香西咲さんに紹介したい歴史のエピソード ~ペロポネソス戦争

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

昨日のつづきです。
アテネの活躍によりペルシアは、西アジアへ退きました。
その後、戦争の再開に備えて、数百のポリスがデロス同盟を結成しました。
組織の牽引者は、アテネです。
各ポリスから供出される軍資金は、デロス島の金庫の中に保管されました。
デロス島

ペルシア戦争のあと、アテネの指導者のペリクレス将軍は、二つのことに着手しました。
一つ目は、完全民主政の実施です。
これにより財産のない平民も政治に参加できることとなりました。
二つ目は、豪壮な神殿の建設です。

過去のブログでもふれました。
各ポリスにはそれぞれ、小高い丘(アクロポリス)があります。

 (下図は、タクミな話より引用。)
ポリス アゴラ

丘は戦争のさいに、とりでとして機能します。
敵に追いつめられたときは、ここが最後の拠点となります。
多くのポリスはこの丘に、神殿も設置しました。

現在、アテネでは、大理石でつくられた神殿が威容を誇っています。
パルテノン神殿です。

 (下図は、海外旅行・海外ツアーの楽しみ方より引用。)
アクロポリス

この神殿はペリクレスの時代(B.C.443年~B.C.429年)につくられました。
当時、アテネの国家財政は行き詰まっていました。
ペルシアとの戦争によって支出が膨大となったためです。
逼迫(ひっぱく)しているときに新しい神殿を建てている余裕はありません。

ペリクレスはデロス同盟の資金を流用しました。
神殿はB.C.432年(今から2446年前)に完成します。
建物の中央には、戦いの女神であるアテナの像が屹立(きつりつ)しました。
高さは9mもあります。
材料には象牙と金が使われました。

 (下図は、海外旅行・海外ツアーの楽しみ方より引用。アテナ女神像の想像図。)
アテナ女神像

残念ながらこの像は、465年に東ローマ帝国へ移設され、やがて破壊されました。
神殿自体も1687年に、貯蔵していた火薬が爆発して、大破しました。

 (下図は、海外旅行・海外ツアーの楽しみ方より引用。)
パルテノン神殿

当時パルテノン神殿をつくるために、あらゆる職人と工人が動員されたとの記録が残っています。
最高のものをつくりあげるために誰もが、矜持(きょうじ)をもって作業に従事したようです。

神殿の完成は、アテネ(下図の番)のひとたちにとって、大きなよろこびでした。
当然、他のポリスは反感を持ちます。
自分たちのお金を使ったわけですから。
その筆頭がスパルタ(下図の番)でした。

 (下図は、世界史の窓より引用。)
ギリシアのポリス(アテネとスパルタ)
スパルタはペロポネソス半島の各ポリスとともに、ペロポネソス同盟をつくります。
デロス同盟に対抗するためです。
次第にアテネとスパルタの対立が深刻になっていきます。

B.C.431年(今から2445年前)、両者との間で戦争がはじまります。
ペロポネソス戦争です。
これはデロス同盟とペロポネソス同盟の戦いでもあります。
戦闘は27年間もおこなわれました。

最終的にスパルタ側が勝利します。
アテネは破れます。

今度はスパルタがギリシアの覇権を握ります。
残念ながらこれは長続きしませんでした。

スパルタよりも強い国が台頭したからです。
テーベ(下図の番)です。

 (下図は、世界史の窓より引用。)
ギリシアのポリス(アテネとスパルタ)

B.C.371年(今から2385年前)に、テーベ(上図の番)とスパルタ(上図の番)が激突します。
結果、テーベがスパルタを破ります。
以降、ギリシアの盟主は、テーベとなります。
ただ、相次ぐ戦乱によって、ギリシアは衰退してしていきます。

——————————————————–

かつてパルテノン神殿に据えられたアテナは、戦いの女神といわれています。
戦いといえば、ぼくは香西咲さんを連想します。
香西咲さんもいま、いろいろなものと戦っているのかもしれません。
笑顔&元気(5)




香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。