香西咲さんに紹介したい歴史のエピソード ~世界の国旗について

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

今年も時折、歴史の話題についてふれていきたいと考えています。
正月ですので、本日は、軽いテーマを扱ってみます。
内容は、世界の国旗に関する雑学です。
出題形式で進めていきますので、気楽にお読みください。
なお、各国の国旗の画像につきましては、外務省のホームページに掲載されているものを引用しました。
世界地図につきましては、ぼくが自作したものです。

それでは問題です。

<問1>
世界の国旗の中で唯一、四角形でないものがあります。
国名をお答えください。
ネパール地図

<答>
ネパール国旗
ネパールです。
中に描かれているのは、三日月と太陽です。
—————————————————————————

<問2>
北ヨーロッパの国々の国旗はそれぞれ、デザインが似ています。
大雑把でかまいません。
デザインを思い浮かべてみてください。
北ヨーロッパ

<答>
それぞれ中に、十字架が描かれています。
(アイスランド)
アイスランド
(デンマーク)
デンマーク
(ノルウェー)
ノルウェー
(スウェーデン)
スウェーデン
(フィンランド)
フィンランド
—————————————————————————

<問3>
上述以外でも、中に十字架が入っている国旗があります。
国名をお答えください。

<答>
(イギリス)
イギリス
(スイス)
スイス
(ギリシャ)
ギリシャ
(グルジア)
グルジア
(トンガ)
トンガ
(ジャマイカ)

(ドミニカ共和国)
ドミニカ共和国
グルジア

トンガ地図

ジャマイカ・ドミニカ

ちなみにジャマイカの十字架は他と形が違います。
X型をしています。
「聖アンドリュース」の十字架と呼ばれています。
—————————————————————————

<問4>
イギリスはかつて、3つの国(正確には4つの国)が合体してできました。
イギリス
3つの国(正確には4つの国)をお答えください。

(上下の画像は、ウィキペディアから引用。)

<答>
(イングランド)
イングランド
(スコットランド)
スコットランド
(北アイルランド)
北アイルランド

それともうひとつが、ウェールズです。
ウェールズ

          ↓
イギリス
(ちなみにユニオンジャックの中に、ウェールズの国旗は入っていません。)

明日も、国旗について書いてみたいと思います。

話題は変わります。
今日も実家で、柳沢きみおさんの「大市民」を読んでいました。
印象深いことばがありましたので、とりあえずご紹介をします。

(柳沢きみお著「大市民」第1巻~双葉社刊より引用。)

私の好きな言葉がある。
それは世の中の全てのモノにあてはまる言葉だ。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」
金は無いよりもあるほうがいいに決まっている。
しかしあり過ぎるのはかえって不幸をよぶものなのだ。
他のモノもみんなそうだ。
これが世の中の真理だ。
わかるかな。
過ぎたるは不幸のモトだ。
ほどほどが一番幸せなんだ。
なにごともな。

現代という時代を一言で言えば情報の時代だろう。
良くも悪くも回りの情報が押し寄せてき、それらと自分との比較を生み、大きなストレスを生む。
情報の時代とは、つまりストレスの時代である。
昔の時代の人間は肉体的体力勝負だったが、現代は精神的体力が必要な時代だ

たしかに、精神的な体力が求められる時代かもしれません。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。