香西咲さんが悪徳事務所時代に書かされたブログに真実はあるのでしょうか

昨日のブログでぼくは、悪意の第三者によって、情報操作がおこなわれる可能性について言及しました。
その予測される事例のひとつとして、当該本人の人格に対するいわれなき毀損についてふれました。
昨日も書きましたが、崇高で高邁な精神を併せ持つ香西咲さんに対して、このようなバイアス(偏向)をかけることはできません。

本日は、昨日につづいて、陥穽(かんせい。人をおとしいれるはかりごとの意味)の二つ目について考えてみたいと思います。
中傷と同様に、容易で非常に効果のある奸計(かんけい。悪だくみの意味)が存在します。
それは、故意のつくりばなし、つまり、デマです。
たとえばこういう感じです。

彼女は、日々、実に楽しそうにブログを更新していましたよ。嘘だと思うのなら、みなさんもぜひ読んでみてください。どの記事も快活で、仕事に対する意欲と喜びに満ち溢れていますから。あれを読めば、彼女がいまいっていることは全部でたらめであるとわかりますよ

香西咲さんは、2011年の後半から2014年の前半まで、悪徳事務所の管理のもとで、精力的にブログを更新していました。
ぼくは、1か月から2か月に一度、の頻度で、訪問していました。
訪ねる目的は、香西咲さんが別の分野へ転身する、との朗報を期待してのことです。
文章は熟読せずに、斜め読みをしました。
読むことができずに飛ばした箇所もあります。ファンのかたたちにとっては、そこが一番関心のあるところかもしれませんが。
総じて感想をいうのならば、どの記事も躍動的です。
毎日が新鮮で、現在の仕事が楽しくてしかたない、といった感じでしょうか。

弁護士ドットコムというサイトがあります。
そこに、下記のタイトルの記事が掲載されていました。
そのなかの一部分を引用させていただきます。
——————————————————–
(2015年11月08日)
現役女優から「死にたい」というメールが届く――AV出演強要の実態(下)

(引用)
<PAPS相談員の金尻カズナさんのことば>

とくにAV女優の方は業界の「批判言論」が許されていません。ある女優の方の場合、常にツイッターが監視されていて、ブログも必ずマネジャーのチェックが入っています。

私たちの相談者の中にも、ある現役の有名女優の方がいます。彼女はブログで「エッチ大好き」という主旨のことをつづっています。しかし、私たちへのメールや電話では「死にたい。死にたい。死にたい」という内容の相談がきます。」
——————————————————–

香西咲さんの場合はどうだったのでしょうか。
ご自身のブログが反照している通り、人生が横溢(おういつ。気力がみなぎりあふれているとの意味)していたのでしょうか。

香西咲さんは、悪徳事務所の桎梏(しっこく)から解き放たれたのち、数か月間ほど、休養されました。
以下の文章は、その安息の期間中に、ご自身のブログで自由に綴ったものです。
——————————————————–
ホンネ」(2014年10月8日)より引用。

今まで
「香西咲」はこうありたい!っていう
イメージというかキャラ付けがあったので、
人前に出ている時は
「香西咲」を演じていると思えば
誰に何と言われようが
ポジティブ(←普通に。)
アホ(←ちょっと?)
エロ(←かなりw)
の三拍子で、
辛くても乗り越えられたんだけれど、
今は普通に女子やってます。
なんの鎧もまとってない、普通~の女子。

——————————————————–

ポジティブ(←普通に。)、アホ(←ちょっと?)、エロ(←かなりw)の三拍子で、キャラ付けをして、『香西咲』を演じさせられていたということでしょうか。
おそらくかつてのブログも、悪徳事務所のこの方針のもとで書かされていたと考えます。
なぜ、そういえるのか。
その証左は、のちにご紹介する文章をもってかえさせていただきます。
もうしばらくお待ちください。

「今は普通に女子やってます。」
「なんの鎧もまとってない、普通~の女子。」
この文言との対比で、当時、香西咲さんが置かれていた閉塞(へいそく)的な状況が澎湃(ほうはい)と浮かびあがってくることが悲しいです。

話題を変えます。
病(やまい)は気から、ということばがあります。
巷間、気分が高揚しているときは病気にならないといわれています。
逆に、精神が痛めつけられているときは、体調をこわして病気になりやすいそうです。
香西咲さんの場合はどうだったのでしょうか。
かつて書かれていた陽気なブログが顕(あらわ)しているように、仕事が楽しくてしかたがない香西咲さんは、まったく病気にならなかったのでしょうか。
健康だったのでしょうか。

香西咲さんのTwitter(2014年9月29日)のなかの、ある文章を引用してみます。
こちらも心身が自由となった休養期間中に書かれたものです。
——————————————————–
2年半
病院から処方された胃薬を毎日欠かさず飲んでても
一向に治る気配なかった私の身体が、、、
最近漢方の勉強初めて、
ここ1ヶ月くらい飲んでいたらみるみる良くなってきた
どゆこと?
回復通り越して元気漲りそうだわ☆

——————————————————–

2年半もの長きにわたって香西咲さんは、身体に不調をきたしていたのです。
この期間は、悪徳事務所に所属していた時期と重なります。

以下に、香西咲さんの心情の吐露をご紹介します。
こちらも上述と同様に、そのすべてが休養期間中に書かれたものです。
——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年6月12日)より、引用。

これからは自分の事を
たーっぷり労わります

——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年6月16日)より、引用。

そう言えば自分の1番のチャームポイントって笑顔だった。
顔やスタイルが秀でていなくても、
笑顔だけは昔からみんなに褒められてたし、自信もあった。
また心からの笑顔を取り戻したいな
表情はその人の生き様を表すと思うから、取り戻すにはそれなりの生き方をしないとね

——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年7月3日)より、引用。

あの時は、トラックが突っ込んできても私は避けないってマネージャーにも話してた
本当に笑えなかったよね。
もちろん今は避ける(笑)
あの時笑えなかった事がやっと笑い話にできる(笑)

——————————————————–

香西咲さんはブログの中でいつも、人生を謳歌している、そのような表情をみせていました。
ある時はほほえみ、またあるときは幸せいっぱいに破顔して。
ところがその実相は、真逆のものでした。
悲しみと絶望感におおわれていたのです。

香西咲さんのTwitter(2014年7月3日)より、引用。

みんなに指摘された通り、
今までの私は自分を大事にしてきませんでした。
辛い事も理不尽な事も全部自分が我慢すれば良いと思ってました
自分で自分を痛めつけてました

それじゃいけないって気づいたのは本当に最近です。
これからは自分を労わります

——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年7月27日)より、引用。

これからは
幸せになる為の準備を始めていきます。

——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年7月30日)より、引用。

辛い経験した分だけ、自分の人生を真剣に考えられる様になりました。
——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年8月8日)より、引用。

今年の夏はめっちゃ充実しているよ
ついこの間までの、ふさぎ込んでた自分とは別人みたいに
今迄苦労してきた分、ささやかな幸せさえも、今はよりいっぱい噛み締める事が出来てます!!
ハッピーなう☆
たまらない~

——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年8月13日)より、引用。

あーあ、人に傷つけられた傷は人にしか癒せないっていうのに。私の傷はいつ誰が癒してくれるんだろう
——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年9月14日)より、引用。

少しずつ少しずつ綺麗な心を取り戻していこう
——————————————————–
香西咲さんのTwitter(2014年9月21日)より、引用。

自分を犠牲にして何かをやり通しても、そこに本当の幸せはないよね
——————————————————–
香西咲さんのTwitterより(2014年9月26日)より、引用。

心なく貶められた悔しさも忘れなければ、
私が辛い時に手を差し伸べて下さった方々のご恩も一生忘れない!

——————————————————–

以上、香西咲さんのツイートをご紹介しました。
ぼくも久方ぶりに拝読しました。
切ないです。
あまりにも。
なぜ悪徳事務所は、一人の女性をここまで蹂躙したのでしょうか。
ぼくには理解できません。

(再掲)
<PAPS相談員の金尻カズナさんのことば>

とくにAV女優の方は業界の「批判言論」が許されていません。ある女優の方の場合、常にツイッターが監視されていて、ブログも必ずマネジャーのチェックが入っています。

私たちの相談者の中にも、ある現役の有名女優の方がいます。彼女はブログで「エッチ大好き」という主旨のことをつづっています。しかし、私たちへのメールや電話では「死にたい。死にたい。死にたい」という内容の相談がきます。」
——————————————————–

冒頭にぼくは、次の問を創作してみました。

彼女は、日々、実に楽しそうにブログを更新していましたよ。嘘だと思うのなら、みなさんもぜひ読んでみてください。どの記事も快活で、仕事に対する意欲と喜びに満ち溢れていますから。あれを読めば、彼女がいまいっていることは全部でたらめであるとわかりますよ

この架空の問に対してみなさんは、どのように応(こた)えますか。

(明日のブログへつづく)

明日のブログへつづく、と書きましたが、ちょっと自信がありません。
心身ともにタフで、これまで幾多の試練を乗り越えてきたぼくですが、いまはかなりまいっています。
更新できなかった場合はお許しください。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。