香西咲さんは、今を生きてください。「眠られぬ夜を明かして又想う苦しき今を今を生き抜け」(道浦母都子)

孔子(B.C.552年~B.C.479年)という中国の思想家がいます。
儒学の創始者です。
あるとき孔子は、弟子からつぎのような質問を受けました。
「先生、死について教えてください」
聞きおえた孔子が、こう答えました。
いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん
と。
直訳すると、
「わたしはまだ、生きるということがどういうことなのかわかっていない。そのようなわたしが、死について語ることなどできるはずがない」
となります。
おそらく孔子はこういいたいのでしょう。
「死を考える暇があるのならば、まずは、自分の目の前にある人生をしっかりと生きなさい」
と。

以前、毎日新聞に、詩人の真壁仁(まかべじん)さんの文章が掲載されました。
(※孫引きです。)

 1974年2月8日 毎日新聞「アカツカトヨコの果敢な生涯」 

つぎのような内容です。
赤塚豊子さんは、1947年に、山形県の天童市で生まれました。
生後まもなくして、小児麻痺にかかります。
やがて、手足の自由を失います。
下半身は、骨のないような状態となりました。
このため、自分で立ちあがることができません。
手も、指以外は満足に動きません。
声も失いました。
胸部もおかされて、リンパ腺をわずいらいます。
健全な感官(感覚器官)は、目と耳だけになりました。
通学することができない豊子さんは、祖父から読み書きを教わります。
ラジオを聞きながら、目の前にあるラジオの番組表の活字を追いました。
こうして少しずつ、漢字をおぼえていきます。
18歳のころから、詩の創作をはじめます。
横で聞いている家族がそれを書きとめました。
22歳のときです。
カナタイプライターを買ってもらいました。
豊子さんはそれをつかって文字を刻みます。
詩を書くことが唯一の生きる証(あかし)でした。

(「アカツカトヨコの果敢な生涯」から、引用。これは孫引きです。)

ナニゲナク サヨウナラト 呟クト
ワタシノ中の何カガ 消エル
一ツノ灯火明リガ
小サナ叫ビヲ アゲテ 消エルヨウニ
ナニゲナク サヨウナラト 呟クト
ワタシノ中ノ何モノカガ 離レル
一人ノ親シイ人間ガ
寂シサヲ 秘メタ言葉ヲ 残シテ離レルヨウニ

——————————————————–

「何気なく、さようなら、とつぶやくと、私のなかの何かが消える」
「何気なく、さようなら、とつぶやくと、私のなかの何者かが離れる」

人間は、自分に対して、「さようなら」をいってはいけない。
豊子さんの哀切な思いがつたわってきます。

尼崎脱線事故をご存じでしょうか。
2005年4月25日のことです。
塚口駅と尼崎駅の間で、列車が脱線しました。
この事故で107名のかたが歿(ぼっ)しました。

犠牲者のなかに、佐々木麻有さんという女性がいます。
享年25歳です。
麻有さんは14歳のときに、母親を亡くしました。
以来、父と弟の母親がわりとして、家事全般をこなしてきました。
事故当日、麻有さんは、関西空港へ向かう途中でした。
友人と一緒に、2泊3日の韓国旅行へいくためです。
麻有さんにとってはじめての海外旅行でした。
父も弟も、ねぎらいのことばをかけて送り出しました。
麻有さんは残った家族のことを気にかけて、つぎのメモを残していました。

(引用)

父さんへ。
土日の買い物ありがとう。
来週はゆっくり休んでください。
朝、出る時 声かけてほしいです。
冷凍庫に入っている
ごはん コロッケ、納豆、いかなご 
食べてね。
いかなごは そのままお皿に入れて
自然解凍です。
納豆は、からしとたれを取ってから
レンジで40秒ぐらい。
二つなら 50秒~1分ぐらいです。
がくへ。
ごはん、ちゃんと食べといてね。
牛乳も飲んでください。
いっぱい おみやげ買ってくるね。

まゆ より。
——————————————————–

1985年8月12日、日航機が墜落しました。
この事故で520人のかたが亡くなりました。

JAL 安全啓発センター 「展示室」より、引用)

当該事故の直接原因とされる後部圧力隔壁や後部胴体をはじめとする残存機体、コックピット・ボイスレコーダー、ご遺品、乗客の方々が残されたご遺書、事故の新聞報道や現場写真を展示しています。(後略。)
——————————————————–

JALの安全啓発センターの展示室には、墜落の間際に書かれた故人の文章がおかれています。

<河口博次さん(52歳)。大阪商船三井船舶神戸支店長>

マリコ
津慶
知代子
どうか仲良く がんばって
ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因は分らない
今五分たった
もう飛行機には乗りたくない
どうか神様 たすけて下さい
きのうみんなと 食事をしたのは
最后とは
何か機内で 爆発したような形で
煙が出て 降下しだした
どこえどうなるのか
津慶しっかりた(の)んだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今六時半だ
飛行機は まわりながら
急速に降下中だ
本当に今迄は 幸せな人生だった
と感謝している

——————————————————–

この事故から25年後のことです。
日本経済新聞が、落命された河口博次さんの家族の近況を報じました。

 2010年8月10日 日本経済新聞「父の『遺言』胸に25年 日航機墜落直前『幸せだった』」

(引用。改行を施しています。)

(略)、河口博次さん(当時52)の長女、真理子さん(49)が取材に応じ、(略)、惨事から25年となる心情を語った。
(中略。)
背広のポケットに入っていた黒革の手帳を弟の津慶さん(46)が見つけた。
乱れた筆跡、次のページに写るほどの強い筆圧。
真理子さんは今、思う。
飛行機が大好きで、神頼みなんかするような人じゃなかったのに。
それでも最後は死を受け入れたんだ。
死に目には会えなかったけど、あのメッセージがあったから、わたしは心の整理をつけられたのかもしれない。
この年になっていきなり死ぬとき、幸せな人生だったって、自分は書けるかどうか……。
(略。)
手帳は母、慶子さん(76)が自宅で大切に保管している。

——————————————————–

<松本圭市さん(29歳)。阪急電鉄社員>

PM6・・・30
知子 哲也(両親を)をたのむ 圭市
突然 ドカンといってマスクがおりた
ドカンといて降下はじめる
しっかり生きろ
哲也 立派になれ

——————————————————–

<吉村一男さん(43歳)。日建設計社員>

しっかり生きてくれ。(二人の子供を)よろしく頼む
——————————————————–

<谷口正勝さん(40歳)。大阪府箕面(みのお)市。チッソ株式会社ポリプロ繊維部主任>

まち子
子供よろしく
大阪みのお 谷口正勝
6 30

——————————————————–

飛行機は、ダッチロール(横揺れと横すべりを繰り返し左右に蛇行)しています。
乗客の悲鳴が幾重にも重なりました。
そのなかを客室乗務員たちが、励ましの声をかけてまわります。
「だいじょうぶです」
「赤ちゃんはしっかり抱いてください」
「ベルトはしていますか」
と。
アナウンス担当の対馬祐三子さん(29歳)は、不時着に備えて、つぎの原稿を書き残していました。

おちついて下さい
ベルトをはずし
身のまわりを用意して下さい
荷物は持たない
指示に従って下さい

PAX(乗客)への第一声
各DOORの使用可否
機外の火災CK(チェック)
CREW(乗員)間CK
ベルトを外して
ハイヒール
荷物は持たないで
前の人2列
ジャンプして
機体から離れて下さい
ハイヒールを脱いで下さい
荷物を持たないで下さい
年寄りや体の不自由な人に手を貸

火災
姿勢を低くしてタオルで口と鼻を覆って下さい
前の人に続いてあっちへ移動して下さい

——————————————————–

宗教改革の嚆矢(こうし。はじまりとの意味)となったルター(1483年~1546年)は、つぎのようなことばを残しています。

たとえ明日に世界が終わろうとも、私はりんごの樹を植える
——————————————————–

どのようなことがあっても最後の一瞬まで生きなければならない、とルターはいいます。
ぼくも同感です。
死などというものは、一心不乱に駈けてきたひとが、何かの拍子にふと思い浮かべるものではないでしょうか。
哲学者のカント(1724年~1804年)は、死の直前にこうつぶやいています。
もうそれでよい
と。
すべてをやりつくしたカントだからこそ、いえたことばです。
失礼ですけれども、香西咲さんは、まだ道半ばです。
まだまだカントの域には達していません。
苦しいかもしれませんが、今を生きてください。

(ながらみ書房刊「新装版 無援の抒情」道浦母都子著より、引用。)

眠られぬ夜を明かして又想う苦しき今を今を生き抜け
——————————————————–
2016年7月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年7月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年7月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年7月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
 --出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは
 A氏 当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年8月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年9月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。