週刊文春発売前後の香西咲さんのツイートを振り返ってみました。(その2)

2016年7月7日、香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春(7月14日号)に掲載されました。

 人気AV女優・香西咲が実名告発!「出演強要で刑事・民事訴訟します」

衝撃的な内容でした。
本日は、香西咲さんの2016年7月7日以降のツイートをご紹介させていただきます。

香西咲さんのツイッター(2016年7月7日)より、引用。(※注 この日の各ツイートは、時系列ではありません。)

(略。)
業界に対して恨みしかなかったら私もとっとと去って終わる所でした。
私は業界に対する愛があります本気で改善に取り組みたい、だから実名報道を選びました。

——————————————————–
私の様なしがない1人のAV女優が
大好きな業界の未来の為に出来る事として、
新たな判例を作る事だと思っています。
AV関連の裁判は判例が少なすぎます。
グレーゾーンなのも理解しています。
弁護士の先生でさえ面倒臭がる方も多数。

——————————————————–
所属時代は何の情報も与えられず、相談出来る相手は事務所内の人間だけでした。
私が事務所を止めた時に佐藤さんと初めて会って、同じスカウト経由でほぼ同一の手口引きずり込まれた事を知りました。
社会悪。
佐藤さんには本当に感謝です。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月13日)より、引用。(※注 この日の各ツイートは、時系列ではありません。)
今まで人間とは思えない仕打ちを受け続けてきた事、
やっと吐き出す事ができました。
こんな私ですが今も変わらず好きでいてくださる方、本当にありがとうございます。
何度も言うけれど今後私はその人たちを大切に生きていくのみです。

(後略。)
——————————————————–
契約書を盾に止めさせてもくれない
かと言って事務所に居続けたら、
V撮影性接待(勿論金銭のやり取りなし)に都合良く使われて青木亮に飼い殺しになる…
本気で死にたかった
あの頃の私はトラックに突っ込んで欲しかった。

——————————————————–

(再掲)
「あの頃の私はトラックに突っ込んで欲しかった」

香西咲さんは2年ほど前にも、同旨の記述をされています。

(参考。香西咲さんの2014年7月3日のツイートより引用。)
「あの時は、トラックが突っ込んできても私は避けないってマネージャーにも話してた。
本当に笑えなかったよね。
もちろん今は避ける(笑)
あの時笑えなかった事がやっと笑い話にできる(笑」

2016年7月14日、週刊文春(7月21日号)に、香西咲さんの告発の第2弾が掲載されました。

 AV女優・香西咲、告発第2弾「私は枕営業を強要されました」

こちらの記事は、1週間前のものよりも、さらに峻烈でした。

香西咲さんのツイッター(2016年7月14日)より、引用。

撮影の時は企画で1度アルコールを飲んだだけで、常に正気、真剣に臨んでます。
精神安定剤を飲まないと自分を保てなかったのは枕の強要の時です。
心配してくださりありがとうございますm(_ _)m

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月15日)より、引用。

それから昨日発売の週刊文春、絶対に読んでください!
5年、いや、洗脳期間入れたら6年トラウマに決着をつけてみせます!
やり直しはまだ利く
利かせてみせる!

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月16日)より、引用。

本日7月16日土曜日
みのもんたの夜バズ abemaTV
私の出演時間は20時頃?10分程度の予定です。
出演前にもう1度伝えたい事。
AVそのものを否定していません。
私は出てしまった以上変えられない過去を踏まえ、前向きに生涯をどう構築して行くかを模索中です。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月17日)より、引用。(※注 この日の各ツイートは、時系列ではありません。)

ありがとうございます。
この件で今迄のトラウマ後遺症に決着を付けて次に進みます
私逞しいから(笑)

——————————————————–
私が声を上げることで 脅迫めいた事、『これ以上余計な事を喋るな』と言う様な事も多々寄せられます。
業界が荒れているのでの私の行動は、危険に思う方も多いのでしょう。
事を荒立てたくないと。 そのお気持ちは勿論理解しています。

——————————————————–
週刊文春様にも30時間に及ぶ取材の中で私の意見をご理解頂き、真面目なメーカーや制作に間違っても矛先が向かない様に配慮して頂きました。
今後の私はAV業界をより良くする為の『駆け込み寺』(LTSM6階女性専用フロア)の整備であったり、被害を無くす為の活動をして行くつもりです。

——————————————————–
気にしないでください
普通の女優さんはこの議題には入りません。
皆自分が売れる事で精一杯だから。
でもその子達否定している訳ではなく、そういう子達は応援したいと思います
私はそういう役目で良いと思います

——————————————————–
真面目にAV女優を頑張りたい人は応援します。
但し今後不本意な形での出演が減って頂けたら私も報われます

——————————————————–
前事務所時代は私にギャランティ交渉も出演内容の決定権もありませんでした。
ですが今は自分でやりたい事を相談出来ます。
独立以来環境が一転しました。
現在のメーカー様やプロデューサー様は良心的です。

——————————————————–

香西咲さんのツイッター(2016年7月18日)より、引用。(※注 この日の各ツイートは、時系列ではありません。)

私が今後どうすべきか等、正確な情報もアドバイスも一切与えてくれず、
ただただ脅迫されてます。
余計な事は言うなと。
情報開示して頂けないのに納得して言いなりになれる訳がないですね。
これ以上言うとバレるので慎みます。

——————————————————–
脅迫、業界一部からの嫌われ、全て覚悟のうえです。
——————————————————–
知人から脅迫きてびっくりしたけど、
超えられない壁はない!
皆様支えて下さり本当にありがとうございます

——————————————————–
私だって普通の女性に戻りたい気持ちもあります。
でも今誰も顔を出せない、名前を上げて意見を言えない。
私は微力ながらこの問題に尽力し、
それから女性の性環境を整えてこの業界を去ります。

——————————————————–
例え始まりは不本意でも5年死ぬ気で頑張ってきた事。
卒業は自分で決めます。

——————————————————–
皆様とDVDイベントで会えるのはカウントダウンになるかも知れませんね。
いつ、どこで何があるかわかりませんから。

——————————————————–
(前略。)
味方も沢山います
弁護士もいます、
独立の際に相手方のバックボーンも調べてます。
それから過去に受けた被害記録あります。
ご安心を。

——————————————————–

2年前に香西咲さんは、つぎのツイートをされています。

(参考。香西咲さんの2014年7月3日のツイートより引用。)
「みんなに指摘された通り、
今までの私は自分を大事にしてきませんでした。
辛い事も理不尽な事も全部自分が我慢すれば良いと思ってました
自分で自分を痛めつけてました。
それじゃいけないって気づいたのは本当に最近です。
これからは自分を労わります」

あのころ、ぼくは、この文章を読んで息苦しさを覚えました。
ただ、香西咲さんの身に何が起きたのかは具現化できませんでした。
漠(ばく)としたものだけが残りました。
今回、この週刊文春の報道を機にして、いくつかの事柄が輪郭をあらわしました。

「契約書を盾に止めさせてもくれない」(2016年7月13日のツイート)
「V撮影と性接待(勿論金銭のやり取りなし)に都合良く使われて青木亮に飼い殺し」(2016年7月13日のツイート)
「なぜ(AV撮影)を辞めなかったんだと思われるかもしれません。ですが、抜けるに抜けられない状況に追い込まれ、搾取されつづける絶望感は、体験したものにしかわからない。青木の支配下に置かれていた頃、私にとってAV撮影は自傷行為そのものでした。」(2016年7月7日発売の週刊文春の記事)
「ストレスから円形脱毛症になり全身がけだるく、胃腸は毎日、抉られるように痛みました。自分で救急車を呼んだこともあった。屈辱がフラッシュバックし、絶望的に命を絶ちたくなるときも・・・・・・」(2016年7月7日発売の週刊文春の記事)

青木亮と、社のとかいうクズは、さぞかし怯えていることでしょう。
この先、自分は、いったいどうなるのだろうか。
牢屋に入れられるのだろうか、と。
安心してください。
さほど遠くない将来に、あなたたちに対する裁きはくだるでしょう。
それは司法によるものなのか。
社会的制裁なのか。
それとも、ガンなどの難病に罹患するのか。
それはわかりません。
あなたたちが、苦悶することをこころより願っております。
——————————————————–
2016年7月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年7月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016月7月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016月7月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016月7月29日 香西咲さんのインタビュー記事が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
 --出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは
 A氏 当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
香西咲さんのツイッター
(香西咲さんの重要ツイート ~2016年7月18日)
 私だって綺麗にリセット出来るならAVデビュー前の私に戻りたい。
 だけど変えられない現状踏まえて立て直したのが今の形。(後略。)

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。