれど、AV出演は一生もの。
——————————————————–

(再掲)
数年で終わる仕事

背筋に冷たいものが走りました。
女性は数年で使い捨て、という発想です。
搾るだけ搾って、あとは捨てる。
とてもまともな感覚ではありません。

(再掲)
AV出演は一生もの

鈴木浩太(仮名)くんは、このことをよく認識しているようです。
それにみあうだけの報酬を渡しているのでしょうか。

(引用。改行を施しています。)
(問)女優へのギャラ配分率について、(HRNは)「50%以下は不当な搾取」としています。

<AVプロダクション代表の鈴木浩太(仮名)くん>
なんで50%なんですか。
法的根拠もないのになんとなく言っている。

(後略。)
——————————————————–

ぼくはこれをみて驚きました。
自分の命とひきかえにおこなっている仕事です。
いくら安くても50%以上は絶対にもらっている。
そう確信していました。

(再掲)
なんで50%なんですか
法的根拠もないのに

すくなくとも、この点については、法の規制が必要のようです。

(引用。改行を施しています。)
(問)HRNは業界に対する要請書の中で
「撮影を欠席した女優には違約金を請求せず、(損害の補てんには)保険制度を利用せよ」
と求めています。実現可能でしょうか?

<AVプロダクション代表の鈴木浩太(仮名)くん>
「出る出る詐欺」が横行すると思う。
「(AVを)やります」と言っても、当日になって「やっぱりやりません」と言えるわけですよね。
友達との約束をバックレる(逃げる)感覚になる。
あくまでも女性の人権だけを擁護していて、業界で働く者の人権にまで考えが及んでいない。
プロダクションは最初からAVだと説明し、契約のこともしっかり話しているのに、前日に女優がバックレた場合は誰が責任を取るのでしょうか。

——————————————————–

違約金の存在がなければ、プロダクションの運営はできないようです。
最後は、違約金という伝家の宝刀を抜いて、出演を強要する。
これまで、どれだけの女性が涙を流してきたのでしょうか。
違約金という名の強要、脅迫によって。

(再掲)
前日に女優がバックレた場合は誰が責任を取るのでしょうか

それは、鈴木浩太(仮名)くん、あなたです。
あなたが責任をとるのです。

(2016年7月25日 クローズアップ現代+は、「私はAV出演を強要された~“普通の子”が狙われる~」より、引用。)

<伊藤和子弁護士>
出演の前日までにキャンセルをすれば、違約金は発生しないというような裁判例も出ています
——————————————————–

おわかりですか。
あなたのつぎの言葉づかいもひどいです。

(再掲)
バックレる
バックレた

この言い様から察して、このかたは、女性を人間とみなしていません。
完全に、モノ扱い、です。
反面、自分たちは、声高に人権を主張しています。

(再掲)
業界で働く者の人権にまで考えが及んでいない

世間一般のひとたちはこれをどう判断するでしょうか。
女優さんたちよりも、この方々の人権が優先されるのでしょうか。
ほとんどのひとがこう思うでしょう。
一刻も早く法律をつくって規制してくれ、と。

ちなみにこの代表はなぜ、毎日新聞のインタビューに応じたのでしょう。
自分たちは他とちがってまともである、と自負しているのでしょうか。
おそらくこれをみたほとんどのひとは、こう感じたはずです。
ここは、「羊頭狗肉(見かけは立派でも中身がひどい)プロダクション」である、と。
法による規制が待たれます。

ここで話題がかわります。
いま、業界やネットのなかを清冽(せいれつ)な水が流れています。
清冽(せいれつ)とは、清く澄みきった、という意味です。
その清冽(せいれつ)な水は、香西咲さんです。
時には、障害物があって流れにくいところがあるかもしれません。
水には石をも穿つ(うがつ。つらぬくとの意味)力があります。
自分の力を信じて前へ進んでいただきたいと思います。
——————————————————–
2016年7月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年7月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年7月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年7月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
 --出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは
 A氏 当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年8月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年9月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました
2016年9月24日 香西咲さんのインタビュー記事が、withnewsに掲載されました。
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。