香西咲さんがみのもんたの番組(よるバズ! AbemaTV)に出演されました

遅きに失した感がありますが、本日、週刊文春の7月14日号と7月21日号を拝読しました。
相当な覚悟をもって対峙しました。
読了後、精神に失調をきたすかもしれない、との思いもありました。
意に反して、途中で休むことなく読み終えることができました。
記事の内容は酷烈でした。
ただ、感傷や感情の念を前面に出した文章ではありませんので、その都度立ち止まって嘆息することはなかったです。
文体も平易です。
淡々とはなしが進んでいきます。
さすがに売り上げがトップの雑誌というだけあって、全体的に、つくりかたが上手です。
香西咲さんへのインタビューの時間は、なんと30時間です。
そのほかに、各方面への取材をおこなうわけですから、相当の時間と労力を費やしています。
7月14日号と7月21日号ですが、ぼくはそれぞれ2冊ずつ、計4冊を購入しました。
用途は購読用と、保管用です。
香西咲さんのことが掲載された雑誌ですので、それぞれ1冊ずつ大切に保管しておきます。

さて、記事の中身ですが、こいつらのやっていることはどれも鬼畜の所業です。
人間がおこなう行為ではありません。
犯罪です。
救いはM社の社長の青木亮の顔写真でした。
バカ面をしています。
不細工です。
これって、真顔ですか。
男は顔でないというひともいますが、やはり男は顔です。
男は、自分が歩んできた人生が、己の顔に色濃く反影(はんえい)されるものです。
この青木亮は顔がゆがんでいます。
おそらく心もこのような感じでゆがんでいるのでしょう。
まあ、こいつの間抜け面はさておいて、この青木亮は、女性の「夢」を食い物にしている犯罪者だったのです。

(引用)

<香西咲さん>
今でも時々、当時の記憶のフラッシュバックになやまされます。

いっそ自分の人生を終わらせてしまおうかという衝動に駆られたことも一度や二度ではありません。

恋愛も結婚も見込めない。本当に一人ぽっちなのです。

なぜ(AV撮影)を辞めなかったんだと思われるかもしれません。ですが、抜けるに抜けられない状況に追い込まれ、搾取されつづける絶望感は、体験したものにしかわからない。青木の支配下に置かれていた頃、私にとってAV撮影は自傷行為そのものでした

~「事務所の言いつけ通りに仕事をこなす日々。夢のためにと笑顔をつくって自分を奮い立たせたが、気がつけばアルコールと睡眠薬が必需品になっていた

<香西咲さん>
ストレスから円形脱毛症になり全身がけだるく、胃腸は毎日、抉られるように痛みました。自分で救急車を呼んだこともあった。屈辱がフラッシュバックし、絶望的に命を絶ちたくなるときも・・・・・・

過日のブログにも書きましたが、こいつらがいなければ、香西咲さんは、違う別の人生を歩むことができたのです。
そう思うと、無念でなりません。

ではなぜ、現在もこの仕事をつづけているのでしょうか。
本日、ほぼ1年半ぶりに香西咲さんのブログとツイッターを拝見して、その理由がわかりました。

おそらく、このようなことではないでしょうか。
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ
これは、山本五十六(やまもといそろく)がよく口にしていた箴言(しんげん)です。

やってみせ」(まずは当事者である香西咲さんが業界内で行動をおこし、)
言って聞かせて」(周囲のひとたちに理解をしてもらって、)
させてみせ(そのあとで誰かほかのひとにもつづいてもらい、)
ほめてやらねば」(そのさいに香西咲さんがその行動をたたえてあげなければ、)
人は動かじ」(業界のひとたちはだれも動かない
といったところでしょうか。

昨日のブログですけれども、めずらしくコメントがつきました。
フィードバックをクリックすればご覧になることができますが、こちらでもご紹介をさせていただきます。
 ご本人さまの了解はとってあります。)

(lars_3rdさまのコメントを引用。)

はじめまして、今回の週刊誌や報道(ネットTV)の前6月のイベントに参加させていただき、写真を撮らせて頂きましたが表情に曇りがあることに気づきました。
「疲れているのかな」と気にはしていました。
その後AV女優・香西咲・刑事民事訴訟の件が発生しました。
自分の中で整理したいため色々調べていたところ「香西咲さんを勝手に応援するブログ」が復活していることを確認させて頂きました。
AbemaTV(みのもんたのよるばず)7/16放送、で彼女が
「会長の了解を得ています。」
と聞いて訴訟は会長のためにするのか?
少し疑問に思いましたがこのブログを見て彼女自身を信じてあげられる考えになりました。
以前もブログを拝見させて頂き、香西咲さんはスゴイ人だなと再度思い出しました。
・・・・・・・・・・・・・・何がいいたいのか分からないコメントになりましたがこのブログに感謝しています。
変な名前なのでTwitterのアカウントを名前に入れます。

lars_3rdさまからは、のちほどメールもいただきまして、
「会長の了解を得ています。」の箇所は、
AbemaTVでは、同社会長が「彼女の望むようにしてあげなさい」といっています、とのことでした。
ご訂正をいたします。

それにしても、みのもんたの番組で、香西咲さんが取り上げられるとは。
なんだかうれしいです。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。