出演強要問題のDVD。政府は以前に東京MXテレビで放映された番組のレンタルを開始しました。漲るものを感じます。香西咲さん「今後は前だけ見て生きていこう!」

このたび内閣府は、出演強要問題をとりあつかった「ビデオ・DVD」の貸し出しをはじめました。

(内閣府「ビデオ・DVD」より、引用。)

内閣府

男女共同参画局制作のDVD・ビデオは非売品です。

全国の男女共同参画センター及び視聴覚ライブラリなどで視聴することができます。

内閣府男女共同参画局でも、貸出を行っておりますので、ご希望の場合は、下記メールフォームでのご連絡をお願いいたします。

内閣府が貸し出す「ビデオ・DVD」は、以下のテレビ番組を編集したものです。

東京MXテレビ

2018年4月28日放映
 東京MXテレビ
「AV出演強要・『JKビジネス』等の被害にあわないために」

(参考。当ブログ)
2018年7月28日(①)
2018年7月31日(②)
2018年8月1日(③)
(※音声を文字化しています。)

当該番組につきましては放送終了後、政府インターネットテレビが引き続き配信してきました。

政府インターネットテレビ

2018年6月29日公開
 政府インターネットテレビ
 AV出演強要・「JKビジネス」等の被害にあわないために

冒頭でものべたとおり、内閣府は当該番組のレンタルを開始しました。

(再掲。内閣府)
内閣府男女共同参画局でも、貸出を行っておりますので、ご希望の場合は、下記メールフォームでのご連絡をお願いいたします

併せて内閣府は、同番組をホームページにアップしました。

内閣府

内閣府
 AV出演強要・「JKビジネス」等の被害にあわないために

現在、2つのサイトで、
AV出演強要・『JKビジネス』等の被害にあわないために
を視聴することができます。

政府インターネットテレビ
内閣府

ほかに、「ビデオ・DVD」を借りて、みることもできます。
周到です。
民主党政権のときとは大違いです。
出演強要のはなしではありません。
一時期、政権を担当していた民主党は、派手な言い回しで大向うをうならせました。
口だけでした。
結果を残すことはできませんでした。
いまの政府はちがいます。
地道に施策を積み上げています。
今回の「ビデオ・DVD」のレンタルもそうです。
何が何でも出演強要はゆるさない、との意気込みがつたわってきます。
政府は「AV出演強要・『JKビジネス』等の被害にあわないために」以外にも、注意喚起の番組を公開しています。

政府インターネットテレビ

2018年4月15日放映
 TOKYO FM
 秋元才加とJOYのWeekly Japan!!

(参考。当ブログ)
2018年4月17日
(※音声を文字化しています。)

政府インターネットテレビ

2018年8月4日放送
 BS-TBS「霞が関からお知らせします」
 ひとりで悩まず相談を~いわゆるAV出演強要・「JKビジネス」問題

(参考。当ブログ)
2018年10月14日
(※音声を文字化しています。)

滾(たぎ)るものを感じます。

(再掲)
この政権にはAV等有害コンテンツ業界殲滅の取組については高く評価しています。今後ともしっかりワイセツ業界殲滅については頑張って欲しいです

同感です。

(再掲)
追求はより深く・より本質に迫ってる

昨年(2018年)の11月のことです。
2か月前に沖縄市は、はじめてのとりくみをおこないました。

(2018年11月18日 八重山日報「女性への暴力根絶を 沖縄市でパネル展始まる」より、引用。改行を施しています。)

2018年11月18日 八重山日報(沖縄県石垣市)

沖縄市平和・男女共同課の「2018年度女性に対する暴力をなくす運動パネル展」が(2018年11月)16日、市役所1階ロビーと男女共同参画センターで始まった。

(中略。)

女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンを広めるコーナー、DV、売買春、人身取引、セクハラ、ストーカー、性犯罪などさまざまな問題をテーマごとに展示。
また初めてAV出演強要問題、JKビジネス問題を取り上げたパネルも登場した

(後略。)

全国のいたるところに政府の気概が伝播しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年6月23日

皆に、今の私の立ち位置は危ないと言われました。
チンピラは何を仕出かすか分からないと。
東京湾に沈められるかも知れないし行方不明になるかも知れない。
色んな人から言われる。
そんなに脅されたらぶっちゃけ、
本当に不安で不安で眠るのも恐ろしい。

香西咲さん
2016年7月7日

(前略。)
私は行ける所まで頑張るのみです。
今後は友達関係や家族関係…
再構築していきたいな。

香西咲さん
2016年7月14日

(前略。)
今後は前だけ見て生きていこう!

香西咲さん
2016年12月28日

前事務所で受けてきた仕打ち、経緯が詳しく書かれています。

2016年9月24日 withnews

香西咲さんの真実のうったえが人々のこころを穿(うが)ちました。
因習を打破しました。
解決まであともうすこしです。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

武蔵村山市によるPAPSの金尻カズナさんへのインタビュー。「(業界人は)カウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます」。香西咲さんの場合は占い師も奸計に加わりました

武蔵村山市の情報誌に以前、PAPSの金尻カズナ相談員(現・理事)へのインタビュー記事が掲載されました。

誌名 YOU・I 第42号
発行年月 2017年11月
編集・発行 武蔵村山市 男女共同参画センター「ゆーあい」

(表紙)

(※表紙の一部を拡大)

(本文)

記事の一部を参照します。

(武蔵村山市 男女共同参画センター「YOU・I 第42号」より、引用。改行を施しています。)

2017年11月 武蔵村山市 男女共同参画センター「ゆーあい」

「AV出演強要被害」ということばをご存じですか?

おもに若い女性が街でアイドルやモデルにならないかと声をかけられ、事務所に案内され、そのままAV(アダルトビデオ)出演の契約をする事になり、逃げられなくなることを言います。

多額の違約金を請求されたり、親に知られたくないという弱みにつけこまれて脅され、辞めたくても辞められないというケースが多数あります。

(後略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

(前略。)
世間にこの問題の存在が知られたことは良いことでしたが、多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています。
でも、実は、誰しも巻き込まれる可能性があります。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

一言で「AV被害」といっても
「そもそも好きで出演した人もいるだろう」
「高額ギャラをもらっているのでないか?」
「騙された女の子に隙があったのではないか?」
と様々な印象があると思います。

セクシータレントという名称も生まれ、地位が確立しているという誤解もありますが、女の子たちにきちんとギャラが支払われることは少ない一方で、製作者には大金が入ります。

また、AV業界に引き入れようとする人々は自分の利益のためにかなり高いスキルを持ったカウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます。
経験の少ない女の子はころりと騙されてしまいます。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

AVは必要悪であって、一般の女性を守っているという人もいます。
私も搾取のない性表現はあってもいいと思っています。
しかしAV自体がどんどん過激な方向に進んでいて人権を著しく侵害しているものが多いです。

(略。)

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

また、AVはたくさんの消費者が存在するという事も忘れてはいけない現実です。

(略。)

2017年11月 木山直子 ふれあいセンタースタッフ

解決するにはどのような方法があると思いますか。

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

実は、AVに関して規制する法律がありません。
児童買春も法律ができたことによって改善されたことがあります。
AVに関しても法律ができることで被害を減らしていけたらいいと思います。

2017年11月 木山直子 ふれあいセンタースタッフ

この問題に接し、市民レベルでは何ができると思いますか。

2017年11月 金尻カズナ PAPS相談員(現・理事)  

(前略。)
親が子供に「絶対騙されないで」「気をつけるのよ」「あなたは大丈夫よね」と強く言うのはよくありません。
もし被害にあった時に「自分が悪いんだ」と自分を責めてしまい、言えなくなってしまいます。
「何かあったら相談してね」と声をかけた方がいいかもしれません。
(略。)
これからはAV被害に巻き込まれないように、AV産業の縮小化を目指すという予防の面もとても大事ですが、被害にあってからの出口の支援もこれからも大切にしようと思います。

——————————————————–

金尻カズナさんは、インタビューのなかで、
多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています
とのべています。
2017年の11月頃の発言です。
それから約半年後、横浜市が人権に関する意識調査をおこないました。
詳細につきましては、1月16日の当ブログをご覧ください。

(参考。当ブログ)
2019年1月16日

(2018年5月 横浜市「男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願い」より、引用。)
 
ご回答いただいた調査票は、同封の返信用封筒に入れて、(2018年)5月25日(金)までにご投函くださいますようお願いいたします。(切手は不要です)

調査結果は、以下のとおりです。

(2018年10月30日 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査「第3部4章~7章」より、引用。)

<96ページ>

2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(問18)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは、どのようなことかをたずねた。

全体としては、「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」(68.1%)の割合が最も高く、次いで「売買春(援助交際を含む)」(50.8% )、「JKビジネス」(46.0%)となっている。
性別にみても、男女とも上記3項目の割合が高くなっている。

図表4-2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(複数回答)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは?
との問に対して、約7割のひとが、
出演強要問題
と答えました。
昨年(2018年)の5月の時点での回答です。
その約半年に、金尻カズナさんはこう言っていました。
多くの人々が、事例を聞いても、まだまだ一部の特殊な環境にある人達の問題であって、自分や家族、周囲の人達とは、無関係の事柄であると思っています
と。
日を追って人々の関心が高まっている、ということがわかります。

(再掲。2017年11月 金尻カズナさん)
AV業界に引き入れようとする人々は自分の利益のためにかなり高いスキルを持ったカウンセラーのごとく巧妙に被害者に近づきます

香西咲さんのツイートが脳裏を過(よぎ)りました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月28日

私も文春の佐藤涼子さん(仮名)も AVをやる為に芸能で泊を付けた訳じゃありませんw
むしろ私は趣味の車と雑貨店への知名の為、彼女は歌手になる為。
それを8ヵ月~1年かけ、AVが無ければ成功しないかの様に思い込まされた
占い師まで使って。
この事件は国に相談させて頂くことになりました。

香西咲さん
2016年10月5日

ちなみに私の芸名『香西咲』は悪徳スカウトに遭う前の2008年から使用していて、名前はそのまま使用したいと言われました。
名前を付ける為に占い師の高畠典子に会えなんて嘘です。
『俺の大切な権力者達にお前を認めて貰う必要がある』と言われ、坂田恵理子マネに水戸まで連れて行かれました。

香西咲さん
2016年11月23日

坂田恵理子も占い師高畠典子もそう。
同じ“女性”と分類されたくない。

香西咲さん
2017年7月28日

アットハニーズ関連で紹介された
占い師に保険会社に税理士に…
骨の髄までしゃぶり尽くされるってまさに言葉の通りですわ。

香西咲さん
2018年7月2日

(前略。)
私は占い師や洗脳、レイプ、詐欺、 #青木亮 を通じてとにかく複雑な犯罪にされてしまいました。
(後略。)

香西咲さん
2018年3月19日

今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

香西咲さん
2018年3月26日

#HoneyPopcorn 所属事務所代表 #青木亮 は人身取引業者と言っても過言では無いと思います。私の実体験だけ書きますが、所属時代には8ヶ月囲い込み #洗脳行為 #AV強要 #枕営業 を強要され、体も精神も病んでもそれでも事務所を辞めされてもらえませんでした。屍の上に成り立つ

#outHoneyPopcorn

——————————————————–

(再掲。2017年11月 金尻カズナさん)
誰しも巻き込まれる可能性があります

青木亮
大西敬
高畠典子
坂田恵理子
坂上孝志
A-TEAM 飯田正和
メーカー関係者
T総研のY

こいつらが香西咲さんに対しておこなった所行は犯罪です。
それ以外の何ものでもありません。

(再掲。香西咲さん)
人身取引業者と言っても過言では無いと思います

人身取引をおこなっているやつらは、オリンピックまでに殲滅される宿命にあります。
悪党に未来はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

出演強要に対する香川県と高岡市のとりくみ。香西咲さんによる真実のうったえは日本全国につたわりました。あとは新法の制定を待つだけです

香川県 オリーブかがわ

昨年末、朝日新聞が、出演強要問題に関する記事を配信しました。

2018年12月30日

2018年12月30日 朝日新聞「香川)性被害の相談窓口を紹介 県がカード作成」

みました。
文章が途中までしか掲載されていません。
有料記事、となっています。
朝日新聞デジタルの会員になっていますので、ログインをして最後まで読みました。
秀逸な内容です。
年が明けた1月4日のことです。
なぜか、同じ記事が無料で公開されました。
タイトルだけが変更になっています。

2019年1月4日

2019年1月4日 朝日新聞「デートで睡眠薬・AV強要…女子高生に相談窓口カード」

記事の一部を引用します。

引用。朝日新聞)

SNSをきっかけに性犯罪や性暴力に遭う若者が増えているとして、香川県が性暴力被害者支援センター「オリーブかがわ」の相談窓口や活動を伝えるカードを作った。
全ての女子高校生のほか、小中学校の保健室、大学、病院などに配った。

オリーブかがわは、香川県が運営する性暴力被害者支援センターです。
2017年4月1日に開設されました。

(参考)
2017年3月17日 香川県 性暴力被害者支援センター「オリーブかがわ」を開設します!

オリーブかがわは女子高校生たちにどのようなカードを配布したのでしょうか。
ホームページを確認したところ、PDF版が公開されていました。

おしらせのページより)

引用。朝日新聞)

内閣府のホームページのQRコードも載せた。

QRコードはこれです。

(※カードの裏面の一部を拡大)

内閣府のホームページにつながります。

(参考。内閣府「女性に対する暴力の根絶」

引用。朝日新聞)

飲み物に睡眠薬を入れられる「デートレイプドラッグ」や「AV出演強要」など、10~20代を取り巻く性暴力を伝えている。

(再掲。朝日新聞)
全ての女子高校生のほか、小中学校の保健室、大学、病院などに配った

オリーブかがわとは別に、高岡市(富山県)が昨年の春に作成したチラシも秀麗です。

高岡市(富山県)

高岡市のホームページを参照します。

(2018年4月 高岡市「平成30年度の講座・イベント」より、引用。)

高岡市

内容

AV出演強要問題(「モデル・アイドルになりませんか」と声をかけられたり、「高収入アルバイト」に応募した後、同意していないのに、性的な行為等の「写真」や「動画」の撮影をされるという問題)やJKビジネス問題(主として、JK「女子高校生」などの児童を雇い、表向きには性的サービスを行わない健全な営業を装いながら、「裏オプション」として、性的なサービスを客に提供させる問題)に関しての被害防止を呼びかける。

高岡市は昨年の4月、以下のチラシを市民に配布しました。

高岡市男女平等推進センター啓発チラシ

出演強要に関する部分を拡大します。

高岡市は、富山県のなかにある自治体です。
富山県警のホームページもみてみます。

(2018年12月6日 富山県警察「AV出演強要の被害に注意」より、引用。)

2018年12月6日 富山県警察

~スカウトに注意!モデル勧誘を受けたら、警察へ相談を~

近年、いわゆるAV出演強要問題が発生しています。
AV出演強要とは、街中やインターネットで若年女性がモデル等の勧誘を受け、AVであることが分かって断ろうとしても、出演を強要されるというものです。 
被害者である若年女性が、契約や営業内容を十分理解しないまま従事したために被害に遭っています。
このような犯罪の被害者は自分一人で悩みを抱えておられるので、不安を感じている方は最寄りの警察署に相談して下さい。

富山県警は、
モデル勧誘を受けたら、警察へ相談を
とのべています。
出演強要、ではありません。
モデルの勧誘、です。
この時点で警察に相談を、と言っています。
大胆な表現です。
このような犯罪
富山県警は、出演強要は犯罪である、と断言しています。
これが警察の本音なのでしょう。
出演強要は犯罪です。
犯罪なのにもかかわらず、現在、ほとんどの業界人が野放しの状態となっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

香西咲さん
2018年6月22日

≪重要!!≫
別の弁護士さんに確認したところ、
強姦罪、強要罪は時効がなくなったらしいです。
但し立証するのが難しいので根気よくお付き合い下さる弁護士さんを見つけ、長期戦の覚悟で。

被害に遭われた方、泣き寝入りしないで下さい!

——————————————————–

現在は、出演強要をおこなっても、たいした罪になりません。
ごくわずかな者が見せしめ的に労働者派遣法や職業安定法違反で処罰されるだけです。
業界にとっては痛痒(つうよう)を感じないことでしょう。

(2018年5月7日 毎日新聞「AV問題 ファン座談会(下)『育成が必要なのは業界側』」より、引用。改行を施しています。)

スパゴンさん

一番問題と思っているのは、強要問題が起きたのに、過去に出演強要したとされる人が業界からいなくなったという話は聞かないこと。
悪巧みしている人が、まだ潜んでいるのではないかと懸念しています。
「適正AV」といっても、中にいる人は変わらない。

売れる子を抱えている強要男をメーカーが接待しているという噂も・・

(再掲。2018年12月6日 富山県警察)
AVであることが分かって断ろうとしても、出演を強要される

このような犯罪の被害者は自分一人で悩みを抱えておられるので、不安を感じている方は最寄りの警察署に相談して下さい

2020年に日本でオリンピックが開催されます。
政府はそれまでに人身取引(出演強要)を根絶しなければなりません。
いま警察は、出演強要等を処罰する法律の制定を強く、もとめているはずです。
早晩、政府は、この要望に応えることでしょう。

(再掲。香西咲さん)
労働者派遣法違反以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう

強姦魔が微罪で放免されている現状をゆるすことはできません。
新法の制定が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

出演強要問題。藤原志帆子ライトハウス代表は先日のラジオで、泣き寝入りをしないで、とうったえました。香西咲さんは世界にむけて自身の被害を発信しました

昨年の暮、ライトハウスの代表がラジオで、出演強要被害について語りました。

2018年12月29日 ニッポン放送「公益財団法人 社会貢献支援財団 presents 明日への扉」

はなされた内容は以下のとおりです。

(※サウンドクラウドの3:01のあたりから)
(※音声の文字化は、筆者。)

2018年12月29日 ナレーション(新保友映アナウンサー)

性的搾取を目的とした人身取引。
海外だけの問題だと思っていませんか。
日本でもごくふつうの女性が巧妙な手口でアダルトビデオへの出演や性風俗産業、児童買春、児童ポルノではたらくことを強要される被害が横行しています。
そんな人身取引の被害者からの相談を電話やメールなどでうけつけ、はなしを聞き、必要な支援をチーム体制でおこなうNPOをご紹介します。
それが特定非営利活動法人人身取引被害者サポートセンターライトハウスです。
人身取引被害者サポートセンターライトハウス代表の藤原志帆子さんにおはなしをうかがいました。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

藤原さん、どうぞよろしくおねがいいたします。

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

おねがいします。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

ええと、まずはですね、あの、ごくふつうの女性がその、巧妙な手口で性的搾取を目的とした人身取引に巻き込まれると。
まあ、よく、街頭でたとえば、スカウトマンらしきものが若い女性に声をかけている、なんてことを見かけることもあるわけですが、その、どういうこれは手口で、というか、かたちで、その、入っていくものなんですかね?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

はい、ええと、そうですね。
あの、スカウトをするひとたちがまあ、ターゲットにしているのはその、性風俗だとかアダルトビデオに出演させるためにまあ女の子を、特に女の子ですね、にアプローチするんですけれども、どのような若者でも被害者になりえる、と思っているんですよね。
もちろん、男性やLGBT級の若者もそうだと思います。
特に割の良いアルバイトや、モデルになりたいって子はたくさんいますし、特に若者はお金が、ね、ないのでもう
「良い仕事」
や、
「高収入」
「柔軟性のある仕事」
って言われて、興味をもたないひとっていない、と思うんですよね。
で、ひとつ言えるのはやっぱり、高校を卒業したての18歳から23歳ぐらいの学生ぐらいの若者が被害の中心となってしまっている、ってことですね。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

うーん、なるほど、そうですか。
で、その、ライトハウスさんでは、その、まあ、電話とかメールとか、あとラインなどでも相談をうけつけていらっしゃるということですけど、これ、相談はどれくらいの数、来るものですか?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

そうですね、あの、最近は風俗だとか援助交際をさせられているっていう相談も、もちろんたくさん来ているんですけれども、一番数が伸びているのは、アダルトビデオに出演させられるという相談で、あの、もう、無理やりなんですよね

で、つぎに多いのが、18歳未満の子どもたちの性が狙われる犯罪で、まあ印象的なのはあの、好きなひとやネットで出会った友人にそそのかされて裸の写真とかを送ってしまって、それをもとに呼び出されてまた性被害に遭ったり、ストーカーなど、まあ、複数の性暴力に遭ってしまっている現状があります。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

うん、うん、なるほど。
これ、数的には何件ぐらい、っていうのはわかるものなんですか?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

あー、そうですね、あの、アダルトビデオに関してはもう400人以上の若者から、男性もいますよ、それくらいの相談をこの4年間にうけていて。

子どもたちからの相談もふくめて、毎年、200件くらいの相談をうけていますね。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

ああ、そうですか。
いやー、それだけ膨大な数の被害が。

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

もうごく一部、だと思います。
はい。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

そうですか。
そのなかで、必要な支援をチーム体制でおこなう、ということなんですが、これはどのように解決に導くんですかね?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

はい、あの、わたしたちは、わたしもふくめて、チームで。
たとえば、社会福祉士や、元々カウンセラーやソーシャルワーカーをしていたようなスタッフや、あと看護士のスタッフもいてですね。
あの、ボランティアや有給のスタッフもふくめて、2人の支援スタッフが1人の相談者に対して担当を決めて、まあ、うけた相談は本人が何をしたいかっていうのを一緒に考えて、まあ、見つけて。
で、あの、ライトハウスだけで解決することがむずかしい場合はですね、まあ、警察だとか弁護士さんだとかあとは行政や福祉だとかの相談窓口とつなげて、一緒に解決をしていく。
解決するまで寄り添う、ってことを、まあたいへんなんですけれども、やっております。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

うーん、なるほど、そうですか。
あのー、でも、性風俗業界とかだと、たとえば、反社会的組織、いわゆる暴力団とか、そのまあ、そういった関連組織もからんでいるという部分のイメージもあるし、まあ、そういったはなしも聞きます。
そういった反社会的組織への対応というか対策なんかもとられてらっしゃるんですか?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

そうですね、あの、被害者の支援をする側は、あまりその、恐いところまでなかなか実は見えてこない部分も実はあるんですけれども、でもやはり、そのような人間がかかわっているっていうときはありますので、やっぱり、スタッフの安全のために、わたしたちの(事務所は)東京都内にあるんですけれども、事務所は非公開にしていますね。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

はい、はい、はい。

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

で、あとは、相談者さんからお願いをされて、まあ、加害者側との交渉を代理交渉したりだとか、あとはあの、弁護士さんと一緒に(加害者と)交渉するときもですね、なるべくあの、交渉前に所轄の警察署に行ってあらかじめ事情を説明したりして、何かあったら、ということをやったりしているんですけれども。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

じゃそのへんは、事前にちゃんとケアしておいて、ってことですね。

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

はい。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

なるほど、わかりました。
とくにいままでで印象に残っているかた、っていうのは、どんな例がありますかね?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

ある女性なんですけれども、彼女はまあ、上京してきて、10代のときにアダルトビデオの強要の被害に遭って、まあ、大学内にそれが知られてしまって。
でもがんばって、4年間で卒業するんですけれども、やっぱり就職することもせずに、できずに。
まあ、男性がいる職場が恐かった、ということで、まあ、休養する生活が長かったんですけれども、一緒にライトハウスに相談をするなかで、気持ちと向き合い、精神、からだの治療につながり、仕事へ復帰されたんですね。
で、フルタイムでいま仕事をしていまして。
で、ライトハウスにボランティアをしてくれたり、寄付もしながら、つねに変化をしている姿は本当に勇気づけられますね。
もうわたしらも、本当に強い女性だ、と思います。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

うーん。
なるほど。
あの、いまラジオを聴いていてそのたとえば、被害に遭ったけれどもだれにも何も言えずに悩んでいる、とか、あるいは、そういう知人とか友人がいる、というようなかたもいらっしゃるかと思います。
そんなかたはどうアプローチしたら良いですかね?

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

そうですね、あの、若者も子どもも、若者でなくても、わたしたちぐらいの大人の世代であっても、自分がうけた暴力が、暴力であり被害である、って認識できないことも本当に多いんですよね。

でもやっぱり、犯罪の被害なんですよ。

なので、加害者は100%悪いんですよ。

なので、
「これから相談してもどうなるかわからないし、警察だとか大事(おおごと)にしたくない」
というかたもいるかもしれませんが、でも、信頼できるひとに相談することができると何か変わるし、おおきく変わることもあるんですよね。

なのでまわりにいるひとも、気になるひとがいたら、あなたが、
「気にしているよ」
ってことや、
「ちからになれることがあるかもしれない」
ってことを直接つたえてみてください。

あの、時間はかかるかもしれないんですが。

まわりの存在っていうの、本当に大事だな、って思っています。

2018年12月29日 蒲田健 パーソナリティ

なるほど。
わかりました。
おはなしをうかがったのは、人身取引被害者サポートセンターライトハウス代表の藤原志帆子さんでした。
どうもありがとうございました。

2018年12月29日 藤原志帆子 ライトハウス 代表

ありがとうございました。

——————————————————–

(再掲。藤原志帆子さん)
自分がうけた暴力が、暴力であり被害である、って認識できないことも本当に多いんです

香西咲さんはつぎのようにおっしゃっています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2015年7月11日

①高齢者の銀行預金が振り込め詐欺で狙われるように
今若い女性は〝性〟を狙われるんだそう。AV出演を自分で決めたと思っていても実はそう洗脳されていた事も多いから周りにちゃんと相談して決めること。
AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要

(再掲。藤原志帆子さん)
でもやっぱり、犯罪の被害なんですよ

加害者は100%悪いんですよ

香西咲さん
2017年12月9日

洗脳で「身内(事務所)の話しか聞く耳を持たない」っていう脳のバリアが出来るんですね。
ヘルメット被っている様な感じ。
そこに非道理な事をやらされたり不信感を持つと亀裂が入り、疑問を抱くけどまだ何も出来ない。
時間をかけて外の世界と触れ合う様になって少しずつバリアが削げ落ちていく感じです。

香西咲さんの告発以降、自身の被害をうったえたりあきらかにするかたが漸増(ぜんぞう)しました。

(再掲。藤原志帆子さん)
一番数が伸びているのは、アダルトビデオに出演させられるという相談で、あの、もう、無理やりなんですよね

アダルトビデオに関してはもう400人以上の若者から

もうごく一部、だと思います

泣き寝入りをやめたことによって泥濘(でいねい)を脱した女性もいるようです。

(再掲。藤原志帆子さん)
つねに変化をしている姿は本当に勇気づけられますね

本当に強い女性だ、と思います

香西咲さんの場合はさらに、世論を喚起しつづけました。

出演強要被害はいま、世界が刮目(かつもく)しています。
オリンピックまでに悪が滅びるのは必定です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

公明党の佐々木さやか議員が、昨年の出演強要の件数をあきらかにしました。驚愕の数字です。以前に香西咲さんはこうおっしゃっていました。業界に自浄の意向は無い、と

先日、AbemaTVの「議員GO」という番組に、公明党の佐々木さやか参議院議員が出演しました。

2018年12月31日 AbemaTV 議員GO「佐々木さやか議員 ”猫カフェ”で知られざるプライベートを告白!」

佐々木議員は、出演強要問題についても語りました。

(※動画の9:43のあたりから)
(※音声の文字化は、筆者。)

2018年12月31日 井上咲楽さん

いま一番、ちからを入れていることってなんですか?

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

たとえば、AV出演強要問題というのがあってー

2018年12月31日 井上咲楽さん

うん、うん。

2018年12月31日 ナレーション

アダルトビデオ出演強要問題。
街で若い女性が、モデルやタレントにならないか、など、声をかけられ、応じると実は、アダルトビデオへの出演を強要されるという被害があとを絶たない

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

普通の大学生とかが被害に遭っている、ということを聞いて、これはちょっと、たいへんなことだな、と思いまして。

2018年12月31日 井上咲楽さん

うーん。
けっこうあるんですか?
それ。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

そういう被害に遭ったとしても実はその、相談、なかなかね、できない、っていう人も多いのでー

2018年12月31日 井上咲楽さん

言いづらいですよね。
きっと。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

そう。
実際の被害がどれくらいか、っていうのはまだわからないところもあるんですけれども、たとえば政府のほうで調べた調査によると、この1年ぐらいでー

2018年12月31日 井上咲楽さん

はい。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

だいたい累計で80件とかー

2018年12月31日 井上咲楽さん

80件?

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

ぐらいあってー

2018年12月31日 ナレーション

公明党は、対策プロジェクトチームを発足。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

もう、1回出ちゃうと、とりかえしがつかないことになっちゃうのでー

2018年12月31日 井上咲楽さん

うん、うん。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

とにかく、そういうことがあるんだ、ってことを知ってもらってー

2018年12月31日 井上咲楽さん

はい。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

被害にすこしでも遭うひとをすくなくする、ってこととー

2018年12月31日 井上咲楽さん

うん、うん。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

公的な相談窓口に行ったっていうひとはもう、わりあい、すくないんですね。

2018年12月31日 井上咲楽さん

えーっ。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

そこ、もうちょっとこの、相談しやすいようになるにはどうしたらいいか、とかー

2018年12月31日 井上咲楽さん

うん、うん。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

そういうところもまだ課題かな、と思います。

2018年12月31日 井上咲楽さん

女性の議員だから、こういう問題を押し進めて行けるんですか?

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

そうですね。
やっぱり、たとえば被害者のかたも、男性よりも女性のほうがはなしやすいだろう、と思いますしー

2018年12月31日 井上咲楽さん

はい。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

やっぱり若手の女性の議員って、まだまだすくないですからー

2018年12月31日 井上咲楽さん

うーん。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

やっぱり、この問題はしっかりその、世代の声をわたし自身はきちんと聞いて、あの、届けたいな、と思って。

2018年12月31日 井上咲楽さん

うん、うん。

今日は本当においそがしいなか、ありがとうございました。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

こちらこそ、ありがとうございました。

——————————————————–

佐々木議員のことばを通覧します。

2018年12月31日 佐々木さやか 参議院議員(公明党) 

(「いま一番、ちからを入れていることってなんですか」)
たとえば、AV出演強要問題というのがあって、普通の大学生とかが被害に遭っている、ということを聞いて、これはちょっとたいへんなことだな、と思いまして。
そういう被害に遭ったとしても実はその、相談、なかなかね、できない、っていう人も多いので。
(「言いづらいですよね」)
そう。
実際の被害がどれくらいか、っていうのはまだわからないところもあるんですけれども、たとえば政府のほうで調べた調査によると、この1年ぐらいで、だいたい累計で、80件とかぐらいあって。
もう、1回出ちゃうと、とりかえしがつかないことになっちゃうので、とにかく、そういうことがあるんだ、ってことを知ってもらって被害にすこしでも遭うひとをすくなくする、ってことと、公的な相談窓口に行ったっていうひとはもう、わりあい、すくないんですね。
そこ、もうちょっとこの、相談しやすいようになるにはどうしたらいいか、とか、そういうところもまだ課題かな、と思います。
(「女性の議員だから、こういう問題を押し進めて行けるんですか?」)
そうですね。
やっぱり、たとえば被害者のかたも、男性よりも女性のほうがはなしやすいだろう、と思いますし。
やっぱり若手の女性の議員って、まだまだすくないですから。
やっぱり、この問題はしっかりその、世代の声をわたし自身はきちんと聞いて、あの、届けたいなと思って。

——————————————————–

昨年は約80件の出演強要被害があったようです。

(再掲。佐々木さやか 参議院議員)
実際の被害がどれくらいか、っていうのはまだわからないところもあるんですけれども、たとえば政府のほうで調べた調査によると、この1年ぐらいで、だいたい累計で、80件とかぐらいあって

慄然とさせられました。
いったいどうなっているのでしょう。
普通ならば、被害者の数が限りなく0に近づくはずです。
犯罪はゆるされない、との世論が沸騰しているのですから。
アダルトビデオ業界の場合はちがいます。
昨年、約80人の方々が、被害に遭いました。
数年前は、出演強要問題が公然化していませんでした。
そのときはどれだけの犠牲者が出ていたのでしょうか。
考えただけでも身震いがします。
おそらく、昨年の「80件」は、以前とくらべると激減した数字であると思われます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月27日

今朝は正暴力のカウンセリングに行きます。思い出すの辛い。||||||(_ _。)||||||
やっぱりあの人達がしてきた事は人間とは思えない。

政府は、業界の自己改革に期待をしていました。

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

内閣府、関係府省

被害の防止及び救済等のための新たな対応策の検討

アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題等が深刻な性的な暴力で、重大な人権侵害であるとの考え方に立ち、関係者による自主的な取組の進捗状況や実態把握の状況も踏まえ、性的な暴力の被害につながる行為の規制、被害の回復、被害者の保護及び支援等について、有識者等の意見も参考に、法的対応を含め、必要な対応策を検討する

(内閣府、関係府省)〔平成 29 年4月~〕

関係者による自主的な取組の進捗状況も踏まえ法的対応を検討する

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月30日

告発から1年はWILLの元、 #AV業界 の自浄作用を信じて活動しました。
ですが業界にその意向は無い事を悟り今に至ります。
お疲れ様でした。

——————————————————–

自浄作用
業界にその意向は無い
香西咲さんのおっしゃるとおりです。
出演強要の被害をなくすためには、業界をつぶす以外に術(すべ)がありません。
悪の最期がちかづいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

シモーヌ=ヴェイユ「復讐したいというねがいは、何より本質的な均衡回復へのねがいである」。香西咲さん「長期戦の覚悟で」。出演強要等を罰する新法ができたときが勝負です

シモーヌ=ヴェイユ(1909年~1943年)というフランスの現代哲学者がいます。
34歳のとき、肺結核で死去しました。
活動の期間が短いので、それほど著名ではありません。
一部では知られています。
代表作は、
「根を持つこと」

「自由と社会的抑圧」
です。
シモーヌ=ヴェイユは、ユダヤ系の中産階級の家庭に生まれました。
高校生のときに哲学者のアラン(1868年~1951年)の書を読み、影響をうけます。
アランにつきましては、「幸福論」が有名です。
当ブログでも何度か引いています。
再掲します。

(アラン著 神谷幹夫訳「幸福論」岩波文庫刊より、引用。)

『絶望について』の章(192ページ)
過去を見つめることから生まれるあの悲しみは何の役にも立たない。それどころか、きわめて有害なものだ。なぜなら、それは無益な反省を求め、無益な探求を強いるからである。スピノザ(1632年~1677年。オランダの哲学者)は、後悔することはあやまちをくりかえすことだと言っている

『絶望について』の章(191ページ)
道はすべて通り過ぎた道だ。ひとはまさしくいる所にいるのだ。時間という路上では、後もどりすることも、同じ道を二度行くこともできないのだ

『上機嫌』の章(244~245ページ)
ほんとうの苦痛が訪れたら、その時自分のなすべきことはただ一つしかない。人間らしく振舞い、強く生きること。おのが意思と生命とを一つにして、不幸と敢然とたたかうことだ。ちょうど戦士が敵と相対するのと同じように

『誓わねばならない』の章(314ページ)
上機嫌など存在しない。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。だから、幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである

シモーヌ=ヴェイユは大学を卒業後、高校の教師になります。
担当は哲学です。
自由な教育を追求しました。
学校の方針と対立し、転勤を余儀なくされました。
他校への異動はこのあとも毎年のようにつづきました。
1934年のことです。
シモーヌ=ヴェイユは、代表作である「自由と社会的抑圧」を書き上げました。
その後、勤務している高校に休職願を提出しました。
工場ではたらくためです。
シモーヌ=ヴェイユは、8か月間、非熟練工として勤務しました。
仕事の内容は単純です。
流れ作業が主です。
時折、作業の途中で、罵声を浴びせられます。
「なにをやっているんだ」
と。
創造性はもとめられません。
思考力も不要です。
シモーヌ=ヴェイユは達観しました。
単純労働は人間から尊厳を剥奪すると。
自著の「重力と恩寵」のなかに、その種のことが書かれています。

(シモーヌ=ヴェイユ著 田辺保訳「重力と恩寵」ちくま学芸文庫より、引用。)

シモーヌ=ヴェイユ

肉体労働の非常な苦痛は、ただ生存するというためにだけこんなにも長時間の努力を尽くさねばならない位という点にある。

何かの幸福のためではなく、必然に迫られて、――なにかに引かれてというのでなく、むりにも押しやられて、――今あるがままに自分の生存を保ち続けるために、――努力すること、それは常に奴隷であるということだ。

この意味で、肉体労働者が奴隷であるということは、どうしようもない事実である。

究極の目的なしの努力。

むりにも押しやられて、――今あるがままに自分の生存を保ち続けるために、――努力すること、それは常に奴隷であるということだ
出演強要も同様です。
女性は業界から、奴隷になることを強いられます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月28日

もう一度言います。 元アットハニーズA氏に洗脳されて無ければ私はAVに出ていません。
8ヶ月間洗脳され占い師まで登場し、イメージビデオとあやふやなまま富士山の麓のスタジオに連れていかれました
勿論後悔しています。
最近ファンの方々に恵まれた事が唯一の救いです。

香西咲さん
2016年7月10日

【RT拡散希望】
何本も出てるのに何故辞められないか?にも触れられています。
経験者しか分からないでしょう。
実に8ヶ月間におよぶ洗脳行為です。

#文春砲
#週刊文春
#AV強要

シモーヌ=ヴェイユ

あまりに状況がきびしいと、人は身を落とす。
そういう仕掛けになっているのは、高い感情によって与えられるエネルギーは――ふつう一般に――限度があるからである。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

契約書を盾に止めさせてもくれない、かと言って事務所に居続けたら、V撮影と性接待(勿論金銭のやり取りなし)に都合良く使われて青木亮に飼い殺しになる…
本気で死にたかった。
あの頃の私はトラックに突っ込んで欲しかった。

香西咲さん
2016年10月28日

隅に追いやっていたトラウマを掘り起こすのはとてつもない労力が要りますね。
精神的にも、ついこの間までは普通の精神を保てたのに、思い出した瞬間動悸や頭痛吐き気…この突然の変化は経験者にしか分からない。女性の共犯者達は特に最低。

——————————————————–

シモーヌ=ヴェイユの「重力と恩寵」は、単純労働に関する学術論文ではありません。
自身の思いが散文的にちりばめられた随想録といった体裁の書物です。
文章は平易で読みやすいです。
労働に関すること以外の記述をみてみます。

(シモーヌ=ヴェイユ著 田辺保訳「重力と恩寵」ちくま学芸文庫より、引用。)

シモーヌ=ヴェイユ

それなら、なぜ、ほかのものを破壊するのか。
たとえば、ほんのひととき、幸福になれるかもしれないひとりの人の人生そのひとときをなぜ破壊するのか。

業界人はこれまで、数多(あまた)の女性の人生を破壊してきました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月28日

私も文春の佐藤涼子さん(仮名)も AVをやる為に芸能で泊を付けた訳じゃありませんw
むしろ私は趣味の車と雑貨店への知名の為、彼女は歌手になる為。
それを8ヵ月~1年かけ、AVが無ければ成功しないかの様に思い込まされた。
占い師まで使って。
この事件は国に相談させて頂くことになりました。

(再掲。シモーヌ=ヴェイユ)
ほんのひととき、幸福になれるかもしれないひとりの人の人生そのひとときをなぜ破壊するのか

なぜなのでしょう。
くるみんアロマさんの証言が正鵠(せいこく)を得ています。

(2016年9月3日 弁護士ドットコム「『騙されてAV出演』ユーチューバー・くるみんアロマさん動画公開『抑止力になれば』」より、引用。改行を施しています。)

くるみんアロマさん

撮影スタッフからは
「あなたみたいに時間のかかる人は初めてだ」
「みんな家族がいるんだ。あなたが頑張らなかったら、みんなの家族全員の生活がなくなるんだよ。あなた背負えるの?」
って怒鳴られました。

出演強要の被害に遭った方々は、こうした業界人をゆるすことができるのでしょうか。

(2017年1月22日 週刊実話「話題の1冊 著者インタビュー 宮本節子 『AV出演を強要された彼女たち』 ちくま新書 800円」より、引用。)

PAPS 世話人 宮本節子さん

相談内容は、第一に、激しい怒りの気持ち(自分自身やこのような状況に追い込んだ関係者に対する)を吐露したいということがあり、これは真摯に耳を傾けるしかありません。

(シモーヌ=ヴェイユ著 田辺保訳「重力と恩寵」ちくま学芸文庫より、引用。)

シモーヌ=ヴェイユ

ゆるすこと。
そんなことはできない。
だれかがわたしたちに害を加えたとき、わたしたちの中にはさまざまな反応が生じる。
復讐したいというねがいは、何より本質的な均衡回復へのねがいである。

(再掲。シモーヌ=ヴェイユ)
ゆるすこと。そんなことはできない

当然の感情です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月13日

何が何でも何年掛かろうと裁判に持ち込む姿勢です。
皆様お力添えをどうかお願い致します。

香西咲さん
2018年6月22日

≪重要!!≫
別の弁護士さんに確認したところ、
強姦罪、強要罪は時効がなくなったらしいです。
但し立証するのが難しいので根気よくお付き合い下さる弁護士さんを見つけ、長期戦の覚悟で。

被害に遭われた方、泣き寝入りしないで下さい!

——————————————————–

(再掲。シモーヌ=ヴェイユ)
復讐したいというねがいは、何より本質的な均衡回復へのねがいである

オリンピックまでに出演強要等を処罰する法律ができます。
そのときが勝負です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

横浜市の意識調査。「女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されているものは?」。ある回答が1位となりました。香西咲さんのうったえが結実しました

内閣府による人権調査

2017年に内閣府は、人権に関する調査をおこないました。

平成30年版 人権教育・啓発白書より、引用。)

<2ページ>
平成30年版 人権教育・啓発白書

「人権擁護に関する世論調査」の結果が、平成29年(2017年)12月に内閣府から発表された。

この調査は、昭和33年からおおむね5年ごとに実施されており、今回は、平成29年(2017年)10月5日から同月15日まで全国18歳以上の日本国籍を有する者3、000人を対象に実施された(有効回収数1、758人、回収率58.6%)。

調査期間は、2017年の10月5日から10月15日までの10日間です。
内閣府は、全国の3千人に対して、
女性に関して、現在、どのような人権問題が起きていると思うか?
と問いました。
結果は、以下のとおりです。

(2017年12月に内閣府が発表。)

(※全国18歳以上の日本国籍を有する者3,000人を対象に実施)
(※調査期間は2017年10月5日~10月15日)

(質問)
女性に関して、現在、どのような人権問題が起きていると思うか?

(回答)

「アダルトビデオ等への出演強要」(15.5%)

2017年の調査ではじめて、出演強要問題、と答えるひとたちが登場しました。
『アダルトビデオ等への出演強要』(15.5%)
この結果を知ったとき、感慨深いものを感じました。
内閣府は大都市だけでなく、郡部の在住者からも訊(き)き取りをおこなっています。
女性に関して、現在、どのような人権問題が起きていると思うか?
と。
上述の平成30年版 人権教育・啓発白書によりますと、聴取対象は、
全国18歳以上の日本国籍を有する者3、000人
です。
若者だけではなく、ご高齢の方々も回答を寄せていることでしょう。
結果は、「『アダルトビデオ等への出演強要』」が、15.5%となりました。
アダルトビデオ出演強要問題は国民のあいだに定着した、ということがわかります。
内閣府とは別に、横浜市も、人権に関する調査をおこないました。

横浜市による人権調査

2018年の5月のことです。
横浜市は、無作為で抽出した18歳以上の居住者8千人に対して、男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願いという用紙を送付しました。
当該文書の一部を参照します。

2018年5月 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願い

(前略。)

この調査は、男女共同参画及びDVに関する市民の皆様の考えをおうかがいし、横浜市の施策をさらに進めるために実施するものです。(※DV=配偶者等からの暴力)
今回、無作為に抽出した横浜市にお住まいの18歳以上の方8,000人に回答をお願いしています。

(中略。)

ご多忙とは存じますが、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

平成30年5月

設問の18をみてみます。

<180ページ>
2018年5月 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願い

問18 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されているとあなたが思うのはどのようなことですか。(○はいくつでも)

1.売買春(援助交際を含む)
2.JKビジネス
3.アダルトビデオ(AV)出演強要問題
4.性風俗店
5.女性の性を誇張した広告やコマーシャル
6.成人向けの雑誌、DVD・ビデオやゲーム等
7.インターネット上のアダルトサイト
8.その他(            )
9.わからない

※「JKビジネス」=女子高校生(JK)による接客を売りにしたビジネスの総称で、主として女子高校生をしてマッサージや散歩の相手とするなどのサービスを提供する営業のこと。健全な営業を装いながら、性的なサービスを提供させるものも存在する。

※「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」=本人の意に反し、詐欺や脅迫的な言動によって強制的にアダルトビデオに出演させられたり、その出演を拒否すると多額の違約金を請求され、アダルトビデオへの出演を余儀なくされたりする問題。

<189ページ>
2018年5月 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査ご協力のお願い
(意識調査のよくあるご質問)

1 調査票が自分に届いたのはなぜですか?
 → 今回の調査にご協力をお願いしているのは、横浜市にお住まいの 18歳以上の方8,000人です。住民基本台帳及び外国人登録原票から無作為に抽出させていただいて選ばれた皆様に、調査票をお送りしています。

2 (略。)

3 回答した結果はどう使うのですか?
 → いただいた回答は、すべて数値に置き換え、統計的に処理した上で、横浜市民の皆様の意識状況として集計結果を公表いたします。調査から分かる市民の皆様の考えを、今後の横浜市の施策に役立ててまいります。

4 (略。)

5 いつまでに何を送ればいいですか。
 → この調査票のみを同封の返信用封筒に入れ、5月25日(金)までにお近くの郵便ポストにご投函ください。切手を貼る必要はありません。

昨年の10月30日に集計結果が公表されました。

□横浜市 男女共同参画関連調査

(横浜市「表紙~第2部」より、引用。)

2018年10月30日 平成30年度 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査 「表紙~第2部」
<16ページ>

(2)女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(問18)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは、どのようなことかをたずねた。

・ 全体としては、「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」が7割近く最も高い。
次いで「売買春(援助交際を含む)」が5割、「JKビジネス」が4割を超えている。

・ 性別にみても、男性、女性ともに上記3項目の割合が高くなっている。

「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」が7割近く最も高い。
絶句しました。
まさかここまでとは。
大都市の人々は、出演強要に対して底知れぬ恐怖を感じているようです。
それにしても、7割、は異常な数値です。
調査結果の詳細を確認します。

(横浜市「第3部4章~7章」より、引用。)

2018年10月30日 平成30年度 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査 「第3部4章~7章」
<96ページ>

2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(問18)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは、どのようなことかをたずねた。

全体としては、「アダルトビデオ(AV)出演強要問題」(68.1%)の割合が最も高く、次いで「売買春(援助交際を含む)」(50.8% )、「JKビジネス」(46.0%)となっている。
性別にみても、男女とも上記3項目の割合が高くなっている。

図表4-2 女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと(複数回答)

基礎データは、以下のとおりです。

(横浜市「資料編【単純集計結果】」より、引用。)

2018年10月30日 平成30年度 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査 「資料編(単純集計結果)」
<210ページ>

(再掲。資料編【単純集計結果】)

女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うこと
  
アダルトビデオ(AV)出演強要問題」(68.1%)

<68.1%の内訳>
男性 69.0%
女性 67.3%

男性のほうがわずかに上回っています。
出演強要は、女性だけの問題にとどまらないようです。
男性もまた、業界人がおこなっている人身売買に対して畏怖しています。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月7日

(前略。)
私は行ける所まで頑張るのみです。
今後は友達関係や家族関係…
再構築していきたいな。

香西咲さん
2017年11月27日

私が東京湾に沈められようが、
万が一 芸能プロダクションA-team #エーチーム スカウトの #飯田正和 に命を狙われようが、私は死ぬのも怖くない。だから謝罪してこない限りこの問題には一生掛けて本気で取り組む

香西咲さん
2017年12月1日

引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、 #AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

香西咲さん
2018年4月3日

不眠気味。
だけど発信し続けなきゃ行けないの。いつ始まるかいつ終わるか分からないから。

香西咲さん
2018年2月15日

まさか人を散々死の直前まで追いやりながら、自分達が無傷で居れるとでも?

人生は上手く出来てますよね。
自分のした事は全て自身に返ってくる。

——————————————————–

(再掲。平成30年度 横浜市 男女共同参画に関する市民意識調査)
女性の性が商品として扱われ、女性の人権が侵害されていると思うことは、どのようなことかをたずねた。全体としては、『アダルトビデオ(AV)出演強要問題』」が7割近く最も高い

香西咲さんの真実のうったえが各所で花開いています。
近々、その花は、出演強要等を処罰する新法、という果実になることでしょう。
香西咲さんが世の中をかえました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さんのような善人が馬鹿を見る社会であってはなりません。人々は皆、こう思っています。「業界をこの世から抹殺しろ」「叩き潰せ」と。AVマニアについても然りです

1月5日から、アダルトビデオへの出演の勧誘を禁止する条例についてみてきました。

(参考。当ブログ)
2019年1月5日(岡山県。新宿区)
2019年1月6日(岡山県。新宿区)
2019年1月7日(新宿区、渋谷区、文京区、台東区)
2019年1月8日(東京都)
2019年1月9日(東京都)
2019年1月10日(新宿区、渋谷区)
2019年1月11日(渋谷区)
2019年1月12日(千葉県)
2019年1月13日(愛知県)
2019年1月14日(大阪府)

(千葉県警察「広報紙(裏面)」より、引用。)

(※チラシの一部分を抜粋)

AV女優等へのスカウト行為を禁止します
胸がすく規定です。
爽快な気分になります。
残念ながらこの種の条文だけでは、出演強要の被害をふせぐことができません。

2013年5月3日 日刊SPA!「現役スカウトが語る『女性をAVに沈める主流は“劇場型”』」より、引用。)

2013年5月3日 日刊SPA!

「キャバクラや風俗にオトしても大した金額にならないため、AV女優にするのが一番。そこで、カネになるとわかったかわいい女のコを見つけたら、僕らはシナリオと役者を用意して、そのコをハメるんです。まさに“劇場型”ってヤツですよ」
そう語るのは、現役スカウトマンのA氏だ。

2013年5月3日 日刊SPA!

「まずそのコをスカウトした時点からシナリオは始まっていて、簡単な(アイドルなどの)芸能活動をやらせて価値を上げるんです。もちろん、プロダクションの社長やマネジャー、撮影会などのスタッフ、客も俺らが用意した役者です。それで、タイミングを見計らって、“会社経営が苦しい”などと言い、AV出演を持ちかける。女のコは“今までお世話になったし……”と情もありますからね。こっちのシナリオどおりに動いてくれますよ」

(再掲。日刊SPA!)
女のコは“今までお世話になったし……”と情もありますからね

青木も、この種の方略(はかりごと)には長(た)けています。

(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より引用。改行を施しています。)

香西咲さん

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている。
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

(2016年7月17日 AbemaTIMES「【AV出演強要・脅迫・洗脳】人気AV女優が元所属事務所を告訴」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

普通の子だと拒否できないです。
周りにスタッフが20人ぐらいいます。
撮影も急がされている状況で、拒否したら申し訳ないなと思う

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月14日

私が知る範囲に限りますが、 前事務所のAV女優さん方の共通項

真面目
●人を疑わない疑えない
何かあった時に言えない
●良い子
●擦れてない
●世間知らず
●独りで抱え込む

(後略。)

(2016年9月24日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲が語る『洗脳』から出演までの8カ月」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

13年に入ってから、複数回、社長に「辞めたい」と切り出した。
その度に、時には1年更新の契約書を盾に、時には
「お前にかけた金はどうしてくれるんだよ。今動いている仕事は?」
と威圧してきた。
「お前が必要なんだ」
泣きつかれ、抵抗されたこともあった。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月2日

デビュー前に『勉強』と称されて連れていかれたポールダンスや彼らの飲食交通費、全て女優から搾取した金で遊んでるのに、 あの時の私は律儀に『ご馳走様です』と言っていた。
洗脳されてたから社長が心配して駆けつけてくれたと本気で思っていた馬鹿。
2度とこんな女優が生まれて欲しくないですね。

香西咲さん
2016年7月20日

私は誰の為に生きているの?
間違いなく自分の為ではなく人を庇うために生きている
そこに私の意思はない。

香西咲さん
2016年5月16日

ですね!
全てに於いて意味もなく他人に遠慮する、自信の無い性格からサヨナラしたいです
誰の為に生きてるの?って感じ。

——————————————————–

2013年5月3日 日刊SPA!「現役スカウトが語る『女性をAVに沈める主流は“劇場型”』」より、引用。)

2013年5月3日 日刊SPA!

女性を脱がせるために、“劇場型”を演出する男たちの苦労は耐えない。

世間の人々は、こうしたアダルトビデオ業界に対して、どのような思いを抱いているのでしょうか。
徳之島町が発刊している広報紙をみてみます。

(徳之島町「広報とくのしま 2018年3月号」より、引用。改行を施しています。)

広報とくのしま 2018年3月号

この春に島を離れる若い皆様へ

消費者トラブルなどの被害にあわないために

若者が巻き込まれる消費者トラブルや、若い女性がアダルトビデオへの出演を強要される問題などが発生しています。
これらの被害にあわないための知識をもつとともに、お住まいの地域の相談窓口を知っておきましょう。
また、関係機関のウェブサイトに詳しい手口や注意点などが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この春に島を離れる若い皆様へ
このくだりが胸を打ちます。

(下図は、徳之島町のホームページより。)

(再掲。広報とくのしま)
関係機関のウェブサイトに詳しい手口や注意点などが掲載されています

手口、とはどのような意味なのでしょうか。
広辞苑をみると、
犯罪などのやりくち
と書かれています。
埼玉県の公安委員会の会議録も参照します。

(2017年5月24日 埼玉県公安委員会「会議録」より、引用。)

2017年5月24日 埼玉県公安委員会

生活安全部長から、近年、若年の女性に対する性的な暴力に係る問題が深刻な状況にある中、平成29年3月21日にアダルトビデオ出演強要問題及びいわゆる「JKビジネス」問題等に関する関係府省対策会議が設置され、本年4月を「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」と位置付けられるとともに、4月、5月を緊急対策期間として位置付けられたことから、平成29年5月29日、JR大宮駅イベント広場において、AV出演強要問題及び「JKビジネス」問題に係る被害防止キャンペーンを実施することについて報告があった。

委員長から、「対策を推進して、だまされないための啓発活動が必要である。」旨の発言があった。

手口ー
だまされないためのー
人々の本音はこうです。
だれもが、こころのなかで、こう叫んでいます。
「アダルトビデオ業界をこの世から抹殺しろ」
と。
「叩き潰せ」
と。

(再掲。日刊SPA!)
2013年5月3日 日刊SPA!

女性を脱がせるために、“劇場型”を演出する男たちの苦労は耐えない。

能(あた)う限り残念な方法で業界人を淘汰することをのぞみます。
AVマニアについても然(しか)りです。
この世にこいつらは不要です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

大阪府のスカウト行為禁止条例。香西咲さん「青木亮 に言われて女の子をスカウトさせられる側にもなっていた可能性もある」。その可能性はありません

9日前より、悪質なスカウト行為を禁止する地方自治体の条例をながめています。

(参考。当ブログ)
2019年1月5日(岡山県。新宿区)
2019年1月6日(岡山県。新宿区)
2019年1月7日(新宿区、渋谷区、文京区、台東区)
2019年1月8日(東京都)
2019年1月9日(東京都)
2019年1月10日(新宿区、渋谷区)
2019年1月11日(渋谷区)
2019年1月12日(千葉県)
2019年1月13日(愛知県)

本日は大阪府の条例についてみてみます。

大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

大阪府

勧誘

(大阪府「大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」より、引用。)

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第八条
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 四 次に掲げる行為について、当該行為をする役務に従事するよう勧誘すること。

  イ 人の性的好奇心をそそる行為(当該行為を撮影するための被写体となる行為を含む。次条第一項第二号において同じ。)

   罰則

第十九条
次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 五 第八条第一項の規定に違反した者

女性などをアダルトビデオの出演に勧誘した場合、大阪府は50万円以下の罰金を科しています。
ほかの自治体は以下のとおりです。

<勧誘>
東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例
・第8条第4項第5号「50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する

千葉県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]」
・第15条第2項「50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する

愛知県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」
・第17条第1項「100万円以下の罰金に処する

愛知県の罰則が群を抜いています。
——————————————————–

勧誘の常習者

常習者に対するとりあつかいはどのようになっているのでしょうか。

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第十九条
(再掲)
1 次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 五 第八条第一項の規定に違反した者

2 常習として前項第一号から第六号までの違反行為をした者は、六月以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

大阪府は、
6月以下の懲役又は50万円以下の罰金
です。
ほかの自治体の条例を参照します。

<悪質なスカウト行為の常習者>
東京都 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金。(※第8条第10項

千葉県 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金。(※第14条第2項第2号

愛知県 6月以下の懲役又は100万円以下の罰金。(※昨日のブログを参照。)

大阪府は愛知県ほど重くありません。
東京都や千葉県と同じ量刑です。
——————————————————–

誘因

誘因は、ビラやチラシを配布する行為です。
まずは、大阪府です。

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第八条
(再掲)
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 四 次に掲げる行為について、当該行為をする役務に従事するよう勧誘すること。

  イ 人の性的好奇心をそそる行為(当該行為を撮影するための被写体となる行為を含む。次条第一項第二号において同じ。)

 五 前号又はロに掲げる行為(略)について、人に呼び掛け、又はビラ、パンフレットその他の物品を配布し、若しくは提示して当該行為をする役務に従事するよう誘引すること。
——————————————————–
第九条
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次の各号のいずれかに該当するもの及び電話番号その他の連絡先を掲載したビラ、パンフレットその他の物品(以下「迷惑ビラ等」という。)を配布してはならない。

 二 人の性的好奇心をそそる行為の提供又は当該行為をする役務に従事する者の募集を表す文言等

   罰則

第十九条
次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 五 第八条第一項の規定に違反した者
 六 第九条第一項から第三項までの規定に違反した者

50万円以下の罰金です。
ほかの自治体はどうでしょうか。

<スカウトによる誘引行為>
東京都 規定をもうけていない。(※参考。2019年1月9日の当ブログ

千葉県 規定をもうけていない。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

愛知県 100万円以下の罰金。(※昨日のブログを参照。)

愛知県ほどではないものの、大阪府が誘因行為を罰しているところは評価できます。
東京都や千葉県も見習ってほしいものです。
——————————————————–

勧誘待ち

時折、スカウトらしき者が勧誘待ちをしている姿を目にすることがあります。
実相はわかりませんが。

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第八条
(再掲)
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 四 次に掲げる行為について、当該行為をする役務に従事するよう勧誘すること。

  イ 人の性的好奇心をそそる行為(当該行為を撮影するための被写体となる行為を含む。次条第一項第二号において同じ。)

5 何人も、第一項第一号、第二号、第四号又は第五号に掲げる行為(以下この項及び次項において「客引き」という。)の状況等を勘案して、この項の規定による規制を行う必要性が高いと認められるものとして公安委員会規則で定める地域内の公共の場所において、客引きを行う目的で、公衆の目に触れるような方法で客引きの相手方となるべき者を待ってはならない。

6 警察官は、前項の規定に違反して客引きの相手方となるべき者を待っていると認められる者に対し、当該客引きの相手方となるべき者を待つことをやめるべき旨を命ずることができる。

   罰則

第二十一条
第八条第六項の規定による警察官の命令に違反した者は、二十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

大阪府は、20万円以下の罰金、です。
ほかの自治体はどうでしょう。

<スカウトによる誘引待ち>
東京都 20万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

千葉県 スカウトについては規定をもうけていない。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

愛知県 6月以下の懲役又は100万円以下の罰金。(※昨日のブログを参照。)

愛知県は峻厳です。
——————————————————–

スカウトの雇用主に対する規定

組織包(ぐる)みの場合は、大本(おおもと)を捕まえなければ意味がありません。

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第八条
(再掲)
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 四 次に掲げる行為について、当該行為をする役務に従事するよう勧誘すること。

  イ 人の性的好奇心をそそる行為(当該行為を撮影するための被写体となる行為を含む。次条第一項第二号において同じ。)

2 何人も、対償を供与し、又はその供与の約束をして、他人に前項の規定に違反する行為をさせてはならない。
——————————————————–
第九条
(再掲)
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次の各号のいずれかに該当するもの及び電話番号その他の連絡先を掲載したビラ、パンフレットその他の物品(以下「迷惑ビラ等」という。)を配布してはならない。

 二 人の性的好奇心をそそる行為の提供又は当該行為をする役務に従事する者の募集を表す文言等

5 何人も、対償を供与し、又はその供与の約束をして、他人に第一項から第三項までの規定に違反する行為をさせてはならない。

   罰則

第十八条 次の各号のいずれかに該当する者は、百万円以下の罰金に処する。

 一 第八条第二項の規定に違反した者

 二 第九条第五項の規定に違反した者

大阪が定めている
100万円以下の罰金
は、軽いような気もします。
ほかの自治体の罰則を確認します。

<スカウト会社に対する罰則>
東京都 100万円以下の罰金。(※参考。2019年1月8日の当ブログ

千葉県 100万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

愛知県 6月以下の懲役又は100万円以下の罰金。(※昨日のブログを参照。)

愛知県は、6月以下の懲役です。
悪質なスカウト会社には、懲役刑がふさわしいです。

芸能スカウトによる執拗な勧誘

芸能スカウトといえども、執拗な勧誘行為はみとめられていません。

大阪府 大阪府公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第八条
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 六 第一号、第三号及び第四号に掲げるもののほか、人の身体又は衣服を捕らえ、所持品を取り上げ、進路に立ち塞がり、つきまとう等執ような方法で、客引きをし、又は役務に従事するよう勧誘すること。

   罰則

第十九条
次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

 五 第八条第一項の規定に違反した者

大阪府は、違反者に対して、50万円以下の罰金を科しています。
ほかの自治体はどうなのでしょうか。
対照します。

<芸能スカウトがしつこく誘ったとき>
東京都 50万円以下の罰金。(※参考。2019年1月8日の当ブログ

千葉県 50万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

愛知県 100万円以下の罰金。(※昨日のブログを参照。)

愛知県は気概に富んでいます。
どの自治体も、愛知県の規定には及びません。

(※参照した条例)

東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

千葉県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

大阪府 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

——————————————————–

ご存じのとおり、スカウトは、路上以外でも悪事をはたらいています。

(2017年6月24日 夕刊フジ 「風俗、AVスカウトマンが手口や報酬をぶっちゃけ!基本は『ブスをどうするか』 」より、引用。改行を施しています。)

2017年6月24日 夕刊フジ

22日深夜放送の「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)に、女性を水商売や風俗、AV業界に送り込むスカウトマンとして活動していたきむなお氏(46)が出演。
スカウト会社を経営しながら実際にスカウトマンとして路上にも立っていたという同氏が、女性をそれぞれの世界に送り込む手口やその報酬について明かした。

2017年6月24日 夕刊フジ

昼から路上に立ち、終電くらいまでびっちりスカウトしていたというが、可愛い女性とは滅多に会わず、
「そんな子は1日踏ん張って1人いるかいないか程度」(同氏)。

2017年6月24日 夕刊フジ

同氏は「恵比寿マスカッツ」に出演していた某大物AV嬢をスカウトした経験もあり、彼女は、スカウトをした別の女性からの紹介だったという。
このパターンも結構あるそうで、
「『女の子がいたら紹介してよ』みたいな、種まきみたいなのもしますよね」
と明かした。

(再掲)
彼女は、スカウトをした別の女性からの紹介だった

香西咲さんのツイートを想起しました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月9日

相手にもう少し洗脳技術があったら…
私が更に運が悪かったら…
#青木亮 に言われて女の子をスカウトさせられる側にもなっていた可能性もあるし、
最悪オ〇ム真理教みたいな事だってなりかねなかったかも知れない。
「目的の為に手段を選ぶな」とよく言われていたから。

青木亮に言われて女の子をスカウトさせられる側にもなっていた可能性もある
その可能性はありません。
青木は悪知恵のはたらくやつです。
手練に長(た)けています。
「だれか知っている女性に声をかけろ」
この種のことばを口にしたとたん香西咲さんに施した洗脳がとける、とわかっています。
香西咲さんは正義感の強いかたです。
相手の人生を破壊するようなことを命じられたら、その瞬間に反旗を翻します。
真理に目覚めます。
ちなみに、真理に目覚めたひとのことを「仏陀(ブッダ)」と言います。
それはさておき、香西咲さんは、「女の子をスカウトさせられる側」になりませんでした。
青木はその後も、香西咲さんを支配しつづけます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月24日

青木は本当に自分の手を汚さない。やってくるのは洗脳と脅迫と泣き脅し。

相手は香西咲さんです。
洗脳と脅迫と泣き脅し
そのような悪行を未来永劫つづけることはできません。
いずれ破綻します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年10月2日

ここまで洗脳が解けて
今迄自分のしてきた事に嫌悪感を抱くとは思いもしなかった

青木とスカウトの飯田正和は、犯罪者です。
このまま無傷ですまされることはありません。
政府はいま、出演強要等を処罰する法案を作成しています。
お披露目が楽しみです。
もちろん、法案は、オリンピックまでに法律として制定されることでしょう。
悪党に未来はありません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

愛知県の悪徳スカウト禁止条例は酷烈です。香西咲さんの内にある夾雑物がすこしは失せるかもしれません。野菜をたくさん食べて、業界の崩壊という来るべき日に備えましょう

先日来、悪質なスカウト行為を禁止する条例についてみています。

(参考。当ブログ)
2019年1月5日(岡山県。新宿区)
2019年1月6日(岡山県。新宿区)
2019年1月7日(新宿区、渋谷区、文京区、台東区)
2019年1月8日(東京都)
2019年1月9日(東京都)
2019年1月10日(新宿区、渋谷区)
2019年1月11日(渋谷区)
2019年1月12日(千葉県)

愛知県でも、アダルトビデオへの出演の勧誘を禁止しています。

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

条文を参照します。

愛知県

勧誘
誘引

(愛知県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例」より、引用。)

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 六 人の性的好奇心をそそる見せ物に出演する役務、人の性的好奇心をそそる写真若しくは映像の被写体となる役務又は人の性的好奇心に応じて人に接触する役務に従事する者となるように、勧誘し、又は人に呼び掛けて、若しくはビラ等を配布して、若しくは提示して誘引すること。

(※一部改正〔平成一四年条例四一号・二〇年二九号・二五年三一号〕)

   罰則

第十七条
1 第七条第一項又は第八条第一項から第三項までの規定に違反した者は、百万円以下の罰金に処する。

2 常習として前項の違反行為をした者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

愛知県の場合は、「人の性的好奇心をそそる映像の被写体となる役務に従事する者となるように、勧誘」すると、100万円以下の罰金となります。
ちなみに、東京都と千葉県は、50万円以下の罰金です。

(参考)
東京都 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例
・第8条第4項第5号「50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する

千葉県「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例[抜粋]」
・第15条第2項「50万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する

ちなみに、常習者については、以下のとおりです。
東京都、千葉県、愛知県の条例を対照します。

<悪質なスカウト行為の常習者>
東京都 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金。(※第8条第10項

千葉県 6月以下の懲役又は50万円以下の罰金。(※第14条第2項第2号

愛知県 6月以下の懲役又は100万円以下の罰金。(※上記の条文を参照。)

悪質なスカウトに対しては、愛知県のほうが峻厳、ということがわかります。
このことだけではありません。
もう一度、愛知県の条例を確認します。
先ほどの第7条です。
第1項第6号の後段にはこう書かれています。
又は人に呼び掛けて、若しくはビラ等を配布して、若しくは提示して誘引すること
と。
愛知県は誘引行為も禁止しています。
違反者に100万円以下の罰金を科しています。
誘引とは、ビラやチラシなどを配ることです。
東京都と千葉県は、以下のとりあつかいをしています。

<スカウトによる誘引行為>
東京都 規定をもうけていない。(※参考。2019年1月9日の当ブログ

千葉県 規定をもうけていない。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

愛知県の厳格さが際立ちます。
——————————————————–

勧誘待ち

スカウトによる勧誘待ちについてはどうでしょうか。

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条
(再掲)
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 六 人の性的好奇心をそそる見せ物に出演する役務、人の性的好奇心をそそる写真若しくは映像の被写体となる役務又は人の性的好奇心に応じて人に接触する役務に従事する者となるように、勧誘し、又は人に呼び掛けて、若しくはビラ等を配布して、若しくは提示して誘引すること。

3 何人も、第一項第一号から第四号まで、第六号又は第七号に掲げる行為(以下この項において「客引き」という。)の状況等を勘案して、この項の規定による規制を行う必要性が高いと認められる地域として公安委員会規則で定める地域内の公共の場所において、客引きを行う目的で、公衆の目に触れるような方法により客引きの相手方となるべき者を待つてはならない

(※一部改正〔平成一四年条例四一号・二〇年二九号・二五年三一号〕)

  

第十条

2 警察官は、第七条第三項の規定に違反する行為をしている者に対し、更に同項の規定に違反する行為をしてはならない旨を命ずることができる
この場合において、当該命令の効力は、当該命令後最初の午前六時までとする。

(※全部改正〔平成二五年条例三一号〕、一部改正〔平成二七年条例七三号〕)

  

第十一条

2 公安委員会は、第七条第三項の規定に違反する行為が行われた場合において、当該違反行為をした者が更に反復して同項の規定に違反する行為をするおそれがあると認めるときは、当該違反行為をした者に対し、六月を超えない範囲内で期間を定めて、同項の規定に違反する行為をしてはならない旨を命ずることができる

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

  

第十五条
第十一条又は第十三条の規定による命令に違反した者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

勧誘待ちをしているスカウトに改善がみられないときは、6月以下の懲役です。
東京都と千葉県はどうでしょう。

<スカウトによる誘引待ち>
東京都 20万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

千葉県 スカウトについては規定をもうけていない。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

東京都は罰金、愛知県は懲役刑です。
截然(せつぜん)たる差があります。
——————————————————–

スカウトの雇用主に対する規定

東京都と千葉県はつぎのとおりです。

<スカウト会社に対する罰則>
東京都 100万円以下の罰金。(※参考。2019年1月8日の当ブログ

千葉県 100万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

いずれも罰金です。
愛知県はちがいます。

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第十三条
公安委員会は、事業者が前条の規定による指示に違反したとき、又は事業者若しくはその代理人、使用人その他の従業者が当該事業に関し第七条若しくは第八条の規定に違反したときは、当該事業者に対し、六月を超えない範囲内で期間を定めて、当該事業の全部又は一部の停止を命ずることができる。

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

   罰則

第十五条
第十一条又は第十三条の規定による命令に違反した者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

6月以下の懲役です。
——————————————————–

芸能スカウトによる執拗な勧誘

いずれの自治体も、芸能スカウトに対する規制はおこなっていません。
もちろん、執拗に誘った場合は別です。
罰則規定を設けています。
まずは、東京都と千葉県の条例を確認します。

<芸能スカウトがしつこく誘ったとき>
東京都 50万円以下の罰金。(※参考。2019年1月8日の当ブログ

千葉県 50万円以下の罰金。(※参考。2019年1月12日の当ブログ

つぎは愛知県です。

愛知県 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例

第七条
1 何人も、公共の場所において、不特定の者に対し、次に掲げる行為をしてはならない。

 八 前各号に掲げるもののほか、人の身体又は衣服を捕らえ、その所持品を取り上げ、その身辺に立ち塞がり、つきまとう等執ような方法により、客引きをし、又は役務に従事する者となるように勧誘すること。

(※一部改正〔平成一四年条例四一号・二〇年二九号・二五年三一号〕)

   罰則

第十七条
1 第七条第一項又は第八条第一項から第三項までの規定に違反した者は、百万円以下の罰金に処する。

2 常習として前項の違反行為をした者は、六月以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

(※追加〔平成二五年条例三一号〕)

100万円以下の罰金となっています。
以上、愛知県の条例についてみてみました。
若干、夾雑物が失せました。
東京都も条例を改正して愛知県並みの規定にしてほしいものです。
愛知県は、出演強要問題に対しても熱心にとりくんでいます。

(2018年2月22日「平成29年度( 第26回)愛知県男女共同参画審議会 議事概要」より、引用。)

2018年2月22日 事務局

いわゆるJKビジネスについては 、「あいち男女共同参画プラン2020」の基本的施策9「女性の対するあらゆる暴力の根絶」にて 、犯罪の未然防止という観点から施策等を展開している。
また、被害防止月間に合わせた取組や、アダルトビデオの出演強要等で困っている方々に相談窓口を活用してもらうため、広く周知している。

あとは政府がどのような法案を作成するかです。

オリンピックまでに諸悪の元凶であるメーカーは殲滅されるでしょう。
極悪がいなくなればプロダクションとスカウトは霧散します。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年1月5日

造られた世界にうんざりしてるので、自然を満喫したいな~
自然の風景も美味しい空気もイイですね。それと農家で取れた野菜をそのまま食べれたり、釣りたての魚を食べたりしたいです。国内でも海外でも良いから生命の力を感じたいな(*^-^*)めっちゃ贅沢ですよね!

香西咲さん
2018年4月26日

#おうちごはん
正解は…欲望のままに作った
#チキンと野菜のトマト煮込み でした
#白米大好き なんだけど今日はやめておこうっと
#好き嫌いなし
https://www.instagram.com/p/BiCQh5SHfAV/

——————————————————–

そう遠くない将来、業界の崩壊という楽しい光景をみることができます。
野菜をたくさん食べて、万全の体調でそのときをむかえましょう。
あともうすこしです。
悪はかならず滅びます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ