香西咲さんに紹介したい歴史のエピソード ~オリンピア競技

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

本日もギリシアのポリスについてご紹介をします。
これは何の木かおわかりでしょうか。

 (下図は、ギリシャの光あふれる暮らしと旅より引用。)
オリーブ

答は、オリーブです。
ギリシアの特産物です。
当地では古くから、品質の良いものが大量に実りました。
直接食したり、燈火用の油として用いたり、さらには皮膚を保湿するための油として使われました。
各ポリスは、これをエジプトなどに輸出して、利益をあげました。
金銭的にうるおうにつれて、人口が増えてきます。
ギリシアの国土は狭隘(きょうあい)です。
日本でたとえますと、九州と北海道の中間ぐらいの面積です。
山脈も縦横に走っています。
徐々に住む場所がなくなっていきます。
必然的に各ポリスは、土地の奪い合いをするようになります。
こうして各地で、交戦が繰り広げられました。

戦争は絶え間なくおこなわれました。
ポリス間の仲はよくありません。
それでも、自分たちは皆、同じギリシア人である、との意識はもっていました。
たとえば、ギリシア全土のひとたちが参加する祭りが多数存在しました。
代表的なのが、4年に1度、オリンピア(下図の13番)というポリスで開催されるスポーツの祭典です。
いわゆるオリンピックです。

 (下図は、世界史の窓より引用。)
ギリシアのポリス(アテネとスパルタ)

ちなみに、この競技を主催したのは、エリスという小さなポリスです。

オリンピア競技(オリンピック)は、B.C.776年(いまから2790年前)からはじまりました。
4年に1度、オリンピアでおこなわれるゼウス神の祭りに合わせておこなわれました。

B.C.27年(いまから2041年前)にギリシア(当時はマケドニアの一地方)は、ローマ帝国の支配を受けます。
ローマは宗教に対して寛容です。
ギリシア人が信じている神々に対して特に制限を加えることはありませんでした。
このため、ギリシア人は、オリンピア競技を継続することができました。
ちなみにローマ人もこの競技に参加しました。

379年にテオドシウスが、ローマの新しい皇帝となります。
この皇帝は翌年の380年に、キリスト教を国の宗教とします。
392年には、キリスト教以外の宗教の信仰を禁止します。
1年後の393年(いまから1621年前)は、オリンピア競技の年でした。
この競技は、ゼウス神に捧げる儀式、という側面をもっています。
宗教行事でもあります。
このため、この年の開催を最後にして、オリンピア競技は禁止となりました。
競技場も破壊されました。
それから1503年後の1896年、フランスのクーベルタンの提唱によって近代オリンピックがはじまりました。
第1回目の開催地は、ギリシアのアテネでした。
13の国が参加しております。

古代ギリシア人にとって、オリンピア競技は平和の象徴でした。
競技は1か月以上おこなわれます。
競技中と、その前後の1か月間は、ポリス間の戦争が一斉に休止となりました。
上述したように、この競技は、神に捧げる儀式でもあります。
このため各ポリスは、主催者側から出される休戦のお告げを遵守しました。

近代オリンピックは、この古代オリンピックを理想として始められました。
「平和の祭典」といっておりますけれども、実際には地球のどこかで戦争がおこなわれています。
この点は古代ギリシアに劣ります。

ここでまた、問題を出させていただきます。
オリンピア競技についてです。

——————————————————–

問1 もっとも古い競技は何でしょうか?
   (現在のオリンピックでもおこなわれています。)

——————————————————–

問2 優勝したひとには、木の枝でつくられた冠が贈られました。
   何の木を用いたのでしょうか?

——————————————————–

問3 選手はどのような服装で競技にのぞんだのでしょうか?

——————————————————–

問4 見物人は男性に限られていました。
   その理由は?

——————————————————–

問5 また、競技を観戦するひとたちには、ある条件がかせられていました。
   その条件とは何でしょうか? 

——————————————————–

答は明日のブログでご紹介します。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。