大事なのは、感動

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

明日は大晦日です。
いま、実家に帰っています。
正月前なのにもう、ご馳走に囲まれています。

千家元麿(1888年~1948年)という詩人が、次のような作品を書いています。
(彌生書房『千家元麿詩集』より、一部を引用。)

三人の親子

ある年の大晦日の晩だ。
場末の小さな暇そうな、餅屋の前で
二人の子供が母親に餅(もち)を買ってくれとねだっていた。
母親もそれが買いたかった。
小さな硝子(ガラス)戸から透かして見ると
十三銭という札がついている売れ残りの餅である。
母親は永い間その店の前の往来(おうらい)に立っていた。
二人の子供は母親の右と左のたもとにすがって
ランプに輝く店の硝子窓を覗いていた。
十三銭という札のついた餅を母親はどこからかさすうす明りで
帯の間から出した小さな財布から金を出しては数えていた。
買おうか買うまいかと迷って、
三人とも黙って釘付けられたように立っていた。
(略)。
そうしている事が十分あまり
母親は聞えない位の吐息をついて、黙って歩き出した。
子供達もおとなしくそれに従って、寒い町を三人は歩み去った。
(略)。
人通りの無い町で、それを見ていた人は誰もなかった。
場末の町は永遠の沈黙にしづんでいた。
(略)。
(略)大晦日の夜も遅く、人々が寝しづまってから
人目を忍んで、買物に出た貧しい人の母と子だったろうか。

フィクションとはいえ、あまりにも切ないです。
大晦日が近づいてくるとぼくは、三人の親子を思い出すことがあります。
あってはならないことです。
無情です。
こういうときは、「美味しんぼ」を読んで気持ちを静めるようにしています。

結婚披露宴

この章は、「美味しんぼ」(作・雁屋哲 画・花咲アキラ 小学館刊)の47巻の中に収められています。

主役の一人である海原雄山は、稀代の陶芸家です。
美食家でもあります。
あるとき、知人の娘さんの披露宴に招待されます。
併せて、料理の提供も求められます。
海原雄山は承諾しました。
当日、出席者のテーブルに、以下の料理が並べられました。

・ご飯
・味噌汁
・あんかけ豆腐
・ダイコンの葉と茎(くき)の漬物(つけもの)
・ダイコンとニワトリのモツ煮
・イワシの塩焼き

一目見て、出席者は騒然となります。
これがめでたい席に出す代物なのかと。
人々は憮然とした面もちで、料理に箸をつけます。
ざわめきが起こりました。
うまい、と。
忽然と酔いしれている姿が方々で散見されます。

海原雄山が説明します。

(引用)
「この料理は、みずぼらしい。しかし私には高価な山海の珍味を集めたどんな大ご馳走よりも、はるかに価値がある。私のすべては、ここから始まった。まさに”至高の料理”だった」

これはかつて、亡き妻が、正月につくった料理でした。
当時、海原雄山は、赤貧の生活をおくっていました。
明日は正月というのに、ご馳走を買いそろえるお金がありません。
このときに、妻がいいました。
私たちにできることをしましょう、と。
それが上述した総菜料理です。

妻の刻苦の甲斐は次の通りです。

<ご飯>
前日、米屋さんに、籾殻(もみがら)のついた米をもって行き、そこで精米してもらいました。
水は、山へ行って汲んできました。

<味噌汁と、あんかけ豆腐>
豆腐は、天然のにがりと豆乳でつくりました。

<ダイコンの葉と茎(くき)の漬物(つけもの)>
<ダイコンとニワトリのモツ煮>
ダイコンは、借家の畑を利用して栽培していたものです。
農薬は使っていません。
モツ煮に用いたのは、安い砂肝とレバーです。
自然養鶏の肉を扱っている店で購入しました。

<イワシの塩焼き>
イワシは当日、漁港へ行って買い求めました。

(引用)
「高価で貴重なものの味をあさるのが、美味の追求だと思っていた。しかし、そうではなかった! 大事なのは、感動だ。至高の口福による感動なのだ!」

「きらびやかな外観やご大層な権威などに惑わされずに本質的に至高のものを求めること、それを人生に身を処する基本的な節度として堅持すれば何も怖いものはない」

香西咲さんのTwitter(2014年10月4日)より引用。
——————————————————————–
“幸せ”って実態が無い。
どんな出来事に対しても幸せを感じる能力を磨く事が大切だなって、
最近つくづく感じるよ

最近は
素敵な音楽を聴くだけでも、
美味しいご飯を食べるだけでも、
人にちょっと優しくされただけでも、
ホロリときたり、すぐに感動してしまう…

(略)。

この感性を得た事は
私にとって本当に宝です。
——————————————————————–

香西咲さんは人生の達人です。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。