オリンピア競技(その2) ~キュニカと、香西咲さん

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

本日はまず、昨日の問に対する解答からしていきたいと思います。

—————————————————————–
問1 もっとも古い競技は何でしょうか?
   (現在のオリンピックでもおこなわれています。)


ランニング(マラソン)です。

その後、
レスリング、
幅跳び、
槍投げ、
円盤投げ、
が追加されました。

この5つの競技を併せて、「五種競技」といいます。
B.C.7世紀の半ばには、競馬や戦車競技が加わります。
ちなみに戦車とは、馬車のことです。

 (下図は、Wikipediaより引用。戦車。)
ギリシア戦車競技
種目は、時代が経つにつれて増えていきます。
最盛期には20種類以上の競技が催されました。
数は23種目とも、24種目ともいわれています。
スポーツだけではなく、演説、詩の朗誦(ろうしょう)、絵画などの芸術コンクールも実施されました。

競技は当初、1日で終了していました。
種目が増えるにつれて、開催期間も長くなっていきます。
おおむね8月6日から9月19日までの長期にわたっておこなわれました。

—————————————————————–
問2 優勝したひとには、木の枝でつくられた冠が贈られました。
   何の木を用いたのでしょうか?


オリーブです。

 (下図は、気分は古代ギリシャ?より引用。オリーブ冠。)
オリーブ冠
オリンピアのゼウス神殿の近くには、野生のオリーブがはえています。
競技の勝利者には、この木の枝でつくった冠があたえられました。

 (下図は、エクスペディアより引用。ゼウス神殿。)
ゼウス神殿
オリーブは金(きん)の鎌(カマ)で切り取られました。
これを少年が冠にします。

勝利者にあたえられた商品はこれだけです。
このことはいまでも、アマチュア精神の美しい象徴、として高く評価されています。
ただ、勝者は、自分のポリスへ帰ると、饗応(きょうおう)を受けました。
たとえばアテネの場合は、豪華なレストランで一生、食事をすることができました。
もちろん代金は無料です。
他に、賞金もでましたし、銅像もつくってくれました。

—————————————————————–
問3 選手はどのような服装で競技にのぞんだのでしょうか?


競技に参加できるのは、男性のみです。
初期のころ、選手は、腰に布をまいていました。

B.C.720年(いまから2734年前)に、様相が変わります。
オルシッポスという選手が短距離走に出場しました。
この人物は途中で、腰布を落としてしまいました。
拾っている余裕はありません。
そのまま走り、1位でゴールインしました。
このことを知った選手たちは、腰に布をまかないで走ったほうが有利、と思うようになりました。
以降、参加者の間で、全裸となるものが増えていきました。

—————————————————————–
問4 見物人は男性に限られていました。
   その理由は?


選手は全員、男性です。
戦車競技に参加する者以外は、全裸であったからです。
例外はありました。
女神官のような特別の身分の者は、この限りでありませんでした。
観戦をすることができました。

—————————————————————–
問5 また、競技を観戦するひとたちには、ある条件がかせられていました。
   その条件とは何でしょうか?


全裸での観戦です。

あるとき、カリパティラという母親が、男装して息子の試合をみていました。
自分の子供が優勝しました。
母親はうれしさのあまり、我が子のところへ駆け寄ろうとしました。

 (下図は、Wikipediaより引用。当時の男性の服装。)
古代ギリシア服装(キトン)
柵をまたぎました。
このとき、女性であることが露見してしまいました。
これ以降、見物人も全裸となりました。

オリンピア競技の主催ポリスであるエリスは、つぎのようなきまりを定めていました。
競技場で女性を発見した場合は、切り立つ崖の連なるテュパイオン山から突き落とす、と。

カリパティラは、罰を受けませんでした。
父の代から優勝者を輩出している名家であったためです。

—————————————————————–

以上、男性の祭典であるオリンピア競技についてご紹介をしました。
女性にはこのような愉しみがなかったのか、といいますと、そうではありません。
オリンピアでは別に、女性のためのヘライヤ祭をおこなっていました。
こちらも、4年に1度の開催です。
女性だけが参加するスポーツ大会です。
種目は徒競走のみです。
年齢別に、3回にわけて競われました。
優勝者にはオリーブの冠が授けられました。

ギリシア人は皆、スポーツを好みました。
普段とは別に、神々の祭りのさいや、葬式が終わったあとにも、おこなわれました。
神々や死者も、これをみてよろこんでくれると思ったからです。

ギリシアには大きな競技会が4つありました。
オリンピア(下図の13番)、デルフォイ(下図の12番)、コリント(下図の番)、ネメアでおこなわれるものです。

 (下図は、世界史の窓より引用。)
ギリシアのポリス(アテネとスパルタ)
それぞれ、4年ごとに開催されました。
つまり、毎年どこかで、大会がおこなわれていたことになります。
もちろん一番有名なのは、オリンピア競技です。

先ほど、女性はオリンピア競技に参加できない、と記しました。
例外もあります。
B.C.442年(いまから2456年前)に、スパルタの女性が戦車競技に出場しました。
女性は、ギリシア中に名をとどろかせている名馬の持ち主でした。
その馬を御せるのは、この女性だけです。
このため女性は、特例、として参加をゆるされました。
試合で女性は優勝しました。
記念碑には次のようなことばが刻まれています。

私、キュニカは、(略)優勝の冠をいただいた最初のギリシア女

ぼくはいまこれを書いていて、香西咲さんはキュニカさんのようなかたであると思いました。
困難なことに立ち向かうその姿勢が重なりました。
香西咲元気な画像



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。