門楼まりりんさんはAV強要の被害に遭いそうになったそうです。「契約をされ掛けていた」。香西咲さんは、「後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました」

門楼まりりんさんというグラビアアイドルがいらっしゃるようです。

(2019年9月8日 スポーツ報知「元・門楼まりりん、千咲まりに改名し“芸能活動再開”『今後は炎上タレントとしてではなく心機一転頑張ります』」より、引用。)

芸能活動の“卒業”を発表していたグラビアアイドルの門楼まりりん(27)が8日、自身のインスタグラムを更新し、同日から千咲まりに改名し、新事務所に所属し仕事をスタートすることを報告した

元門楼は、昨年5月に酒気帯び運転で逮捕され、無期限謹慎処分を受けて6月26日に舞台復帰した、お笑いタレント・ガリガリガリクソン(32)と酒席に同席。その後、ツイッターなどで前事務所とのトラブルなどを暴露し炎上した

(再掲。門楼まりりんさん)
無断にAV出演契約が発覚し告白したのです
こちらが事実になりますので一度目を通して頂けますと大変有難いです

門楼まりりんさんのブログを参照します。

(2019年9月6日 門楼まりりんオフィシャルブログ「今までの経緯と、ありがとうございました。」より、引用。)

2019年9月6日 門楼まりりんさん

(前略。)
事務所から売名の強要をされた際にそんな事で売れたくないと断ると勝手に某有名アダルトメーカー様に2000万円程で契約をされ掛けていた事が後に発覚しました。
(後略。)

AV業界は、一般人だけでなく、芸能人にも触手を伸ばしています。
ふと、2年前の事件を思い出しました。
当時の報道をふりかえってみます。

2017年5月22日 産経新聞 モデル女性に「AV出ろ」 動画買い取り要求も 容疑で芸能事務所経営の男を逮捕

2017年5月23日 神奈川新聞 動画で女性恐喝未遂 容疑者逮捕、AV出演強要か 高津署

(引用)
神奈川新聞

「同署(高津署)によると、同容疑者(太田延寿)と女性は以前、大阪府内の別の芸能事務所の社員と登録タレントの関係だった」

産経新聞

(女性は)仕事の依頼がなく、アダルトビデオに出るよう求められたことから、契約の打ち切りを申し出ていた」

神奈川新聞

「同容疑者(太田延寿)が独立に際して女性を勧誘」
「女性がやめようとした」

産経新聞

(2017年)2月19日、(太田延寿は)東京都渋谷区のレンタルルームで、大阪市中央区の飲食店従業員の女性に、服を脱がされるなどして写った動画を数百万円で買い取るよう要求した上、わいせつな行為をしようとした」

(太田延寿は)アダルトビデオに出演しろ』などと脅し、わいせつな行為をしようとした」

「動画は(2017年)1月ごろ、無理やり酒を飲まされ撮影されたものだった」

産経新聞

「女性が(2017年)3月、高津署に相談して発覚した」

神奈川新聞

「4月には動画の一部を女性の携帯電話に送りつけていたという」

産経新聞

「モデル活動をしていた女性(28)を「アダルトビデオに出演しろ」などと脅し、わいせつな行為をしようとしたとして、神奈川県警高津署は(2017年5月)22日、恐喝未遂と強制わいせつ未遂の疑いで、川崎市宮前区有馬、自称芸能事務所経営、太田延寿容疑者(30)を逮捕した」

神奈川新聞

「逮捕容疑は、今年(2017年)2月19日午後7時50分ごろ、東京都渋谷区のレンタルルームで、大阪市中央区の飲食店従業員の女性(28)に対し、女性を撮影した動画データを買い取るよう現金数百万円を要求」
「動画データを元にアダルトビデオの出演を強要

——————————————————–

内閣府は2年前に、AV出演強要に関する調査をおこないました。

(2017年2月8日 朝日新聞「モデル勧誘、契約者の27%に性的要求 内閣府調査」より、引用。改行を施しています。)

「モデルにならないか」「テレビの撮影に協力してほしい」「高収入バイトに興味はないか」――。
こうした勧誘を受けた若い女性が、性的な行為の撮影などを要求されるケースが相次いでいることが、内閣府のインターネット調査でわかった。
勧誘されてモデル契約などをした4人に1人が性的な要求をされていた。

モデル契約などをした4人に1人が性的な要求をされていた
との結果は衝撃的でした。
内閣府の担当者は、
被害者が周囲に相談できず潜在化していることがうかがわれ、調査結果は氷山の一角だ」(産経新聞
とのべています。
氷山の一角
今回、あらためてこのことを再認識しました。

(再掲)
2019年9月6日 門楼まりりんさん

事務所から売名の強要をされた際にそんな事で売れたくないと断ると勝手に某有名アダルトメーカー様に2000万円程で契約をされ掛けていた事が後に発覚しました。

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。

(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。
これには
「遠いところですから……。よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。私さえ泣いておけば丸く収まると思った。結局AV撮影に応じることになりました。あとは、違約金などを理由に辞められないです。結局、弁護士を雇って辞められましたが、人生の大事な時期5年間を失敗したなと思う」
と語った。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月29日

#MeToo

#青木亮 から出された契約書にはアダルト内容の記載は一切ありませんでした。
私が自由に契約内容を変えて良いよとまで言われ信頼
2日後東京から車で富士山の麓まで連れていかれ #AV強要
後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました。

#アットハニーズAV強要
#性的搾取

香西咲さん
2017年10月7日

私が強要を受けた前事務所はもう解散した事務所ですし、契約書の現物ここに出しましょうか。
撮影直前に事務所と私の間で結んだ契約書。
ちなみにメーカーと事務所、私の三者間の契約書がある事は撮影後に知りました。

香西咲さん
2016年10月15日

メーカーと事務所が先に結んでいたらしく、私は撮影後にその契約書の存在を知らされました。

日付は撮影前に遡って記載されてました。

契約場所には行ってません。

——————————————————–

「五本目の指を」(駱駝詩社刊)という詩集があります。
作者は、真原牧(まばらまき)さんと丸岡忠雄さんです。
お二人は被差別部落の出身です。
「五本目の指を」には、部落民の哀しみをうたった詩がおさめられています。
タイトルにもなっている「五本目の指を」のなかから一部を引用します。

五本目の指を
真原 牧(まばら まき)

(前略。)

私は思った
私は泣いた

(中略。)

私は死のうと思った
傷をいやす為に

私の中でプッツリ切られてしまった
五本目の指を
その指をかえせ
その指をかえせ
とうたいながら

傷口はいえないだろう
傷口はいえないだろう
傷つけたものへの怒りとなって
その口はひらくだろう
なお大きく
深く

いたみながら

——————————————————–

部落差別とAV出演強要被害に共通しているのは、どちらも、理不尽、ということです。
不条理、と言ってもよいのかもしれません。

(再掲。真原 牧さん)
傷つけたものへの怒り

AV業界につきましてはいま鉄槌が下ろうとしています。
無様に拉(ひしゃ)げる姿を高いところから眺めさせていただきます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV強要に関する井上匡子教授の論説(その2)。香西咲さん「土地や資源、食料を得る為の“金”を女の体で作らせる」。オリンピックを控えたいま、人身取引犯の殲滅が急務です

昨日、AV出演強要に対する神奈川大学の井上匡子教授の論説を参照しました。

2018年2月
新宿区
新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)

井上匡子教授の所論は、上述の新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)に掲載されました。
昨日にひきつづき、もう一度、一部を引用します。

引用
井上匡子 神奈川大学法学部教授

売る側と買う側に、知識や交渉力などの対等性のないところで自由意志を問題にすることの愚かしさは変わらない。

以前、辻丸さんは、つぎのようにのべておられました。

(再掲)
“自己決定権”が”自己責任”に利用されるのを危惧する。

昨日の当ブログでも書きました。
昨今、
「AV出演強要はきっぱりとことわりましょう」
との箴言(しんげん)を目にすることがあります。
脱力感を覚えます。
きっぱりとことわることができるのならば、未曾有(みぞう)の性犯罪と言われるAV強要問題は起きません。

(参考。当ブログ)
2019年9月19日(昨日)

昨日の記事に対して海野さんからコメントをいただきました。
ご紹介をさせていただきます。

当ブログへのコメントより。)
海野さん

(前略。)
基本的にはヘアモデルで勧誘し、事務所に行くと、なんだかんだで水着の写真や裸の写真を撮られて、AVプロダクションの登録を勝手にされて、その後に仕事を決めるから、1度事務所に来い、来たらメーカー周りをされて、その後に撮影日が決まる断ると違約金で脅す、お前のために多くの人間が動いているんだぞ! AVを差別しているのかなど、信じられない言動をします。

おっしゃるとおりです。
福岡県の八女(やめ)市が昨年(2018年)の3月に発刊した男女共同参画情報誌をみてみます。

(2018年3月 八女市「おんな&おとことぅぎゃざー 第18号」より、引用。改行を施しています。)

<4ページ>
2018年3月 八女市 おんな&おとことぅぎゃざー 第18号

近年10代・20代の女性を中心に『「アイドル・モデルになりませんか」と声をかけられて、契約したらアダルトビデオ(AV)への出演を強要された。』

(略。)

このようなトラブルは、都会だけで起きていることではありません。
スマートフォンで検索して見つけたオーディション、SNSに書き込まれたタレント募集に申し込むなど、自分が連絡を取ったことで起きるトラブルに遭うケースもあり、若年層の女性に対する性的な暴力に関する問題は、被害者の心身に深い傷を残しかねない重大な人権侵害であるとともに女性活躍の前提となる安全・安心な暮らしの基盤を揺るがす問題です。

(略。)

このようなことで困っていませんか?
こんな被害が起きています。

(略。)

★契約書の言葉が難しく、プロダクションの簡単な説明を信用し、サインしてしまった。
その後、アダルトビデオに出演させられた。

あなたに知ってほしいことがあります。
性的被害やトラブルにあったことはあなたの責任ではありません。

★「契約してしまったから仕方ない。」と、一人で悩まず、すぐ相談を!!

あなたの抱えている問題は、一人で解決するにはとても難しい事です。
あなたの身体と心を守るためにも、まずは相談窓口にお電話ください。
(後略。)

(再掲。八女市)

<5ページ>
2018年3月 八女市 おんな&おとことぅぎゃざー 第18号
(男女が輝くネットワーク八女 佐藤雅子さん)

昨年(2017年)の8月25日から27日の3日間、埼玉の国立女性教育会館でのフォーラムに八女(やめ)から4名参加しました。

——————————————————–

2018年3月 八女市 おんな&おとことぅぎゃざー 第18号
(男女が輝くネットワーク八女 佐藤雅子さん)

印象深かったのは、性暴力に関するワークショップです。
ポルノ(AV)被害のワークでは、モデルやアイドルとしてスカウトされた女性達の契約奴隷化、辞められない苦悩や将来への不安から自殺へ追い込まれる被害者の現状、そしてその根底にある男性の攻撃的な性、女性の受動的な性、商品化される性、教え込まされるジェンダー規範の問題について提起がありました。
性の商品化の予防として、嫌なことには「イヤ!」と言える力をつけることが大切です。
そのためにも日頃から不快なことに対するNOの明言、そして自尊感情の必要性を学びました。
自分は守る価値のある存在だという自尊感情がなければ、自分を守ることを諦めてしまうのです。

——————————————————–

2018年3月 八女市 おんな&おとことぅぎゃざー 第18号
(男女が輝くネットワーク八女 佐藤雅子さん)

魂の殺人と言われる性暴力に誰一人として出会ってほしくありません。
それ故、人が持つ幸せになる権利、NOと言う勇気、インターネットを信用し過ぎてはいけないことを伝えていこうと思いました。

——————————————————–

(再掲。佐藤雅子さん)
モデルやアイドルとしてスカウトされた女性達の契約奴隷化
辞められない苦悩や将来への不安から自殺へ追い込まれる被害者の現状

秀抜な実態把握です。

嫌なことには『イヤ!』と言える力をつけることが大切です
日頃から不快なことに対するNOの明言
NOと言う勇気
残念ながら、こうした努力をしても、AV業界人の前では無力です。
高松市(香川県)の男女共同参画センターのホームページを参照します。

(高松市「女性がSNSでAV強要被害、警戒心もって!」より、引用。改行を施しています。)

高松市

女性のAV出演強要被害は重要問題として内閣府男女共同参画局からも度々注意の通達がくる。
最近はスカウトにSNSが利用され、巧みに女性に近づく事例が見受けられるようだ。
LINEでのやりとりが始まり、徐々に親しげになり、警戒心がうすれて直接会う、そして巧みにAV出演につなげられてしまうらしい。
(後略。)

巧みにAV出演につなげられてしまうらしい
これが現実です。
きっぱりとことわることはできません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年11月17日

2011年。
あの時の私は空気を読み過ぎて前事務所社長やスタッフの機嫌を伺う様になっていた。
騙された事に気づいた時も、言いたい事もなかなか言い出せないまま、前社長と造り上げた“架空の”人参を目掛けて走ってた。
3年間。

香西咲さん
2017年12月20日

戦争なんて大規模な事だけでなく身近な #AV強要 や詐欺も大元を辿れば同じ事だと思う。土地や資源、食料を得る為の“金”を女の体で作らせる
#青木亮
#MeToo
#HumanTrafficking

「なぜ戦争は終わらない?」池上彰氏が唯一顔を曇らせた質問

——————————————————–

(再掲。香西咲さん)
土地や資源、食料を得る為の“金”を女の体で作らせる

(2018年2月 新宿区新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)より、引用。改行を施しています。)

<31ページ>
井上匡子 神奈川大学法学部教授

また、これらの問題が個的な関係ではなく、制度的搾取の問題である点も忘れてはならない。
AV強要では、若い女性に衆人環視の下で無理やり性交させ、その映像を販売することで経済的な利益を得る側がいる。
それが個人の孤立した行動ではなく、システムとして存在している。
これは日本国内における人身取引であり、「搾取」である。
これらの問題は、特殊な業界の特殊な問題ではない。
そこに潜む女性の性にたいする差別感も含め、これがシステムの問題である以上、私たち一人一人がそこに加担しているのである。

——————————————————–

(再掲。井上匡子 教授)
これがシステムの問題である以上、私たち一人一人がそこに加担しているのである

私たち一人一人がそこに加担している
国民の無関心が、結果として、AV業界人をのさばらせてきました。

オリンピックまでにAV業界が存在しないまともな日本をつくりあげていきたいものです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV強要。新宿区の男女共同参画推進計画に掲載された井上匡子教授の論説。香西咲さんがおっしゃるように、「気を付けられるレベルではありません」

昨年(2018年)、新宿区は、新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)をとりまとめました。

新宿区のホームページをみてみます。

(2018年3月9日 新宿区「新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)を策定しました」より、引用。)

2018年3月9日 新宿区

区では、新宿のまちに住む人々はもとより、新宿で働き、学び、活動するすべての男女が、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮し、責任も分かち合い、共にあらゆる分野に参画することのできる社会を実現していくことを目的に、平成20年2月に「新宿区男女共同参画推進計画」(平成20年度~平成23年度)、それに続く平成24年に「新宿区第二次男女共同参画推進計画」(平成24年度~平成29年度)を策定し、男女共同参画社会の実現に向けた施策を積極的に進めてきました。

今回策定した「新宿区第三次男女共同参画推進計画」は、「新宿区第二次男女共同参画推進計画」に引き続く計画と位置付け、平成30年(2018年)度~平成35年(2023年)度の6年間を計画期間としました。
(後略。)

新宿区第三次男女共同参画推進計画を一読しました。
なかに、AV出演強要に関するコラムが掲載されています。
一部を抜粋します。

(2018年2月 新宿区新宿区第三次男女共同参画推進計画(平成30(2018)年~平成35(2023)年度)より、引用。改行を施しています。)

<31ページ>
井上匡子 神奈川大学法学部教授

2017年に大きな問題となったのが、AV(アダルトビデオ)出演強要である。
「モデルにならないか」などと誘われ、行ってみたらAVに無理やり出演させられる。
AVへの出演契約に持ち込む作戦は巧妙であり、その後も逃げ出さないようにさまざまな手段を用いて縛り付ける。
今年になり、支援団体が被害の報告書を発表したほか、警察がプロダクションを摘発し、政府も緊急対策として啓発活動などを実施した。
業界側も出演強要を防ぐ仕組みづくりに乗り出した。
しかしながら、支援団体に寄せられる相談は、昨年と変わっていない。
そして、自由意志で契約したのではないかという被害者へのバッシングもやまない。
そして、インターネットの普及に伴い、(略)、被害者を縛り付ける方法は、大きくかわってきている。
(略。)
AV強要では、ようやく撮影現場から逃れても、誰にも見られたくない自分の映像がネット上に残り、いつだれにそれを見られてしまうかわからない恐怖が続いてしまう。
JKビジネスもAV出演強要も、呼び方は変わっても古くからある性の商品化の問題である。
売る側と買う側に、知識や交渉力などの対等性のないところで自由意志を問題にすることの愚かしさは変わらない。
また、これらの問題が個的な関係ではなく、制度的搾取の問題である点も忘れてはならない。
AV強要では、若い女性に衆人環視の下で無理やり性交させ、その映像を販売することで経済的な利益を得る側がいる。
それが個人の孤立した行動ではなく、システムとして存在している。
これは日本国内における人身取引であり、「搾取」である。
これらの問題は、特殊な業界の特殊な問題ではない。
そこに潜む女性の性にたいする差別感も含め、これがシステムの問題である以上、私たち一人一人がそこに加担しているのである。

(再掲。井上匡子 教授)
警察がプロダクションを摘発し、政府も緊急対策として啓発活動などを実施した

埼玉県警と神奈川県警のホームページを参照します。

埼玉県警
埼玉県警

街で「モデルになりませんか」「芸能界に興味はありますか」などと誘われ、SNSなどの連絡先を交換し、その後、AVへの出演を求められ、性的な行為を強要される事例が発生しています。
飯能警察署からのお願いです

1.被害に遭わないために

街やSNSなどで知り合った人へ気軽に氏名や住所、メールアドレスなどの個人情報を教えてはいけません。しつこい勧誘は「できません」「いやです」ときっぱりと断りましょう。

神奈川県警
神奈川県警

●スカウトをきっかけとした事例
街中で、スカウトから「モデルになりませんか。」と勧誘され、付いて行ったら、財布等を取り上げられ、男数人に囲まれた状態でアダルトビデオ出演に関する契約書を交わすことを強要され、出演させられた。

●インターネット上のモデル応募をきっかけとした事例
インターネット上で、ファッションモデルの撮影だと思って応募したが、実際はアダルトビデオの撮影だと分かったものの、断ることができず撮影に応じ、更に撮影された動画が無修正で海外に発信された。

被害を未然に防ぐには

街中で声をかけられたり、友人から誘われたりしても、きっぱりと断りましょう。

埼玉県警と神奈川県警は、スカウトからの誘いを毅然と断りましょうと言っています。
大阪府警も同様です。

大阪府警

(再掲。埼玉県警)
街やSNSなどで知り合った人へ気軽に氏名や住所、メールアドレスなどの個人情報を教えてはいけません
しつこい勧誘は『できません』『いやです』ときっぱりと断りましょう

(再掲。神奈川県警)
街中で声をかけられたり、友人から誘われたりしても、きっぱりと断りましょう

(再掲。大阪府警)
安易に応じたり、連絡先を教えないようにしてください

上述のコラムのなかで井上匡子教授はこうのべています。
売る側と買う側に、知識や交渉力などの対等性のないところで自由意志を問題にすることの愚かしさは変わらない
と。
きっぱりと断ることができない。
これがAV出演強要問題の本質です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2015年7月11日

①高齢者の銀行預金が振り込め詐欺で狙われるように
今若い女性は〝性〟を狙われるんだそう。AV出演を自分で決めたと思っていても実はそう洗脳されていた事も多いから周りにちゃんと相談して決めること。
AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要

香西咲さん
2016年6月12日

一般の皆様にお伝えしたい事。
これを機に『騙される方が悪い』と言う風潮やめて頂きたいですね。
素人の常識なんて簡単に覆されます。
『気を付けて』って言われて気を付けられるレベルではありません
相手はプロ。何枚も何枚も上手をいってきます。

香西咲さん
2017年1月2日

娘を持つ親御さんへ
決して他人事ではありません。芸能、パーツモデル(手など)、ナンパ…あの手この手で勧誘してきます。年齢も容姿も関係ありません。スカウトや事務所がその気になれば整形させてでもAV出させます。環境も思考も180度変えさせられます。注意を払いきれるものではありません

香西咲さんのおっしゃるとおりです。
きっぱりと断れないように策を弄するのがAV業界人です。

(再掲。井上匡子 教授)

売る側と買う側に、知識や交渉力などの対等性のないところで自由意志を問題にすることの愚かしさは変わらない。

(2017年2月8日 毎日新聞「AV問題 搾取される“女優” 支援団体に聞く・下」より、引用。改行を施しています。)

毎日新聞 記者

具体的には、どういった法整備をイメージしているのですか?

金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)

漠然としてはいますが、「今ある圧倒的な格差を逆転させるような法律」です。
消費者金融の例を思い浮かべてください。
かつて「借りる方が悪い」とされていたものが、貸金業法の改正によって「貸す側の問題」に逆転しました。
AVについても、出演者と事業者の間にある格差を逆転するようなことを、法律に明記してほしいです。

いまあらたに法律がつくられようとしています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

被害者の方々に責任はありません。
露ほども。

(再掲。井上匡子 教授)
これらの問題が個的な関係ではなく、制度的搾取の問題である
システムとして存在している

性的搾取を業としているAV業界の殲滅が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんのAV強要被害が微罪で済まされてよいはずがありません。警察と検察は「給料どろぼう」と罵倒されないように奮励してほしいものです

AV出演強要に関して、行政書士の田中明さんというかたが所感をのべておられます。
一部を抜粋します。

(2016年3月19日 インターネット行政書士のフロンティア戦略 第129号「現代の性奴隷」より、引用。改行を施しています。)

2016年3月19日 田中明さん(行政書士)

NPO法人ヒューマンライツ・ナウは、アダルトビデオに出演した女性達が奴隷のよう な状況に置かれており、救済する法律がないまま放任されているという調査結果を公表しています。

(参考。ヒューマンライツ・ナウ)
□2016年3月3日 日本:強要されるアダルトビデオ撮影 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、女性・少女に対する人権侵害 調査報告書

2016年3月19日 田中明さん(行政書士)

彼女達の殆んどはアダルトビデオの撮影という認識がないまま騙されて契約しており、拒否すると「違約金を払って貰う」「親にばらす」「学校や実家まで迎えに行く」などと脅されアダルトビデオへの出演を強要されているのが実態であり、それは性奴隷そのものです。

——————————————————–

2016年3月19日 田中明さん(行政書士)

ネットにはアダルトビデオの広告が溢れており、誰でもビデオの一部を無料で閲覧することが出来ます。

私見を述べれば、アダルトビデオというのは芸術性など全くない猥褻映像そのものです。

女性達が高額な違約金で脅されて出演し、不特定多数の人が閲覧し得る状況に晒されているのに削除権も一切持たないという状況は恐るべき人権侵害です。
誰が見ても猥褻な映像がネットで配信されているのに刑法175条猥褻文書等頒布罪を適用して業者を検挙したという話を聞かないのはなぜか。

——————————————————–

2016年3月19日 田中明さん(行政書士)

AVプロダクションを監督する官庁がなく、直接規制する法律もなく、暴行や強要がやりたい放題というのは、行政の怠慢以外の何物でもありません。

——————————————————–

田中明さんは、
女性達が高額な違約金で脅されて出演し、不特定多数の人が閲覧し得る状況に晒されているのに削除権も一切持たないという状況は恐るべき人権侵害です
とのべています。
内閣府の女性に対する暴力に関する専門調査会でも同様の指摘がありました。

(2016年年12月13日 第85回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<19ページ>
平川和子 委員(東京フェミニストセラピィセンター所長)

性暴力救援センターのほうに寄せられる相談なのですが、削除をお願いしたのだけれども、削除の対象にならなかったという方からの相談があって、その理由を聞いてみますと、リベンジポルノに近いと思うのですが、個人が撮った画像は鮮明度が低く曖昧であって余りはっきりしないので、そのまま放っておいたほうがいいかもしれないというように言われたということがあって、そのもう一つ裏側に、今はプロの人が撮った、これはAVのことと関係するかと思うのですが、ネット上に流れているので、そういう被害者の方が心配になる曖昧な画像は大丈夫ですよみたいな形で、取り合ってもらえなかったというようなことでした。

私たちは性暴力被害者の支援という形でやっていますので、客観的に画像が鮮明であろうとなかろうと、被害者たちの、とりわけ青少年と言われる未成年の人たちというのは、怖くて学校にも行けないとか、それから、親に知られるのではないか、友達にわかるのではないかというようなことで怯えていたりして、心身健康状態に大きなストレスを及ぼします。

そうすると、どの画像を削除するのかどうかという検討は、どこでどのようにするのかということなどが知りたいのです。

(再掲。田中明さん)
誰が見ても猥褻な映像がネットで配信されているのに刑法175条猥褻文書等頒布罪を適用して業者を検挙したという話を聞かないのはなぜか

与党の自民党はこの問題に手をつけようとしています。

(2019年2月5日「Safer Internet Day 2019 シンポジウム」より、引用。改行を施しています。)

2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長(衆議院議員)  

宮﨑氏からは、AV出演強要問題に特有の論点について指摘がありました。
すなわち、この問題の難しさは、様々な社会現象が絡み合っているところにあるため、的を絞った議論が必要である点にある。
この問題を検討する際に考慮すべき権利をとってみても、表現の自由や営業の自由、さらには職業選択の自由等、多様な権利が関わってくるが、これらの権利に配慮しつつ、いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要であると語りました。
また、性に関わることは通常秘め事と位置づけられるものであり、AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがあるという風に考えているという指摘がありました。

(再掲。田中明さん)
暴行や強要がやりたい放題というのは、行政の怠慢以外の何物でもありません

おっしゃるとおりです。

(再掲)
AV強要洗脳集団の社長の #青木亮 のやり口
こういう連中を野放しにされていて本当に法治国家と言えるのだろうか

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月23日

(前略。)
少しでも私の事を思って下さるなら #青木亮 をAV業界に野放しにせず、 #AV強要 被害を撲滅する事に尽力して下さい。

過日の当ブログでふれたとおり、警察庁はこのたび、AV出演強要の解釈を変更しました。

(参考。当ブログ)
2019年7月25日
2019年7月26日
2019年7月27日

当初はモデル契約等として、アダルトビデオへの出演があることを知らずに契約した」件に関する通達の変遷をみてみます。

AV出演強要に関する警察庁の通達

(2016年)
(2017年)

その契約について民事裁判でどのように認定・判断が下されるかは、個別事情によらざるを得ない。

  

(2018年)
女性が出演を拒否できる可能性は高い。

  

(2019年)
その契約は無効である。

その契約は無効である
被害者の女性にとっては、契約が無効なのにもかかわらずAVに出演させられた、ということになります。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月29日

いつもありがとうございます。
起訴されたとしても
加害者である #青木亮 は被害者の受けた苦しみや一生残る後遺症を味わう事は無いのですよね。
良くてたった数年の禁固刑
或いは私で稼いだAV一本分にも満たない罰金
( #労働者派遣法違反 で #略式起訴 された時はそうでした。)

報われません。

(再掲。田中明さん)
暴行や強要がやりたい放題というのは、行政の怠慢以外の何物でもありません

警察の奮励を期待しています。
現在のような体(てい)たらく(ありさま)では、
「給料どろぼう」
と罵倒されてもしかたがありません。
検察についても同じことが言えますが。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

CCN特派記者Tさんによりますと、警察は現在、AV出演強要で大規模な捜査をおこなっているようです。このうごきが香西咲さんの事件に波及することを期待しています

先月、CCN(映像制作者ネットワーク)のかたが気になるツイートをされました。

この文章を投稿されたのは、CCN特派記者Tさんです。
CCN特派記者Tさんの略歴は以下のとおりです。

(ブログ CCN、こちら特派員☆彡「プロフィール」より)
ニックネーム CCN特派記者T
自己紹介 CCNニュースの特派記者のTです。独自の人脈とネットワークとで、新鮮なニュースお伝えいたします。
性別 男性
お住まい 埼玉県
職業 その他
趣味・興味 カメラ、音楽鑑賞、旅行。コスプレイベントに遊びに行くこと。
経歴 文科系大学卒。専攻はマスコミ。某有名週刊誌(写真誌)の契約ライターです。

(再掲。CCN_News 映像制作者ネットワークニュース)

今、動いてる警察の捜査。関係者から聞こえてくる話では、かなり異常、いや異様みたいで。取り調べの人数も回数もどんどん増えていって、このままだと2016年のあのキャンプ場事件に匹敵する大掛かりなものになるとの話も出て来たり。プロダクションだけでは終わらないかも…です。#AV出演強要問題

この捜査は現在どうなっているのでしょうか。
CCN特派記者Tさんが8日前に書かれたブログを参照します。

(2019年9月10日 CCN、こちら特派員☆彡「安倍政権の働き方改革」より、引用。)

2019年9月10日 CCN特派記者Tさん

すでにこのブログでも話しましたが、警察の方はすでに6月から動いてます。

2019年9月10日 CCN特派記者Tさん

(略)、警察の捜査はAV業界だけのもの。
こちらは静観するしかすべがありません。弁護士ルートなどで情報を入手するくらいしか動きようがありません。
CCNでは警視庁クラブを通じて最新の情報の入手を試みてますけど、捜査状況の詳細までは教えてもらえません。
現在も取り調べが着々と進められていることくらいしか、報告ができません。
ただ、スカウトマン、マネージャー、女優、メーカー関係者などが取り調べの対象だということはわかってます。
ちなみに、捜査は年内まで続くとの話が出ています。

2019年9月10日 CCN特派記者Tさん

AV業界としては、警察の捜査が終わる年末か来年の初頭から、大きな動きがありそうです。
勿論、これとは別に、議員立法の動き(法案提出)がどこかで入ってくることも付け加えておきます。

——————————————————–

CCN特派記者Tさんはツイートのなかで、
このままだと2016年のあのキャンプ場事件に匹敵する大掛かりなものになるとの話も出て来たり
とのべています。
3年前の「キャンプ場事件」をふりかえってみます。

(2016年7月8日 産経新聞「キャンプ場でアダルトビデオ撮影、大量52人を書類送検 出演強要事件に絡み」より、引用。改行を施しています。)

2016年7月8日 産経新聞

警視庁保安課は(2016年7月)8日までに、神奈川県内のキャンプ場の屋外でアダルトビデオ(AV)を撮影したとして、公然わいせつと同ほう助の容疑で、AV制作会社「CA」(東京都港区)の40代男性社長や女優、男優ら52人を書類送検した。

所属していた女性を実際の性行為を含むAV撮影に派遣したとして、大手AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長らが逮捕された事件に絡み発覚した。

(中略。)

書類送検容疑は、平成25年(2013年)9月30日と10月1日、神奈川県相模原市内の屋外キャンプ場で、AV制作のために男女のわいせつな行為を撮影したなどとしている。
このAV撮影に参加した女性が昨年(2015年)12月、出演を強要されたと同庁に相談していた。

キャンプ場事件は、「大手AVプロダクション『マークスジャパン』の元社長らが逮捕された事件に絡み発覚」しました。
この事案はさらに拡大します。

(2016年10月4日 朝日新聞「AV撮影に女優派遣容疑、6社と12人書類送検 警視庁」より、引用。改行を施しています。)

2016年10月4日 朝日新聞

アダルトビデオ(AV)の撮影現場に所属女優を派遣したとして、警視庁は(2016年10月)4日、東京都内の芸能プロダクション6社の社長ら計12人と、この6社を労働者派遣法違反(有害業務派遣)の疑いで書類送検し、発表した。いずれも容疑を認めているという。

書類送検されたのは、東京都渋谷区の大手芸能プロダクション「バンビ・プロモーション」の社長の男(49)ら。
ほか5社は、いずれも同区の「F2F Entertainment」、「ディクレア」、「ARTE Entertainment」、いずれも新宿区の「オールプランニング」、「CLAP」。
(後略。)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月28日

今、TBSの『実録犯罪列島2016』やってるけど、これで私の一件も取り上げて欲しいです。
優先順位が低かったのか?報道はされていませんが、
マークスインベストメント/アットハニーズ/ARTE Entertainment前社長のA氏は2回目の書類送検をされました。マネージャーS氏も

(再掲)
産経新聞
大手AVプロダクション『マークスジャパン』の元社長らが逮捕された事件

朝日新聞
東京都内の芸能プロダクション6社の社長ら計12人と、この6社を労働者派遣法違反(有害業務派遣)の疑いで書類送検

これらの事件は、内閣府の女性に対する暴力に関する専門調査会でもとりあげられました。
議事録を参照します。

(2016年11月15日 第84回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<9ページ>
2016年11月15日 髙坂 警察庁 保安課 保安課長補佐

次に、検挙の関係ですが、最近の事例としては、本年(2016年)6月、警視庁が芸能プロダクションに所属していた女性をAV制作会社に派遣したとして、このプロダクションの元社長ら3名を労働者派遣法の有害業務派遣等で検挙。
また、同じく警視庁が本年(2016年)10月、芸能プロダクションに所属していた女性をAV制作会社に派遣したとしまして、6社の社長ら計12名を労働者派遣法の有害業務派遣等で検挙しております。
最初にお話しした事例でございますけれども、都内の芸能プロダクションの社長ら3名が、厚生労働大臣の許可を受けないでAV制作会社がアダルトビデオを制作するに際しまして、その企画、内容が、出演女優が男優を相手に性交等させることを知りながら、同社が雇用する女優を制作会社に派遣したというものでございまして、撮影現場におきまして、同制作会社の依頼を受けた監督の指揮命令下に女優を稼働させ、もって公衆道徳上有害な業務につかせる目的で労働者派遣をしたということで、労働者派遣法の有害業務派遣等で検挙したものでございます。

被害女性ですが、雇用関係を結ぶに当たりまして、AV出演を告知されず、モデルとして採用されましたが、その後、AVの出演を拒否しましたら、違約金を払えなどと言われまして、仕方なく出演したということでございます。
なお、被疑者3名と被疑法人に対しましては、罰金刑の判決が出ております。

2つ目の事案でございますが、最初にお話ししました事案のAV撮影現場に所属女優6人を派遣していたということで、都内の別の6社の芸能プロダクションの社長ら12人を同じく労働者派遣法等で検挙したものでございます。
なお、この種の事件の捜査では、雇用関係にあることの立証が不可欠でございますが、中にはそれが判然とせず、契約の実態の解明に要する時間、証拠の収集など、相応の困難を要するものと聞いております。

ただ、いずれにしましても、相談を受けた場合は 、法と証拠に基づきまして、厳正に取り締まる方針で臨んでいきたいと考えております。

——————————————————–

AV出演強要の場合、職業安定法や労働者派遣法が適用されるのは、スカウト、プロダクションです。
メーカーは範囲外です。

(再掲。CCN特派記者Tさん)
スカウトマン、マネージャー、女優、メーカー関係者などが取り調べの対象だということはわかってます

メーカー関係者」は送検の対象にふくまれているのでしょうか。
単なる参考人、ということも考えられますが。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

(2017年2月19日 日刊SPA! 「AV業界“ドロドロ相互不信”の内幕…手をつくして攻めてくる警察捜査、関係者に疑心暗鬼が蔓延」より、引用。)

週刊SPA!

日刊SPA!

あるAVプロダクション関係者は言う。
「香西咲さんの件では、元芸能人をウリにすることで人気のメーカー『MUTEKI』に20人規模の捜索が入ったそうです。

香西咲さんの事件が労働者派遣法違反程度の微罪で済まされることはゆるされません。

(再掲。CCN特派記者Tさん)
現在も取り調べが着々と進められている
スカウトマン、マネージャー、女優、メーカー関係者などが取り調べの対象だということはわかってます
捜査は年内まで続くとの話が出ています

このうごきが香西咲さんの事件に波及することを期待しています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

JKの有識者懇談会の報告書とAV強要に対する法規制(その3)。香西咲さんの人生を台無しにしたやつらが跋扈していられるのもあとわずかです

2日前から、JKビジネスが条例で規制されるまでの経緯をみています。

(参考。当ブログ)
2019年9月14日
2019年9月15日

東京都では2017年7月1日からJK条例が施行されました。
昨日と同じく当該条例が制定されるまでの経緯をふりかえってみます。
(※詳細につきましては、昨日の当ブログをご覧ください。)

<JK条例について>

①2016年2月
 警視庁がJKビジネス対策を検討する有識者懇談会を発足させる。
  
②2016年5月25日
 有識者懇談会は、「法規制をすべき」との報告書を警視庁に提出する。
  
③2017年2月15日
 警視庁がJK条例案を公表する。
 警視庁はその後、JK条例案を都議会に提出する。
  
④2017年3月30日
 都議会はJK条例案を可決した。

——————————————————–

AVにつきましても同様の流れで推移しているものと思われます。
既視感をいだかれているかたも多いのではないでしょうか。

(参考。広辞苑より)
・既視感
心理学用語のデジャ・ビュのこと
それまでに一度も経験したことがないのに、かつて経験したことがあるように感ずること

もっとも、JKビジネスの場合は条例です。
AV出演強要に関しては、法律がつくられようとしています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

(再掲)
<JK条例について>

②2016年5月25日
 有識者懇談会は、「法規制をすべき」との報告書を警視庁に提出する。
  
③2017年2月15日
 警視庁がJK条例案を公表する。
 警視庁はその後、JK条例案を都議会に提出する。

ご覧のとおり警視庁の有識者懇談会は、2016年5月25日に報告書をとりまとめました。

 平成28年(2016年)5月

 いわゆるJKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方に関する有識者懇談会

 いわゆるJKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方に関する報告書

この報告書は第83回女性に対する暴力に関する専門調査会でも話題になりました。
時系列で記すと以下のような感じです。

②2016年5月25日
 有識者懇談会は、「法規制をすべき」との報告書を警視庁に提出する。

2016年9月12日
 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

③2017年2月15日
 警視庁がJK条例案を公表する。
 警視庁はその後、JK条例案を都議会に提出する。

同専門調査会の議事録を参照します。

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<16ページ>
2016年9月12日 藤森 警察庁 生活安全局少年課 課長補佐

(略)、この有識者会議につきましては、「JKビジネス」が有する治安上の問題点と、それに起因する犯罪の防止対策について検討するために、今年の2月に設置されまして、4回の会議を経て今年の5月に報告書を取りまとめました。

報告書におきましては、「JKビジネス」に起因する犯罪の防止対策として、法的規制と青少年を取り巻く社会環境の整備の2つが提言されております。

<14ページ>
2016年9月12日 藤森 警察庁 生活安全局少年課 課長補佐

(略)、そもそもJKビジネスについては、そこに含まれる営業形態が多様でありまして、明確に定義付けすることが非常に難しく、これを直接規制するような法令も存在しておりません

これを直接規制するような法令も存在しておりません
AV出演強要と同じです。

<15ページ>
2016年9月12日 藤森 警察庁 生活安全局少年課 課長補佐

報告書の2ページ前の資料2を御覧いただければと思います。こちらに「JKビジネス」店舗の検挙事例ということで、店舗を摘発した事例が載っております。
こちらを御覧になっていただきましても、労働基準法ですとか、風営法ですとか、児童福祉法など、各種の法令を適用して取締りを行っている状況がうかがえると思いますけれども、この中でも多いのは、労働基準法の危険有害業務への就業制限、この事例の中でも上の四つでございますが、この規定を適用していることが多いです。労働基準法の62条2項には、18歳未満の者を福祉に有害な場所における業務に就かせてはならないということが規定されているのですけれども、こういった「JKビジネス」の営業が児童の福祉に有害な業務であるということを立証した上で、労働基準法で検挙するという形の事件捜査を行っております。
また、労働基準法だけではなく、経営者側から被害児童へ強い支配性があるといった必要な要件が満たされている場合には、より罰則の重い児童福祉法の児童に淫行させる行為ですとか、児童の有害支配行為といった条項を適用しておりまして、できるだけ重い罰則が適用されるような形で事件捜査ができる場合にはそういった捜査を行っているという状況でございます。
先ほどから申し上げているとおりでございますけれども、「JKビジネス」の営業はさまざまな形態が存在しておりますので、有害な業務であると直ちには言えないようなものもございます。
ですので、摘発にはいろいろと苦労しながら、工夫しながら違法行為の摘発を行っているというのが実態です。

<17ページ>
2016年9月12日 藤森 警察庁 生活安全局少年課 課長補佐

今後、拡大していくかどうかということなのですけれども、これは私見になってしまうのですが、これまでずっと、正直野放しにされていたようなものに対して、対策を警察としても社会としても打っていっているという状況がございますので、このままずっと右肩上がりに拡大していくかというと、若干疑問があるかなと思います。

工夫しながら違法行為の摘発を行っているというのが実態です
こちらにつきましてもAV出演強要と同じです。

これまでずっと、正直野放しにされていた
AV出演強要もそうです。
野放しにされてきました。

<17ページ>
2016年9月12日 辻村みよ子 会長(明治大学法科大学院教授)

先に伺っておいたほうがいいかもしれませんから、私から質問させて頂きますが、今日は警視庁の公表資料を用いて警察庁で御報告をされ、今、神奈川のことなどに関連して、今後、実態把握に努めるという形で御説明くださったのですが、警察庁自体が現在、この問題について、有識者会議というのはないと思いますが、どういう組織を使ってどのような取組を実際にしておられるのか。

先ほどの概算要求のところで例えばJKビジネスの調査とか取組というところに警察庁からは予算請求はなかったですね。
今後、どのようになさろうとしているのか。
要するに愛知県のほうで条例をつくられて、

(参考。産経新聞)
2015年4月22日 SKE48は対象外! 「制服着用」アウトのJKビジネス規制条例…バイト感覚で「性」売る女子高生の闇

少女によるマッサージや添い寝、デートなどを売りにした接客サービス「JKビジネス」は一掃されるのか。愛知県で3月、女子高生を「JK」と称して商品化し、性を売り物とする業態を禁じる県条例の改正案が可決、成立した。少女売春の温床になっているとされるJKビジネスについて、同県は全国で初めて、多様な業態を包括的に規制することに乗り出したのだ。

(参考。愛知県知事)

(参考。パンフレット)
「JKビジネス」は危険がいっぱい!!

それぞれ地方で取り組んでいるということはわかったのですが、全国的に警察庁でしなければいけないことはあるのではないかと思うのですが、そこはいかがでしょうか。

<17ページ>
2016年9月12日 藤森 警察庁 生活安全局少年課 課長補佐

何か具体的に予算措置をしてということは今のところは特にございません。

他方で、警察庁の役割といたしましては、都道府県警察への指導というものがございますので、適切に各都道府県警察の施策の状況についてフォローするとともに、全国的な傾向などについての必要な把握をしまして、全国警察に対する指導を行っていくという形になろうかと思います。

(再掲。辻村みよ子 会長)
警察庁自体が現在、この問題について、有識者会議というのはない

JKとAVがおおきく異なる点はここです。
AVの場合は、政府が有識者検討会を設置しました。
(※詳細につきましては、過日の当ブログをご覧ください。)

<JK条例について>

①2016年2月
 警視庁がJKビジネス対策を検討する有識者懇談会を発足させる。

②2016年5月25日
 有識者懇談会は、「法規制をすべき」との報告書を警視庁に提出する。

2016年9月12日
 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

③2017年2月15日
 警視庁がJK条例案を公表する。
 警視庁はその後、JK条例案を都議会に提出する。

④2017年3月30日
 都議会はJK条例案を可決した。

政府、与党は、条例の制定によってAV出演強要問題をおわらせようとはしませんでした。
あらたに法律をつくろうとしています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月7日

(前略。)
私は行ける所まで頑張るのみです。
今後は友達関係や家族関係…
再構築していきたいな。

——————————————————–

(2017年2月8日 第86回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<22ページ>
2017年2月8日 柿沼トミ子 委員(全国地域婦人団体連絡協議会会長)

それから、「今後の課題」の中で、取り締まり等の強化がありますけれども、もっとそういった確信犯の業者に対する社会的制裁を強める必要があるのではないかと思います。
そこら辺が、こういった女性が割と中心ですが、男性も今はいるかもしれませんが、ちょっと緩いのかなと思いますので、もうちょっと社会的制裁、罰則も含めた強化をしていただきたいと願います。

AV出演強要新法ではどのような罰則が設けられるのでしょうか。
楽しみです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

JKの有識者懇談会の報告書とAV強要に対する法規制(その2)。JKビジネスのつぎはAVです。香西咲さんのうったえが、現在、過去、未来の被害者をすくおうとしています

昨日のつづきです。
JKビジネスは条例で規制、という顛末となりました。

(参考。当ブログ)
2019年9月14日

東京都でJK条例が制定されるまでの過程をふりかえってみます。

(2016年5月25日 日本経済新聞「JKビジネスの規制強化 有識者懇が法制化など提言」より。)

懇談会は今年(2016年)2月に発足。

(2016年5月25日 日本経済新聞「JKビジネスの規制強化 有識者懇が法制化など提言」より。)

青少年問題の専門家や弁護士ら5人が議論をしてきた。

(2016年5月25日 朝日新聞「『JKビジネス』法規制求める 有識者懇談会」より。)

女子高校生のマッサージや添い寝などの接客を売りにする「JKビジネス」について、対策を検討する警視庁の有識者懇談会が(2016年5月)25日、18歳未満の少女が働くことを禁止するなどの法規制をすべきだという報告書をまとめ、警視庁に提出した。

(2017年2月16日 日本経済新聞「JKビジネス規制へ条例 警視庁、都議会に提出へ」より。)

女子高校生が制服姿などで接客する「JKビジネス」を規制するため、警視庁は(2017年2月)15日、18歳未満を働かせることを禁止する東京都条例案を公表した。
22日に開会する都議会定例会で審議される。

(2017年3月30日 産経新聞「JKビジネス規制条例案可決、全国初 東京都議会、18歳未満就労禁止へ 水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋も」より。)

東京都議会は(2017年3月)30日、女子高生らが男性客に親密なサービスを行う「JKビジネス」を規制する条例案を可決した。

(2017年3月30日 産経新聞「JKビジネス規制条例案可決、全国初 東京都議会、18歳未満就労禁止へ 水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋も」より。)

警視庁が実態把握と禁止行為を明確にしようと、今定例会に条例案を提出していた。

——————————————————–

上述の流れを簡単に確認します。

<JK条例について>

①2016年2月
 警視庁がJKビジネス対策を検討するため有識者懇談会を発足させる。
  
②2016年5月25日
 有識者懇談会は、「法規制をすべき」との報告書を警視庁に提出する。
  
③2017年2月15日
 警視庁がJK条例案を公表する。
 警視庁はその後、JK条例案を都議会に提出する。
  
④2017年3月30日
 都議会はJK条例案を可決した。

——————————————————–

警視庁は有識者懇談会から、「法規制が必要」との提言をうけました。
その後、条例案を作成して、都議会へ提出しました。
昨日のブログでも書きました。
AV出演強要新法につきましても、JK条例と同じ過程をたどっているものと考えます。
主点となるのは、「有識者」です。
AV出演強要でも、有識者による検討会が開催されています。
詳細は過日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年6月27日

今年(2019年)の春に、JKとAV問題に関係する府省庁は、定例の会議を開きました。

第5回「関係府省対策会議

同会議の開催時期は非公表です。
当日に配布された資料だけが公開されています。

(参考。第5回「関係府省対策会議」で配布された資料)
概要
本文
月間実施施策一覧 

上述の本文のなかに、有識者検討会に関する記述があります。
いわゆるAV出演強要問題について、有識者6名及び関連団体4か所に対してヒアリングを実施し、今後必要な法的対応を含めた各種対策の在り方や、現在の規制の状況等を踏まえて今後取りうる法的対応等について検討した
と。
JK条例のときと同じように、有識者は、法規制を提言したものと思われます。
その後、うごきがありましたので。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

JKとちがって、有識者がどのような提言をしたのかはまったくもってわかりません。
内容も然(さ)る事ながら、開催時期や構成人員についても秘されています。
一方、JKの有識者懇談会につきましては、報告書が公開されています。
とりあえずはこちらを参照して、類推したいと思います。

JKの有識者懇談会

 平成28年(2016年)5月

 いわゆるJKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方に関する有識者懇談会

 いわゆるJKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方に関する報告書

報告書より、引用。)

構成人員

座長 藤原 静雄(中央大学 法科大学院  教授)
委員 清永 奈穂(株式会社ステップ総合研究所 所長)
委員 瀧栁 嘉市(東京少年補導員連絡協議会 会長)
委員 長尾 敏成(長尾敏成法律事務所 弁護士)
委員 星 周一郎(首都大学東京 都市教養学部法学系 教授)

審議経過

第1回会議 平成28年2月17日
第2回会議 平成28年3月17日
第3回会議 平成28年4月18日
第4回会議 平成28年5月25日

はじめに

当懇談会において、JKビジネスにおける犯罪防止対策の在り方について議論を重ねた結果、青少年の健全育成及び清浄な風俗環境の保持並びにJKビジネスに起因する犯罪防止のためには、
法的規制
・ 青少年を取り巻く社会環境の整備
の両面における対策が必要である。
との基本的な考え方をもとに本報告書を取りまとめるに至った。
今後は、本報告書の趣旨を踏まえて、関係者により早急かつ積極的に取組が進められることを期待する。

<4~5ページ>

第1の現状で述べたとおり、補導対象の拡大や各種法令を適用した検挙の実施により、補導件数や検挙件数は減少しており、現在までの防止対策については一定の成果は現れているといえる。
しかしながら、店舗を構えずメールや電話により受付をして従業員を派遣する無店舗型営業も現れるなど、法の網をかいくぐるような動きもみられる。
また、現行法令上、これらの営業の営業所等に対する立入りの権限がなく、客に対してどのようなサービスが行われているのか、従業員として青少年が働いているのかどうかが容易に把握できない状況であり、青少年が犯罪被害に遭う可能性が高いにも関わらず現状の取組では限界があると認められる。
そこで、青少年の健全育成及び清浄な風俗環境の保持並びにJKビジネスに起因する犯罪防止のためには、
法的規制
・ 青少年を取り巻く社会環境の整備
の両面における対策が必要であると考える。

<5ページ>

これまで、JKビジネスについては、労働基準法等の各種法令を適用して悪質な営業者等を検挙してきたところであるが、店内でどのようなサービスが行われているか、従業員として青少年が働いているのかどうかが把握できなければ、検挙は困難である。
また、取締りや補導にかかわらず店舗が増加しているのに加え、無店舗型営業も出現している状況を踏まえると、JKビジネスの実態を的確に把握する仕組みを設けた上で青少年の健全育成に支障を及ぼす行為を禁止する法的規制が必要である。

<9ページ>

(9)罰則

ア 必要性
届出や監督に関する規制を実効あるものとするためには、行政指導のみでは足りず、罰則の担保が必要と考えられる。
また、従業員等による違反行為についても当該営業に関して行われることが多いことから、行為者のほか営業者に罰則を科すこととする両罰規定が必要である。

イ 内容
営業者の届出義務違反、青少年を客に接する業務に従事させること等の禁止に対する違反、営業停止命令違反等について罰則を定める必要がある。
さらに、従業員等が当該営業に関して違反行為をした場合に、営業者にも罰則を科すことのできる規定(両罰規定)を定める必要がある。

——————————————————–

JKの有識者懇談会は法規制に言及しました。
AVのほうはどうでしょうか。

AVの有識者検討会

(再掲)

いわゆるAV出演強要問題について、有識者6名及び関連団体4か所に対してヒアリングを実施し、今後必要な法的対応を含めた各種対策の在り方や、現在の規制の状況等を踏まえて今後取りうる法的対応等について検討した。

現在の規制の状況等を踏まえて今後取りうる法的対応等について検討した

現在の規制の状況等ー
この点につきましてはおそらくJK問題の有識者と同じ認識であると思惟(しい)します。
JKの有識者懇談会の報告書をもう一度みてみます。

(再掲。JKの有識者懇談会の報告書)

補導対象の拡大や各種法令を適用した検挙の実施により、補導件数や検挙件数は減少しており、現在までの防止対策については一定の成果は現れている

しかしながら、(略)、法の網をかいくぐるような動きもみられる

現行法令上、(略)現状の取組では限界があると認められる

労働基準法等の各種法令を適用して悪質な営業者等を検挙してきたところであるが、店内でどのようなサービスが行われているか、従業員として青少年が働いているのかどうかが把握できなければ、検挙は困難である

取締りや補導にかかわらず店舗が増加しているのに加え、無店舗型営業も出現している状況を踏まえると、JKビジネスの実態を的確に把握する仕組みを設けた上で青少年の健全育成に支障を及ぼす行為を禁止する法的規制が必要である

規制を実効あるものとするためには、行政指導のみでは足りず、罰則の担保が必要と考えられる

従業員等による違反行為についても当該営業に関して行われることが多いことから、行為者のほか営業者に罰則を科すこととする両罰規定が必要である

——————————————————–

(再掲。AVの有識者検討会)
現在の規制の状況等を踏まえて今後取りうる法的対応等について検討した

AV出演強要の被害は依然としてつづいています。

有識者は、法規制をすべき、と結論づけたものと考えます。

(再掲。ライトハウス)

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

香西咲さん
2018年11月14日

コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。

——————————————————–

AVもJKと同様に法規制がおこなわれるのは必定です。
香西咲さんのうったえが、現在、過去、未来の被害者をすくおうとしています。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

JKビジネスの場合は、有識者懇談会が発足して、最後は法規制となりました。AV強要も同じ流れで推移しています。香西咲さんの再生が近づいてきました

周知のとおり、東京都は2年前(2017年)にJKビジネスに関する条例を制定しました。

(2017年7月1日 警視庁「『特定異性接客営業等の規制に関する条例』の制定」より、引用)

近年、繁華街を中心に、主として女子高校生をして、マッサージ等を行わせたり、会話やゲームの相手をさせたりするなどのサービスを提供する、いわゆる「JKビジネス」が出現し、一部の店舗では、裏オプションと呼ばれる性的サービスが行われていることが確認されるなど、福祉犯罪の温床となっており、青少年の健全育成に影響を及ぼしています。

そこで、いわゆる「JKビジネス」等について公安委員会への届出義務や営業者の禁止行為等を定めるなど必要な規制を行い、青少年の健全な育成を阻害する行為及び青少年を被害者とする犯罪を防止することを目的として、平成29年(2017年)第一回東京都議会定例会において、「特定異性接客営業等の規制に関する条例」が可決され、平成29年(2017年)3月31日に公布されました。

本条例は、平成29年(2017年)7月1日から施行されます。

「特定異性接客営業等の規制に関する条例」について(お知らせ)
特定異性接客営業等の規制に関する条例

特定異性接客営業等の規制に関する条例施行規則(本文)

東京MXテレビの報道をみてみます。

(2017年7月5日 東京MXテレビ「東京都で『JKビジネス規制条例』が施行」より。)

音声の文字化は、筆者。)
2017年7月5日 アナウンサー

女子高校生などが接客をしてさまざまなサービスをおこなう、いわゆるJKビジネスを規制する都のあらたな条例が今月(2017年7月)から施行されています。
暴力や性的な被害から少女たちをまもるためには、条例だけではなく、社会のありかたもかえていく必要があるようです。

2017年7月5日 ナレーション

警視庁が今年(2017年)4月に、秋葉原や渋谷など都内4か所で、JKビジネスではたらく少女らの一斉補導をおこないました。
その結果、路上で客引きをしていた少女ら、併せて20人が補導されました。
JKビジネスは、女子高校生らが客へのマッサージや客との散歩といったサービスをおこなうものです。

2017年7月5日 レポーター

JKビジネス店は、ここ秋葉原地区を中心に都内でおよそ190店舗の営業が確認されている、ということです。

2017年7月5日 ナレーション

店によっては、18歳未満の少女が性的なサービスをしたり、客や店側からの性的被害に遭う場合があり、問題視されています。
JKビジネスなどで被害に遭った少女たちの保護と支援にとりくむNPO法人代表の仁藤夢乃さんは、被害の実態をこう指摘します。

2017年7月5日 仁藤夢乃 一般社団法人Colabo 代表

たとえばわたしが直接かかわったケースだと、あのー、マッサージ店、と称した、あの、JKリフレではたらいて、マッサージの仕事だ、って言われたら、えー、個室で男のひとに性的な行為を強要されたりとか。
いくらあげるからそのくらいいいじゃん、って言われて、まあ、ことわれない状況で、あのー、まあ、そう応じざるをえなかった、とか。

2017年7月5日 ナレーション

こういった被害から少女たちを守ろう、と東京都が今月(2017年7月)から全国ではじめて、JKビジネスを規制する条例、その名も、JK条例、を施行しました。
JKビジネスをマッサージをするリフレやカップルのように出歩く散歩など5つに分類し、店が警視庁に届け出ることを義務づけています。
また18歳未満の少女を雇うことを禁止し、違反した場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金の支払いが科せられます。
しかし、これまで被害に遭った120人の少女にはなしを聞いた仁藤さんは、
「規制条例だけでは不十分だ」
と考えています。

2017年7月5日 仁藤夢乃 一般社団法人Colabo 代表

ただとりしまればよい、ということではなくて、まあ、そのあと、そこで被害に遭ったり、そこにかかわった女の子たちのケアも考えなければいけないですし、JKっていうそういうブランド化されているものの、あの、性的な価値、うーん、なんか、JK、女子高生、ってものがその、JKっていうことばで性的に価値の高いものとして消費される、っていうそのことをやっぱり見つめていかないといけないのかな、って思いますね。

2017年7月5日 ナレーション

性的な被害から少女たちをまもるためには条例だけでなく、周囲が少女たちをしっかりと見守っていく姿勢が必要となります。

——————————————————–

JKビジネスを規制する条例は、2017年7月1日から施行されました。
日本国憲法は第94条で、
地方公共団体は、その財産を管理し、事務を処理し、及び行政を執行する権能を有し、 法律の範囲内で条例を制定することができる
と規定しています。

(2017年2月16日 日本経済新聞「JKビジネス規制へ条例 警視庁、都議会に提出へ」より、引用。改行を施しています。)

2017年2月16日 日本経済新聞

女子高校生が制服姿などで接客する「JKビジネス」を規制するため、警視庁(2017年2月)15日、18歳未満を働かせることを禁止する東京都条例案を公表した。
22日に開会する都議会定例会で審議される。
(後略。)

(2017年3月30日 産経新聞「JKビジネス規制条例案可決、全国初 東京都議会、18歳未満就労禁止へ 水着や下着姿で接客するガールズ居酒屋も」より、引用。)

2017年3月30日 産経新聞

東京都議会は(2017年3月)30日、女子高生らが男性客に親密なサービスを行う「JKビジネス」を規制する条例案を可決した。
(中略。)
警視庁が実態把握と禁止行為を明確にしようと、今定例会に条例案提出していた。

——————————————————–

ご覧のとおり、JK条例を主導したのは都知事でなく、警視庁です。
警視庁は初期の段階から同条例案にかかずらっていました。

(2016年5月25日 朝日新聞「『JKビジネス』法規制求める 有識者懇談会」より、引用。改行を施しています。)

2016年5月25日 朝日新聞

女子高校生のマッサージや添い寝などの接客を売りにする「JKビジネス」について、対策を検討する警視庁の有識者懇談会(2016年5月)25日、18歳未満の少女が働くことを禁止するなどの法規制をすべきだという報告書をまとめ、警視庁に提出した。
同庁は条例の制定を含めて検討する方針。
(後略。)

(2016年5月25日 日本経済新聞「JKビジネスの規制強化 有識者懇が法制化など提言」より、引用。改行を施しています。)

2016年5月25日 日本経済新聞

女子高生が制服姿などで接客する「JKビジネス」の規制のあり方を検討していた警視庁の有識者懇談会(2016年5月)25日、客と一緒に飲食する「JKカフェ」などで18歳未満の青少年を働かせることを法的に禁じるよう求める報告書をまとめた。
同庁は今後、東京都条例の制定などを視野に入れ、規制の具体的な内容を検討する。
(中略。)
懇談会は今年(2016年)2月に発足。
青少年問題の専門家や弁護士ら5人が議論をしてきた。
(後略。)

(2016年5月25日 毎日新聞「JKビジネス 18歳未満は禁止 警視庁有識者懇が報告書」より、引用。改行を施しています。)

2016年5月25日 毎日新聞

制服姿の女子高校生らに男性客の接待などをさせる「JKビジネス」について、警視庁の有識者懇談会(座長・藤原静雄中央大学法科大学院教授)は(2016年5月)25日、18歳未満の少年少女を働かせることを禁止する内容の報告書をまとめた。
警視庁は今後、規制に向けた方策を検討する。

(2016年5月25日 産経新聞「JKビジネスに法規制 18歳未満の接客禁止、営業停止や罰則も 有識者会議が報告書」より、引用。改行を施しています。)

2016年5月25日 産経新聞

女子高生らが男性客に親密なサービスを行う「JKビジネス」の対策を議論する警視庁の有識者懇談会(2016年5月)25日、少女を犯罪から守るため、営業の届け出の義務化や罰則を含む法規制が必要とする報告書をまとめた。
警視庁が報告書を踏まえ、新たな都条例を制定するか、現行条例を改正するかなど規制のあり方を検討する。

——————————————————–

警視庁はJK条例案を都議会へ提出する前に、有識者懇談会を発足させました。

(再掲。有識者懇談会に関する記事)
法規制をすべきだという報告書をまとめ、警視庁に提出した」(朝日新聞
法的に禁じるよう求める報告書をまとめた」(日本経済新聞
禁止する内容の報告書をまとめた」(毎日新聞
罰則を含む法規制が必要とする報告書をまとめた」(産経新聞

AV出演強要につきましても、2年にわたって有識者による検討会が開催されました。

(参考。当ブログ)
2019年6月27日

JKとちがって内容は非公開ですが。
いずれにせよ流れは同じです。
最後は、法規制、ということになるのでしょう。
JKと同じ結末となるものと考えます。
もっとも、AV出演強要に関しては、条例でなく、法律がつくられます。

(ライトハウスのツイートより、引用。)

ライトハウス
<2019年6月20日>

(再掲)

先日13日に行われた自民党「#性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」にて #AV出演強要 問題対策プロジェクトチームのとかしき議員から、ビッグニュースが!AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法を目指すということです!

法律ですから、JK条例のように、
1年以下の懲役
100万円以下の罰金
程度のものではすまされません。
峻厳なものになる、ということは容易に予想がつきます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年8月22日

辛かった…
真面目に仕事してきたキャリアを全てAVで台無しにされました。
もちろん大した金額貰ってません。

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

——————————————————–

明日は、警視庁の有識者懇談会がまとめたJKに関する報告書をみてみます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV強要に関する矢野恵美教授の論説(その3)。AV業界は伏魔殿です。香西咲さんに性犯罪をおこなったやつらを匿っています。殲滅が急務です

AV出演強要という未曾有(みぞう)の犯罪に対する法規制が、間近に迫ってきました。
2日前から、AV出演強要立法に関する琉球大学の矢野恵美教授の論説をふりかえっています。
本日もみてみます。

2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授
「アダルトビデオへの出演強要ー刑事法・北欧法の観点からー」
資料
議事録

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<30ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

(略)、性犯罪の範囲の拡張が今回のようなケース(AV出演強要)の処罰に資すると思われるのですけれども、日本の現行刑法でも処罰の可能性はございます。
しかし、立証が困難なケースが多いわけです。

矢野教授はくりかえし、あらたに法律をつくることが必要である、とのべています。

(参考。当ブログ)
2019年9月11日
2019年9月12日

<30ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

先ほど、青山先生から、ノルウェーは厳しくし過ぎて潜ってしまったという御指摘もありましたけれども、ノルウェーから参考になるものとしましては、ポルノグラフィーの内容に関する制限が刑法の中にあるということです。

(略。)

これは、攻撃的な性的描写あるいは人間の堕落に影響を与えるような性的描写、死体、動物、暴力、強制を含むような性的表現物を公開、販売、頒布、複写、18歳未満の者への譲渡、所持等をした場合は、3年以下の拘禁刑になるというもので、ポルノグラフィーの内容によって刑罰を与えることができるという点で、少し日本の参考になるかと思っております。

少し日本の参考になるかと思っております
公明党と自民党の考えをみてみます。

公明党
(2017年3月21日 第1回関係府省対策会議「議事録」より、引用。)

2017年3月21日 林真琴 法務省 刑事局長

もう一点目は過激な内容のポルノの規制等のあり方に関してでございます。
この問題につきましては、公明党からの提言の中におきましても、このポルノの規制刑事罰則を設けることによる規制というものも含んだ形での提言になっていると承知しておるわけでございますが、この問題に関しては、かなり重い課題となると思いますので、関係省庁と協力して対応を検討してまいりたいと思います。

自民党
(2019年2月5日「Safer Internet Day 2019 シンポジウム」より、引用。改行を施しています。)

2019年2月5日 宮崎政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長(衆議院議員)  

宮﨑氏からは、AV出演強要問題に特有の論点について指摘がありました。
すなわち、この問題の難しさは、様々な社会現象が絡み合っているところにあるため、的を絞った議論が必要である点にある。
この問題を検討する際に考慮すべき権利をとってみても、表現の自由や営業の自由、さらには職業選択の自由等、多様な権利が関わってくるが、これらの権利に配慮しつつ、いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要であると語りました。
また、性に関わることは通常秘め事と位置づけられるものであり、AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがあるという風に考えているという指摘がありました。

日本の場合はノルウェーよりも厳格な規制になるような予感がします。

<30ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

刑事法の限界は、被害が発生してからでなければ動けないということです。
ですので、被害者は出てしまうわけです。
ただし、厳しい罰を準備しておくことは、そんなに厳しく処罰されるならやめようという、その後の犯罪に対する一般予防効果自体はあると思います。

矢野教授は教育の必要性も主張されています。

<31ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

ただ、刑事法ではなく、予防・早期相談が最善であることは間違いがありません。
ですので、警察の方もたくさんやっておられるという御紹介が本日ありましたけれども、啓発活動や教育が非常に重要です。
これは内閣府のお仕事でもあろうかと思っています。
ただ、啓発や教育の相手は児童だけではなく、社会全体、教員、保護者も含めて行っていただきたいと思っております。
実際にこういう被害に遭った人が、親や教員が、自分のケースではないけれども、似たようなケースを見聞きした時に、
「こういうのはだまされるほうが悪いよね」
ということを言ったがために、その後一切誰にも相談できなかったという声はよく聞くところでございますので、被害者に接する可能性がある人たちの意識への働きかけが非常に重要となるかと思います。

『こういうのはだまされるほうが悪いよね』
性犯罪に関するかながわ性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援センター「かならいん」のリーフレットを参照します。

かながわ性犯罪・性暴力被害者ワンストップ支援センター「かならいん」リーフレットより、引用。)

(再掲)
「被害にあったのはあなたのせいではありません」

(再掲)
「被害にあった人の話を信じて、ゆっくり聞いてください」

「被害にあった人を責めたり、問い詰めたりせず、温かく見守ってください」

「被害にあった人の責任ではないことをくりかえし伝えてください」

「『たいしたことはない』『早く忘れなさい』などは、かえってつらくなることもあります」

「急がず、あせらずにゆっくり支え続けてください」

当然、被害者の方々に責任はありません。
政府もそのように言っています。

(2019年4月22日 第100回女性に対する暴力に関する専門調査会

議題、資料
議事録

資料4-7より)

(再掲)

訴求ポイント

・性的な行為について、自分が嫌なことは拒否でき、また、相手側も嫌がることをやってはいけないこと。
・専門的な支援を行う相談先があるので、不安なことがあれば、ひとりで悩まず相談してほしいこと。
AVJK問題は被害者の自己責任とする風潮を改め、社会の問題意識を高めること。

(2019年4月15日 政府インターネットテレビ「ピックアップ!~霞が関からのお知らせ~ひとりで悩まず相談を!いわゆるAV出演強要・JKビジネス問題」より。)

(※音声の文字化は、筆者。)
池永肇恵 内閣府男女共同参画局長

4月は、AV出演強要・JKビジネス等被害防止月間です。
とりしまりや被害防止のための教育、啓発の強化、相談体制の充実など、政府一体となって対策にとりくんでいます。

被害をうけたかたは、自分が気をつけていれば、などと、自分をせめたりしないでください。
悪いのは、たくみに騙してくる加害者です

2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

また「寝た子を起こすな」と、小さい子にそんな教育が要るのかという御意見もあるかと思いますが、現在の子どもは寝てなどいないと言われておりますので、早期の教育も必要になるかと思います。
ただし、この際に、被害にあわないように気をつけろと言うことを強調しますと、被害にあってしまったときに被害者が悪いかの様になってしまうので気をつける必要があります。
人を騙したり脅したりしてAVに出させるような行為が卑劣であるということや、卑劣な行為をしてはいけないということを中心に教え、それから身を守りましょうという順番で教育や啓発をしていただくのが重要かなと思っております。

(再掲。矢野恵美 教授)
人を騙したり脅したりしてAVに出させるような行為が卑劣である

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

香西は、当初はモデルとしてスカウトされたはずだったのに蓋を開けたらAV出演ということになっていた。

(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。
これには
「遠いところですから……。よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。私さえ泣いておけば丸く収まると思った。結局AV撮影に応じることになりました。あとは、違約金などを理由に辞められないです。結局、弁護士を雇って辞められましたが、人生の大事な時期5年間を失敗したなと思う」
と語った。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2014年7月4日

みんなに指摘された通り、
今までの私は自分を大事にしてきませんでした。
辛い事も理不尽な事も全部自分が我慢すれば良いと思ってました。
自分で自分を痛めつけてました。

それじゃいけないって気づいたのは本当に最近です。
これからは自分を労わります。

香西咲さん
2016年12月19日

年明けのPTSDやフラッシュバックの治療が楽しみです。
投げやりだった人生でしたが、業界内外の方々やファンの方々の愛情を感じる事ができ今やっと前向きに人生を考え直そうという気持ちになって参りました。
少しづつですが。
どうかこれからも温かく見守って頂けたら幸いです。ありがとうございます

——————————————————–

(再掲。辻丸さん)
売れる子を抱えている強要男をメーカーが接待しているという噂も

(再掲。矢野恵美 教授)
人を騙したり脅したりしてAVに出させるような行為が卑劣であるということや、卑劣な行為をしてはいけないということを中心に教え

AV業界人につきましては、矯正は不可能です。
国家が罰をあたえること以外に術(すべ)はありません。
数多(あまた)の女性の人生を破壊した性犯罪者です。
社会からの抹殺を願って止(や)みません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV強要に関する矢野恵美教授の論説(その2)。「直接現場に行かない人の処罰というのが、一つ大きなハードルになっている」。香西咲さんを蹂躙した青木はかならず処罰されます

昨日のつづきです。
いまAV出演強要を処罰する法律がつくられようとしています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指す
なぜ新法が必要なのでしょうか。
本日も琉球大学の矢野恵美教授の論説をみていきます。
 

2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会

矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授
「アダルトビデオへの出演強要ー刑事法・北欧法の観点からー」
資料
議事録

(2016年9月12日 第83回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<34ページ>
2016年9月12日 山田昌弘 委員(中央大学教授)

矢野先生に関しては、例えばこういう形で刑法でアダルトビデオ出演を処罰するという場合、処罰される対象というのはどこになるのでしょうか。

つまり、メーカーやプロダクションや現場の監督の人、実際に例えば男優さんは全く強要されているのを知らずに性的関係を結んだりする可能性もありますので、誰が処罰されるのか、できるのかという点も含めて、お教えいただければと思います。

<35ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

今、御指摘いただいた部分が現行刑法を使用している限り、かなり限界となるところであろうと思っております。
刑法は基本的にその現場において行為をしている行為者を中心に、そのときの行為を見て処罰をするという法律でございますので、先ほど御紹介させていただきました準強制わいせつを使った判例のように、権力のある、だました人と、実際に性的な行為を行った人が同一であれば、まだ処罰の可能性が高いのですが、スカウトした人や、また、自分は一切現場に来ない会社の社長といった人をどこまで処罰できるかというのは、共犯理論を使うことになるのですけれども、かなりハードルが高いのではないかと思っております。
ただし、現場に関しましては、先ほどおっしゃいましたように、男優さんが全く事情を知らないといったことにつきまして、どこまで本当に知らないのか、それこそ青山先生の話ではありませんけれども、実際の方にお聞きするというのも一つだと思うのですが、それだけ慣れていて、こういった撮影に臨んでいる方が、相手方がどれほど嫌に思っているかということがわからないままにそういった撮影ができるのかといった部分はあるのかなと思っています。
その点、例えばスウェーデンがやろうとしているように、女性が嫌がっていなかったと思った理由を男優さんのほうが立証、説明するということになるとよいのではないかと思います。
現場には一切タッチしないが儲けている人達の処罰というのが、現行刑法で一番弱いところかなと思っております。

——————————————————–

(再掲。矢野恵美 教授)
スカウトした人や、また、自分は一切現場に来ない会社の社長といった人をどこまで処罰できるかというのは、共犯理論を使うことになるのですけれども、かなりハードルが高い

現場には一切タッチしないが儲けている人達の処罰というのが、現行刑法で一番弱いところ

いまのままではDMMの亀山は逮捕されることなく逃げ延びてしまいます。

(再掲。矢野恵美 教授)
ただし、現場に関しましては、先ほどおっしゃいましたように、男優さんが全く事情を知らないといったことにつきまして、どこまで本当に知らないのか

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年3月11日

ありがとうございます。
冒頭に泣いてるシーンありましたが、
あれは追い詰められて涙止まらなくて3時間近くカメラ止めてるんです。
何でこんな事になったのかパニックになっていました。富士山樹海近くの山の中だから逃げ場も無かったですし。20人程の男性に囲まれてました。女性は私一人。

(再掲。矢野恵美 教授)
それだけ慣れていて、こういった撮影に臨んでいる方が、相手方がどれほど嫌に思っているかということがわからないままにそういった撮影ができるのか

男優の逮捕と収監も、もとめられます。

<35ページ>
2016年9月12日 森田展彰 委員(筑波大学大学院准教授)

矢野先生にですけれども、準強制わいせつ及び準強姦罪ということや、依存状況にあることにおけるというようなことが本当に確かにうまく適用できればいいと思ったのですが、実際、これがなかなか適用されないことについて、どういう変更をすればそういうことが実現可能なのかということが一つとー
あとはもう一つ、思いつきですけれども、産業衛生法みたいなことがちゃんと適用されないからあれなのでしょうが、いわば労災というか、もともとそこの産業で働いている人たちの健康については、安全管理義務、安全配慮義務があるわけで、そのことについて、こういった性的な行為自体が産業なのだということは本当に特別なのかもしれませんけれども、そこで性的な感染症とか、PTSDとか、そういうことが、その産業自体で起きているとすれば、そういうことはなかなかできないのでしょうけれども、一般的にはそういうことは対応を職場がやるべきだというものもあるのかと思うのです。
幼稚な考えかもしれませんが、教えていただければと思います。

<35~36ページ>
2016年9月12日 辻村みよ子 会長(明治大学法科大学院教授)

(略)、今の御質問に加えて、結局矢野先生のほうでは、結論的には刑法を使えないわけではないけれども、使いにくい。
そうすると、人権団体などから言われているように、包括的な救済法、刑法ではない特別法みたいなものをつくるのがいいとお考えなのか、すぐできるかどうかというのはまた別問題ですけれども、本来、そういうものがあったほうがいいというお考えかどうかということです。
それと、今は刑事法の立場から今日はお話しいただきたいとお願いしたのですが、労働者派遣法とか労基法とか、そういう労働契約法関係で処理していくというのも、背反ではないので一緒にやるということになるのでしょうけれども、最後にどういうお考えかということを教えていただければ。

<36ページ>
2016年9月12日 矢野恵美 琉球大学 大学院法務研究科 教授

その前の御質問にもありますように、直接現場に行かない人の処罰というのが、一つ大きなハードルになっているかと思います。
そういう人やスカウトした人を処罰するということになると、現行刑法では限界があろうと。
ただ、その人たちの罪はとても重いと思うのです。
ですので、労働関係の法律もしくは特別法をつくるというのが一つの解決策であろうかと思っています。
ただ、力を用いた人と、実際に性的行為をする人が同じようなケースについては、依存関係にある、特別な地位関係にある、要するに、地位が平等でない加害者と被害者のときの性犯罪という規定は、かなり多くの国が持っているところで、例えばセクハラのようなものにも使用できます。

目に見える暴力、脅迫がないように思えるけれども、その根底に確固たる地位の差があるがゆえに逆らうことは決してできないというときの犯罪類型を刑法に作るというのは一つあり得ることだと思っております。

(再掲。矢野恵美 教授)
直接現場に行かない人の処罰というのが、一つ大きなハードルになっている

ただ、その人たちの罪はとても重い

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月24日

青木は本当に自分の手を汚さない。やってくるのは洗脳と脅迫と泣き脅し。

香西咲さん
2019年1月12日

#青木亮 反応ないならご両親に会って事実を話したい。
まともな人なのだろうか?

(再掲。矢野恵美 教授)
特別法をつくるというのが一つの解決策であろうかと思っています

(ライトハウスのツイートより、引用。)

ライトハウス
<2019年6月20日>

(再掲)

先日13日に行われた自民党「#性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」にて #AV出演強要 問題対策プロジェクトチームのとかしき議員から、ビッグニュースが!AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法を目指すということです!

——————————————————–

現在、性犯罪者が町中を闊歩しています。
悠然と。
不敵(ふて)不敵(ぶて)しい態度で。

(再掲。矢野恵美 教授)
特別法をつくるというのが一つの解決策であろうかと思っています

新法の制定が待たれます。
香西咲さんを蹂躙した青木はかならず処罰されます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ