香西咲さん「そこまで追い込まれます。そんな簡単な話ではありません」。吉田豪さんがモーニングCROSSで語った出演強要に関する論説は正鵠を得ています

過日の当ブログで、以前、モーニングCROSSがとりあげた出演強要問題についてふれました。

(参考。当ブログ)
2018年11月7日
2018年11月8日

偶然、モーニングCROSSの別の回で、吉田豪さんが強要問題を論じていると知りました。

2016年7月1日(金)
モーニングCROSS

YouTube 吉田豪「AV出演強要問題」 グラビアモデルや歌手になれるはずがAV出演 [モーニングCROSS]

発言の内容をご紹介させていただきます。

(※音声の文字化は、筆者。)

2016年7月1日 堀潤 キャスター

さあ、つづいて豪さん、お願いします。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

はい。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

AV出演強要問題。

2016年7月1日 宮瀬茉祐子 アナウンサー

グラビアモデルとして契約したはずだった女性がアダルトビデオ出演を強要されたAV出演強要問題で、大手AVプロダクションの元社長らが労働者派遣法違反の容疑で逮捕された問題で、AVメーカーなどNPO法人知的財産振興協会が謝罪の声明文を発表しました。
声明文では、
「業界の健全化へ向けメーカーとしてもプロダクション側にはたらきかけていく」
としています。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

うーん。
さあ、いろんな声が聞かれるようになりまして、
「そんなことはない」
という現場の声もあれば、いっぽうで、まあ、
「だれにも言えなかった」
と、相談にのってきた弁護士さんたちも、非常に改善をもとめていたりとか。
豪さん、どういう切り口で?

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

あの、最初にこの人権団体側が、まあ、この強要問題を話題にして。
まあ、出なかったら何百万払えみたいなことを言われてやらざるをえなかったみたいなはなしをしたときに、そうなんですよその、いま言われたみたいに、AVの業界側、女優さんから監督さんからいろんなひとが、
「そんなひとはみたことがない」
「そんなことはない」
みたいに、いっせいに言っていたのが、怖い、と思ったんですよ。
ぼく。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

うーん。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

ぼくは、タレント本のコレクターで、AV女優さんの本もけっこう読んでいますけれど、ぼくが読んでいるなかで、けっこうな確率で、強要されたはなしを書いているんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

なるほど。
すでにおおやけに出ているー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

そうです、そうです。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

ご自身たちの声が。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

たとえば、アサミユマさんが。
彼女、もともとグラビアアイドルをやられていたんですけれども、
「グラビアアイドル、やめたい」
っていったら事務所に、
「おまえやめられないよ」
って。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

えっ。
アサミユマさんが?

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

そうです。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

えっ、そうですか

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

「AVやんなきゃやめさせない」
って言われて。
「ぜったいいやです」
って言っても、
「いいからやるんだ。やらなかったらカネ払え」
っていった感じになって、やらざるをえなくなって。
やるんだら、と思って、プロとしてがんばって。
がんばった結果、こういうことが言えるようになった。
本で。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

はぁー。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

っていうひとなんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

はぁー。
なるほど。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

で、ホノカさんっていう、このかたもベテランのAV女優さんで、もうやめたんですけれども、彼女も、やっぱりスカウトされたときに、
「歌手にするから」
って言われて撮影につれていかれたら、いきなりヌードで、で、AVに出させられることになって、
「ぜったいいやだ」
って言ったんだけど、
とにかくまあCD出すんだったらDVD出せば歌手になれるから、って言われて。
それがだんだんだんだん、その何本っていうのがどんどんふえていって。
で、やるんだったら腹括ってやったひとなんです。
このひと。
で、今回、告発した女優さんが大量にAVに出ているってことで、
「そんなのぜったいに強要じゃないのよ」
みたいに言うひとが多いんですけれど、強要されたあとにいっぱい出ているひともいっぱいいるんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

なるほど。
そこから自分たちの意義をみいだしてー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

そうです、そうです。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

ここでがんばろう、と。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

どうせここまでやっちゃったんだ、と。
しょうがない、腹括ろう、になったひともいる、っていう。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

なるほどね。
あのー、AV業界のかたに訊(き)くと、
「昔は、いま途中におおきな事件などもあって、昔はそういうのがあったけれども最近はそうじゃない」
と。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

そう言うひとも多いじゃないですか。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

そういうふうにおっしゃるかたもー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

そこにも、すごいモヤモヤするんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

ふん、ふん、ふん、ふん。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

比較的このひとたち(アサミユマさん、ホノカさん)まあまあ、比較的、最近のひとたちです。
でも、まあ、10年くらい前まではあったけれども、最近はない、みたいなはなしも聞くんですけれども。
ところがぼくが、AV関係のひとから、ぼくがこういうことをあの、
「昔から、こういうことを書いているひとがいますよ」
と言ったら、
「そうなんですよ」
みたいことを言うひとはいるんですよね。
「いまも実は裏にはいろいろ。わたしも聞いたことがあります」
みたいなひとはいるんですけれど、表だって言えないですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

どうしてですか?

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

やっぱ、業界のマイナスになるようなことは言っちゃいけない、みたいな空気があることが怖いんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

護送船団方式というかー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

ええ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

皆でここは業界が一丸となってっていうー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

ええ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

なるほど。
ただ、そのいま、業界、とおっしゃったところも、非常に多重下請けというか。
最近、インターネットも発達していますから、いわゆる大手プロダクションから本当に現場でゲリラ的にやっている制作会社まで、ずいぶんふえてきて幅広いんじゃないですかね。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

最近クリーンになってきた、って言いながらも最近の傾向って、だってあれですよね。
まあ関東連合系の本とか読めばわかりますけれども、あのひとたちが正業として選んだのがAVの女優さんの事務所だったりするわけで。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

あー、なるほど。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

はたしてそれは、どれくらいクリーンなのか。
ぼくはわからないんですけれど。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

これ、どういうふうにして、その問題を改善していく方向にもっていけばいいんでしょう?

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

なんか、思想対立的なふうになっちゃっているんじゃないですか。
その人権団体がちょっと左寄りなんでー

2016年7月1日 堀潤 キャスター

なるほど。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

どうなのか、みたいな感じの。
でも、そういうだけの問題じゃない、っていうか、あきらかに、
「何もない」
って言うの、嘘じゃないですか。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

うーん。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

あることはある、はずなんですよ。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

ええ。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

だから、あるものをどうやって改善していくか、って、業界側がうごかないことには、とは思いますね。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

あの、以前、いわゆるスナックとか、キャバクラとか。
そういった夜のお水のお仕事をされているみなさんで、労働組合をつくろう、っていううごきが一部であって。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

はい、はい。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

で、AV界でもいわゆるこの組合的なものをつくっていったほうがー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

ホント、そうだと思います。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

いいんじゃないですかね。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

なかったことがおかしいぐらいで。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

うん、うん。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

前に西原理恵子さんも言っていたんですよ。
アイドルも組合をつくるべきだ、って。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

そうですね。
海外では俳優のかたがたとか、そういったみなさんが組合をつくることで、そういったまあテレビや映画業界と伍していく環境をつくろうと。
なかなか日本の場合だと、えっ、だれでしたっけ?
小栗旬さんでしたっけ?
だれか、俳優のー

2016年7月1日 宮瀬茉祐子 アナウンサー

そうです。
小栗旬さんが中心にされているそうですね。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

そういううごきがやっぱ、広まる必要があるんじゃないですかね。
でも見えにくいですよね。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

見えにくいし、声も出しにくいし、裁判とかもしづらいし、っていう問題は絶対にありますからね。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

でも、こういう問題、その弁護士さんたちのグループ(HRN)、ぼく、よく知っているんですけれども、さっき言った思想的に
「あいつは左だ」
みたいなかたちでそういう声がこうー

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

それで片づけられがちでー

2016年7月1日 堀潤 キャスター

レッテル貼りされちゃうとよくないな、というのはありますよね。

みなさんからツイッター、いろいろ来ていますね。
ありがとうございました。
のちほど紹介しましょう。
本日の「オピニオンCROSS」は、以上です。

——————————————————–

2016年7月1日 堀潤 キャスター

さあ、豪さん。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

なんかコメントで、バッキー事件について聞いてほしい、みたいな感じなんですけれどもー

2016年7月1日 堀潤 キャスター

ひどい事件でした。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

女優さんにね、重傷を負わせて、禁固18年になった。
あの代表、実はぼく会ったことがあって、
「おれ、ぜんぜん悪くないから取材してくれよ」
って言われて、逃げたことがあります。

2016年7月1日 宮瀬茉祐子 アナウンサー

豪さんが逃げたんですね。

2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

絶対ぼくは、そっちに巻き込まれたくないです。

2016年7月1日 堀潤 キャスター

やっぱり、労働組合ができるようなそういう環境になってほしいなと思いますよね。
AV女優のかたでも、そういうの必要だ、っておっしゃっているかた、いらっしゃいますからね。
はい。

——————————————————–

2016年7月1日(金)
モーニングCROSS

この番組が報道された6日後のことです。
香西咲さんが週刊文春で、みずからの被害を告発されました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月6日

週刊文春様の報道に私のAV強要の件が出始めている様です。
ファンの方々は読んでいて心が痛くなる内容だと思います。
ですがデビューから前の事務所を経て独立迄に受けた現実であり、これを経て今の私がある事を知って頂けたら幸いです。
またそれが今のAV業界の為にもなると信じてやみません。

香西咲さん
2016年7月7日

(前略。)
私は行ける所まで頑張るのみです。
今後は友達関係や家族関係…
再構築していきたいな。

香西咲さん
2016年7月19日

週刊文春様に掲載された時は毎朝300件近い通知。
今でも朝起きると100件以上の通知。

今まで懇意にして下さってた方々にも返信や『いいね』をし損ねてしまう事が多々ありますが、
どうかお許し下さい(〃>ω<〃)

——————————————————–

最近、あるツイートの存在に気づきました。
書き込みの日付は、2016年3月5日、となっています。
香西咲さんに宛てられたものです。

香西咲さんはつぎのように返しました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
<2016年3月5日>

この2日前(2016年3月3日)に、HRNが、出演強要被害に関する報告書を公表しました。
タイトルは、
ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権侵害 調査報告書
です。
先述のとおり、業界人は反駁(はんばく)しました。

(再掲)
2016年7月1日 吉田豪さん(インタビュアー)

あの、最初にこの人権団体側が、まあこの強要問題を話題にして、まあ、出なかったら何百万払えみたいなことを言われてやらざるをえなかったみたいなはなしをしたときに、そうなんですよ、いま言われたみたいに、AVの業界側、女優さんから監督さんからいろんなひとが、
「そんなひとはみたことがない」
「そんなことはない」
みたいに、いっせいに言っていたのが、怖い、と思ったんですよ。
ぼく。

香西咲さんはちがいました。
業界人がもちいている方略(はかりごと)の一端をあきらかにしました。

(再掲)
香西咲さん

2016年3月5日

経験者しか分からないと思いますが
第三者との連絡をいつの間にか、本人も気付かぬうちに遮断させられていきます。
そしてキッパリ断れる様な女の子の方が少ないと思います。
そこまで追い込まれます。
そんな簡単な話ではありません。

4か月後のことです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月26日

#青木亮 がおこした #AV強要 #枕営業 の強要等人身取引に関する詳細は2016年7月発売の週刊文春に2週間に渡って掲載されていますので、ご興味のある方はバックナンバーご覧下さい。
私以外の被害者も取材に応じています。

人身取引に関する詳細は2016年7月発売の週刊文春に2週間に渡って掲載されています
以降、世論が激変しました。
香西咲さんの正義が日本をかえました。
香西咲さんは白鳥です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

この世には悪徳弁護士という犯罪者の味方が存在します。守銭奴たちは香西咲さんたち被害者を苦しめてきました。悪徳弁護士の余命もあとわずかです

昨日、海野さんからコメントをいただきました。
ご紹介します。
海野さんは、数多(あまた)の悪徳弁護士に対して懲戒を申し立てているかたです。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年11月19日 海野さん

(略)、この判例が大事ですね。

(昭和62年10月15日 東京地方裁判所「判決文」より、引用。)

弁護士は社会正義を実現すること等の使命に基づき、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持に努力しなければならないとされている(弁護1条)のであるから、自己の受任した法律事務に関連して違法な行為が行われるおそれがあることを知つた場合には、これを阻止するように最大限の努力を尽くすべきものであり、これを黙過することは許されないものであると解される。
そして、これは単に弁護士倫理の問題であるにとどまらず、法的義務であるといわなければならない。

弁護士は依頼者のために、最善の努力をしなければいけないのですが、犯罪の幇助や加担及び違法行為の助長をしてまで、依頼者の利益に傾いて仕事はしてはダメということです。

裁判所は判決のなかで、
(弁護士は)自己の受任した法律事務に関連して違法な行為が行われるおそれがあることを知つた場合には、これを阻止するように最大限の努力を尽くすべきものであり、これを黙過することは許されない
とのべました。
神原元弁護士も同様のことをおっしゃっています。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年10月18日>

(再掲。神原元 弁護士)
悪い奴から相談を受けた場合、弁護士は、正しい方向に修正するよう依頼者を説得すべきなのだ
説得に応じない相談者であれば断らなければならない

いまから3年前のことです。
アトム法律事務所のホームページに掲載された広告用の漫画が、耳目(じもく)を驚かせました。

(BIGLOBEニュースのツイートより、引用。)

BIGLOBEニュース
<2015年12月16日>

<漫画の拡大図>
BIGLOBEニュースのツイートより。)
1ページ目
2ページ目
3ページ目
4ページ目

BIGLOBEニュースの記事を参照します。

(2015年12月16日 BIGLOBEニュース「アトム法律事務所の漫画『強姦事件解決までの流れ』が炎上 加害者『今晩は久々に一杯やるか』」より、引用。改行を施しています。)

2015年12月16日 BIGLOBEニュース

「漫画でわかる!強姦事件解決までの流れ」は、強姦事件を起こした男性が不起訴になるまでの4ページ構成の漫画。
「強姦事件を起こして警察に呼び出されてしまった・・・」
と思い悩んでいる男性のもとに弁護士が現れ、示談をして被害届を取り下げてもらうことを提案する。
その後、示談がまとまり男性は不起訴、務め先にも事件はバレず、最後は
「今晩は久々に一杯やるか!」
と晴々した表情で締め括られている。

この漫画は現在、削除されています。


アトム法律事務所のサイトより、引用。)

ビジネスジャーナル(Business Journal)の記事をみてみます。

(2015年12月23日 ビジネスジャーナル「ジャーナリズム強姦犯を不起訴に持ち込む→一杯やるか!あの法律事務所のトンデモ広告に批判殺到!」より、引用。改行を施しています。)

2015年12月23日 ビジネスジャーナル

(弁護士は)
「私たちに相談すればあなたの不安や悩みを解消することができます!」
と自信に満ちた笑顔で諭し、被害者と示談に持ち込んで不起訴に持ち込めばよいと語る。
そしてこの漫画では、弁護士の奮闘もあって被害者との示談が成立し、男性は無事不起訴になった。
そして最も問題のシーンは最後だ。
男性は以前と変わりなく会社に出勤し、
「今回のことは誰にもバレてないようだ…。よおし、今晩は久々に一杯やるか!」
とホクホク顔のアップで漫画は終わっている。
しかし、これではまるで、強姦しても弁護士に依頼すれば、なんら制裁を受けることもなく社会生活を継続できるといっているようにも受け取れる。
以前からこの事務所は、
「事件を起こしても不起訴に持ち込む」
ということを売りとして広告を出し、問題視されていた。
(略)、今回のような広告をつくっていたら、弁護士は犯罪揉み消しの片棒を担いでいる商売だと思われかねないのではないか。

義憤はさておき、上述の事案は刑事事件ですので、当該弁護士の行為は正当です。

(参考。日本国憲法

第34条

何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。
又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

第37条

3 刑事被告人は、いかなる場合にも、資格を有する弁護人を依頼することができる。
被告人が自らこれを依頼することができないときは、国でこれを附する。

問題となるのは、わいせつビデオメーカーやプロダクション等の民事上の相談などにのっている弁護士です。

(2017年2月6日 産経新聞「【東京五輪あと1264日】AV出演強要、根絶を」より、引用。改行を施しています。)

産経新聞 (20面。全495字) 
この記事はネット配信されていません。)

コンビニに入ると、成人雑誌が簡単に目に入る。
成人向けDVDが付属したものも多い。
「日本を視察した国際オリンピック委員がこの光景に顔をしかめた」
との報道もあり、多くの外国人の訪日が見込まれる東京五輪までに何らかの規制が必要だという声もある。

規制の是非は出版の自由などとの兼ね合いもあり、ここではおく。
ただ、そうした雑誌の表紙を見るたびに
「ここに写っている女性の中には、意に反している人もいるのでは」
という疑問がわく。
アダルトビデオ(AV)出演強要問題が頭にあるためだ。

(中略。)

ただ、AV業界には風営法は適用されず、監督官庁もない。
制作現場では違法行為が横行しているとも聞く。
意に反して出演させられる女性が少しでも減ることを願う。
(小野田雄一)

(再掲。産経新聞)
制作現場では違法行為が横行している

(再掲。神原元 弁護士)
悪い奴から相談を受けた場合、弁護士は、正しい方向に修正するよう依頼者を説得すべきなのだ
説得に応じない相談者であれば断らなければならない

(再掲。判決文)
(弁護士は)自己の受任した法律事務に関連して違法な行為が行われるおそれがあることを知つた場合には、これを阻止するように最大限の努力を尽くすべきものであり、これを黙過することは許されない

そう遠くない将来、出演強要等を罰する法律ができます。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

政府が考えているのは出演強要対策だけでありません。
悪徳弁護士の行く末が楽しみです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月23日

(前略。)
数年前は監視が酷かったから。
少しネガティヴ吐いただけで相手方弁護士から電話かかってきたり。
監視は今も無くはないけど。

香西咲さん
2017年12月13日

やっと逃げ回ってた #青木亮
出てきたと思ったら、また契約書を盾に酷い事を言われている。
この後に及んでまた契約書問題。
しかもサインしたのは私じゃない。
本当に消えたい。
どこまで苦しめれば気が済むの?

香西咲さん
2017年12月18日

独立時、オーセンスの池田康太郎弁護士は何度も私に電話してきました。
内容は一言で言うと圧力です。

つい最近連絡がきたのはオーセンスの唐木大輔弁護士。
#AV強要の経緯を知っている彼がどれだけ #青木亮 を弁護するのでしょう。

香西咲さん
2018年2月14日

オーセンスの池田康太郎弁護士は #青木亮 の依頼を受け、私に直接連絡して来て『ネガティブ発言するな』等の脅迫めいた発言。

同じくオーセンスの唐木大輔弁護士
は現在の青木亮の弁護を受任。

文春での実名報道から1年半もの間訴えかけていても彼らは無視。
弁護士には良心は無いと思ってしまいます。

——————————————————–

(再掲。香西咲さん)
弁護士には良心は無いと思ってしまいます

この先、悪徳弁護士は、わいせつビデオ業界人と同様に、酷烈な仕打ちをうけることでしょう。

(再掲。判決文)
(弁護士は)自己の受任した法律事務に関連して違法な行為が行われるおそれがあることを知つた場合には、これを阻止するように最大限の努力を尽くすべきものであり、これを黙過することは許されない

悪党にまっているのは、光の射さない漆黒の闇です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

職業安定法のつぎは、売春防止法です。香西咲さんたち被害者はわいせつビデオ業界に命を削られました。業界人が管理売春の罪で逮捕されることを期待しています

昨日、海野さんから連絡がありました。
海野さんは、出演強要などに荷担している弁護士の懲戒をもとめているかたです。
時には刑事告発もおこないます。
海野さんは以前、ある弁護士の懲戒を請求しました。
その弁護士は、主(しゅ)ではなく、従(じゅう)の立場で女性に圧力をかけていました。
後日、地元の弁護士会は懲戒請求を却下しました。
海野さんは、日弁連に対して異議を申し立てました。
昨日、結果が届いたとのことです。

(一部分を引用。)

日弁連は前回、別の弁護士の事案で適切な判断をくだしました。
今回の件についても刮目(かつもく)して待っています。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年10月18日>

先日、神原元弁護士のツイートを遡ってみました。
山口貴士弁護士に対する言辞が散見されます。
たとえば、以下の記述がありました。

(神原元 弁護士のツイートより、引用。)

神原元 弁護士
<2018年5月12日>

神原元 弁護士
<2018年10月28日>

無実の人々を卑しめるデマを流し続ける山口貴士の人権感覚はネトウヨ以下である。弁護士バッチは早期に返上するべきであろう
神原元弁護士からこのようなことばを浴びせられている山口貴士弁護士は、AV人権倫理機構の理事でもあります。

(山口貴士弁護士のツイートより、引用。)

山口貴士弁護士(AV人権倫理機構 理事)
<2018年1月23日>

神原元弁護士による山口貴士弁護士への批判は小気味よいです。
そうは思ったものの、実際のところはどうなのでしょう。
ただ単にじゃれ合っているだけならば、興醒めですが。

(再掲)

このことばは至言です。
数多(あまた)の悪徳弁護士たちに読ませてやりたいです。

神原元弁護士のほかにも、まともな弁護士はいます。
過日、あるかたから情報をいただきました。
「弁護士ドットコムに、有益な論説が掲載されている」
と。
当該サイトを参照します。

(2014年5月4日 弁護士ドットコム「AVと売春について」より、引用。)

プリストスさん
AVで女優等が性行為を行い給与を得ることは、売春防止法の禁じる売春には該当しないのでしょうか?

萩原猛 弁護士

AVだろうが何だろうが、売春防止法2条の「売春」の定義に該当すれば、同法の「売春」ということになるのは当然です。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

プリストスさん
女優のギャラ等がそれに該当するかという質問なんですが

萩原猛 弁護士

ギャラだろうが何だろうが、不特定の性交相手との対価なら、売春防止法2条の「対償」です。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

プリストスさん
対価か否かなどどのように判断すれば良いのでしょう? 該当するならAVメーカーは管理買春等で摘発されてしまうように思いますが、そんなこともなさそうですし

萩原猛 弁護士

警察が、関係者から事情聴取すれば、直ぐ分かるでしょう。
世の中に発生している「犯罪」が全て摘発されているわけではありません。
殆どの「犯罪」は摘発されていません。

(参考。売春防止法

(定義)
第2条
この法律で「売春」とは、対償を受け、又は受ける約束で、不特定の相手方と性交することをいう。

(後略。)

萩原猛弁護士はどのようなかたなのでしょうか。

萩原猛弁護士はリベラルな思想の持ち主であるようです。
そのようなかたが、
AVだろうが何だろうが、売春防止法2条の「売春」の定義に該当すれば、同法の「売春」ということになるのは当然です
とのべました。
傾聴に値します。

(2018年2月2日 withnews「AV強要、非公開だった警察説明会の中身 出席者『これでは生殺し』」より引用。)

2018年2月2日 withnews

政府などが対策を進めるAV出演強要問題で、警視庁が2月1日、AVメーカーやAVプロダクションの社員ら約180人を集め、「事件説明会」を開きました。
話の最後で、管理官は「お願い」の言葉を述べました。

売春防止法、職業安定法、労働者派遣法など各種法令を守って事業活動を実施して頂きたい」

警察はいま、職業安定法を適用して、わいせつビデオ業界人を検挙しています。
ウォーミングアップといったところでしょうか。
もうそろそろ売春防止法を適用してほしいです。
メーカーとプロダクションの関係者が管理売春の罪で捕獲されることを期待しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月10日

【RT拡散希望】
何本も出てるのに何故辞められないか?にも触れられています。
経験者しか分からないでしょう。
実に8ヶ月間におよぶ洗脳行為です。

#文春砲
#週刊文春
#AV強要

(2016年9月24日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲が語る『洗脳』から出演までの8カ月」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

「もう死にたい」
「トラックが私に突っ込んできてくれないかな。そうして死ぬのが一番楽だ」
毎日、そう考えるようになり、周辺に話をするようになった。

香西咲さん
2016年10月28日

隅に追いやっていたトラウマを掘り起こすのはとてつもない労力が要りますね。
精神的にも、ついこの間までは普通の精神を保てたのに、思い出した瞬間動悸や頭痛吐き気…この突然の変化は経験者にしか分からない。女性の共犯者達は特に最低。

香西咲さん
2017年12月6日

加害者はすぐに忘れていく一方で、
被害者は後遺症と地味に長く付き合っていかないといけない。
一生モノの傷。
#AV強要
#性的搾取
#人身売買
#HumanTrafficking
#青木亮

香西咲さんは犯罪者たちによって命を削られました。
心身を破壊されました。
わいせつビデオ業界は女性に対する搾取で成り立っています。
こいつらはぜったいにゆるしません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

青木が設立したプロダクションの変遷をみて、意外な事実に気づきました。青木は香西咲さんの心身を破壊しました。オリンピックまでに潰されるのは必定です

昨日、海野さんからコメントをいただきました。
海野さんは宮本智弁護士に対して、懲戒請求をおこなっているかたです。
詳細につきましては、過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2018年9月23日

コメントをご紹介します。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年11月18日 海野さん

よくAVプロダクションが使う手口及びハコ【不動産】

まず、ハコ編は、バーチャルオフィスであることが多いです。
よく使用されているのが渋谷マークシティ22F(東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号渋谷マークシティウエスト22階)です。


かつて、(渋谷マークシティウエスト22階に)入居していたのが、2400万円の法外な請求をした、ニューゲート。

ニューゲートは2014年10月1日に、出演を拒否した女性に対して2,460万円の違約金を請求しました。
この訴訟を提起したプロダクション側の弁護士が宮本智です。
ニューゲートの登記簿をみてみます。

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(中略。)

ニューゲートの設立日は、2011年(平成23年)8月30日です。
2015年(平成27年)3月27日に、社名がBSIとなりました。
約2か月後、BSI(ニューゲート)は登記簿を閉鎖しました。
その約4か月後のことです、
女優がツイッターで、「ニューゲート」の名前を口にしました。

<2015年9月23日>

<2015年9月23日>

日本、電話番号検索より、引用。)
<2015年10月29日>

(引用)
2015年10月29日 謄本さん
03-5403-3473の電話番号である、株式会社ワイディーケートレーディングという会社はすでに存在していません、現在、この電話番号を使用しているのは、ニューゲートというAVプロダクションです【登記上はGZZ

http://newgate.ne.jp/newgate-company.html

(再掲)
http://newgate.ne.jp/newgate-company.html

上記は、ニューゲートのホームページのアドレスです。
現在は開いても表示されません。

Wayback Machineというサイトがあります。
日々、世界中のホームページを収集しています。
集積されているものを検索することができますので、
http://newgate.ne.jp/newgate-company.html
と入れて探してみることにしました。
1件、ヒットしました。
2017年3月7日に保存したものです。
開きました。
段がずれています。
以下に、こちらで修正したものを掲載します。

(一部分を引用

ニューゲートグループオフィシャルサイト
http://newgate.ne.jp
NEWGATE COMPANY
会社概要

社 名
Newgate Group GGZ株式会社

所在地
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ22F

設 立
2015年4月

資本金
10,000,000円

社員数
10名

取引先銀行
みずほ銀行

事業内容
プロダクション業務
TV、VTR、スチール(グラビア・写真集)、各種イベント、タレント開発、育成及びマネジメント

主要取引先
株式会社CA、株式会社マキシング、SODクリエイト株式会社、株式会社MAX-A、ジャパンホームビデオ株式会社、株式会社ケイ・エム・プロデュース、h.m.p株式会社、有限会社プレステージ、株式会社講談社、株式会社双葉社、株式会社集英社

Copyright c 2012 http://newgate.ne.jp. All rights reserved.

Yahoo!でも、検索してみることにしました。
使用した語句は、先ほどと同じく、
http://newgate.ne.jp/newgate-company.html
です。
ありました。
どなたかが「archive.today」の保存機能をつかって、トップページを保存していたようです。

引用
2017年1月19日

(再掲)
ニューゲートグループオフィシャルサイト
http://newgate.ne.jp
Newgate Group GGZ株式会社

ニューゲート(BSI)の後継はGGZ、ということがわかります。
(※当ブログでは9月24日に、別の角度からニューゲートの変遷を考察しています。こちらもご覧ください。)

GGZの登記簿を参照します。

(GGZ株式会社の登記簿より、引用。)

(中略。)

(後略。)

こちらも、本店は、
東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号渋谷マークシティウエスト22階
です。
資本金の額は、
100万円
となっています。
GGZのホームページに記載されている金額とちがうような気がします。

(GGZのホームページより)

資本金
10,000,000円

GGZはホームページで、資本金の額を、1千万円、と表示しています。

実際は、100万円です。

GGZがおこなっている行為は虚偽記載です。
犯罪です。
ニューゲート(BSI、GGZ)はこのように、種々の計略をもちいて女性を騙していたのでしょう。

(再掲。海野さん)
かつて、(渋谷マークシティウエスト22階に)入居していたのが、2400万円の法外な請求をした、ニューゲート

渋谷マークシティウエスト22階を利用しているのは、ニューゲート(BSI、GGZ)だけでありません。

2018年11月18日 海野さん

マインズのファンレータの宛先など。

【マインズは別途住所有り】

マインズのホームページと、登記簿を対照します。

会社概要より、引用。)

(株式会社Mine’Sの登記簿より、引用。)

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(後略。)

2018年11月18日 海野さん

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティW22 階

↑この住所地は、犯罪者集団が使用する、ハコ住所地ですね。

2018年11月18日 海野さん

次に手口ですが、実在する中小の芸能事務所の名前を使用して勧誘してきますね。
芸能界に興味がある女性は要注意です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月26日

(前略。)
私はA-plus(ほしのあきさんDAIGOさん芹那さん等所属)のマネージャーからスカウトされ、青木亮の所に横流しされました。ちょうど元芸能人デビューブームがあったらしく元芸能人の友達も同じスカウトで同じ手法で万枚売上てます

香西咲さん
2017年1月1日

(前略。)
個人的には大手芸能事務所A-teamマネージャー飯田正和がAV業界に横流ししたのですが。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

私が所属してしまった事務所はHPさえありませんでした。そして表向きは投資会社、実態はAV事務所。
こう言う事例もあります。

(株式会社Marks Investmentの登記簿より、引用。)

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(中略。)

(後略。)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

株式会社マークスインベストメント(六本木ヒルズからは撤退)/株式会社AtHoneys(去年会社倒産)それからよく豪語してたのが『別でド企画をぶん回す事務所があるんだよ』と。
とりあえず私達の事は金にしか見えなかったのでしょう。

(株式会社At Honeysの登記簿より、引用。)

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(略。)

(略。)

(後略。)

(再掲。海野さん)

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティW22 階

↑この住所地は、犯罪者集団が使用する、ハコ住所地ですね。

かつて青木も、東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号渋谷マークシティウエスト22階で、悪事をおこなっていました。

(株式会社Marks Investmentの登記簿より、引用。)

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(略。)

(略。)

(再掲)

青木は筋金入りの性犯罪者です。
人身取引の首謀者です。
香西咲さんは凶悪な犯罪の犠牲者です。
青木がオリンピックまでに潰されるのは必定です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

青木は先月末までHONEY POPCORNの新メンバーを募集していました。こいつは香西咲さんを拉致して魂の殺人をおこなった犯罪者です。厳重な監視が必要です

今月の14日に、わいせつビデオを製造しているメーカーの社長が逮捕されました。

(参考。当ブログ)
2018年11月16日

昨日のブログでは、過去に捕らえられた業界人についてもふれました。
その後、海野さんからコメントをいただきました。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年11月16日 海野さん

(2018年1月19日 夕刊フジ「淫行勧誘容疑、異例の適用 AV出演強要で男3人逮捕」より、引用。)

AVプロダクション「ディクレア」元従業員の雪本剛章容疑者(35)ら男3人を逮捕した

このディクレアの後継団体がシェロという適正AVにも加入しているプロダクションです。

(日本プロダクション協会 加盟プロダクション一覧より)

(※一部分を引用)

ディクレアの登記簿を確認します。

(株式会社ディクレアの登記簿より、引用。)

(中略。)

(後略。)

手口や所属女優などは同じなのですぐにわかりますよ

なるほど。

2018年11月16日 海野さん

ノア道玄坂という暴力団関係のビルに入居していましたね、ディクレア時代は。

(再掲)

2018年11月16日 海野さん

適正AVの実態は、会社名を変更する、あるいは屋号を使用して、過去に摘発されても復活できるシステムです。

海野さんからの別のコメントをご紹介します。

2018年11月12日 海野さん

坂上孝志ですが、

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月4日

(前略。)
坂上孝志氏は #青木亮 と同時に #労働者派遣法違反 で略式起訴されています。

ディアスグループの経営者に降臨しています。

(合同会社ディアスの登記簿より、引用。)

*下線のあるものは抹消事項であることを示す。

(中略。)

(後略。)

ディアスは、自称「適正プロダクション」の一員です。

(日本プロダクション協会 加盟プロダクション一覧より)

(※一部分を引用)

2018年11月12日 海野さん

(ディアスグループの)背景が気になります。
青木亮が金主ないしは、大株主なのか。
とても気になります。

(株式会社キュンクリエイトの登記簿より、引用。)

(中略。)

(後略。)

(2018年2月27日 聯合ニュース「[芸能]日本のAV女優3人組ユニット 韓国で歌手デビューへ」より、引用。)

日本のAV女優、三上悠亜、桜もこ、松田美子によるユニット「ハニーポップコーン」が3月14日に韓国でデビューする。
所属事務所キュンクリエートが27日、発表した。

(2018年2月28日 中央日報「日本のAV女優出身3人組ユニット、韓国でガールズグループデビュー」より、引用。)

27日、所属事務所KYUN CREATEは三上悠亜が所属した3人組ガールズグループのHONEY POPCORN(ハニーポップコーン)が3月14日、韓国にデビューすると明らかにした。

キュンクリエイト社長の青木は現在、HONEY POPCORN(ハニーポップコーン)にかかずらっています。

オフィシャルサイトより)

青木は先月の末まで、HONEY POPCORN(ハニーポップコーン)の新メンバーを募集していました。

警察は現在、職業安定法による摘発を強化しています。

(参考。当ブログ)
2018年11月16日

(2018年9月21日 中日新聞「JKビジネスあっせん 愛知県警、高山の容疑者逮捕」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。

(2018年11月8日 西日本新聞「AV出演を勧誘 職業安定法違反容疑で男逮捕 福岡県警」より、引用。)

2018年11月8日 西日本新聞

逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メールや電話で
「アダルトサイトの撮影は可能でしょうか」
「1回の出演でギャラ5万円」
とAV出演を勧誘した疑い。

青木はどのようにして擦(す)り抜けるのでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月9日

相手にもう少し洗脳技術があったら…
私が更に運が悪かったら…
#青木亮 に言われて女の子をスカウトさせられる側にもなっていた可能性もあるし、
最悪オ〇ム真理教みたいな事だってなりかねなかったかも知れない。
「目的の為に手段を選ぶな」とよく言われていたから。

香西咲さん
2016年7月24日

青木は本当に自分の手を汚さない。やってくるのは洗脳と脅迫と泣き脅し。

女優をつかってオーディションに応募した女性を勧誘する、という手があります。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

2016年9月18日 AbemaTIMES

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらは犯罪者です。
香西咲さんを拉致して、魂の殺人をおこないました。
そう遠くない将来、出演強要等を罰する法律ができます。

(2018年6月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

(出演強要は)犯罪である、というふうにも思っているところでもございます。

2018年6月12日 上川陽子 法務大臣

このことにつきまして、法的対策もふくめてしっかりと検討し、そして実現してまいりたいというふうに思っております。

新法ができるまでのすこしの間、警察による厳重な監視がもとめられます。
いずれにせよ、青木たちの余命はあとわずかです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

わいせつビデオメーカーBBQの社長が逮捕されました。メーカーは香西咲さんたち女性の人生をめちゃくちゃにしてきました。メーカーがこの世に存在することはゆるされません

2018年11月15日

昨日、わいせつビデオ業界人が逮捕された、との報道がありました。

2018年11月15日 日テレNEWS24「無修正AVを制作、配信か 元女優ら逮捕」

2018年11月16日 TBS NEWS「無修正AVを米動画配信サイトで公開した疑い、社長ら逮捕」

2018年11月16日 テレ朝news「元セクシー女優ら逮捕 無修正AVを有料配信か」

今回、捕まったのは、メーカーの社長です。
スカウトや、プロダクションの関係者ではありません。
各社の報道を見比べて、以下のことがわかりました。

<逮捕日>

2018年11月14日(水)(日テレNEWS24、テレ朝news、TBS NEWSより)

<逮捕者>

アダルトビデオ制作会社「BBQ」の社長(テレ朝newsより)
 ・須田雅人(49歳)(テレ朝newsより)
 ・自宅は、神奈川県小田原市(TBS NEWSより)

<罪状>

わいせつ電磁的記録等送信頒布(日テレNEWS24、TBS NEWSより)

<配信サイト>

カリビアンコム(海外の動画サイト)(TBS NEWSより)

<犯罪歴>

2014年6月から2018年3月のまでの間に50本のわいせつ動画を販売して、6,300万円を売り上げていた。(TBS NEWSより)

<逮捕した警察署>

警視庁 愛宕(あたご)警察署(TBS NEWSより)

登記簿によりますと、BBQの所在地は、東京都中野区弥生町一丁目11番6号です。

(株式会社BBQの登記簿より、引用。)

(中略。)

(後略。)

昨日のブログでもふれました。
逮捕時における須田雅人(49歳)の態様は無様(ぶざま)です。
猫背(ねこぜ)になって、あたりを窺(うかが)っています。
衆目の視線から逃れるために蹲(うずくま)りたいのかもしれません。
矜持(プライド)があるのならば、背筋を伸ばして威風堂々と連行されるべきでしょう。
なさけないやつです。
業界人の過去の逮捕の様子をふりかえってみます。

2016年10月15日

(2016年10月15日 読売新聞「売春場所提供の疑い=東京」より、引用。改行を施しています。)

2016年10月15日 読売新聞
(※この記事は、ネット配信されていません。)

警視庁は(2016年10月)14日、ソープランドの実質経営者でNPO法人理事の南雲豊作容疑者(57)(荒川区南千住)ら4人を売春防止法違反(場所提供)容疑で再逮捕したと発表した。
同庁幹部によると、4人は(2016年)9月11日、台東区千束のソープランド「ラテンクオーター」で、女性従業員が男性客相手に売春すると知りながら個室を提供した疑い。
(中略。)
今年(2016年)9月、同区の系列店で売春場所を提供したとして、同法違反容疑で逮捕されていた。
(後略。)

(2016年10月21日 FRIDAYデジタル「吉原ソープランドのドンが原宿署に逮捕された理由」より、引用。)

2016年10月21日 FRIDAYデジタル

(全国紙社会部記者)
「吉原の高級ソープが売春防止法違反で摘発されましたが、実は狙いは別にあるんです。現場の吉原は浅草警察署の管轄ですが、今回動いたのは原宿警察署。いま注目を集めているAV女優の出演強要問題とつながっているんです」
(風俗ライター)
「今回の事件の発端は、南雲容疑者が経営する芸能プロでのAV出演強要問題なんです。所属していた女優が無理矢理ビデオに出演させられたということで、その彼氏が、弁護士に相談し、原宿署に被害届を提出したんです」

しかし、出演強要での立件が難しかったようで、ひとまず売春防止法で引っ張ることにしたという流れだ。

捕獲された南雲豊作からは、打ちひしがれた様子がつたわってきます。
護送されるさいに、報道陣のカメラを一瞥しました。
じたばたするようなことはありませんでした。

2016年11月24日

(2016年11月24日 産経新聞「女優をソープ嬢として紹介 AVプロ社長を職安法違反容疑で逮捕 警視庁」より、引用。改行を施しています。)

2016年11月24日 産経新聞

所属するAV女優をソープランドに紹介したとして、警視庁保安課は、職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで、芸能プロダクション3社の社長3人を逮捕した。
同課によると、ソープへの紹介を巡り、芸能プロを摘発するのは異例。

逮捕されたのは、芸能プロ「スタイルワン」の社長、榎本昌央容疑者(39)=東京都足立区、「SSL」の社長、木ノ本直記容疑者(42)=渋谷区、「BELLTECH」の社長前田正太郎容疑者(38)=目黒区。

逮捕容疑は平成24年(2012年)9月~今年(2016年)5月、客と売春させると知りながら、20代のAV女優3人を東京・吉原のソープランド「ラテンクオーター」と「オートクチュール」に紹介したとしている。
(後略。)

犯罪者たちは南雲豊作の店に女性を紹介していました。
3人は平然とした態度で警官に連行されて行きました。

(2018年4月12日 参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ
音声の文字化は、筆者。)

2018年4月12日 若松謙維 参議院議員(公明党。元総務副大臣)

(略)、結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。
それ、簡単にアクセスできる。
そして街のなかには、アダルトビデオが売っている。
そしてネット社会ですから、見える、と。
いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか。
やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います。

ニーズがあるわけですから。

そこをちょっとこれからも検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(2018年5月31日 CBCラジオ「北野誠のズバリ」より、引用。)
(全文については、2018年6月1日の当ブログを参照。)
音声の文字化は、筆者。)

2018年5月31日 阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

そうなんです。
検察官としては、のちのちアダルトビデオにもメスをいれるぞ、っていう意思表示があったんです。
(5月22日の)裁判で。

早晩、わいせつビデオの製造にかかわっているやつらは皆、無事ではすまされないでしょう。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月19日

年明けのPTSDやフラッシュバックの治療が楽しみです。
投げやりだった人生でしたが、業界内外の方々やファンの方々の愛情を感じる事ができ今やっと前向きに人生を考え直そうという気持ちになって参りました。
少しづつですが。
どうかこれからも温かく見守って頂けたら幸いです。ありがとうございます

香西咲さん
2017年10月14日

数値化されたものを教えて頂いたけれど、PTSDの自体の症状は半分近く減りました
先生方曰く、病院や大学にかかった初期の症状が重すぎたらしいからまだ暫くは経過を見て下さるって。
病院だけではなく何処に行ってどんな相談をしても簡単に見放される事が多かったから嬉しい。

香西咲さん
2017年12月31日

ありがとうございます。
認知行動療法や膵炎でかかったお医者様が皆様温かい方々で救われました。
そのおかげで過去を精算したらもう振り返らず、前だけを向こうと思います。

いま犯罪者たちは政府の手によって叩き潰されようとしています。
ゴキブリのように。
オリンピックまでに何が起こるのでしょうか。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

業界人が職業安定法違反で逮捕されました(その7)。早晩、出演強要等を罰する新法が制定されます。香西咲さんを蹂躙した青木とメーカーの最期が楽しみです

警察によるわいせつビデオ業界への対応が、より峻厳になってきました。
女性をアダルトビデオの撮影にさそった業界人が相次いで逮捕されています。

(参考。当ブログ)
2018年11月8日
2018年11月9日
2018年11月10日
2018年11月11日
2018年11月12日
2018年11月13日

警察がもちいている法令は、職業安定法です。

(参考。職業安定法
第63条

次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。

二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者

過去の判決によりますと、同法が適用されるためには、説得、という所作が必要です。

(平成8年11月26日 東京地方裁判所「判決文」より、引用。)
(参考。奥村徹弁護士のブログ

平成8年11月26日 東京地方裁判所 判決文

「自己の制作するわいせつビデオの女優として稼働することを説得勧誘し、もって、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者を募集した」

今年の3月に逮捕された国分恵介(ファンスタープロモーション社長)の事例をみてみます。

(2018年4月13日 朝日新聞「AV出演『仕事と割り切れ』逮捕の男、女性を強く説得か」より、引用。改行を施しています。)

2018年4月13日 朝日新聞

アダルトビデオ(AV)出演の仕事を当時19歳の女性に紹介したとして、職業安定法違反(有害業務の紹介)の疑いでAVプロダクション社長の国分恵介容疑者(37)が逮捕された事件で、

(株式会社neosの登記簿より、引用。)
※注 一部、ぼくのほうで削除している箇所があります。)


(※以下、省略。)

求人情報より、引用。)

女性が出演を拒んだ際、
(国分恵介に)「仕事と割り切ってやれ」
などと強く説得されたと話していることが警視庁への取材でわかった。

2018年4月13日 朝日新聞

逮捕容疑は別のAVプロダクション社員だった2016年2月、

(株式会社ロータスグループの登記簿より、引用。)

(*下線のあるものは抹消事項であることを示す。)

(中略。)


(※以下、省略。)

別の男3人=同法違反罪で起訴=らと共謀し、わいせつな行為をさせると知りながら女性を東京都渋谷区内のAV制作会社に紹介したというもの。

共謀の男らは2月27日に逮捕されたが、国分容疑者は都内のビジネスホテルなどを転々としており
「出頭する勇気がなかった」
と話しているという。

(再掲)
平成8年11月26日 東京地方裁判所 判決文

「自己の制作するわいせつビデオの女優として稼働することを説得勧誘し、もって、公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で労働者を募集した」

(再掲。朝日新聞)
女性が出演を拒んだ際、(国分恵介に)『仕事と割り切ってやれ』などと強く説得されたと話していることが警視庁への取材でわかった

国分恵介(ファンスタープロモーション社長)は、強く説得しました。
警察は国分を逮捕しました。

3月26日のことです。
第4回関係府省対策会議が開催されました。
この席で菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官が現況について語りました。

(2018年3月26日 第4回関係府省対策会議「議事録」より、引用。)

2018年3月26日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

しかしながら、今般の実態把握結果からは、若年層の女性に対する性暴力被害の実態は依然として深刻な状況にあると言わなければなりません。

2018年3月26日 菅義偉(すがよしひで) 内閣官房長官

関係府省におかれましては、これまでの対策を精査の上、一段と強化・拡充を図っていただくとともに、野田大臣を議長とするこの対策会議のもと、関係府省が密接に連携協力して、スピード感を持って対策を進めていただきたいと思います。

これまでの対策を精査の上、一段と強化・拡充を図っていただく

(再掲)
職業安定法 第63条

次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。

二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者

警察は、9月21日に、「AVがもうかる」と口にした業界人を逮捕しました。

(2018年9月21日 中日新聞「JKビジネスあっせん 愛知県警、高山の容疑者逮捕」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。

今月の8日には、メールや電話で出演を勧誘した業界人を捕らえました。

(2018年11月8日 西日本新聞「AV出演を勧誘 職業安定法違反容疑で男逮捕 福岡県警」より、引用。)

2018年11月8日 西日本新聞

逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メールや電話で
「アダルトサイトの撮影は可能でしょうか」
「1回の出演でギャラ5万円」
とAV出演を勧誘した疑い。

いずれも、「強く説得」していません。

いま、怪しげなサイトに、キュート(渋谷区渋谷3-10ー14 5F)とキャンディースタイル(渋谷区渋谷3-10-14 5F)の求人広告が掲載されています。
募集内容をみてみます。

キュート(渋谷区渋谷3-10ー14 5F)
(一部分を引用)
あなたの都合でお仕事出来ます!
○顔バレ一切なし、だから安心です!
○新商品のアダルトグッズを試してアンケートに答えるだけ!
○即日お仕事可能!!
○もちろんお給料は嬉しい完全日払い☆

キャンディースタイル(渋谷区渋谷3-10-14 5F)
(一部分を引用)
女性に向けたイメージDVDモニターを緊急募集中!
女性向けのDVDをご覧いただいて簡単なアンケートにお答えいただくだけのバイト。
給与は30分で5,000円から30,000円。

キュートとキャンディースタイルの所在地は同一です。
「渋谷区渋谷3-10ー14 5F」
となっています。
「渋谷区渋谷3-10ー14 5F」には、株式会社クルーズグループの本店が置かれています。

(株式会社クルーズグループの登記簿より、引用。)


(※以下、省略。)

(再掲)
2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。

いま、自称「適正」プロダクションは、女性に対してアダルトビデオへの出演を勧めています。
これは職業安定法違反です。
今後、どのような展開になるのでしょうか。
楽しみです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月25日

消耗品として扱われていた実感はありますね。

香西咲さん
2018年3月26日

#HoneyPopcorn 所属事務所代表 #青木亮 は人身取引業者と言っても過言では無いと思います。私の実体験だけ書きますが、所属時代には8ヶ月囲い込み #洗脳行為 #AV強要 #枕営業 を強要され、体も精神も病んでもそれでも事務所を辞めされてもらえませんでした。屍の上に成り立つ

#outHoneyPopcorn

香西咲さん
2018年4月19日

やはり日本のジェンダー差別は深刻の様ですね。
アメリカや北欧だけでなく、フィリピンなどでも女性が大活躍されています。
一概には言えませんが。
私も社会人としてキャリアを積み重ねて誇りを持ちたかったです。
私を虐めてきた方々、2年後楽しみに待っててくださいね。

香西咲さん
2018年5月28日


要らないですね。
だって #青木亮 も #洗脳 ? #AV強要 . #性接待 の強要…
全て私を人としてではなくモノ、金として扱ってきたのだから。

当然、香西咲さんに対して魂の殺人をおこなった輩(やから)については、職業安定法違反だけですまされません。
政府はいま、酷烈な刑罰を考えています。
そう遠くない将来、全貌があきらかになることでしょう。
わいせつビデオ業界人に未来はありません。
刑務所がまっています。
——————————————————–

本日また、わいせつビデオ業界人が逮捕されました。

動画をみました。
逮捕された制作会社社長の立ち振る舞いは無様(ぶざま)です。
あまりにも。
思わず嗤(わら)ってしまいました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

出演強要問題は、ブームが去ったのではありません。国民の間に定着しました。いま出演強要は国民の常識です。香西咲さんが世の中をかえました

東大生の逮捕

過日のブログで、稲井大輝容疑者の逮捕についてふれました。
この人物は現役の東大生のようです。

(参考。当ブログ)
2018年10月25日

稲井氏はわいせつビデオ業界と関係があるのでしょうか。

(2018年11月14日 FRIDAY「『ミスター東大』レイプ犯 稲井大輝被告はホンモノのバカだった」より、引用。)

FRIDAY

「アイツは歌舞伎町でAVや風俗、キャバクラ嬢のスカウトマンとしても活動していました。その他にも、海外のVIPが来日した時の接待役を女子大生に斡旋する仕事もしていましたね。東大生スカウトマンということで、歌舞伎町でも目立った存在でしたよ。現在、歌舞伎町は東京オリンピックに向けた”浄化作戦”の真っ最中で、スカウトマンがどんどん駆逐されている。そんな状況でも、稲井は警官に職質されたらとっさに東大の学生カードを見せ、『ただナンパしてるだけですよ。何がいけないんですか?』と反論して切り抜けていた。そんなところからも、頭の回転が早く、口が達者な奴、という印象でした」(別の知人)

やはり業界人であったようです。

怜悧な論説です。
いまは、わいせつビデオ業界の存在そのものが問われています。
稲井大輝容疑者も、わいせつビデオ業界も、もう浮かぶことはないでしょう。

業界人のツイート(その1)

5日前のことです。
HRNの伊藤和子事務局長が意味深長なツイートをされました。

(伊藤和子 HRN事務局長のツイートより、引用。)

伊藤和子 HRN事務局長
<2018年11月9日>


(再掲)
詳細は避けますが、実はAV業界関係者からひどい嫌がらせを受けています。
私を沈黙させようとする動きだなあと。。でも負けませんので。

当該文章の存在は、辻丸さんによるリツイートで知りました。
今年の3月のことです。
あるかたから、業界人が書き込みをしているというツイッターのサイトを教えてもらいました。
ながめました。
とりたてて有益な情報はありません。
それでも、1か月に1度くらいの間隔で、訪問していました。
ツイッター主は最近、伊藤和子HRN事務局長の悪口を中心に書いていました。
どのような内容かと言いますと、ある意味、ほほえましいものです。
まずは、伊藤和子HRN事務局長がツイートした部分を画像にします。
いわゆるキャプチャーです。
それをアップして、悪意のことばを添えます。
このような幼稚な行為をくりかえしていました。
おそらくは発見されないと思ったのでしょう。

実はAV業界関係者からひどい嫌がらせを受けています

当該業界人のツイッターを確認しました。
消えていました。
跡形もなく。
恐かったのでしょう。
開設しているアカウントは「@JpShinsen」です。
検索してみました。
以前とはちがう別名で復活していました。
いまのところは、静謐(せいひつ)です。
これまでのようないたずらはおこなっていません。

業界人のツイート(その2)

今度は別の業界人です。
このかたは以前、ツイッター上で伊藤和子HRN事務局長に相談をしていました。
本日、数か月ぶりにそのことを思い出しました。
久方ぶりに訪ねたところ、瞠目させられる書き込みがありました。
引用させていただきます。
ちなみに、以前になされた相談に関する記述は消えていました。

(ARD38OMYさんのツイートより、引用。)

ARD38OMYさん
<2018年11月1日>


(再掲)
「次回の撮影で女優が辞めることになってもこっちは撮るもん撮ってりゃ金になるんだから」、撮影後に女優がどうなろうが知ったこっちゃないみたいな話をしてたのを現場で耳にしたことがあります。


(再掲)
元AVANの川奈まり子さんが「強要なんてありえない」、女優のかさいあみさんが「いつの時代の話をしてんだか」って言ってましたが、

マネージャーがグルで女性を騙して現場に入れたという話も現場で聞いてました。


(再掲)
ただ、「業界に残りたかったら、業界のやることには一切逆らうな」というAV村の掟だかルールみたいなものもありましたし、逆らうと干されますから。


(再掲)
「襟を正してやっていく」みたいな話をされてましたが、AV業界は言ってることと実際にやってることは違いますからね。

(再掲)
マネージャーがグルで女性を騙して現場に入れたという話も現場で聞いてました
ただ、『業界に残りたかったら、業界のやることには一切逆らうな』というAV村の掟だかルールみたいなものもありましたし、逆らうと干されますから

なるほどなぁ、といった感じです。

当ブログへのコメント

先日、あるかたからコメントをいただきました。
一部をご紹介させていただきます。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年11月8日 kaysonさん

オーセンスを調べる過程で偶然、香西咲さんの事件を知り辿り着きました。
本当にお気の毒で、何かご支援できることがあれば協力させていただきたいです。
(略。)
私がオーセンスに関心をもったのは、今年に入ってから、これまで穏やかな性格だった妻が、私に酷い暴言を吐いたり、暴力を働くようになった挙げ句、オーセンスと密かに接触して離婚調停を申し立てられたためです。
オーセンスとの委任手続きは入れ子のよう状態で、素人には一見してどの弁護士代理人なのか分かりにくくなってます。
妻の代理人モリ○マ○ヤという、男性弁護士ようですが、どうも妻はこの人物に会っていないようです。
妻が話題にするの、オーセンスのタ○ハシ○リという女性弁護士なのですが、復代理人として実質的な担当代理人です。

そしてこの女性弁護士とともに、オーセンスのHPで対談しているのが、香西咲さんを脅迫した前掲のカ○キ弁護士です。

本来、有席配偶者でる妻からの離婚申立が認められるはずはなく、オーセンスは着手金目的でコレを受任し、妻には別居をすすめたり、私に対する挑発的言動を教唆しているフシがあります。
いずれにせよ、小学生の子を二人持つ父親として、なんとか調停を円満収めたく、妻とは離婚しないためにも、オーセンスの不法行為を追求しようと考えています。
(後略。)

(再掲)
オーセンスを調べる過程で偶然、香西咲さんの事件を知り辿り着きました。本当にお気の毒で、何かご支援できることがあれば協力させていただきたいです

コメントをありがとうございます。
そう遠くない将来、出演強要等を罰する法律ができます。
当然、法律事務所オーセンスは、無傷でいられません。
弾劾されます。
出演強要に荷担しているのですから。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年9月19日

AV強要の告発をしても 業界側の人はスルー
『そんな事ありえない』の一言で終わらされる。
逆に親身になって下さるのは、娘を持つ親御さんだったりする。
(後略。)

香西咲さん
2018年2月15日

この問題に関わって下さる人の8割は冷やかし。
(後略。)

香西咲さん
2018年4月26日

結局「 #AV強要問題 」っていうある意味旬の問題に対し
良心的な機関も、ハイエナみたいな団体も、メディアも、寄ってたかって取り上げて喰い散らかし、被害者の心は置いてけぼり。
核心まで寄り添ってくれたのはPAPSさん位でした。だから私はこの国が嫌い。

※私の場合です。他の女性は知りません。

——————————————————–

出演強要問題については、ブームが去ったのではありません。
国民の間に定着した、とみるべきでしょう。
いま、出演強要は国民の常識、と言っても過言ではありません。
データがそれを証明しています。

平成30年版 人権教育・啓発白書より、引用。)

<8ページ>
平成30年版 人権教育・啓発白書

(※全国18歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象に実施)
(※調査期間は2017年10月5日~10月15日)

(質問)
女性に関して、現在、どのような人権問題が起きていると思うか?

(回答)

国民の意識は激変しました。
香西咲さんが世の中をかえました。
だれもがそう考えています。
あともうすこしです。
オリンピックまでにすべてのことが解決します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

業界人が職業安定法違反で逮捕されました(その6)。青木やメーカーは、香西咲さんに魂の殺人をおこないました。こいつらには牢獄がまっています

5日前より、職業安定法違反で逮捕されたわいせつビデオ業界人の犯行についてみています。

(参考。当ブログ)
2018年11月8日
2018年11月9日
2018年11月10日
2018年11月11日
2018年11月12日

約2か月前の9月21日のことでした。
スカウトが捕まりました。

2018年9月21日

(2018年9月21日 サンスポ「少女にJKビジネス紹介『風俗とは違います』 岐阜の男逮捕、派遣型風俗店運営」より、引用。)

2018年9月21日 サンスポ

性的サービスを伴わないエステ店でのアルバイト面接と偽り、少女にAV出演や「JKビジネス」を勧誘したとして、愛知県警南署は21日、職業安定法違反(有害業務目的紹介)の疑いで、岐阜県高山市、会社員の男(26)を逮捕した。

(2018年9月21日 中日新聞「JKビジネスあっせん 愛知県警、高山の容疑者逮捕」より、引用。改行を施しています。)

2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。

——————————————————– 

業界人は、表向き、
性的サービスを伴わないエステ店でのアルバイト
と偽って、女性を募集しました。
その後、面接におとずれた女性に対して、アダルトビデオへの出演を勧めました。
こうした手口はめずらしくありません。
わいせつビデオ業界が常日頃よりおこなっている所行です。

(2016年10月20日 毎日新聞「AV問題:語り始めた業界人(7)大手メーカーの危機感」より、引用。改行を施しています。)

2016年10月20日 大手メーカーの面接担当者

(略)、スカウトを通さないプロダクションも、「AV」とは言わずに「手のタレント」などいろんな「モデル」をうたい文句に面接に来てもらい、そこで口説くわけです。

高収入求人誌などを見て来た女性に、まず「パーツモデル」の話からしていって
「実際にあなたの稼ぎたい額を稼ぐためにはこういう仕事の方がいいですよ」
とAVを紹介していく。
そういう時代になってきています。

(2017年12月16日 実話BUNKAタブー「狂ったAV業界は消えてなくなるしかない」より、引用。改行を施しています。)

2017年12月16日 中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

(略)一般社会と女性団体は、別業種の広告やAV女優の魅力だけを伝えて業界に誘導するのも強要という認識だった。
今までの業界の常識が否定されているわけです。

上述のとおり警察は、偽りの言辞を弄して女性をさそった業界人を逮捕しました。
隔世の感があります。
吉成安友弁護士が2016年3月4日に公開したブログをみてみます。

(2016年3月4日「弁護士吉成安友のブログ」より、引用。)

2016年3月4日 吉成安友 弁護士

私も、以前、最初はアダルトビデオ出演の話とは知らずに、話を聞いて、執拗に説得されて出てしまい、販売も始まってしまった案件で、販売差止を請求したことがあります。
強要とかじゃなくても、人間、長時間頼み込まれ続けると、なかなか断るのがしんどくなります。

吉成安友弁護士はブログの最後で、
強要はもってのほかですが、強要と言えないケースについても、逆に争いづらい面もあるので、くれぐれも安易な判断をしないよう気をつけましょう
とのべました。
現在はどうでしょうか。

(再掲)
2018年9月21日 サンスポ

性的サービスを伴わないエステ店でのアルバイト面接と偽り、少女にAV出演や「JKビジネス」を勧誘したとして、愛知県警南署は21日、職業安定法違反(有害業務目的紹介)の疑いで、岐阜県高山市、会社員の男(26)を逮捕した。

2018年9月21日 中日新聞

面談に訪れた女子高生に
「AVがもうかる」
などと言って、出演させようとした疑いがもたれている。

この業界人は強要をしていません。
AVがもうかる
警察はそのことばを口にした業界人を逮捕しました。
5日前には、メールで3回誘っただけの男を捕らえました。

(2018年11月8日 読売新聞「モデル応募女性にメール『AV撮影可能ですか』」より、引用。)

2018年11月8日 読売新聞

男は2017年1月15~31日、福岡県内の女性(当時20歳代)にメールなどで繰り返し、
「会員制アダルトサイトでの撮影は可能ですか」
などと勧誘した疑い。

(2018年11月8日 西日本新聞「AV出演を勧誘 職業安定法違反容疑で男逮捕 福岡県警」より、引用。)

2018年11月8日 西日本新聞

逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メールや電話で「アダルトサイトの撮影は可能でしょうか」
「1回の出演でギャラ5万円」
とAV出演を勧誘した疑い。

(2018年11月8日 西日本新聞「アダルトビデオへの出演勧誘 容疑で男を逮捕 福岡県警」より、引用。)

2018年11月8日 西日本新聞

逮捕容疑は昨年1月15日から同31日までの間、3回にわたって女性にアダルトビデオへの出演を勧誘するメールを送った疑い。

いずれも逮捕容疑は、職業安定法違反です。

(参考。職業安定法
第63条

次の各号のいずれかに該当する者は、これを1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する。

二 公衆衛生又は公衆道徳上有害な業務に就かせる目的で、職業紹介、労働者の募集若しくは労働者の供給を行つた者又はこれらに従事した者

(再掲。吉成安友 弁護士。2016年3月4日)
強要はもってのほかですが、強要と言えないケースについても、逆に争いづらい面もある

警察はいま、強要の有無に関係なく業界人を検挙しています。

(2018年5月31日 CBCラジオ「北野誠のズバリ」より、引用。)
(全文については、2018年6月1日の当ブログを参照。)
音声の文字化は、筆者。)

阿曽山大噴火さん(ニュースウオッチャー)

こう言われると、アダルトビデオ自体が良くないっていうことになっちゃうんですよね。

吉成安友弁護士はその後、弁護士ドットコムでブログの事案を詳細に語りました。

(2016年3月19日 弁護士ドットコム「バイト面接で『AV出演』の執拗な勧誘を受け、撮影に応じた女性――DVD発売で後悔」より、引用。改行を施しています。)

2016年3月19日 吉成安友 弁護士

だけど、だまし討ちといえる勧誘だし、長時間にわたる執拗な説得がありました。
人生経験が少ない若い女性が、まったく心構えがないところに、百戦錬磨の口のうまい人から、どんどん畳み掛けるように説得を受けたのです。

たとえば、セミナーや教材の勧誘などでも、長時間の説明を聞いていると、だんだん「どうでもいいや」という気分になってきますよね。
そんな感覚で、撮影して販売するという契約書にサインしてしまったようです。

サインをした時点では、長時間の執拗な説得などもあって、通常の精神状態ではなかったのでしょう。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらが香西咲さんに対しておこなったことは、より悪質です。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

AbemaTIMES

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。
(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より、引用。)

香西咲さん

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている。
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

作家の川奈まり子さんはつぎのように評しています。

(2016年9月20日 AbemaTIMES「AV出演を強要される女性たち 高額な違約金を請求されるケースも」より、引用。改行を施しています。)

2016年9月20日 AbemaTIMES

また、川奈氏はAV出演を強要しされたと実名で訴える女優・香西咲については
あれは犯罪ですよね。自分から出たいと考えた私の場合とは全く違います。ああいうことはあってはならないです」
と語った。

そう遠くない将来、出演強要等を罰する法律ができます。
青木やメーカーは香西咲さんに魂の殺人をおこないました。
こうした輩(やから)にまっているのは牢獄です。
この世で悪が栄えた例(ためし)はありません。
悪はかならず滅びます。
これが世の習い(常)です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

業界人が職業安定法違反で逮捕されました(その5)。香西咲さん「あの人達がしてきた事は人間とは思えない」。青木たちにまっているのは強姦罪かそれと同等の刑罰です

4日前にわいせつビデオ業界人が逮捕されました。
容疑は職業安定法違反です。

(参考。当ブログ)
2018年11月8日
2018年11月9日
2018年11月10日
2018年11月11日

本日もこの件についてふれます。

当ブログへのコメントより、引用。)

2018年11月11日 海野さん

本件、逮捕には異論はありませんが、

本来の目的を告げて勧誘しているから目的を隠匿して、応募してきた者に本来の目的をもってして勧誘する業者よりは まだマシだと思います。

まだマシ
同感です。
海野さんがおっしゃるように、今回の逮捕者はある意味、誠実な部類に属するのかもしれません。
まあ、人間のクズにはちがいありませんが。
このような「良心的」な業界人も、警察によって捕らえられました。
そのほかの、悪事をくりかえしているわいせつビデオ(適正AV)業界については、論を俟(ま)ちません。
悲惨な結末がまっています。

(2017年12月16日 実話BUNKAタブー「狂ったAV業界は消えてなくなるしかない」より、引用。改行を施しています。)

2017年12月16日 中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

まずAV業界と一般社会の「強要」の定義がちがうのです。
(略)一般社会と女性団体は、別業種の広告やAV女優の魅力だけを伝えて業界に誘導するのも強要という認識だった。
今までの業界の常識が否定されているわけです。
AV強要に関してはやっぱり麻痺する部分があったので労働問題と気づくまでに半年かかった。
あと、強要問題に対して激怒する一般の方々や被害を訴えるAV女優の話を聞いたのが大きかった。
時間はかかったけど、AV女優は商品ではなく人間と理解できた

今回の逮捕に関する報道を確認します。

(2018年11月8日 読売新聞「モデル応募女性にメール『AV撮影可能ですか』」より、引用。)

男は2017年1月15~31日、福岡県内の女性(当時20歳代)にメールなどで繰り返し、『会員制アダルトサイトでの撮影は可能ですか』などと勧誘した疑い

(2018年11月8日 西日本新聞「AV出演を勧誘 職業安定法違反容疑で男逮捕 福岡県警」より、引用。)

逮捕容疑は昨年1月15日から31日にかけて、県内の30代女性に電子メールや電話で『アダルトサイトの撮影は可能でしょうか』『1回の出演でギャラ5万円』とAV出演を勧誘した疑い

西日本新聞のもうひとつの記事を読んだときぼくはことばをうしないました。

(2018年11月8日 西日本新聞「アダルトビデオへの出演勧誘 容疑で男を逮捕 福岡県警」より、引用。)

逮捕容疑は昨年1月15日から同31日までの間、3回にわたって女性にアダルトビデオへの出演を勧誘するメールを送った疑い

業界人は女性に対して、3回、メールをおくっただけです。
これだけで逮捕されました。

2018年11月11日 海野さん

少し話はそれますが、デート商法で販売目的隠匿をして逮捕された業者が存在します。

引用

マッチングアプリで知り合った女性をデートに装って誘い出し、高額なネックレスを販売したとして、警視庁は9日までに、特定商取引法違反(目的隠匿勧誘など)の疑いで、宝石販売店「Crea(クレア)」(東京都豊島区)の責任者森田宏行容疑者(34)=東京都板橋区=と、従業員の男女3人を逮捕した。
(略。)
逮捕容疑は、今年1~5月、スマホのアプリで知り合った20代女性3人を商品販売の勧誘であることを告げずに誘い、ネックレス3点計約120万円を販売するなどした疑い。

女性をデートに装って誘い出し、高額なネックレスを販売した
特定商取引法違反で、逮捕者が出たようです。

残念ながら、特定商取引法を適用して業界人の悪事を食い止めることはできません。
日本消費者協会専務理事は昨年、法の欠缺(けんけつ)を指摘しました。

(2017年7月1日 東京新聞「自らを守る意識が必要 隙間や課題見える改正特定商取引法 首都圏」より、引用。改行を施しています。)

2017年7月1日 唯根妙子(ゆいねたえこ) 一般財団法人日本消費者協会 専務理事

(前略。)
今回の改正(※2016年5月25日に国会で可決)では、業務禁止命令を受ける悪質事業者の対象範囲が使用人や子会社、兄弟会社にまで広げられ、所在不明の違反事業者も処分、刑事罰が強化される。
そして行政処分された事業者は被害者へ通知、返金する等の消費者被害救済措置が講じられる。
さらに在宅の高齢者が狙われる電話勧誘販売に過量販売規制が導入、通信販売の「FAX広告」は希望者以外への送付が禁止となる。

とはいえ、近年インターネット通販での国内事業者を装う悪質な海外事業者、タレント・モデル募集をうたってスカウトした若い女性や児童にアダルトビデオ出演等を強要させる事業者、土地持ちの高齢者にアパート兼自宅の建設を強引に契約させ解約希望すると高額な違約金を要求するような悪質事業者。
これを取り締まることはできない

なぜなら、タレント契約もアパート建設契約も消費者ではなく、仕事や経営者という事業者間契約で、消費者法の手の届かない、まさに法の隙間を突いた契約となってしまうからである。
今回の改正は一歩前進も見られるが、まだまだ課題の多い内容といえるだろう。
(後略。)

警察は現在、職業安定法を適用して出演を勧誘した悪党を逮捕しています。
今後は特定商取引法でも、業界人を捕らえられるようにしてほしいものです。
警察はこのたび、メールで3回誘っただけの業界人を捕獲しました。

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらのやったことはその比でありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

今まで人間とは思えない仕打ちを受け続けてきた事、やっと吐き出す事ができました
こんな私ですが今も変わらず好きでいてくださる方、本当にありがとうございます。
何度も言うけれど今後私はその人たちを大切に生きていくのみです。
「おまえ明日死ぬかもしれないんだから(←青木亮の口癖)」

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

香西咲さん
2016年10月27日

今朝は正暴力のカウンセリングに行きます。思い出すの辛い。||||||(_ _。)||||||
やっぱりあの人達がしてきた事は人間とは思えない。

香西咲さん
2016年12月28日

前事務所で受けてきた仕打ち、経緯が詳しく書かれています。

2016年9月24日 withnews

香西咲さん
2018年2月15日

まさか人を散々死の直前まで追いやりながら、自分達が無傷で居れるとでも?

人生は上手く出来てますよね。
自分のした事は全て自身に返ってくる。

——————————————————– 

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらにまっているのは強姦罪か、それと同等の刑罰です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ