英語の自主規制と、かわいそうなぞう

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

本日も戦争の話題について書いてみたいと思います。
1941年12月8日から、太平洋戦争が始まりました。
アメリカやイギリスとの戦いです。
英語を話す人たちが相手です。
日本の国民のなかから、敵国の言語である英語を駆逐しようとの運動が澎湃(ほうはい)として起きてきます。
いまにして思えば、滑稽なはなしではあります。
国がこれを後押しすることはありませんでした。
あくまでも国民やマスコミによる自主規制の発露です。

ここで、ぼくのほうから、問題を出してみたいと思います。

問1 これはどのようなことばを言い換えたものなのでしょうか?
   カタカナで答えてください。

①雪滑り
②繰り出し鉛筆
③練歩(※ヒント 「ピ◯◯ッ◯」)
④氷滑り
⑤洋日傘

———————————————————

問2 野球用語です。語群から、適切なことばを選んでみてください。

 <語群>
 ヒットファールストライクセーフストレートボールタイムカーブアウト

①正球
②悪球
③正打
④圏外
⑤安全
⑥無為
⑦素球
⑧曲球
⑨停止

———————————————————

問3 スポーツ名をカタカナで答えてください。

①排球
②蹴球
③杖球
④肉弾
⑤闘球

———————————————————

おわかりになったでしょうか。
「問1」は意外と簡単です。
練歩以外は、答えることができたと思います。
「問2」も語群がありますので、よく考えればわかります。
「問3」は、杖球、肉弾、闘球がむずかしいのではないでしょうか。

正解は以下の通りです。

———————————————————

問1

①雪滑り = スキー
②繰り出し鉛筆 = シャープペンシル
③練歩 = ピクニック
④氷滑り = スケート
⑤洋日傘 = パラソル

———————————————————

問2       

①正球 = ストライク
②悪球 = ボール
③正打 = ヒット
④圏外 = ファール
⑤安全 = セーフ
⑥無為 = アウト
⑦素球 = ストレート
⑧曲球 = カーブ
⑨停止 = タイム

———————————————————-

問3 

①排球 = バレーボール(※昨日は、バスケットボールと誤記してしまいました。訂正させていただきます。)
②蹴球 = サッカー
③杖球 = ホッケー
④肉弾 = レスリング
⑤闘球 = ラグビー

———————————————————

太平洋戦争(1941年12月8日~1945年8月15日)では、300万人の日本人の命が犠牲となりました。
夥(おびただ)しい数です。
あまりの多さに慄然とさせられます。
死んだのは人間だけではありません。
動物も命を奪われました。

次の話は有名なのでご存じかもしれません。

太平洋戦争が始まってから、4か月後のことです。
アメリカ軍の戦闘機が日本へやってきて、上空から焼夷弾を落としていきました。
空襲のはじまりです。

1943年8月16日、東京の上野動物園に対して、
「1か月以内に園内の猛獣を殺しなさい」
との命令がくだります。
爆風によって檻が壊されて、猛獣が逃げ出したらたいへんなことになる、と考えたからです。
殺害の方法は、毒殺、です。
銃殺はおこなわないことにしました。
銃声は近隣の住民に不安感を与える、というのがその理由です。

毎日、猛獣が毒殺されていきます。
三頭の象がいました。
ジョンと、ワンリー(日本名は花子)と、トンキーです。
この三頭は賢くて、毒の混じったえさを食べません。
困った動物園側は、餓死させることにしました。

(小学校「こくご二年上」1967年文部省検定済・学校図書版 ~つちや・ゆきお「かわいそうな ぞう」より引用)

毎日、えさを やらない 日が つづきました。トンキーも ワンリーも、だんだんやせほそって いきました。そのうちに、げっそりと やせた 顔に、あの 小さな目が、ぐっと 玉のように とび出して、耳ばかりが 大きく 見える ほどの、かなしい すがたに かわりました。
今まで、どの ぞうも じぶんの こどものように かわいがって きた、ぞうががりの 人は、
「ああ、かわいそうに。かわいそうに。」
と、おりの 前を 行ったり 来たり、うろうろするばかりです。
すると、この とき、ワンリーも トンキーも、ひょろひょろと からだを おこしてすすみ出ました。おたがいに ぐったりと した からだを、せなかで もたれあって、げいとうを はじめたのでした。
後ろ足で 立ちあがりました。前足を おりまげました。はなを 高く 高く あげて、ばんざいを しました。しなびきった からだじゅうの 力を ふりしぼって、いっしょうけんめいです。げいとうを すれば、いぜんのように えさが もらえると 思って、よろけながら ばんざいを して いるのです。
「ああ、ワンリーや、トンキーや。」
と、ぞうがかりの 人は、もう、がまんが できません。なき声を あげて、えさの ある こやへ とびこみました。走って 水も はこんで きました。
「さあ、食べろ、食べろ。のんで くれ。のんで おくれ。」
と、ぞうの 足に だきすがりました。

ジョンは13日後に餓死します。
ワンリーは18日目に、絶命します。
トンキーは30日間生き延びたのち、亡くなります。

三頭はとてもおとなしい象だったといいます。
以前にインターネットで、このはなしに対するつまらない指摘を読んだことがあります。
世の中には些事に拘泥するひとが存在していると感じました。
このことにつきましては、明日のブログでふれてみたいと思います。

先に紹介したことばの自主規制についてですけれども、「レースクイーン」はどのように言い換えたらいいのでしょうか。
香西咲レースクイーン
それにしても、香西咲さんのレースクイーンの姿は最高です。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。