ライトハウスの藤原志帆子代表が朝霞市の講演で語ったAV強要(AV出演強要)の実態(その2)。香西咲さんの命がけの告発が日本の因習をかえようとしています

昨日のつづきです。

(参考。当ブログ)
2019年7月18日

本日も、ライトハウスの藤原志帆子代表が朝霞(あさか)市でおこなった講演についてふれます。

朝霞市のホームページより。)

日程 (2018年)9月1日
学級名 中学合同学習会(一中、二中、三中、四中)
事業内容 あなたの子どもに忍び寄る危険 ~「芸能人・モデルにならない?」と言われて~
講師・指導者 NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス 理事 藤原志帆子氏

(朝霞市 教育委員会「平成30年度 家庭教育学級報告集」より、引用。改行を施しています。)

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ただ児童の着エロ活動、これは下火になり、何に変わってきているかというと地下アイドルです。
これは今年、AFP通信で取材されて、“ 少女アイドルに熱中する日本。崇拝なのか、小児性愛なのか” というテーマで記事が出ています。

(参考。2018年2月26日 AFP「少女アイドルに熱中する日本 『崇拝』か『小児性愛』か」より。)

東京の雑多な街角。狭く薄暗い会場で中年男性たちがステージ上に声援を送っている――彼らが熱狂しているのは6歳(取材当時)の少女だ。
「あいちゃん6さい(現在の活動名は「あいちゃん7さい」)」は髪にリボンを着け大人のようなメークを施しているが、まだ非常にあどけない。
あいちゃんのように小規模なステージで活動する少女たちを日本では「地下アイドル」と呼び、それが問題視されることもない。
(後略。)

本人たちは可愛い自分を評価されたい。中には本当にアイドルや女優さんになりたいとか連続テレビ小説のヒロインになりたいとか、大きな夢を抱えている方もいますが、結局、AVではないですけど形を変えて、子どもたちの可愛らしさや性的な部分を強調した形で売り出すような芸能プロダクションに取り込まれてしまっている。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
結局、AVではないですけど形を変えて、子どもたちの可愛らしさや性的な部分を強調した形で売り出すような芸能プロダクションに取り込まれてしまっている

以前、内閣府の大臣官房審議官が、国会で以下の答弁をしたことがあります。

(2018年6月5日 参議院 法務委員会より)
(※参考。当ブログ
(※音声の文字化は、筆者。)

2018年5月31日 渡邉清 内閣府 大臣官房審議官

(前略。)
もうひとつ、20歳を超えると、未成年であることを理由に契約を取り消すことができなくなるため、なかには20歳になるまでは露出の多いイメージビデオへの出演を強要され、20歳になりますと今度はアダルトビデオへの出演を強要される、とそういうケースもみられることがあげられました。
(後略。)

2018年6月5日 渡邉清 内閣府 大臣官房審議官

(前略。)
また、先ほど先生(仁比聡平議員)もおっしゃっておられましたけれども、20歳を超えますと契約を取り消すことができなくなるため、まさに囲い込みといいますか、20歳になるまでは露出の多いイメージビデオといったものに出演をさせておいて、20歳になるとアダルトビデオのほうに転向させる、移行させると。
そういったケースがみられるというような実態をわたしどもも聴取してございます。

——————————————————–

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

「こういうのは、どうして海外にないんですか?」と色々な人に聞いたことがあります。
アメリカの方に聞いたら、「こういう芸能活動をしようとするプロダクションや企業が出たら、その会社を市民が全力で抗議して恥ずかしめるから、こういった活動ができないんじゃないか」と言っていました。
だから法律を作るまでもない。

ところが日本ではこういったものがどんどん作られていくので、難しいなと思います。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
こういう芸能活動をしようとするプロダクションや企業が出たら、その会社を市民が全力で抗議して恥ずかしめるから、こういった活動ができない

いっぽう、日本はどうでしょうか。
極少数とは言え、悪徳プロダクションを擁護しているやつらがいます。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月13日

仰る通りです。
私を誹謗中傷してくる人は大抵私の事を調べませんし週刊文春すら読んでません。
物言いたいなら相手の情報位調べて来るのは常識ですよね。
(後略。)

香西咲さん
2016年7月18日

私が今後どうすべきか等、正確な情報もアドバイスも一切与えてくれず、
ただただ脅迫されてます。
余計な事は言うなと。
情報開示して頂けないのに納得して言いなりになれる訳がないですね。
これ以上言うとバレるので慎みます。

香西咲さん
2016年9月23日

お二方のフォローありがとうございます。
お二方も仰る通り、私は誰かに頼る訳ではなく独りで立っています。

独りで考えて
独りで行動しています。

この間の集団リンチを目撃した女優は
告発はおろか、出る杭になる恐ろしさを知って
大人しく飼い主(スカウト、事務所)の下へ帰るでしょう。

香西咲さん
2016年12月28日

@MPD_yokushi
@kyodo_keishicho
@komei_koho
@komei_woman
私の強要問題に『どうせなら強要であろうとファンタジーを見せろ』とブログに綴ったライターです。

——————————————————–

ぼくは藤原志帆子ライトハウス代表のつぎのことばに感銘をうけました。

<43~44ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

私が引っ越して活動を始めたのがワシントンDCというアメリカの首都です。
今はトランプさんが住んでいるホワイトハウスの後ろで、10 代の子どもたちが路上で性を売っているんですね。

(略。)

子どもは監視されていて、お客さんの車に乗って 1 時間半位消えて、また帰ってくるというのを繰り返して、お金がちゃんと集まらないと家に帰らせてもらえない。
そんなことが続いていることを、私たちはずっと隠れた車の中から全部記録し、ビデオも撮って、それを議会に持って行きました。

アメリカの議会でその情報が使われて法律まで変えました。

小さなNPO 団体、特に私が働いていたNPO を作ったのは、私と同じ歳で22、23 歳位の若者でしたが、その記録やデータが法律を変えて、連邦法を変えて、被害にあっている子どもたちを守ったり、人身取引の被害者をなくす法律を作ったり作られたりというのを見て、アメリカってすごいな、
これを日本でもやりたいと思って、日本で活動を始めたのが15 年前、たまたま小さな助成金をもらって日本に来たのがきっかけでした。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
アメリカの議会でその情報が使われて法律まで変えました

(2018年3月23日 参議院インターネット審議中継参議院 法務委員会より。)
(※参考。当ブログ
(※音声の文字化は筆者。)
2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

わたくし、おひとりの元AV女優であった被害者のかたに、おはなしを直接うかがいましたけれども、実際、そういう強要されて、フリーズして(固まって)、抵抗などできない。
それはまさにですね、強制性交(強姦)の被害ですよ。
そうしたことがいったんおこなわれ、絶望します。
その絶望感のなかで、囲い込まれて、撮影が繰り返されたりもします。
できあがったAVビデオはですね、仮に笑顔がみえたとしても、それは支配されて、演技という外形が編集されている。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました。
#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

香西咲さん
2018年3月22日

にしやまさんのお陰でAV業界に関して、警察と内閣府と議員会館等訪問する事になりそうです。
AV業界の皆様に影響あるかも知れませんが仕方ないですよね。
#青木亮 始めこういう方をそのまま雇用し続けているのですから。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
アメリカの議会でその情報が使われて法律まで変えました

いま、日本でも、あらたな法律がつくられようとしています。

(2019年2月5日「Safer Internet Day 2019 シンポジウム」より、引用。改行を施しています。)

宮﨑政久 自民党アダルトビデオ出演強要問題を考えるPT 事務局長(衆議院議員)

宮﨑氏からは、AV出演強要問題に特有の論点について指摘がありました。
すなわち、この問題の難しさは、様々な社会現象が絡み合っているところにあるため、的を絞った議論が必要である点にある。
この問題を検討する際に考慮すべき権利をとってみても、表現の自由や営業の自由、さらには職業選択の自由等、多様な権利が関わってくるが、これらの権利に配慮しつつ、いかに公共の利益との調整を図るべきかを見極めた対策が必要であると語りました。
また、性に関わることは通常秘め事と位置づけられるものであり、AV作品にかかる表現の自由を検討するにあたっては、その表現内容の性質から自ずと制約を受けるところがあるという風に考えているという指摘がありました。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

——————————————————–

香西咲さんはアダルトビデオ業界のなかでおこなわれている出演強要の実態をあきらかにしました。
香西咲さんは世界に誇れる日本人です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

ライトハウスの藤原志帆子代表が朝霞市の講演で語ったAV強要(AV出演強要)の実態(その1)。オリンピックまでに香西咲さんたち被害者のところへ福音がとどきます

埼玉県の朝霞(あさか)市は、
「家庭教育学級」
というとりくみをおこなっています。
朝霞(あさか)市のホームページに事業の概略が書かれていますのでみてみます。

引用
家庭教育は、すべての教育の出発点です。子どもたちが、のびのびと個性を育み、生き生きと社会の一員として生きて行くために、親や大人たちが交流を深めながら、仲間と一緒に考え、情報交換しながら、さまざまな角度から学んでいくのが家庭教育学級です。今年度も、さまざまな講演会や講習会、勉強会、情報交換を行っています!

昨年の9月、朝霞(あさか)市の家庭教育学級に、ライトハウスの藤原志帆子代表が招かれたようです。

(※下図は、朝霞市のホームページより。)

(再掲)

日程 (2018年)9月1日

学級名 中学合同学習会(一中、二中、三中、四中)

事業内容 あなたの子どもに忍び寄る危険 ~「芸能人・モデルにならない?」と言われて~

講師・指導者 NPO法人人身取引被害者サポートセンターライトハウス 理事 藤原志帆子氏

対象は中学生です。
「平成30年度 家庭教育学級報告集」のなかに、講演の内容が掲載されています。
参照します。

(朝霞市 教育委員会「平成30年度 家庭教育学級報告集」より、引用。改行を施しています。)

<44ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスは、もともと千葉県の事務所で活動していて、数年前に東京の渋谷区に事務所を移してきました。
本当に小さなアパートの一室に電話線を一本ひいて、そこで相談を受けています。

人身取引の被害相談は全国から寄せられていて、その内容はアダルトビデオの出演強要の問題、児童ポルノ、売春や援助交際がやめられない、やめさせてくれない。それからリベンジポルノ。
また児童ポルノとは違いますが、18 歳以上の女の子や男の子たちから「騙されて裸の写真を送ってしまった、どうしよう」という自撮被害。
このような相談が毎年100 人から150 人位来ています。
最近はラインや独自のSNS を開設したことで、ぐっと子どもたちからの相談が増えてきました。
メールの相談も受けていますが、最終的には渋谷の面談室を借りて直接相談を受けています。
また相談者は日本中にいて、北海道から福岡まで色々なところに行ってきました。
緊急を要する時には、それぞれの地域のNPOの方や自治体の方たち、それから弁護士さんや警察官の方々と調整して、本人が住んでいる所で救済を行うということもしています。

——————————————————–

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスに寄せられる相談の内容で特に多いのは、アダルトビデオ出演の強要で、これは人身取引であると警察も私たちも認識しています。
日本ではアダルトビデオに沢山の若者、男の子もいますが、無理矢理出演させられていたということが分かってきました。
去年の警察の統計では、アダルトビデオに無理矢理出演させられたという高校生15 人が被害者の認定を受けています。

(2018年2月8日 産経新聞「人身取引、昨年の被害者は42人 AV出演強要も 女子高校生15人含む」より、引用。改行を施しています。)

金銭の搾取を目的に女性らに売春や労働を強要する人身取引で、全国の警察が昨年1年間に摘発したのは46件(前年比2件増)、30人(16人減)だったことが8日、警察庁のまとめで分かった。
被害者は42人(4人減)。
うち日本人は最多を更新する28人で、この中にはアダルトビデオ(AV)出演強要の被害に遭った18歳の女子高生15人も含まれている。
(後略。)

この説明をする前に、啓発動画を観ていただいた方が分かりやすいと思います。

<45ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

このビデオはYouTubeで見られます。
フェイスブックでも最初に大きく出しているので、もし良ければ「いいね」を押してもらって、シェアして見る人を増していきたいんですね。
本当に衝撃的で話しにくいテーマではあるんですけど、話さなければいけないし、話題にしていかなければならないと思うので、これを問題意識と考えていただけるなら、一緒に声をあげていただきたいなと思います。
今は、ライトハウスや少しの個人しか声をあげていない状況です。
問題だと思っている人は多いと思うんですけど、なかなか一つの運動になっていかないんですね。
勿論、問題意識を持っている行政や警察官の方も一杯いますけど、「おかしいよね」と発言していただける人を増やしていきたいなと思っています。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
これを問題意識と考えていただけるなら、一緒に声をあげていただきたい
『おかしいよね』と発言していただける人を増やしていきたい

この世にはAV出演強要被害を闇に葬り去ろうとする輩(やから)も存在します。

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

もう一回言いますが、最初に出会う親御さんの対応、先生の対応、弁護士や支援団体の対応で、その子の人生が大きく左右されます。

——————————————————–

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

特にアダルトビデオに関しては、モデルもそうですけど、いわゆる社会福祉の制度、例えば生活保護とか児童相談所に一度もお世話になったことがない普通の家庭で育ったお子さんも多く被害にあっているんですね。
普通という言葉はおかしいですけど、普通の子たちが被害にあっているのがAV出演なので、ぜひ自分ごととして捉えてくれるお子さんや親御さんが増えてきたらいいなと思います。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
ぜひ自分ごととして捉えてくれるお子さんや親御さんが増えてきたらいいなと思います

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年8月28日

女性のお子様がいらっしゃる方々には決して他人事では無い事だと言う事で、週刊文春様が二週間に渡り掲載をして下さりました。
他人事では済まされない、本当に身近な事件です。

香西咲さん
2017年1月2日

娘を持つ親御さんへ
決して他人事ではありません。芸能、パーツモデル(手など)、ナンパ…あの手この手で勧誘してきます。年齢も容姿も関係ありません。スカウトや事務所がその気になれば整形させてでもAV出させます。環境も思考も180度変えさせられます。注意を払いきれるものではありません。

香西咲さん
2017年12月8日

そうなのです。
皆さん自分には無関係と思いがちですが、万が一御家族に娘さん、姪っ子さん等がいらしてたら…他人事では無いですよね。
今や #東大 でもAVスカウトやAV女優がいる時代です。
是非とも親御さんに関心を持って頂きたいです。

——————————————————–

<48ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

ライトハウスはアダルトビデオが問題になった時、ふと「みんな渋谷に来て被害にあっている」と気付きました。
渋谷区内に43個のAVプロダクションがあるというのを確認して、それを区議会の皆さんに話したところびっくりされていました。

区役所の人たちにも話して、「これは酷いね、渋谷区が加害者になっているのですか」とびっくりされて、まずは渋谷区の方で国に、「こういったものの法律を作ってください。それから渋谷区は特に子どもが集まってくるので、こういうスカウトが起きているということを含めて、子どもを性の対象とすることを容認しない法改正を」という意見書を出してくれたのが2年前です。
これがあって色々始まったと思っています。

(参考。渋谷区議会)

アダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書

近年、若者が路上等で勧誘され、その意に反してアダルトビデオやアダルト動画チャット(ネットを介した性的な動画交信)に出演させられたという被害が相次いでいる。

勧誘当初はアダルトビデオ業者である事を隠し、学生証や身分証明書をコピーする等の手段により出演を強要するなど、その手口は極めて悪質である。

かかる行為は、個人の自由を奪い、暴力や脅しや騙しを使って個人の意に反して働かせ、その利益を搾取する犯罪行為である。

渋谷区には40社以上のアダルトビデオ・プロダクションが存在し、過去2年間に被害者支援団体に寄せられた相談114件のうち41件は、渋谷区内で勧誘、撮影、又は制作が行われた実態があり、その被害は急増傾向にある。

渋谷区はこれらの実情に鑑み、渋谷区公共の場所における客引き行為等の防止に関する条例に基づき勧誘行為を禁止し、対策の強化に取り組んでいるものの、国による抜本的な対策が急務である。

よって渋谷区議会は、国会及び政府に対し、こうしたアダルトビデオ業者等による個人の意に反する形での勧誘、雇用、派遣、制作、販売、貸出し、配信等による性的被害を防止し、実態調査、公安委員会への届け出、立ち入り調査等による被害者の救済を行うため、罰則付きの総合的な法整備を強く要請する。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

平成28年3月31日

渋谷区議会議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
法務大臣
厚生労働大臣
内閣官房長官
国家公安委員会委員長 あて綴じ

(再掲。SGM村上チーフさん)
43もAVプロダクションが渋谷区に存在する

講演のなかで藤原さんは、つぎのようにおっしゃっています。

<47ページ>
2018年9月1日 藤原志帆子 ライトハウス代表

また、児童ポルノ、AVも含めた法的な介入をちゃんとしていくことが求められています。
人身取引をする加害者にとって、日本はこういう犯罪行為ができない、意味がないと思わせるくらい「魅力的でない国」にしなければいけない。

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
法的な介入をちゃんとしていくことが求められています

現在、法律がつくられようとしています。

(ライトハウスのツイートより、引用。)

ライトハウス
<2019年6月20日>

(再掲)

先日13日に行われた自民党「#性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」にて #AV出演強要 問題対策プロジェクトチームのとかしき議員から、ビッグニュースが!AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法を目指すということです!

(再掲。藤原志帆子 ライトハウス代表)
人身取引をする加害者にとって、日本はこういう犯罪行為ができない、意味がないと思わせるくらい『魅力的でない国』にしなければいけない

オリンピックまであと1年です。

(再掲。SGM村上チーフさん)
AVプロダクションが43も。2020年には東京五輪が開催されるが日本を訪れる諸外国の方々はどう思うだろう?

当然、このままでは、オリンピックを開催することができません。

(PAPSのツイートより、引用。)

PAPS
<2018年11月14日>


(再掲)

昨日はAV問題に取り組むという自民党の女性議員のところにロビー活動に行った。AVに係ったことで被害だと思う女性にとっては一生苦しまなければならないのだから何とかしなければと熱く語っていた。議員の仕事は法律を作ることだから、オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたいと。

オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたい

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2019年1月23日

#AV強要 から学んだ事は然るべき時を待つという事。

——————————————————–

政府がアダルトビデオ業界を殲滅するのは必定です。
人間のクズたちはどのような醜態を晒すのでしょうか。
見物(みもの)です。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

自民、公明、共産党に加えて、国民民主、社民党もAV強要(AV出演強要)の根絶を公約にかかげました。あとは犯罪者の逮捕と香西咲さんたち被害者の救済です

7月21日は参議院議員選挙の投票日です。
先日のブログで、自民党、公明党、日本共産党の選挙公約についてふれました。

(参考。当ブログ)
2019年6月28日

自民党、公明党、日本共産党は、いずれも、AV出演強要の根絶を公約にかかげています。
ほかの政党はどうでしょうか。

国民民主党

国民民主党は6月14日に、選挙公約を発表しました。

国民民主党 新しい答え 2019

AV出演強要に関する記述はありません。
その後、国民民主党は、公約を追加したようです。
昨日、気がつきました。

国民民主党 政策INDEX 2019(トップページ)

「国民民主党 政策INDEX 2019」【トップページ】より、引用。)

この『政策INDEX 2019』は、参議院選挙政策『新しい答え 2019』に掲載していない政策も含め、 国民民主党の政策やさまざまな政策課題に関する基本的な考え方をまとめたものです。

PDF版の「国民民主党 政策INDEX 2019」を通読しました。
途中で、「アダルトビデオ(AV)出演強要」という文字と邂逅(かいこう)しました。

(※下図は、PDF版国民民主党 政策INDEX 2019より。)
<116ページ>

(再掲)

アダルトビデオ(AV)出演強要やJKビジネス被害を防止し、被害者救済や支援、加害者取り締まりを強化するとともに、必要な改善策を講じます。

国民民主党は、「性ビジネスへの対策強化」(※116~117ページ)の章のなかで、AV出演強要に言及しています。

引用
<116~117ページ>
国民民主党 政策INDEX 2019

性ビジネスへの対策強化

アダルトビデオ(AV)出演強要やJKビジネス被害を防止し、被害者救済や支援、加害者取り締まりを強化するとともに、必要な改善策を講じます。

○人身取引、児童買春は重大な犯罪です。我が国における人身取引被害者の多くは、売春等による性的搾取を受けています。人身取引根絶に向けた対策を強化します。

○メディアにおける性・暴力表現が人々の心理・行動に与える影響について調査を進め、対応策を検討します。「女性の性を商品化する風潮」を変える取り組みを進めます。

○性風俗産業従事者に対する差別を是正するため、法制度上の不備を見直し、権利を守ります。

メディアにおける性・暴力表現が人々の心理・行動に与える影響について調査を進め、対応策を検討します。『女性の性を商品化する風潮』を変える取り組みを進めます
こちらにつきましてもぜひ、進めていただきたいです。
つぎは社民党についてみてみます。

社民党

社民党も、国民民主党と同じ日(6月14日)に、選挙公約を発表しています。

2019年 参議院選挙 選挙公約

性暴力の章をみると、
あらゆる性暴力を禁止し被害者の人権とケアを保障する『性暴力禁止法』の制定に取り組みます。先行して『性暴力被害者支援法』を早急に制定します
性暴力の恐怖によって被害者は心身が麻痺し抵抗や逃避ができない状態に追い込まれます。刑法強制性交等罪などの『暴行・脅迫』『抗拒不能(抵抗困難な状態)』要件を撤廃し、同意のない性交は犯罪とする『不同意性交罪』を新設します
とだけ書かれています。
その後、社民党は、
2019年 参議院選挙 選挙公約詳細
を公表しました。
選挙公約の詳細版です。
(※昨日、知りました。)

(※下図は、2019年 参議院選挙 選挙公約詳細より。)

(再掲)

「JKビジネス」「アダルトビデオ(AV)出演強要」など若い女性に対する性的搾取を行っている商業活動の禁止を求めていきます。実態を把握し、相談、啓発、取り締まりを強化します。

——————————————————–

立憲民主党

立憲民主党につきましては、AV出演強要にふれている候補者がいます。

AV出演強要の根絶をうったえている5党の選挙公約

現在、5つの政党が選挙公約で、AV出演強要の根絶をうったえています。
5党の公約を対照します。

自民党
(2019年6月7日「令和元年政策BANK」より、引用。)

<10ページ>
2019年6月7日 2019年参議院選挙 自民党 選挙公約

DVやストーカーの被害者の支援や加害者に対する取組みを進めます。民間シェルターへの支援拡充やDV対策と児童虐待対策との連携協力を強化するとともに、いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等の被害を根絶するための対策を推進します。

公明党
(2019年6月26日 公明党「マニフェスト2019」より、引用。)

<35ページ>
2019年6月26日 2019年参議院選挙 公明党 選挙公約

いわゆる「JKビジネス」やアダルトビデオ出演強要問題の被害防止のために、教育・啓発の推進、違法なスカウト行為の取り締まりの強化、相談体制の充実等を図ります。

日本共産党
(2019年6月21日 日本共産党「希望と安心の日本を 参院選にあたっての日本共産党の公約」より、引用。)

2019年6月21日 2019年参議院選挙 日本共産党 選挙公約

JKビジネス、AV出演強要などの性被害から子ども・若者を守るために、子どもや女性の性を商品化するビジネスの法規制と相談・啓発の体制を強化します。

国民民主党
国民民主党 政策INDEX 2019より、引用。)

国民民主党 政策INDEX 2019

アダルトビデオ(AV)出演強要やJKビジネス被害を防止し、被害者救済や支援、加害者取り締まりを強化するとともに、必要な改善策を講じます。

社民党

2019年 参議院選挙 選挙公約詳細より、引用。)

2019年 参議院選挙 選挙公約詳細

「JKビジネス」「アダルトビデオ(AV)出演強要」など若い女性に対する性的搾取を行っている商業活動の禁止を求めていきます。実態を把握し、相談、啓発、取り締まりを強化します。

——————————————————–


(再掲)

昨日はAV問題に取り組むという自民党の女性議員のところにロビー活動に行った。AVに係ったことで被害だと思う女性にとっては一生苦しまなければならないのだから何とかしなければと熱く語っていた。議員の仕事は法律を作ることだから、オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたいと。

議員の仕事は法律を作ることだから、オリンピックまでには世界に恥じない日本の社会環境にしたい

だれが考えても、もうおわりでしょう。
アダルトビデオ業界は。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年5月24日

『夜と霧』は衝撃でした。
価値観を変える機会、
そしてじっと『時期を待つ』事を覚えるきっかけにもなりました。

香西咲さん
2018年2月13日

私は諦めないから。
何年掛かろうと。

香西咲さん
2018年4月2日

#青木亮 が #AV強要 で人生台無しにしてくれたお礼は #2020年 #東京オリンピック を目処に考えています(*^-^*)
詳しくは後ほど…

——————————————————–

オリンピックまでにこの世の極悪は滅びます。
香西咲さんたち被害者は復活します。
この流れを止めることは、もうだれにもできません。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

警察は現在、スカウトのとりしまりに力をそそいでいます。香西咲さんたち被害者がもとめているのはAV強要(AV出演強要)をおこなったやつらに対する強姦罪の適用です

4月は「AV出演強要・「JKビジネス」等被害防止月間」でした。
警察のツイートをふりかえってみます。

愛知県警
<2019年4月5日>

(再掲)
「NO!AV出演強要」

千葉県警
<2019年4月12日>

(再掲)
「モデルやタレントの勧誘、簡単に稼げるバイトがあるという声かけをきっかけに、若い女性が性的な被害を受ける問題が発生しています」

大阪府警
<2019年4月18日>

(再掲)
「路上でナンパを装って近づき、風俗店等のアルバイトを勧めてきたり、より高額の収入が得られると言って、AVに出演させたりする悪質なスカウトが社会問題となっています」

愛知県警
<2019年4月22日>

(再掲)
「モデルや芸能人等の勧誘を装ってのAV出演強要被害やJKビジネスによる児童買春等の被害を未然に防ぐため、下校時間帯に合わせて学生たちに呼びかけました」

警視庁
<2019年5月8日>

(再掲)
「モデルの勧誘などとウソを言って声を掛けてくる場合もあるので、注意が必要です」

——————————————————–

もう一度、AV出演強要に対する警察の認識を確認します。

(再掲)
愛知県警

「NO!AV出演強要」
「モデルや芸能人等の勧誘を装ってのAV出演強要被害やJKビジネスによる児童買春等の被害を未然に防ぐため、下校時間帯に合わせて学生たちに呼びかけました」

千葉県警

「モデルやタレントの勧誘、簡単に稼げるバイトがあるという声かけをきっかけに、若い女性が性的な被害を受ける問題が発生しています」

大阪府警

「路上でナンパを装って近づき、風俗店等のアルバイトを勧めてきたり、より高額の収入が得られると言って、AVに出演させたりする悪質なスカウトが社会問題となっています」

警視庁

「モデルの勧誘などとウソを言って声を掛けてくる場合もあるので、注意が必要です」

(シャカシャカ太郎さんのツイートより、引用。)

<2019年5月10日>
シャカシャカ太郎さん

こわすぎやろ。田舎のAV出演強要の注意喚起
こちらは京都府警が作成したチラシです。
このチラシに関しては、以前、当ブログでふれたことがあります。

(参考。当ブログ)
2019年4月26日

(※下図は、京都府警のホームページより。一部を抜粋。)

(再掲。京都府警)
全国的に『AV出演の強要』『JKビジネス』により、若い女性が性的な被害に遭う事案が発生しています。被害の実情を知っていただき、若い女性の被害防止のため、チラシを作りました。印刷しての配布やデータ転送できますので、家庭、学校、職場等での防犯対策に役立ててください

(※下図は、京都府警が作成したAV出演強要に関するチラシ

(※京都府警のチラシの一部を抜粋)

(再掲)
Q 「AV出演強要」って法律違反なの?

A 脅迫する等により、本人の意に反し、義務のないことをさせることは、法律違反にあたります。

——————————————————–

現在、警察は、スカウトのとりしまりに力をそそいでいます。

(参考。当ブログ)
2019年6月17日

2017年4月から2018年12月までの検挙者数

(2018年3月26日 第4回関係府省対策会議 「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」フォローアップ(全体版)より、引用。)

2017年4月~2017年12月

【AV出演強要問題】
検挙件数:4件3人(29年4月~12月)
・大阪府警:29年6月にコスプレモデル募集サイトによるAV出演強要被疑者を強要罪等で検挙

【AV出演強要問題】(29年4月~12月)
・スカウトに関する検挙件数:97件105人(刑法1件1人、職業安定法9件13人、迷惑防止条例80件83人、軽犯罪法4件5人、その他3件3人)
・スカウトに対する指導・警告件数:423回845人(迷惑防止条例:357回539人、軽犯罪法:11回19人、その他の法令:55回287人)

(2019年春 第5回関係府省対策会議 「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する今後の対策」平成30年度フォローアップ実施結果【全体版】より、引用。)

2018年1月~2018年12月

【AV出演強要に関する検挙件数(平成30年1月から12月)】
・平成30年1月、AVプロダクション社員及びAV制作会社監督を刑法(淫行勧誘罪)、労働者派遣法違反で検挙(4件5人)。(警視庁)
・平成30年2月、AVプロダクション社員、スカウトを職業安定法違反で検挙。また、同年4月、上記共犯者を職業安定法違反で検挙(1件5人)。(警視庁)

【AV出演強要に関する検挙件数等(スカウト)(平成30年1月から12月)】
検挙件数128件、人員133人(職業安定法違反6件8人、迷惑防止条例違反等122件125人)。
・指導・警告119回、人員226人(職業安定法違反2回17人、迷惑防止条例違反116回208人、軽犯罪法違反1回1人)。

——————————————————–

スカウトのとりしまりは序章です。

(2017年3月16日午前 動画「内閣官房長官記者会見」より。)
(※音声の文字化は、筆者。)
(※15分のあたりから。)

2017年3月16日 菅義偉(すがよしひで)内閣官房長官

(記者)
女性らがアダルトビデオへの出演を強要されているという被害がふえているという問題でですね、昨日公明党のプロジェクトチームが、被害防止救済のための提言を長官に提出したと思います。安倍政権のテーマであります女性活躍、働き方改革にもかかわる問題だと思いますが、この問題のご所見と具体的にとりくむとすればどういったタイミングで進められるのかを教えてください

まずこの問題についてはですね、女性に対する暴力にあたる重大な人権侵害である、という認識をしております。

政府においてもですね、男女共同参画会議の専門調査会において、実態把握をするために、現状と課題について、一昨日報告書をとりまとめております。

女性に対する暴力は、安倍内閣がすすめる、女性活躍の前提となる、安全で安心な暮らしの基盤をゆるがす、きわめて大事な問題である、と受けとめています。
(後略。)

菅長官は以前、定例の記者会見で、
女性に対する暴力は、安倍内閣がすすめる、女性活躍の前提となる、安全で安心な暮らしの基盤をゆるがす、きわめて大事な問題である、と受けとめています
と声を張り上げました。
AV出演強要問題への対応は国策です。
スカウトのとりしまりだけでおわるはずがありません。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年12月28日

今、TBSの『実録犯罪列島2016』やってるけど、これで私の一件も取り上げて欲しいです。
優先順位が低かったのか?報道はされていませんが、
マークスインベストメント/アットハニーズ/ARTE Entertainment前社長のA氏は2回目の書類送検をされました。マネージャーS氏も

香西咲さん
2017年12月31日

(前略。)
彼ら一部の略式起訴からちょうど1年が経ちました。
来年は犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます。
一度壊してしまった健康は賠償では取り戻せません。
#AV強要
#MeToo

香西咲さん
2018年1月20日

前回相談した時は派遣法違反しか立件出来ず…

淫行勧誘罪は
弁護士マターかな…
記事見る限りだと個人でも証拠揃えられそうですね。

——————————————————–

警察が最終的に目指しているのは、AVプロダクションやAVメーカーの輩(やから)に対する強姦罪の適用です。

(2017年5月20日 テレ朝NEWS「AV出演強要問題 全国警察本部に専門官を設置」より、引用。改行を施しています。)

2017年5月20日 テレ朝NEWS

政府は19日、関係省庁の対策会議を開き、違法なスカウトの摘発を推進する専門官を、今月中にも全国の警察に設置することを決定しました。
警察庁は
「場合によっては業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する」
としています。

——————————————————–

業者のスタッフを、強姦罪や強要罪で摘発する
そのときが待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV出演強要(AV強要)。政府はAV業界がおこなっている洗脳の実態を把握しているようです。香西咲さんのうったえが政府まで届きました。あとは法律です

昨日のブログで、片山さつき男女共同参画担当大臣の記者会見についてふれました。

(参考。当ブログ)
2019年7月14日

4月2日の会見で片山大臣は、AV出演強要について意味深長な発言をされています。

(2019年4月2日 内閣府「片山さつき大臣記者会見要旨」より、引用。)

2019年4月2日 片山さつき 男女共同参画担当大臣 

「まさに、被害かなって気が付かない方もいます」
「被害かなって気が付いたら、すぐに御連絡を」

まさに、被害かなって気が付かない方もいます
これはどういう意味なのでしょうか。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年9月4日

全てが終わったら洗脳されていた頃のビジョンブックお見せしますよ。文春さんには軽く掲載されていましたが。

香西咲さん
2015年7月11日

①高齢者の銀行預金が振り込め詐欺で狙われるように
今若い女性は〝性〟を狙われるんだそう。AV出演を自分で決めたと思っていても実はそう洗脳されていた事も多いから周りにちゃんと相談して決めること。
AVの良い部分しか話してこない人には要注意。一生背負うものは大きい想像以上の覚悟が必要

(2019年2月10日 トカナ「『AV業界一嫌われているライター』が見た生身のAV女優と“死にたくなるほどの”現実! 中村淳彦インタビュー」より、引用。改行を施しています。)

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

(前略)
女優が洗脳状態みたいなこともあるし、AV女優を取材して一般読者に読ませるのは、スキルと経験が必要ではあると思う。

中村淳彦さん(ノンフィクション作家)

(前略。)
末端で働く人は人間ではなく、商品でロジックではなく、美辞麗句によってモチベーションをあげさせる
だから働く末端に不幸が起こってしまう。
AV業界は例えば強要のようなことをしている人が正しくて、それはおかしいというと悪になる。
(後略。)

——————————————————–

政府は業界がおこなっている洗脳の実態を把握しているようです。

(再掲)
2019年4月2日 片山さつき 男女共同参画担当大臣 

「まさに、被害かなって気が付かない方もいます」
「被害かなって気が付いたら、すぐに御連絡を」

被害かなって気が付いたら、すぐに御連絡を

(2017年3月31日 関係府省対策会議「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する緊急対策」より、引用。)

2017年3月31日 内閣府

内閣府男女共同参画局のホームページに、アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」問題について注意喚起を図るためのサイトを新設する。(内閣府)

現在、内閣府は、以下の相談サイトを設けています。

若年層を対象とした性的な暴力の啓発

(※トップページ

——————————————————–

(※別ページ

(※別ページ

(※別ページ

——————————————————–

内閣府には、女性応援ポータルサイトというページもあります。

(※下図は、女性応援ポータルサイトより。一部を抜粋。)

——————————————————–

安全・安心な暮らしをしたいを開いてみます。
2つの箇所にAV出演強要に関する事柄が記載されています。

(※下図は、「安全・安心な暮らしをしたい」より。一部を抜粋。)

——————————————————–

それぞれ、先に進みます。

(再掲)

  
アダルトビデオ出演強要問題に関する取組(※別ページ)

概要
アダルトビデオ出演強要問題に関して、①相談体制の充実、②消費者契約法の周知、③適格消費者団体が実効的に活動できるよう環境整備に取り組んでいます。

国民生活センターが実施する消費生活相談員向けの研修において、講師がアダルトビデオ出演強要問題に関する相談を想定し、相談内容に応じて警察、女性センター、法テラス等の専門機関の紹介を適切に行うよう講義を行っています。

また、消費者契約法に基づき、契約を取り消すことができる場合があることや、契約のキャンセルの際に高額な違約金が発生することを定めた契約条項が無効となる場合があること等、不当な契約から身を守るための知識を掲載しています。

さらには、内閣総理大臣の認定を受けた適格消費者団体がアダルトビデオ出演強要問題における不当な行為に対して実効的に差止請求ができるよう、環境整備に取り組んでいます。

関連サイト
アダルトビデオ出演強要問題と消費者契約法の適用について
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_system/other/)別ウインドウで開きます

開始時期
継続

担当省庁
消費者庁
消費者教育・地方協力課
03-3507-9174
消費者制度課
03-3507-9252

(再掲)

  
いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発(※別ページ)

概要
近年、モデルやアイドルのスカウトに見せかけた勧誘等をきっかけに、若い女性が性的な暴力の被害を受ける問題が発生しています。
こうした被害の防止と根絶に向け、啓発サイトを設けるなどの広報啓発活動を行っています。また、特に4月を被害防止月間と位置づけ、政府一体となって集中的に広報啓発に取り組んでいます。

「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発サイト」では、被害事例や被害防止のための情報、被害について相談できる専門の窓口などを紹介しています。

いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・「JKビジネス」問題等に関する啓発サイト
http://www.gender.go.jp/policy/no_violence/avjk/index.html)別ウインドウで開きます

担当省庁
内閣府
男女共同参画局 推進課 暴力対策推進室
03-5253-2111(代表)

——————————————————–

(2017年3月31日 関係府省対策会議「いわゆるアダルトビデオ出演強要問題・『JKビジネス』問題等に関する緊急対策」より、引用。)

2017年3月31日 内閣府、警察庁、消費者庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省

各府省や関係機関等のホームページ、SNSを始めとした各種広報媒体や政府広報を活用し、アダルトビデオ出演強要問題や「JKビジネス」に関する被害防止のための広報・啓発を実施する。(内閣府、警察庁、消費者庁、総務省、法務省、文部科学省、厚生労働省)

(2017年5月19日 第3回関係府省対策会議「今後の対策」より、引用。)

2017年5月19日 厚生労働省

若年の被害女性に対する居場所の確保及びアプローチの仕組みに関する検討

若年の被害女性に対して、公的機関・施設と民間の支援団体が緊密に連携し、アウトリーチから居場所の確保、公的機関や施設への「つなぎ」を含めたアプローチを行う仕組みを構築するモデル事業の実施を検討する。
(厚生労働省)〔平成 29 年度~〕

相談体制は万全です。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2018年2月27日

#青木亮 に関しては
週刊文春に始まり、霞ヶ関、警察庁…
#AV強要 加害者としての理解は広まって参りました

#労働者派遣法違反 以外の罪も償って頂きたいと私は一生涯思い続ける事でしょう。

(再掲)
2019年4月2日 片山さつき 男女共同参画担当大臣 

「まさに、被害かなって気が付かない方もいます」

香西咲さんのうったえが政府に届きました。
あとは、洗脳をどのようにふせぐか、です。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

2019年6月20日 ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

オリンピックまでに瑕疵(かし)のない法律が制定されると思惟(しい)します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

政府はマイナビに、AV出演強要(AV強要)の遣り口を紹介する広告を掲載しています。力作です。香西咲さんを陥れた青木たちの手口はさらに悪質ですが

4月に片山さつき男女共同参画担当大臣は、定例の記者会見で、AV出演強要に言及しました。

(参考。当ブログ)
2019年4月11日
2019年4月23日
2019年5月16日

(2019年4月2日 内閣府「片山さつき大臣記者会見要旨」より、引用。)

2019年4月2日 片山さつき 男女共同参画担当大臣 

まず、私どもの方からは、この2年ぐらい私どもの部局でも課題となっている重要問題でございます、AV出演強要・「JKビジネス」の被害防止月間につきまして、お知らせしたいと思います。

これは加藤前々大臣のときから非常に力を入れて取り組んでおりまして、私の下にその関係府省対策会議もございますが、政府では、このAV出演強要や「JKビジネス」の問題が、進学や就職に伴うこの季節にとりわけ危ないという認識をしております。

転居とか、大きな環境変化が起きまして、こういうときを狙ってくるんですね。

ですから、被害リスクが高まってきますので、この4月を被害防止月間と位置付けて、内閣府を中心に関係府省が相互に連携しつつ、政府一体となって必要な取組を集中的に実施しております。

昨年から、政府広報を活用しておりますが、ターゲットである若年層に広く届くように、ウエブ広告を中心に大々的な広報活動をやるということで、今回決定をいたしました。

そのポスターがこちらでございまして、
「ほんっとに悪質!!だから知っておいて、その手口。」
という内容で、若者に非常にアピール度のある、若い方から見て、良い相談相手のお姉さん的なイメージがあるのかなという指原莉乃さんに御登場いただいて、各地でポスター掲示いたしますし、新聞広告は全国紙と地方紙73紙でやらせていただきます。

さらに、ラジオのCM、それからマイナビ等とのウェブタイアップなど、できることは何でもやってまいりたいと思います。

さらにまた、お知恵があったら聞かせていただきたいと思います。

この月間を通じて、とにかく一人でも多くの方にこの問題を考えていただくとともに、まさに、被害かなって気が付かない方もいます。
被害かなって気が付いたら、すぐに御連絡をということで、効果を高めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

(再掲。片山さつき 男女共同参画担当大臣)
ラジオのCM、それからマイナビ等とのウェブタイアップなど、できることは何でもやってまいりたいと思います

本日、ふと、マイナビの件を思い出しました。
はじめて、マイナビに掲載されている政府広告をみました。

マイナビ学生の窓口 ほんっとに悪質!!だから知っておいて、その手口。

(※トップページから抜粋)


——————————————————–

(※トップページの画像の一部より)

第1話(別ぺージ)

——————————————————–

(※トップページの画像の一部より)

第2話(別ぺージ)

——————————————————–

(※トップページの画像の一部より)

第3話(別ぺージ)

——————————————————–

マイナビ学生の窓口 ほんっとに悪質!!だから知っておいて、その手口。

目を瞠(みは)りました。
力作です。
漫画のあとに添えられている政府のコメントも秀逸です。

Checkポイント その1より、引用。)

(前略。)
「知り合いの紹介だから大丈夫」「友達の友達だから安心」
そう思って勧誘を受けた結果、性的な仕事を紹介された事例が数多くあります。
(後略。)

そう言えば以前、香西咲さんはつぎのツイートをされていました。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月9日

相手にもう少し洗脳技術があったら…
私が更に運が悪かったら…
#青木亮 に言われて女の子をスカウトさせられる側にもなっていた可能性もあるし、
最悪オ〇ム真理教みたいな事だってなりかねなかったかも知れない。
「目的の為に手段を選ぶな」とよく言われていたから。

ときおり、辻丸さんが、AV業界を礼賛する現役の女優の言辞をリツイートされています。
こうした広告塔的女優もAV出演強要の加担者です。
おそらく警察は、目をつけていることでしょう。

Checkポイント その2より、引用。)

(前略。)
「可愛いね!モデルになれるよ」「簡単でお給料のいい仕事だよ」など都合の良い話はもちろん、「プライベートで困っていることがあるなら相談に乗るよ」など、相手は優しい言葉で巧みに近づいてきます。
(後略。)

青木もそうでした。

(2016年9月24日 withnews「AV強要 現役女優・香西咲が語る『洗脳』から出演までの8カ月」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

さらにはフリーで続けてきた仕事を継続できるように、「契約書も自分の変えたいように変えていいよ」と言われた。
「寛大」だと思った社長の次の言葉も効いた。
「俺たちはお前の家族だから、全力で応援する」

Checkポイント その6より、引用。)

(前略。)
「自分が気をつけていれば……」と自分を責めないでください。悪いのは加害者です。
(後略。)

自分が気をつけていれば……
ちなみに香西咲さんの場合は、非がありません。
寸分も。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年7月25日

富士山の樹海近くのスタジオに連れていかれてどうやって逃げろと?
周り何も無いですし。
怖い人20人近くいて声も出ないですよ。
男性にはこの怖さは分かりません。

(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている。
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

私じゃなくても断れない
おっしゃるとおりです。
性被害の当事者である山本潤さんは以前に、国会でつぎの証言をおこなっています。

(2017年6月16日 参議院法務委員会「参考人質疑」より。)
(※参考。当ブログ
(※音声の文字化は、筆者。)
2017年6月16日 山本潤 性暴力と刑法を考える当事者の会代表

性被害をうけたときに、どのようなことがおこるのかってことは、現在、トラウマ治療の現場から、トラウマ治療の視点から、解明がすすんでいまして、神経生理学的な反応が非常におおきい、というふうに考えられています。
裁判とか法律のはなしのなかでは、抵抗できたのではないか、とか、助けをもとめられたはずだ、というふうに、こう言われることが多いんですけれども、咄嗟のときに、すごくからだがすごくかたまってしまう、フリーズしてしまう、という、そういう状況がおこります。

(略。)

性暴力被害をうけるような状況というのは、ふつうにゆっくりと落ちついて考えられている状況、とはちがうわけです。
突然、自分自身と、自分の未来が、予測できない状況に放り込まれてしまう、っていう恐怖の体験です。
そのときには、感情などとか、あるいは、考えるということができるひまもない、というのがフリーズという経験であり、受動的な反射というのもよくおこります。

(略。)

現実感がなくなり、こう自分のおこっていることとは思えない、こう意識が遠のいてしまうみたいな、そういう、乖離、という状況もおこります。

そのように、その、意識もこころも、非常にからだと切り離されてしまう。
(後略。)

(再掲。Checkポイント その6

(前略。)
「自分が気をつけていれば……」と自分を責めないでください。悪いのは加害者です。
(後略。)

政府が言うように、悪いのは加害者です。

(2016年9月20日 AbemaTIMES「AV出演を強要される女性たち 高額な違約金を請求されるケースも」より、引用。改行を施しています。)

2016年9月20日 AbemaTIMES

また、川奈氏はAV出演を強要しされたと実名で訴える女優・香西咲については
「あれは犯罪ですよね。自分から出たいと考えた私の場合とは全く違います。ああいうことはあってはならないです」
と語った。

(2016年12月13日 第85回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<26ページ>
2016年12月13日 平川和子 委員(東京フェミニストセラピィセンター所長)

「AVが制作される過程の中で、実は女優となる出演する女性が強姦被害に遭っており、しかも、数人の男性に囲まれて、同意のない性行為をさせられているということです」

いま、オリンピックに向けて法律がつくられようとしています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

2019年6月20日 ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

——————————————————–

(再掲。マイナビ)

AV出演強要は犯罪です。
オリンピックまであと1年です。
そのときまでに悪は国家権力によって淘汰されることでしょう。
日本で最大の犯罪集団の最期が近づいてきました。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

アダルトビデオの制作会社の社長の逮捕(その2)。犯人には強姦罪を適用すべきです。もちろん香西咲さんにAV出演強要(AV強要)をおこなったやつらに対しても

このたび、アダルトビデオの制作会社の社長ら2人が逮捕されました。

(参考。当ブログ)
2019年7月12日

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
2019年7月13日 日刊ゲンダイ スカウトした女性をダマし…AV制作会社社長らの“悪質手口”

——————————————————–

既出の朝日放送テレビ(ABCテレビ)の報道をみてみます。

朝日放送テレビ「キャスト」
<2019年7月11日>

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪

引用

(前略。)
大阪市のアダルトビデオ販売会社「MUSEE」の経営者・若林弘之容疑者(42)ら2人は、3年前、18歳の少女をAVに出演させ、海外サイトで無修正の動画を販売した疑いがもたれています。
(後略。)

MUSEEとはどのような会社なのでしょうか。

(※下図は、朝日放送テレビのニュース動画より。)

ホームページがあるようです。

(※下図は、朝日放送テレビのニュース動画より。)

「MUSEE」と入れて、検索してみました。
上図のようなサイトはみつかりませんでした。

(再掲)

今度は、
「ベルプロモーション」
で検索しました。
ありました。

Belle Promotion

朝日放送テレビの映像と見比べてみます。

(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion
(朝日放送テレビ)

  |
Belle Promotion

——————————————————–

ベルプロモーションのホームぺージのサポート・待遇のところに、
提携制作会社
という項目があります。
内容は以下のとおりです。

引用

通常、モデルプロダクションでは仕事が入るまでに最低2週間の時間を要します。
面接後、アナタに適した仕事を紹介するまでには、どうしてもそれくらいの時間を要してしまいます。
しかし、当社は面接と同時進行で動いてもらえる製作会社と提携、来社いただいての面接なら撮影スタジオを完備していますので、ご希望であればすぐに働いていただき、ギャラをお支払いすることが可能です。
また、それとは逆に「仕事はじっくり選びたい」という方には、即日撮影を強いることは一切ございませんのでご安心を、と、念のため申し上げておきます。
また、その後の仕事も、アナタの希望に沿ったものが続々とございます。また引き続き、マネージャーが各メーカー・クライアント様への営業活動を行うので、ご安心ください。
アナタはアナタの希望を伝え、あとはお待ちいただくだけ。無理な仕事は行っていただくなくても代わりを用意します。
提携制作会社があるので有名になりたいモデルから顔出しNGでバレずに稼ぎたい女の子まで幅広く活躍出来ます。
地方在住の方も全額交通費負担致します。

(再掲。朝日放送テレビのニュース動画より。)

MUSEEのホームページ
無理な仕事は行っていただくなくても代わりを用意します

本日配信された日刊ゲンダイの記事を参照します。

2019年7月13日 日刊ゲンダイ スカウトした女性をダマし…AV制作会社社長らの“悪質手口”

引用
2019年7月13日 日刊ゲンダイ

「かわいいし、全身モデルもいけるで」と若林容疑者に言われるがまま「女優登録」をし、契約書にサインした。
1週間後、仕事の待ち合わせ場所に現れたのは、マネジャーを自称する蛯原容疑者だった。

(※参考。毎日新聞
繁華街でスカウトした女性のわいせつ動画をインターネットで販売したとして、大阪府警は11日、大阪市中央区松屋町3のアダルトビデオ(AV)制作会社「MUSEE(ミュゼ)」社長、若林弘之(42)と同社従業員、蛯原友宏(33)の両容疑者を、わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑いで逮捕したと発表した

2019年7月13日 日刊ゲンダイ
(※改行を施しています。)

徒歩で向かった先はラブホテル。
「何で撮影場所がラブホなんですか」と女性が拒むと、「撮影場所が取れなかった。ココしかなかったんや」と言われ、「とりあえず周りに人もいてるし、話だけでも聞いて」と連れ込まれた。
部屋に入ると、蛯原容疑者はカメラの機材を設置。
女性は抵抗を試みたが、ベッドに押し倒され、裸にされ、挿入され、約3時間にわたって陵辱され続けた。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年11月29日

MeToo
#青木亮 から出された契約書にはアダルト内容の記載は一切ありませんでした。私が自由に契約内容を変えて良いよとまで言われ信頼
2日後東京から車で富士山の麓まで連れていかれ #AV強要 後日AV契約書の存在を知らされ、サインする様に強要されました。
#アットハニーズAV強要 #性的搾取

香西咲さん
2018年3月11日

ありがとうございます。
冒頭に泣いてるシーンありましたが、
あれは追い詰められて涙止まらなくて3時間近くカメラ止めてるんです。
何でこんな事になったのかパニックになっていました。富士山樹海近くの山の中だから逃げ場も無かったですし。20人程の男性に囲まれてました。女性は私一人。

——————————————————–

(2016年11月15日 内閣府 第84回女性に対する暴力に関する専門調査会「議事録」より、引用。)

<18ページ>
2016年11月15日 平川和子 東京フェミニストセラピィセンター所長

警察庁の資料についてお尋ねします。
(略。)
(略)各種法令の適用を視野に入れた取り締まりの推進ということで、例えば強姦罪の適用などとおっしゃいましたか。
それを聞いたような気がしたので、私としては驚いて、前向きにやっていただくのだと思ったのです。
もう一度確認させていただきたいのですが。

2016年11月15日 髙坂 警察庁保安課 課長補佐

例示として、通達の内容ということで、強姦、暴行、傷害などといった刑法に定める罪のほか、職業安定法とか労働者関係法令といったものを適用して、取り締まりを推進してくださいという内容でございます。

2016年11月15日 平川和子 東京フェミニストセラピィセンター所長

アダルトビデオの強制的な出演等に関して、強姦罪などを適用すると聞いてもいいのでしょうか。

2016年11月15日 髙坂 警察庁保安課 課長補佐

そういう状況があれば、さまざまな法令を適用して取り締まってくださいということでございます。

今回の事件について読売テレビは、
警察はほかにも被害者がいるとみて、強要や強制性交(強姦)の疑いも視野に追及することにしている
と報じています。
AV出演強要と強姦(強制性交等)は同義です。
同質です。
もうそろそろ、いい加減に、強姦罪を適用してほしいものです。

——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

AV出演強要(AV強要)。アダルトビデオの制作会社の社長らが逮捕されました。現在、香西咲さんを蹂躙したやつらが野放しになっています。こちらも早く逮捕してほしいものです

大阪府警がアダルトビデオの制作会社の社長らを逮捕しました。
昨日、発表されました。

(参考。当ブログ)
2019年7月11日

この事件に対する各マスコミの記事を参照します。

逮捕された輩(やから)

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「大阪市中央区のアダルトビデオ(AV)制作会社「MUSEE」社長の男(42)と従業員の男(33)」

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「AV制作会社「MUSEE(ミュゼ)」社長、若林弘之(42)=大阪市中央区松屋町=と自称カメラマン、蛯原友宏(33)=同市浪速区桜川=」

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警
「大阪市中央区松屋町3のアダルトビデオ(AV)制作会社「MUSEE(ミュゼ)」社長、若林弘之(42)と同社従業員、蛯原友宏(33)」

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕
「アダルトビデオ(AV)制作会社「ミュゼ」社長の若林弘之容疑者(42)=大阪市中央区=と、従業員の蛯原友宏容疑者(33)=同市浪速区=」

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か
「大阪・中央区のアダルトビデオ制作会社社長、若林弘之容疑者(42)ら2人」

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕
「アダルトビデオ制作会社の社長・若林弘之容疑者ら2人」

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪
「大阪市のアダルトビデオ販売会社「MUSEE」の経営者・若林弘之容疑者(42)ら2人」

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
「制作会社役員の若林弘之容疑者(42)ら2人」

容疑

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「無修正のわいせつ動画を海外のサイトで販売した」
「わいせつ電磁的記録頒布の疑い」

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「18歳だった女性をスカウトしてアダルトビデオ(AV)に出演させ、無修正動画を販売」
「わいせつ電磁的記録送信頒布の疑い」

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警
「海外の動画販売サイトで女性(当時18歳)のわいせつな無修正動画を販売した」
「わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑い」

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕
「無修正のわいせつ動画を不特定多数の人が閲覧できるようにした」
「わいせつ電磁的記録等送信頒布の疑い」

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か
「わいせつな動画を撮影し、海外のサイトに投稿して販売した」

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕
「無修正のわいせつ動画をインターネット上で販売した疑い」

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪
「無修正のわいせつ動画を販売した」

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
「街で女性をスカウトし、無修正のアダルト動画に出演させ海外の動画共有サイトで販売した疑い」

女性はいつどのような被害に遭ったのか?

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「16年(2016年)5月に女性が出演した無修正のわいせつ動画を、今年(2019年)3月27日に海外のサイトで販売した疑い。女性は大阪・ミナミで『モデルをやらないか』と勧誘され、AV撮影の認識がないまま従業員の男にラブホテルに連れ込まれ、強引に撮影させられた」

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「平成28年(2016年)5月に、大阪・ミナミの歓楽街で『モデルをやらないか』と女性をスカウト。蛯原容疑者がモデル撮影と偽って女性をホテルに連れ込み、AVを撮影していた。女性は『家族にばらす』と脅され、その後も3度撮影したという」

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警
「2016年5月、大阪・ミナミの繁華街で若林容疑者から『モデルをやらないか』と声をかけられ、女優として登録する契約を交わした。約1週間後、モデルの撮影と称して蛯原容疑者からラブホテルに連れ込まれ、わいせつな動画を撮影された。その後、女性は若林容疑者に『仕事を辞めたい』と伝えたが、『辞めるなら動画のことを家族にばらす』と脅され、同年10月(2016年)までに計4回、動画を撮影された」

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕
「18歳だった2016年5月、大阪・ミナミで若林容疑者から『モデルをやらないか』と声を掛けられて面接して女優に登録。約1週間後、同意無くラブホテルに連れて行かれ、性交の様子を撮影された」

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か
「2人は3年前、当時18歳だった女性を出演させてわいせつな動画を撮影し、海外の動画販売サイトに投稿して販売した疑いが持たれています」
「男らはわいせつな動画と知って嫌がる女性に『家族にばらす』などと言って撮影を強要していたということです」
「2人は芸能事務所をかたって大阪・ミナミで女性を勧誘して女優として契約を結び、後日ホテルに連れ込んでわいせつな動画を撮影したということで、女性が辞めたいと申し出ると、『動画のことを家族にばらす』などと言って、その後も3回にわたって撮影を続けたということです」

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕
「若林容疑者らは3年前、当時18歳の女性に『モデルにならないか』などとスカウトし、言葉巧みにアダルトビデオに出演させた。女性は『やめたい』と訴えたが、『動画のことを家族にバラす』などと言われ、その後も複数回出演させられた」

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪
「若林弘之容疑者(42)ら2人は、3年前、18歳の少女をAVに出演させ、海外サイトで無修正の動画を販売した疑いがもたれています。警察によりますと、若林容疑者らはミナミの繁華街で『モデルをやらないか』と少女を勧誘していました。少女が『出演をやめたい』と伝えると『家族にバラす』と脅し、出演を続けさせていた」

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
「スカウトされた女性は18歳だった2016年、芸能事務所社長を名乗る若林容疑者とモデルの契約をかわした後、強引にホテルに連れ込まれ、動画を撮影された」

今後の捜査

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「スカウトした当時18歳の女性に出演を強要した可能性があるとみて捜査する」
「同社には今年1月以降、約70人の女性と面接した記録が残されていた」

2019年7月11日 産経新聞 「家族にばらす」AV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「約70人のモデル希望者らと面接するなどした書類も見つかっており、府警はほかの女性にもAV出演を強要していなかったか調べている」

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警
「女性は『だまされて撮影された』と訴えており、府警はAV出演を強要した容疑でも調べる方針」
「府警は今年1月以降、約70人の女性が若林容疑者らの面接を受けた記録を押収しており、被害実態を調べる」

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕
「府警は強要容疑なども視野に捜査を進める」

2019年7月11日 NHK わいせつ動画で逮捕 撮影強要か
「女性に出演を強要した疑いがあるとみて詳しいいきさつを調べています」

2019年7月11日 読売テレビ わいせつ動画をネット販売 社長ら2人逮捕
「警察は、女性を無理やり出演させていたとみて追及している」
「会社には今年1月以降、約70人の女性が面接を受けた記録が残されていたということで、警察はほかにも被害者がいるとみて、強要や強制性交の疑いも視野に追及することにしている」

2019年7月11日 朝日放送テレビ 「バラす」18歳少女にAV出演強要か わいせつ動画販売で男2人逮捕 大阪
「警察は強要や職業安定法違反の疑いでも調べています」

2019年7月12日 毎日放送 わいせつ動画販売疑いで男2人逮捕 女性に出演強要の可能性も
「警察は若林容疑者らが女性に動画出演を強要した可能性もあるとみて調べています」

被害が発覚した経緯

2019年7月11日 毎日新聞 スカウトでAV出演強要か わいせつ動画販売容疑で逮捕 大阪府警
「昨年8月、知人らの勧めで府警南署に相談した」

2019年7月11日 朝日新聞 無修正わいせつ動画を投稿容疑 AV制作会社長ら逮捕
「動画に出演していた女性が昨年8月、『だまされてAVを撮影され、海外の動画サイトに無修正で販売されている』と府警に相談していた。」

出演料

2019年7月11日 サンスポ(※配信元は共同通信) スカウトした18歳女性にAV出演強要か 制作会社社長ら逮捕
「女性の初回の出演料は5万円で、最終的に計4回出演したが、うち2回の出演料は支払われていない」

——————————————————–

(再掲)
テレビ

(NHK大阪 報道部のツイートより、引用。)

NHK大阪 報道部
<2019年7月11日>

(朝日放送テレビ「キャスト」のツイートより、引用)

朝日放送テレビ「キャスト」
<2019年7月11日>

(読売テレビ 報道局「かんさい情報ネットten.」のツイートより、引用)

読売テレビ 報道局「かんさい情報ネットten.」
<2019年7月11日>

(毎日放送 MBSニュースのツイートより、引用)

毎日放送 MBSニュース
<2019年7月12日>

——————————————————–

読売テレビは今回の事件について、
警察はほかにも被害者がいるとみて、強要や強制性交(強姦)の疑いも視野に追及することにしている
とつたえています。
強姦罪(強制性交等罪)の適用を期待しています。

(2017年2月19日 日刊SPA! 「AV業界“ドロドロ相互不信”の内幕…手をつくして攻めてくる警察捜査、関係者に疑心暗鬼が蔓延」より、引用。)

2017年2月19日 日刊SPA!

あるAVプロダクション関係者は言う。
「香西咲さんの件では、元芸能人をウリにすることで人気のメーカー『MUTEKI』に20人規模の捜索が入ったそうです。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月31日

(前略。)
彼ら一部の略式起訴からちょうど1年が経ちました。
来年は犯罪者達に性犯罪で刑務所に入って頂き、少しでも性犯罪の抑止力になります様に努めます。
一度壊してしまった健康は賠償では取り戻せません。
#AV強要
#MeToo

——————————————————–

このたび警察は、3年前に事件を起こした輩(やから)を逮捕しました。
今回の事件は氷山の一角でしょう。

週刊SPA!

現在、多くの犯罪者が野放しになっています。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

2019年6月20日 ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

新法の制定が待たれます。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

消費者庁はかわら版をつうじて、現在もAV出演強要(AV強要)がつづいている、と警告を発しました。香西咲さんの告発以降、泣き寝入りをするひとは少なくなったようですが

消費者庁は今年(2019年)の春(4月)から、「消費者行政かわら版」というチラシを発行しています。

(※下図は、消費者庁のホームページより)

先日(2019年6月19日)、第2号が出ました。

(※下図は、消費者行政かわら版 第2号より)

(※画像の一部を拡大)

(再掲)
2019年6月19日 消費者庁 消費者行政かわら版 第2号

★ タレント・モデル契約に応募する際は、活動内容等を事前に確認しましょう。
アダルトビデオへの出演を強要されたといったトラブルが発生しています。

消費者庁は23日前(2019年6月19日)に、消費者行政かわら版をつうじて、
アダルトビデオへの出演を強要されたといったトラブルが発生しています
と、警告を発しました。
あきれます。
アダルトビデオ業界は未(いま)だにAV出演強要をおこなっているようです。
消費者庁はそのように認識しています。
警察もです。

(2019年4月26日 テレ朝news「女性を狙った偽スカウトに注意呼び掛け」より、引用。)

2019年4月26日 テレ朝news

大型連休を前に若い女性が多く集まる東京・渋谷区の表参道で、警視庁が女性を狙った偽のスカウトなどに注意するよう呼び掛けました。

警視庁原宿署によりますと、偽のスカウトに声を掛けられた女性がアダルトビデオに無理やり出演させられる事案が増えているということです。
(後略。)


(※画面より)
AVとかの出演強要の声かけがすごく多いので、気をつけてください(2019年4月26日)

なぜAV出演強要はなくならないのでしょうか。
理由は簡単です。
アダルトビデオの製造にかかずらっている輩(やから)が、自分たちのおこなっている行為はAV出演強要に該当しない、と考えているからです。

(テレ朝newsのツイートより、引用。)

テレ朝news
2015年11月27日>

(2017年3月2日 日刊SPA!「『AV女優の手のひら返しに戸惑い…』AV出演を“強要”したとされる男たちが、ついに重い口を開いた」より、引用。)

4ページ

(IPPA【メーカー団体】の関係者)
「(略)。やってもないことを認めるなんて、おかしいですよ。20年、30年前のAVは確かにとんでもない現場もあって、強要はあったかもしれない。でも、今はそんな時代じゃない」

(辻丸さんのツイートより、引用。)
辻丸さん
<2017年12月18日>

(参考)
AV現場に出演強要がないとは言えない。AV業界女子座談会【後編】

現場の人もプロダクションも、女の子が『イヤー、やめてー!』って泣き叫んでバタバタしてめっちゃ抵抗しない限りは強要じゃないと思ってる

(山口貴士弁護士のツイートより、引用。)

山口貴士弁護士(AV人権倫理機構 理事)
<2018年1月23日>

2018年4月24日発売 週刊SPA!「5/1・8合併号」

この4月から製作が本格始動する「適正AV」の狙いについて、AVメーカーの業界団体である知的財産振興協会(IPPA)の担当者はこう解説する。

「少なくともIPPAの加盟メーカーの現場では『女優の同意がないまま撮影が行われた』という事実は確認できていません。(後略。)」

(プロダクションの関係者)
「(略)、AVとまったく関係のないJKビジネスを同列に並べ、両者がともに犯罪行為だと印象づけるような宣伝はフェアじゃない。18歳以下の子供を使ったJKビジネスは100%違法行為ですが、AVの99%以上は18歳以上の女優の意思を、しっかり尊重して作られているんですから」

(※この記事はネット配信されていません。)

(2016年9月18日 AbemaTIMES「【AV出演強要問題】元カリスマ女優・川奈まり子氏が業界健全化のために奮闘」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

(略)、AV撮影のために富士山の麓に連れていかれて、3時間泣いたこともあるという。
その時、自分をスタッフ全員が待っている状況にあった。


これには
「遠いところですから……。よっぽど強い子でないと(撮影を中止させるのは)無理だと思いますし。私さえ泣いておけば丸く収まると思った。結局AV撮影に応じることになりました。あとは、違約金などを理由に辞められないです。(略)」
と語った。

(2016年10月17日 AFP「出演強要の罠、警告する日本のAV女優たち」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

ただ泣くしかできず。
周りで20人くらいの大人たちがせかすように構えて待っている。
あの中で、女性1人で囲まれても、私じゃなくても断れない。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2016年10月14日

(前略。)
私の場合は、事務所との契約書は自分の都合の良いように作り直しました。
勿論エロなんて言葉は無し、一般的な芸能契約書です

そして撮影後にメーカー、事務所、私の3社間で契約書が存在する事を知らされたのです。
日付も撮影前に遡って記載されてありました。

(2016年08月27日 弁護士ドットコム「<AV出演強要>香西咲さん『今でもフラッシュバックに悩まされる』洗脳の過去を語る」より、引用。改行を施しています。)

香西咲さん

デビュー作の撮影が終わったあとから、メーカーと事務所と私の三者間の契約があったことを聞かされて、サインをさせられました。
契約書には「アダルト」という言葉がありました。
そこにはしっかりと撮影前日の日付が刻印されていました。

(2016年7月29日 毎日新聞「AV出演強要 香西咲さん『私はこうして洗脳された』」より、引用。)

香西咲さん

(AVデビュー作の)発売直前に「やっぱり嫌です」と言うと、「ふざけるな。ここまでお前にどれだけ(金が)かかっているんだ」と言う。

2017年3月2日 「『AV女優の手のひら返しに戸惑い…』AV出演を“強要”したとされる男たちが、ついに重い口を開いた」
2ページ

(AVプロダクション関係者)
「それに、『契約なしに自己の意思に反して性的な行為などを撮影された女性が60人いた』そうですが、現在のAV業界では契約書を交わさずに撮影をすることはありえませんから、この数字もAVに関係ないですよね」

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年12月1日

アイポケ時代へ契約書自体を交わさずに出演させられた事も最近発覚しました。

香西咲さん
2017年12月14日

#DMM 系の #AVメーカー は
私が知る限り、少なくとも2014年4月迄は契約書無しで自由に撮影されていた事が発覚しました。
メーカーもザルだと自白。
この部分に関して事務所( #アットハニーズ )とメーカー( #MUTEKI #S1 #アイポケ )に今後の対応を求めます。
#青木亮

(2018年6月5日 参議院 法務委員会より)
(※参考。当ブログ
(※音声の文字化は、筆者。)
2018年6月5日 渡邉清 内閣府 大臣官房審議官

被害者側は契約書をよく読む時間をあたえられなかったり、親族等に相談する機会もあたえられない。

——————————————————–

現在、政府は、現行法の枠内で種々の施策を遂行しています。

(再掲)
2019年4月26日 警視庁

AVとかの出演強要の声かけがすごく多いので、気をつけてください。

(再掲)
2019年6月19日 消費者庁 消費者行政かわら版 第2号

★ タレント・モデル契約に応募する際は、活動内容等を事前に確認しましょう。
アダルトビデオへの出演を強要されたといったトラブルが発生しています。

現状のままでは被害を根絶することができません。

(2019年6月20日 ライトハウス「自民党:若者の性的搾取をなくすために、議員立法を目指すそうです」より、引用。改行を施しています。)

2019年6月20日 ライトハウス

先日(2019年6月13日)行われた、自民党の「性暴力のない社会の実現を目指す議員連盟」に、市民団体の一つとして参加させていただきました。
(略。)
そして、この議連の幹事長であり、AV出演強要問題対策プロジェクトチームのとかしきなおみ議員(PT座長)から、ビッグニュースを報告いただきました!
AV出演強要解決に向けて、AV業界での若者の望まない撮影被害をなくすための議員立法案の提出を目指すということです。
(後略。)

いよいよ新法の出番となったようです。
——————————————————–

本日、AV制作会社の社長らが逮捕されたとの報道がありました。

不起訴や、執行猶予つきの判決にならないことを切望します。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ

香西咲さん「議員さん方が 力強く握手して下さった」。きたる参議院選挙ではAV出演強要(AV強要)問題と向かい合っているかたが当選することを願っています

2019年参議院選挙 選挙区

昨日、公明党のAV出演強要問題PTの座長をされている佐々木さやか参議院議員についてふれました。

(参考。当ブログ)
2019年7月9日

佐々木議員は前回(2013年)の参議院選挙で、神奈川選挙区から立候補しました。

当選から6年が過ぎました。
佐々木議員は今回、ふたたび、神奈川選挙区から立候補をしました。

(2019年5月29日 公明新聞「自公で安心の教育築く 佐々木さんが必勝の決意 神奈川で菅官房長官、石井国交相が応援」より、引用。改行を施しています。)

2019年5月29日 公明新聞

菅義偉官房長官と石井啓一国土交通相(公明党)は28日夜、横浜市で開かれた佐々木さやか参院議員(参院選予定候補=神奈川選挙区、自民党推薦)を激励する会に出席し、
「自公連立の象徴である神奈川で、何としても佐々木さんを勝利させてもらいたい」
と絶大な支援を呼び掛けた。
(後略。)

佐々木さやか議員がトップで当選することを期待しています。

2019年参議院選挙 比例区

比例区は、仁比聡平議員(日本共産党)と若松謙維議員(公明党)が立候補しています。

(参考。朝日新聞)
参院選 比例区 候補者

両議員はAV出演強要問題に対して熱心にとりくんでいます。

(参考。AV出演強要に関する国会質疑)

①2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
  
②2018年4月3日 本村伸子 衆議院議員(日本共産党)
  
③2018年4月12日 若松謙維 参議院議員(公明党)
  
④2018年5月11日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
  
⑤2018年5月15日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
  
⑥2018年5月15日 柚木道義 衆議院議員(国民民主党【※現在は無所属】)
  
⑦2018年5月17日 鰐淵洋子 衆議院議員(公明党)
  
⑧2018年5月23日 畑野君枝 衆議院議員(日本共産党)
  
⑨2018年5月28日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
  
⑩2018年5月31日 若松謙維 参議院議員(公明党)
  
⑪2018年6月5日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)
  
⑫2018年6月12日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

(質疑例)
仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

2018年3月23日 仁比聡平 参議院議員(日本共産党)

わたくし、おひとりの元AV女優であった被害者のかたに、おはなしを直接うかがいましたけれども、実際、そういう強要されて、フリーズして(固まって)、抵抗などできない。
それはまさにですね、強制性交(強姦)の被害ですよ。
そうしたことがいったんおこなわれ、絶望します。
その絶望感のなかで、囲い込まれて、撮影が繰り返されたりもします。
できあがったAVビデオはですね、仮に笑顔がみえたとしても、それは支配されて、演技という外形が編集されている。
(略。)
そのようにしてできあがったアダルトビデオがインターネット上で販売される。
これ、拡散されますから、永遠に消えない。
第2の人生をあゆめない。
人生そのものにかかわる人権侵害になっていると。
ここが重大な問題になっています。

若松謙維議員(公明党)

2018年4月12日 若松謙維 参議院議員(公明党)

(略)、結局このAV出演強要なんですけれども、制作っていうんですか、ビデオの制作側のとりしまりなんですけれども、結局、日本のいまの社会をみていると、いわゆるホテルに行くと簡単に犯罪を犯している映像が出ている。
それ、簡単にアクセスできる。
そして街のなかには、アダルトビデオが売っている。
そしてネット社会ですから、見える、と。
(略。)
いま日本の社会のどれだけモラルがですね、いわゆる後退しているのか。
(略。)
やはり社会の受け皿を、いまのような状況を、見過ごしたんじゃかわらないと思います。
ニーズがあるわけですから。
そこをちょっとこれからも検討していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

このたびの参議院選挙で、どちらのかたに投票をしたらよいのでしょうか。
迷います。
前回(2013年)の比例区の投票結果をふりかえってみます。

2013年参議院選挙 比例区

(参考。中日新聞

日本共産党
・当選者 5人
・総得票 515万4,055
・政党名票 464万7,765
・個人票 50万6,290

公明党
・当選者 7人
・総得票 756万8,080
・政党名票 333万3,142
・個人票 423万4,939

参議院選挙の比例代表制は、非拘束名簿式です。
有権者は、政党名か個人名のいずれかを書いて投票します。
それぞれの候補者には順位がつけられていません。
たとえば前回、日本共産党の場合は5議席を獲得しました。
だれが当選するのかと言いますと、個人票の多いひとです。
個人票の多いひとから順に当選していきます。
仁比聡平議員は5番目の得票でした。

(※注 今回の参議院選挙から、従来の非拘束名簿式に加えて、「特定枠」という制度が導入されました。政党が「特定枠」を利用した場合、「特定枠」に指定した候補者から順に当選が決まります。日刊スポーツの記事がわかりやすいです。)

<2013年参議院選挙 比例区>
日本共産党(総得票、515万4,055。5人当選)
1位 134,325 小池 晃
2位 129,149 山下 芳生
3位  68,729 紙 智子
4位  50,874 井上 哲士

5位  39,768 仁比 聡平
(※政党名票【464万7,765】+個人票【50万6,290】=515万4,055)

公明党は以下のとおりです。

<2013年参議院選挙 比例区>
公明党(総得票、756万8,080。7人当選)
1位 996,959 山本 香苗
2位 770,682 平木 大作
3位 703,637 河野 義博
4位 592,814 山本 博司

5位 577,951 若松 謙維
6位 540,817 魚住 裕一郎
7位  26,044 新妻 秀規

(※政党名票【333万3,142】+個人票【423万4,939】≒756万8,080)
——————————————————–

ぼくは前回、政党名を書きました。
今回は当然、個人名です。
投票日まではまだ間があります。
だれに入れるのかはもうすこし考えたいと思います。

(香西咲さんのツイートより、引用。)

香西咲さん
2017年10月6日

よく業界内部から
『信じられないから実際に被害に遭った人の聞取りをしたい』
という話を聞くのですが、私に聞き取りを依頼してきた人は一人もいません。
いくらでも応えますけど。

香西咲さん
2018年1月30日

いいえ、私はこれ程連絡先を載せているのにも関わらず一切のご連絡はありません。
その情報は委員会の都合のいい様に作られたデマです。
委員会の方々ご連絡お待ちしております。

香西咲さん
2017年12月1日

国会が終わり次第、
私の #AV強要 #被害 を
国会議員の先生方、数名にヒアリング して頂きます。日程調整。

先生方に失礼があるといけないので、
ヒアリングについてのツイート報告は出来ませんがご了承ください。
どうか全てを伝えられます様に、応援宜しくお願い致します。

#青木亮
#DMM
#MeToo

香西咲さん
2017年12月1日

昨日議員さん方が
力強く握手して下さったり、
『よく頑張ったね』と抱き締めて下さった事を思い出して、
1日経った今も涙溢れてます

#AV強要
#人身売買
#HRN院内集会
#ライトハウス
#PAPS

——————————————————–

今回の参議院選挙で、AV出演強要の根絶を公約に掲げているのは、自民党、公明党、日本共産党です。

(参考。当ブログ)
2019年6月28日

3党の勝利を願っております。
——————————————————–
2016年07月07日 香西咲さんの特集記事(1)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月14日 香西咲さんの特集記事(2)が週刊文春に掲載されました。
2016年07月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」)に出演されました。
2016年07月20日 香西咲さんのインタビュー記事が、しらべぇに掲載されました。
2016年07月27日 香西咲さんのインタビュー動画が、毎日新聞のWebサイトにアップされました。
2016年07月29日 香西咲さんのインタビュー記事と動画が、毎日新聞のWebサイトに掲載されました。
(引用。A氏による衝撃の回答)
問「出演強要が社会問題化している。事務所の運営や女優との契約について見直しは?」
A氏「当然やっていく。今、弁護士と話して、きちんとしていこうとしている

 (A氏は、これまできちんとしていなかったことを認めました。)
2016年08月27日 香西咲さんのインタビュー記事が、弁護士ドットコム(前編)(後編)に掲載されました。
2016年09月17日 香西咲さんがAbemaTV(みのもんたの「よるバズ!」【1】【2】【3】)に出演されました。
2016年09月24日 香西咲さんのインタビュー記事(1)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月01日 香西咲さんのインタビュー記事(2)が、withnewsに掲載されました。
2016年10月17日 香西咲さんのインタビュー記事(日本語訳)が、AFP通信のサイトに掲載されました。
2016年12月28日 香西咲さんのインタビュー記事が、週刊文春に掲載されました。
(香西咲さんのツイートより、引用。)
2017年12月1日
引退して改めて気付きました。
私はAV業界に固執していたのでではなく、#AV強要 を解決するだけの為に続けてきました。
引退した今何の未練もありませんし、もう削除の約束、裁判、後処理だけですね。

2018年3月19日
今こうして離れてみて、私個人的には異常な世界だと思いますし、そんな趣味も無ければ関わりたくない世界でした。
全ては #AV強要 から立て直す為に耐えてきた事です。#青木亮 の事務所では占い師やプルデンシャルにお金を使わされており、外界とも遮断され誰にも頼れずボロボロでしたので。

2018年11月14日
コレです!私が #キュンクリエイト ( #アットハニーズ )辞めた時に独立してまで続けた理由。あの頃は弁護士も世間も #AV強要 に無関心で誰も助けてくれなかった。だから我慢してAV業界に残って力をつけて…#AV強要 が認知されるのを待ってた。反撃に出るタイミングを見計らっていました。
(明日のブログへつづく)



香西咲さんを勝手に応援するサイトへ