香西咲さん、旅行でニューカレドニアへ(3)

香西咲さんを勝手に応援するサイトの管理人の「焼酎好き」です。よろしくお願いします。

今日も引き続き、来月に香西咲さんが旅行で行かれる予定のニューカレドニアについて書いてみたいと思います。
この話題は今回で3回目です。
自分が行くわけでもないのにしつこい、と思われるかたもいるかもしれません。
ぼくがこの先、ニューカレドニアへ行くことはないと思います。
ただ、ニューカレドニアを調べている内に、以前に読んだことのある「天国にいちばん近い島」の描写が断片的に浮かんできて、現在の当地についても関心がわいてきました。
香西咲さんというよりも、自分のために書いているのかもしれません。
森村桂さんが書かれた「天国にいちばん近い島」はいまから48年前に出版されました。
いまでも書店へ行くと文庫本として手軽に購入することができるので、買って読んでいるひともいるかと思います。
ぼくはだいぶ前に読んだので、おぼろげにしか覚えていませんが、導入部分は鮮烈でした。
会社を辞めた森村桂さんはそのとき、人生の岐路に立っていました。あるときふと、亡父が生前に話していた「天国にいちばん近い島」のことを思い出します。森村桂さんは、そこはニューカレドニアに違いない、と思い、旅に出ます。
ほろ苦いエピソードもありましたが、心があたたかくなる旅行記でした。
森村桂さんが行かれた当時のニューカレドニアは、ニッケル鉱業が盛んでした。
近年は、リゾート地として有名なので、ニッケル鉱業のほうにはあまり力を入れていないのではと思いました。
ところが、そうではないようです。

ニューカレドニアで暮らす日本人移民より引用)
ニッケル鉱業は、ニューカレドニア地域経済の基幹産業である。

またニューカレドニアは観光客がある程度多いにも関わらず、ニューカレドニアの観光業がそれほど発展していない理由も、このニッケルにある。観光業に力を入れて、観光業に頼らなくてもよいほど、ニューカレドニアの経済はニッケル鉱業に支えられているのである。

前日のブログでぼくは、ニューカレドニアではチップは必要ない、との文章を紹介しました。
その理由は、
「観光業に頼らなくてもよいほど、ニューカレドニアの経済はニッケル鉱業に支えられている」
というところにあるのかもしれません。

前置きが長くなってしまいました。
今日は、実用的なホームページを紹介したいと思います。

ニューカレドニア AQUA

ニューカレドニアのおみやげ屋さんがつくっているホームページなのですが、役立つ情報が満載です。
よくある質問(Q&A) と、
掲示板(BBS)
に書かれている記事は非常に有益だと思います。

あと、天気予報サイトの見方は秀逸です。
(引用)
そして最近ではネットで世界中の天気予報が見られるようになってきましたが、 これが曲者!。「○×の天気サイトではニューカレドニアは雨だと出ていたのですが・・・」そのとき現地では快晴だったりします。

私達が最も信用している天気予報はヌメア気象台発表のもので、ウェブサイトもちゃんとあります。 ところがこのサイト、全部フランス語なので普通の日本人には何がなんだか分かりません。 そこで、現地気象台の天気予報サイトの見方の解説を作ってみました。みなさんぜひ活用して下さい。

天気予報につきましては、よくある質問(Q&A) のほうでも触れています。
(引用)
毎日現地は快晴なのにあまりに頻繁に「毎日雨なんでしょうか?」 との質問が来るのでデータを取ってみました。
(略)
ごらんの通りものの見事に雨の予報が並んでいますが、 実はこの期間を含む前後でヌメアでは雨など1滴も降りませんでした。 実際は雨どころか毎日真夏日のような快晴が続いていたんです。 ちなみに(略)ヌメア気象台が同3日に発表した3日先までの予報はと言うと・・・
このようにちゃんと毎日晴れの予報を出していました。
皆様、お願いですから世界の天気予報に騙されてニューカレドニアが雨だと 心配するのはやめてくださいませ。

天気予報については、ヌメア気象台のものをみなければ、正確な情報は得られないようです。

話題は変わりますが、昨日、香西咲さんがtwitterで、お友達と一緒に食事をされている場面を紹介されていました。
幸せそうに微笑む香西咲さんの写真をみて、ぼくも嬉しくなりました。



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。