実存は本質に先立つ サルトルの実存主義

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

昨日の続きです。

サルトル(1905年~1980年)という20世紀最大の哲学者がいます。
哲学者と聞きますと、頭だけで行動力の伴わないひと、との印象を受けます。
サルトルは違います。
行動する哲学者として、多くの人々に示唆を与え続けました。
サルトルの有名なことばに、
実存は本質に先立つ
というのがあります。

難解な表現ですので、順をおって説明していきたいと思います。

簡単に言いますと、「実存」とは、存在、という意味です。
本質」は、中身、といったところでしょうか。

「実存」と「本質」の関係について、サルトルは、ある事例をあげて理論を展開しています。
ただ、若干わかりづらいので、ぼく流に別のパターンで解説させていただきます。

いま、ここに、椅子をひとつひとつ手作りしている家具職人がいるとします。
職人はまず、制作に入る前に、このような椅子をつくろうと決めます。つまり、「本質」を決定します。
その後、「本質」に基づいて作業をおこない、椅子が完成します。この世に椅子が「実存」します。

これをもう一度、順番通りに書いてみますと、
①「本質」(職人が椅子のデザインや用途を決める)
  ↓
②「実存」(完成)
となります。

これを
「本質は実存に先立つ」
と言います。

それでは、人間の場合はどうなのでしょうか。
人間は不意に、この世に生まれます。「実存」します。
椅子のように、生まれる前から「本質」が決まっているわけではありません。
生まれたあと人間は、自分で自分の「本質」をつくっていきます。

これも順番通りに記述しますと、
①「実存」(不意に生まれる)
  ↓  
②「本質」(主体的に、自分で自分をつくっていく)
となります。

これが、
実存は本質に先立つ
ということです。

昨日のブログで、ぼくは、
なぜすべてを我慢することはよくないのか。なぜ相手の言いなりになることはよくないのか
と書きました。

それは、理不尽な我慢や、他人の言いなりになるということは、本質をつくっていく行為を放棄していると同じだからです。
この地球上に存在するものの中で、人間が他と違うのは、自分で本質をつくっていけるという点にあります。
叶うか叶わないかは別として、自分が願う本質を自身で選択することができます。
この意味で、人間には自由があります。

ただ、自由というものは、それ程なまやさしいものではありません。
自由であるということは、いろいろな場面において、その時々の判断を自分でくだしていかなければならないのですから。
そこには、孤独感や不安感がつきまといます。苦悩もあります。決断後の責任も自分一人で背負わなければなりません。
前述した椅子のように、すべてを誰かに決定してもらったほうが楽かもしれません。
しかし、これは人間であることを捨てた生き方です。
自由とは厳しいものです。
このことをサルトルは、
人間は自由の刑に処せられている
と表現しました。
「自由の刑を進んで我が身に受け止め、未来に向けて自分を投げかけていかなければならない」
とも続けました。

未来に向けて自分を投げかけていく(未来に向けて自分自身をたくましく作っていく)
これを
投企(とうき)していく
と言います。

香西咲さんは、自由の刑を進んで我が身に受け止め、未来に向けて自分を投げかけていくことを選択されました。
不安や苦悩や孤独感を感じることもあると思います。
ただ、香西咲さんならば必ず乗り越えていけると考えます。
ぼくはサルトルを尊敬しておりました。
いま、サルトル以上に尊敬しているのは香西咲さんです。
ぼくの場合は、「勝手に」ではありますけれども、これからも応援をしていけたらと思います。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。